1/11
地獄極楽温泉編「覗き編」完成
6/5
第19話「可能性のケモノ」完成
5/28
小十朗伝第5回「代打ち~引退~」
7/27
真美

3月27
ギャラリー更新
達人のはんぺら宅
襲撃オフレポ2010

5/8 その6公開(完結)
挑め地獄のタイトロープ!

参加したい命知らずはチャットへ
11/28最新シナリオ
剣王推参配布

11月21日

>さ、最高球速は・・・?
>ブンゴ 吉見さんとても迫力あって格好いいけどスタンド出したみたいでちょっと面白かったです。
心配してる方もいるなかで平和に終わって一安心。間瀬の活躍もありましたしね
>吉見さんなんか家永太陽の影響受けてません?
>吉見のラスボス臭やべぇ。中学生で既に左腕150超えなのにまるで敵じゃないとかヤバすぎるんよ
>マイケルより凄い球速が分かるかと思ったが別にそんな事はなかったぜ!
平均点の下りも含めて絶対盛り上がると思うんだが、ちょっと知りたかったな
>別に打たなくても良い時に限ってめっぽう打つんだよなぁこのホモ

>BUNGO やっぱり故障する流れなのか!因縁の宮松との試合で途中から登板した結果再起不能になるって流れは見たくないんだけどなぁ
>ブンゴの凄さの秘密が母方の遺伝絡みぽいとか急にバキみたいになってきて草。ただの努力の賜物でいいと思うんだが

「完璧な打球角度・・・とバットクリップ!」

野田も称賛する完璧な一振り。ここまでバットで結果が出ず、役立たずのホモ扱いされてきた間瀬にようやく飛び出したダメ押しツーラン
確かに決勝打ではないので必要なかったと言えばそうですが、最終回に望みを繋ぐ知多の心をヘシ折った、という意味では試合を決めた一打とも言えますね
ただ間瀬活躍の場は瑛太との変態コンビとして躍動する準決勝とだばかり思ってたんで
ここで下手にホームラン打っちゃうと準決はまた凡打の山を築きそうで不安。これをキッカケに打撃開眼して準決勝も野田並みに打つ展開も面白いと思うがどうなるか
かくして全てを出し尽くし疲労困憊の文吾でしたが最終回も下がることなく、打たせて取るピッチングで三者凡退。完封記録を25イニングに更新して勝利を収めます
「凄いな・・・現段階で充分すぎるほど高校で通用するレベルだ。だが隙もある。無数にな
まだまだ遠いぜ?お前が目指している場所は・・・な

今日の出来が最高値ならまだまだ・・・まるで敵じゃない。がー
平均値アベレージだとしたら―その時はなるかもな。俺もその気に・・・!」
「今すぐ高校でも通用する」と称賛しつつも、同時にこれが最高値ならまだ俺と戦えるレベルではないと言い放つ吉見さんのラスボス臭
柿谷相手に
合気道の達人のような絶技を見せたあたりから既に「もはや何者だよ」感が漂ってはいましたが
この描写を見る限り阿修羅の神道くらいは朝飯前に目覚めてそう。テニヌ時空に半分足を突っ込んでるオーラがじわじわきます。ズズズて
確かに現時点では、今日のピッチング内容はまだ文吾にとって最高値でしょう
極度の疲労から目の下に深い隈ができ、足元がフラついて倒れかける文吾。こんなピッチングを毎試合していたら身体が持ちません。が―
「しっかりしろてめえ。この程度でフラついてんじゃねーぞ。ったくよー
わざわざ負担のかかる投げ方してるからだろーが


もっと効率よく使えよ。肉体と関節を」

なんとここにきて更なる進化の可能性が示されたストレート
とは言ってもこれ以上球速や球威が上がるという類の進化ではなく、現状文吾の肉体に多大な負荷を与えるデメリットを取り除くというニュアンスではありますが
このど真ん中ストレートを肉体の負荷なく投げる事ができるという事は、
それすなわち今日の出来が文吾のピッチングアベレージになるという事

まさしく吉見さんが待つステージまで一気に駆け上がることになる劇的なパワーアップを遂げることは間違いなし。はたして野田が語るフォームの改善点とは?

と楽観的に捉えていたものの今週蓋を開けたら読者の想像以上にダメージ甚大だった文吾の肉体
監督に報告するというチームメイトに「お願いだから監督には言わないで」と頼み込むあたり、医者に診られたら即ストップがかかると自覚してる事が伺えます
これではマウンドに上がったところでど真ん中ストレートを投げる事も出来なさそうですが、それを可能にさせるのが野田のフォーム改善アドバイスって展開か
「ど真ん中ストレート・・・あんな無茶な投げ方は桜花では許されないよ。そしてど真ん中ストレートがなかったら彼の価値は下がる
身体を壊してまでやるもんじゃないでしょ野球って
桜花には要らないよ・・・破滅主義者はね」

そんな静央ロッカールームの光景をまるで見越していたかのように冷淡な文吾評を下すのは桜花のエース・加賀壮
監督や東堂さんの推す文吾の才能を「桁違いの素質」と素直に認めつつも、その前時代的な気質は桜花のカラーとは合わないだろうと指摘します
まぁ正直に言って加賀さんの言い分が真っ当正論すぎる
将来有望な野球少年の未来を守るため、リトルリーグでの変化球禁止や、甲子園での投球数制限等、新たなルールが続々と設けられてきこの時代
昭和からタイムスリップしてきたかのような肉体酷使バカが入ってきてもチームの中で浮くだけ
無論その気質がチームに伝播して良い変化をもたらす事も期待できますが、少なくとも桜花高校のカラーではそれはあり得ないという意見です
なにより実際に文吾が身体壊して決勝の登板もピンチという状況であるだけに、何の反論もできません

「この年代の子達は肉体の成長速度が個々でまるで違う。現時点で結果を出せている選手は単に早熟だからかもしれない
ダルビッシュや大谷翔平は中高時代、成長痛でほとんど練習もできなかったと聞く、それでいて世代トップの力を持っていた
この条件を満たしてこその歴代最高の逸材
石浜は未完なのかピークなのか、それは誰にもわからないが・・・肉体の成長は母親の遺伝子が強く反映すると言われる
石浜の母親―少し調べてみるか」

一方、現時点ではシニアの頂点と呼んで差し支えないパフォーマンスを発揮している文吾ではありますが、近藤さんが注目するのはその「伸び代」
現時点で結果を出せてる選手は単に早熟なだけで、伸び代は無いもしれない
という台詞は、我々素人からするとなるほど目から鱗の説得力。一流のスカウトが見るべきは今の選手の力ではなく、高校で通用するかどうかですからね
かくして文吾の肉体的な成長度を推し量るため母親の調査という金田一耕助の捜査手法のような奇行に出た近藤さん
一歩間違えば警察の厄介になりそうなアレさ加減ですが、まぁ一流のスカウトたるものここまでやるもんなんでしょう(やらないと思う)
ラストは杉浦兄弟の挑発を軽くいなす変態コンビで引きで、やはり準決勝の主役となるのはこの二人。宮松は攻撃力では大会屈指のチームですが、
準々決勝を見る限り投手力はなさそうなので静央の得点はバカスカ入るはず。間瀬のバッティングが火を吹く展開なのは間違いなさそうで期待が高まります


>かぐやさま 石上「イケメン羨ましい」ってこの野郎!お前はすでにイケメンなんだよ!
そのキタロウみたいなだせえ髪型かえて普通にしたらイケメンだろうよ、今でもイケメンだろうけど
あーもう美少女に囲まれてんのに自分はダメダメ陰キャみたいに言うし明らかイケメンの顔にかかれてるから最近石上にいらっとしてきたぞ
今までのことで自信がないんだろうけどね。そしてミコちゃんパート、彼女は重たくてメンヘラで確定か一回詩を石上に語ってみてほしい
石ミコは丁寧にやってくれたら嬉しいな。大仏は散々げんなりさせられたけど今はちゃんとよきともにもどってるな
>今週のかぐや様。やはり石ミコは簡単にはいきませんね。ネガだけど少しずつ前向きに成長した石上。対してまだ自分の殻を破れないミコちゃん
もう恥も外聞もかなぐり捨てたら王手なんですけどね。メタ的に言えば引き延ばしに入ったラブコメみたいなことしてますね
ステラの人とハートの贈り物も特に回収してないし、うーんって感じです
四宮家のお家騒動が片付く前に進展、決着があると綺麗に物語が畳めると思うのですがね
>藤原は石上に興味ないのは本当だろうけど密室で二人で楽しくおしゃべりしてミコちゃんに見られても困るっていうのもありそう
>今週のかぐや様は必要な話だったのだろうか…石上の鬱とかミコのメンヘラとか今更だな
後々の布石かもしれないけど出来れば2人の絡みを見たかった
>石上「イケメンに生まれたかった」全国の読者「ざけんな」 百歩譲って雰囲気イケメンは目指せる顔立ちでしょ石上は
ミコちゃんと大仏はすっかり昔のかぐやと早坂ですね。余計な寄り道しまくったけど落ち着くとこに落ち着いた感じ
さて今回はネガったと石上とヘラったと言うかヘタレたミコちゃんですが、これは来ますね。何がと言うと不知火ころもが
ダンスのパートナーに選ばれた時点でミコちゃんは割りと勝利を確信したのかもしれませんが、
今回で石上はミコちゃんからの好意に全然自信がないのが分かりました
ミコちゃんからの好意は自分の思い込みと弱気になってるとこに別の女の子に優しくされたら容易くクラっとしますよ。男の子だから
メタな話を言えば不知火ころもをフェードアウトさせずに投入参戦させるにはここしかないんですよね
なんとか勇気出して生徒会行ったら石上ところもが仲良くしてるの見て脳を破壊されるミコちゃんが楽しみです
ミコちゃんはダンスパーティーで自信持ったかもしれないけど、
「他に相手がいない」「生徒会として出席しない」という建前をお互い立ててるから何の担保もないも同然なんですよね
あれだけ気持ちを伝えあって一線越えた白銀とかぐやですら、白銀と早坂の関係性には危うさを感じるんですから
白銀と早坂の危うい所はお互い危ない事してるって自覚ないのが一番危ないんですけどね
>石上くんが凄いミコちゃんの事で頭がいっぱいになってる…一見久々のネガティブ思考ですけど、
「なんで伊井野こないんだよ!」とか「彼氏いるのかも」とか「自分の思い上がりだったのかな」とか以前の二人からでは考えられませんな
>謎のウザメガネがようやくこばちゃんに戻ってきてくれて嬉しい。いや、もう完全に元に戻るとかは無理なんだけどね?
ほとばしるお前が言うな感情は抑えられないし…でもあの性格のままよりはやっぱり初期のこばちゃん路線がぼかぁいいですよ
あのキャラ変やっぱいらなかったよな
>ミコちゃんもういっぱいいっぱいでワルイイノ効果切れてんじゃん
まぁ、石上といい雰囲気でラブコメったと思ったら急にかぐやいなくなるし戻っちゃうのも分からなくはないけどね
>石ミコじっくりやってくれそうな気配が漂ってきたんで早坂先輩と石ミコの絡みが俄然見たくなってきたな
マキちゃんもアリ寄りのアリなんで色んな化学反応を見たいぜ

かぐやが学校に来なくなってからというもの、御行は主に早坂と二人で行動、千花も寄り付かず、メンバーが揃う事がなくなった生徒会室
たった一人陰鬱なオーラを放つ石上がひたすらネガるだけという、読んでて端的に面白くなかった今週

「伊井野はなんで来ないんだろう。僕のこと良く思ってくれてるんじゃないの?」とミコちゃんの好意は自分の勘違いだったのかもとズンズン落ち込む石上に対し
「今生徒会室に行くと二人っきりだから、ガツガツしてるちょろい女と思われたくない」という、極めてしょうもない理由で生徒会室に行くことを避けるミコちゃん
10歩は進んだと思っていた進展具合が9歩は戻ったであろうポンコツぶりです
あのダンスパーティーでほぼ両思いの意思疎通まで済んだと思っていましたが、今回のエピソードを挟んだことで完全なりセット状態に
ではこれがなんの布石かと推察するなら、朋友コメントにもあるように不知火ころも本格的参戦の下準備でしょうね
ポンコツの本領発揮で足踏みしてる間に、ころもが積極的にモーションをかけていく展開になるかと思われますが・・・ミコちゃん自業自得すぎて笑えねえ
というかメガネはやっぱステラの人の正体墓まで持ってくつもりなのかこいつ
まぁ石上が正体隠してやった事ですから、第三者である大仏が暴露するのは道理に反するけど。でもこいつに散々邪魔された事を考えるとどうにもモヤる
個人的に大仏が真に読者から許されるには目に見える禊が必要だと思ってるので、どこかしらで彼女に精算の機会を与えてもらいたい
あと現在千花が生徒会室に現れないのは、
藤原家のコネクションを使ってかぐやの為に色々動いてる
なんて種明かしも終盤ありそうだと思った


>全力でやりたいかなの本心と、それを見抜いていた姫川のナイスお膳立て、はんぺらさんの考察通りでしたね
舞台としてはかなとあかねが演り合う次回がクライマックスで、2.5次元編としてはそこからあと2回くらいで終わりかな?

>かなが主になるシーンでアクアに絡ませに行ったって事は姫川はかなのアクアに対する感情をわかってて利用したって事か
2.5次元編も佳境に入ってきてメンゴ先生の作画も気合い入って本当楽しみ
今回ツボだったのが雷電ポジの麻呂、こいつってミタノリオだよね?なんか見た目に色々盛り込みすぎでどんなキャラなのか気になる
>推しの子はかなに対しては「私には乗ってこないのにアクアには安心して任せるんだ、ふーん」で、
アクアには「私にはできなかったかなちゃんの心を開かせて……!」と両者に嫉妬するあかねが見えます
姫川がかな覚醒に関与するかどうかは、かなが一番信頼する相手に任せるって
文字通り背中押すって姫川もアクアも両者立てる上手い展開でしたね

>かなのヒロインっぷりが素晴らしい、そしてデレて唯のファンになったあかねも可愛かった
ただし2.5次元編のクライマックスはまだ先、アクアと姫川の競演がどうなるのかってとこでまたしても休載…
かぐや様もクライマックスでアカ先生だいぶ無理が来てそうで心配だ
>2話の冒頭インタビューでルビーが女優業初挑戦ってセリフがあったけど、今回の舞台編が演技に興味を持つきっかけになるのかな
>かなの家庭環境……、子供の稼ぎ使い込まない立派な親かと思ったら立派な立派な毒親でしたね
これなら稼ぎは使い込んでも家庭崩壊しないほうがよっぽどいい
そんなかなのバックボーンが語られて満を持してのアクアのスーパーイケメンタイム。これはかなも恋になりますよ
動きだけでどんだけ情報量伝わってんだと思いますが
そして覚醒したかなの演技はまさに太陽、自分の放つ輝きで周りを満たします
この辺同じ周りを喰う演技でもあかねとは対称的、あかねは周りの目を吸い寄せるブラックホールみたいな演技をしてる
太陽と月じゃなくて太陽とブラックホールだったんだ。かなとあかねは。あかねにより重い女印象付きましたがw
しかしそんな密度の濃い今回を最後の重度のコッテリした重曹オタクと化したあかねが全部持っていきました
もうアクア×かな×あかねでいいんじゃないかな?でもあかねは某白銀家妹みたいに「かなちゃんに指1本触れるな」ってアクアを警戒しそう

お前が調整に回る必要はない。裏方は俺に任せろ
演りたい演技やれよ有馬かな

「皆が好き勝手やったら舞台はまとまらないでしょ。誰かが調整役やらなくちゃ」というかなの意見は確かに正しい
しかしその調整役がかなである必要はない。むしろ演技の実力を考えれば、かなが調整役に回るのはやはりミスマッチと言えるでしょう

「スポットライトを照らすのは俺がやる。真ん中で輝くのはお前の役目だ」
無言で語るアクアの頼もしさに促され、ついに長年封じ続けてきた本来の演技を開放するかな。瞬間、会場を水を打ったような静寂が支配する
一般の観客はもちろん、居並ぶ業界関係者達。そして
同じ舞台上の演者ですら言葉を失う、圧倒的な存在感


「そうだった。商業的にわかりやすい泣き演技がクローズアップされがちだったけど、有馬かなはこの演技で一斉を風靡した
目を焼く程に眩い太陽の様なスターの演技
今まで便利な役者だからと使っていたけど・・・枯れてなかったのか。わからないものだね」

もう終わったタレントだと思ってぞんざいに使っていた己の不明を恥じる鏑木プロデューサー。天才子役は死んでいなかった。ただその爪を隠していただけ
ルビーが演技に興味を持つキッカケがこの舞台だったのかな?というコメントとまさにそうであろうルビーの表情と反応
メルトやあかね、MEMちょのレギュラー化に見るプロットの上手さはこれまでも称賛してきましたが、今後の伏線を確実に張ってるのが本作の凄いとこよね

全盛期の輝きを取り戻した推しを前に、完全なファン目線で舞い上がるあかね
これだけでもうあかねは自分の悲願を果たしたと言えるので、勝負で負けても悔いはないでしょうが、次号はシャンと役者に戻ってこの演技と張り合ってもらいたい
まぁ勝負としては僅差であかねが負ける感じでしょうが、負けたあかね当人がニコニコ笑顔でかなの復活を喜ぶ王道の大団円なのは間違いありません

まだこのあとにアクアの感情演技という山場も残ってる事を考えると、
パートナー鞘姫役であり、アクアの事情も知っているあかねはそっちのシーンで比重多く取りそうね

>まさかのNOセックス&柴ちゃん先生再登場…!
はんぺらさんの期待は裏切られ、嫌な予想だけが当たるというある意味最悪の展開になったアビス
いや、私は先生はキャラとしてはすごい好きなので次号がめっちゃ楽しみなんですけどね?
チンポが本体と思われていたレイジくんまさかのインポとは…こうなるともう本当に自殺するしか救いはないんじゃないか…?(とーます
>少年アビス 立たないってそうきたかあって思いました。まあ仮に体が健全でもあんな病んだ友達抱きにくいけど
令くんクズクズ言われるのわかるけどあんな虐待みたいな環境で子供が育てばまともになりにくいし
周りの女性陣も令児本人というか令児の竿欲しさに盛ってくるので若干引いてきた自分もいます
チャコのブラとショーツが痩せてパカパカしてんの細かくてリアルだなというか思う
はんぺらさんアビスとりあげてくれたの嬉しいけど、先生と玄の対決とか先生ポエム回とか感想見てみたかったっす


完全に発情した瞳で自らベロチューしてくるチャコ
はんぺら歓喜&大興奮の冒頭から令児まさかのインポでセックスできずという、落胆&消沈の展開を見せたアビス

不能とわかった途端に「そろそろ親が来るからもう帰れ」と冷淡に言い放つチャコの反応が、
もう令児をただの竿としてしか見てないのが雄弁に伝わってきてなかなか辛い。令児はどうなってもいいからチャコは救ったってや
まぁ再登場させた以上チャコとこれっきりって事はないと思うんで、今後インポが治ったらセックスする可能性もワンチャン残ってるかも?(願望)
そしてラストで堂々再登場、アビスを話題作に押し上げた名物キャラ
家を訪れてるあたり自分が母親にハメられたという事までは理解してないハズなので、まだ1000万で令児を買えると思ってるんでしょうかね
でもなんだか憑き物が落ちたような穏やかな顔してるんで、案外正気に戻ってるという可能性もあるか?
玄という物理的抑止力がなくなった状態で、はたして令児はこのモンスターとどう向き合うのか。アビス読者は次号必見です


>今週のシャドーハウス、エドワードサイドの話でしたね。言われてみれば外回りはある程度地位が無い出来ない事か
その間、能力を買われているルイスがどう動くかだけど、ケイト様の周到さなら、新人の一人や二人って気がします
ケイト様サイドの話は軽めで、エドワードサイドの話を掘り下げるのか、予想以上にルイスが奮闘するのか、
はたまたサラミアに捲土重来があるのか、予想だにしない展開か。次回も注目ですね by.REO=カジワラ
>エドワードはじめてのおつかいの巻。校長出てきたけどエミリコが村の子じゃないとエドワードにバレるのかな
一番の弱みのケイトの正体とは結びつけようないからそこは大丈夫そうだけど

しばらく考察要素がない展開が続いて退屈だったシャドーハウス。ようやく新章本格始動となった今週は新たな考察要素が大量投入されました
まずは当面の敵だったエドワード、アイリーン、ジェラルドが
3人まとめて館から居なくなる、というまさかの電撃展開

その理由は館外への外出許可である「お遣い」を任された為であり、トリオら当人としては出世街道に乗っている良い報せなのですが、
子供達の棟に睨みを利かしておきたい今の状況ではタイミングが悪い
お遣いの内容は島全体の視察の為しばらくの間は館に帰ってこれないそうで、ケイト達にとっては追い風と言える状況となります
そんなエドワードが自分の代理として立てたのは、クリストファーの教育改革で育てられた世代でもある若き俊英・ルイス
おじいさまと共にある棟では一番の下っ端である一階の住人ですが、裏切りの心配がない自身の完全な子飼いであることを考慮した大抜擢です

ちなみにお披露目の同期が一体化後3人も残っているのは極めて稀だそうで
読者からはポンコツ扱いをされることが多いエドワードですが、確かにこの事実だけでも彼らが「最高の世代」であることは間違いないみたい
かくして当面の敵がエドワード達からぽっと出の新人に切り替わった新章。これはケイト無双の予感
もっともケイトが「今、おじいさま共にある棟にはエドワードがいない?」という事に気付かないと大胆な行動は取れないと思いますが
そのへんに関してはサラが持ち前のボンクラさ加減でうっかりバラしそうよね
一方、館を出立したエドワードらはまず一番の最寄り町であるミラーサイドに到着。そこで彼らを出迎えた管轄者はやはりあの男だった

ミラーサイドの校長先生・テイラー
なるほどエドワードらの外出という展開になんの意味があるのかと思いましたが、ここで彼と接点を持たせるためか
ここでエドワードが
「ケイトという少女は学校ではどんな子でした?」という質問をした場合
「ケイト?そんな名前の生徒はウチにはいなかったが」となってその疑惑が一気に確信に変わる事に
まぁコメントにもあるようにケイトの正体にまでは結びつかないワケですが。限りなく黒だったのが完全な黒になるだけでも状況的には相当な悪化
館にはしばらく帰れなくてもすす鳩による情報伝達はできる以上、ルイスに先制攻撃に出られるという展開もありそう。これは今後の考察が捗るぜ


>まさかのスパルタカス登場しましたね、ちょっとトゲトゲしいけど見た目も読切版とリンクしてるし倒したら味方になってくれそう
>予想通り闘技場でスパルタクスとの闘いか
このスパルタクスは読み切りの神に挑んで敗れた成れ果てか、はたまたローマに弱みを握られているのか気になる
ローマが手駒を集めているのは他の勢力が有るって事だが、始皇帝みたいな中華系の英雄勢力が良いなぁ

全身に折れた剣が突き刺さったまま戦い続ける、鬼神のような姿で登場したスパルタクス
さしもの鉄次郎も「あれは鬼だろ」と呑まれかかる強者の威容。松原先生の読み切り漫画で主役だっただけに、仲間になってくれる展開を期待したいところ

考察としては朋友の言う通り、ローマ軍が野良団を取り込もうとしている事から彼らが戦いに備えている敵がいる事は確実
それでいながらこんな無敵の鬼神みたいなスパルタクスを前線で戦士として使わず、こんな地下深くのコロッセオで戦わせているという事は
スパルタクスには今もローマ軍に従う意思がないという事まで推測できます。味方になってくれる可能性は高いでしょう
鉄次郎がスパルタクスを連れて地上に戻ったところでオエノマウスもローマ軍を裏切って野良団につく流れと思われますが、ドラちゃんの正体明かしはまだ先ですかね


>格闘で配信というと深道ランキング思い出します、考えてみるとあの時代に凄い先見性のヨクサル先生
遊佐は正直言ってまだ鉄馬と並ぶと言われてもピンと来ませんがテクニック型の巧者かな
ストライクは単に数ある技術の一つか攻略に絡んでくるのかわからないものの腕だけ剛体術っぽい印象でサラッと難度高そう

現在日本最強の総合格闘家にして人気YouTuberということで、朝倉未来がモデルと思しき遊佐春麻
格闘家同士の技術交流コラボという、界隈の流行りを取り入れた展開が面白い
ちなみにシステマのストライクが出たのは、以前紹介した迫先生本人が北川先生とされたシステマ✕カポエイラ動画を意識したサービスですね
ストライクはシステマにおける打撃技の総称であって、所謂浸透勁のような「特殊な技」という立ち位置ではないので特に展開に関わってくる事はないんじゃないかと
配信者と背信者(ユダ)をかけた発言を自らしてる事からも彼がユダである事は確定したと思われますが、
読者にそう思わせておいてからの実は本当のユダがいた、なんてどんでん返し展開も迫先生ならワンチャン有り得そう。ここから話がどう転がるか注目です



>ジャンプラで短期連載していた長谷川先生のデジタル作画奮闘記が完結しましたがはんぺらさんはご覧になられてましたか?

もちろん第1話から欠かさず見てたぜ。ここ二ヶ月間で一番楽しみに読んでた週刊連載かもしれん
知っての通りはんぺら青春兵器ナンバーワンの大ファンで、デビュー作焼野原塵の頃からギャグセンスには注目してた作家さんなので非常に俺得な企画でした
長谷川先生自身、ギャグのセンス一本でやってきた方なので作画に関してはあまり関係ないように思うかもしれませんが
そうは言ってもやはり締め切りに圧殺されたとおぼしき雑作画回は素人が読んでもすぐ気付きますからね
作画効率を高めることは週刊連載作家にとって必須であり、デジタル化によってそれを手に入れた今のニュー長谷川先生にはめっちゃ期待してます

アナログで塗った第1話の扉と、デジタルで塗った最終話の扉
どちらが好きかというのは好みの問題もあるのでともかくとして、クオリティの差は明らか。完成までにかかった時間もアナログとは段違いでしょう
下世話な事を言えば
今回の企画自体が呼び水になって新連載も勝ち取りやすくなったと思うので
次回作は話題性も充分でスタートダッシュを切れるんじゃないでしょうか。個人的には斎藤さんが殉職するマンガ業界の話描いてもらいたいわ


>強敵ネブルザグ、ex2に至るまで100%減は3『回』と勘違いしたままという大ポカをかましましたが何とかクリアできました
新キャラはもちろん誰も引けなかったので、自分はコットンを育ててなければ即死でした(銀の獅子褒章の在庫が死んでることから目を背けつつ)
はんぺらさんや盟友の皆さんはどんな攻略をなさったでしょうか。楽しみにしております by蝦夷大樋熊)

はんぺらは特効キャラ2体とも引いたので何の苦労もありませんでした
2ターン目で120万くらいのダメージ出して勝てたので、試してないけどバフの盛り方次第では1ターンキルも余裕だったはず

というか剣/大剣の伝説キャラが現状4体揃ってる完璧な布陣なんで、そもそも正直特攻キャラはなくても良かったんですけどね
片方がアデルだったために仕方なく引きに行った感じで、ステップアップガチャというコインによる天上交換がない特殊なガチャだったせいでえらい沼りました
アデル1体出るまでにフィニスが4凸してしまうという地獄の偏り
10万クラウン以上を維持していた万全体制が今回のガチャ一発で瓦解。タイムリーに大志さんも言ってましたが、天井のないガチャは本当にクソだと認識させられたのぜ
ストーリーモードを見る限り、アモルと合体したスーパーリベルが近いうちに実装されそうなのでそれまでにまたクラウン溜め込まないと・・・うごご
というか最近はイベント配布の★4が高性能続きでビビる。ゆっつらくん、ルーファス、エルマンとどれも破格の性能という
ユーザーとしてはイベントをより楽しめる要素のひとつになるんで、今後もこの水準を維持してくれるとありがたいね(そう言ってるとゴミみたいな性能がくる法則)


>英雄戦姫でエスカレイヤーコラボ。元々のゲームがアリスソフトの大シリーズに影響を受けていて、
制作時の許可ついでに謙信ちゃんのゲスト参戦まで取り付けたというエピソードがありますので、そういった繋がりが活かされたコラボなのでしょうね
…ただ、性能はちょっと控えめであまり語るべきところが無いのが、残念と言えば残念です

コラボキャラは嫌う人は嫌うわ一期一会企画故に再入手の機会がないガチャになるわで、性能を強くしすぎるとユーザーの怨嗟しか生まないからな。まぁさもありなん
とりあえずガチャキャラでエスカレイヤー、イベント配布で閃忍ナリカと無難なところがきたワケだけど、いつも通り後半でガチャキャラが追加されるかどうかが気になる
来るとしたらエクシールかハルカだけど、ナリカがいる事を考慮するとエクシールか
天狐とアリスソフトとの縁が今も続いてるというのが確認されただけでも、今後上杉謙信が追加される可能性が0%じゃなくなったとわかってファンとしては嬉しいところ
英雄戦姫WWXがあと何年続くかはユーザー次第ですが、是非とも長く続いてファンの願望を実現させてもらいたいですね



>えっこれもしかして牛&戦争のタッグ来る?
>これではぐれ悪魔コンビとユニオンジャックスの流れがほぼ確定ですね。あとは肉牛戦争がシングルですかね
ロビンがここでまたリーダー職を放棄したので戦争の成長が待たれる…
>これ席が何席空いてるかで話が変わりますよね。ザ・マンの扱いとか今回下天した面子の枠はどうするのかとか
まぁ2か3が妥当なところだとは思いますが、なんとなく人間代表としてジェロニモは神に選ばれそうな気がする
あとは悪魔かサタン様か老害マンか…スグルは拒否しそうだしなぁ
>アシュラマンはバッファと二手に分かれた方が何かあった時でも悪魔超人の目が残せると考えてそうですね
逆に言うと新鮮味もないアシュラ&サンシャインはかなり負けフラグかもしれません
>ロビンマスク&ネプチューンマンという見てみたかったタッグがよりによって一番見たくない展開で成立してしまった いやタッグマッチになるかは知らんけど
>すでに神の席が5?6?空いてて更にこれから超神で退場者が出ることを考えるとこの8人で争う意味が分からない
>「またか、コイツ」と今週のネプに思った読者がどれほどいることか。そんなの重々承知のミスリード狙いだと思いたい
>一枚岩だと思われた8名の崩壊!2世タッグ編のオマージュですかね。どうせ後で仲直りするだろうから、別にいいけど
だが老害マン、てめーはダメだ!欲に駆られる姿、ホント似合うなコイツ
ウォーズはロビン達に付いて行かず、スグルと行動して、バッファと組みそうですね
超人師弟コンビの再結成or因縁ある老害との夢のタッグが無くなりそうなのは残念ですが、
何気にロビンと老害のタッグ「ザ・ジョンブルズ」結成が期待できそうなのは嬉しい
>老害マンが若返っても老害マンだった件
>今週の肉ちょっと酷くないですか
せっかく復活したロビンがようやくリアクション要員から脱したと思ったら困ったちゃん化とか、今更そんなの見たくないですよ
この人あの熱い試合を見せたマンモスマンから一体何を託されたの
それならロビンよりスグルと別行動しても不自然にならない血盟軍系正義超人とかネメシスを参戦させればよかったのでは……?
それ以上に残念なのがネプチューンマンですよ。ずっと試合には出ないものの理知的な態度で強キャラ感を出してたのに
急に二世の時の老害みたいな言動になってもう不安しかない…ロビンに着いてってフォローするためになんか演技してるだけとかにしてくれ〜
>神の椅子という景品が現れたら分裂する構図が、球根という景品が現れたら分裂した2世のタッグ編と重なりちょっと不安が…
各勢力で思想に違いがあると始祖編で描いているのであの時とは違うと分かってはいるのですが…
>ダディがダディすぎて一周回って安心しました。読み切りで伏線張っていたとはいえお前このタイミングでお前…
ただこれ仲間割れっぽく描かれてはいますが、別に道を違えたわけではないんですよね
どうせ3チームに分かれなければいけなかったのだから、話し合って決めるかそれぞれ自由に行くかの違いでしかないわけで
あとやっぱり超神サイドも人員整理をもくろんでいたようですね。「その他の調和を乱す可能性を持つ全てを滅ぼすために!」と言ってきましたから
となると新たな神候補は複数選抜されそうですが…先に最上階へ転送されたジェロニモ、居心地悪いだろうなぁ
>今週のキン肉マン、結局大粛清はどういう方向に落ち着くのか
神の座に釣られたアシュラマン、いやいやそこは神の座なんてどうでもよくてロビンと同じように最強の証明が欲しいだけって色々見方はあると思うんですが
どっちにしても「神の用意した舞台で、神の用意した結果に甘んじる」ことに変わりはないのでそこだけが非常に残念
「お前はキン肉マンより強いから神様にしてやる」と調和の神に言われてそれでアシュラやロビンは満足なのか?
そもそもそれだと今の神と超人の関係が何も変わらない、結局は神が超人を支配し続ける体制に変わりはないのではないか?って思うんですよね
>今の脂ののったゆでによるキン肉マンVSロビンマスクも英国コンビでもあるロビンマスクとネプチューンマンのタッグも
いつか必ず見てみたいと思っていたけどまさかこのタイミングで来るとは思わなんだ
それにしても神の椅子取りゲームという形で各種バラバラに動かしたのは本当に面白い試み
単に強大な超神相手に超人が挑むってだけじゃ始祖編とあんまり変わらないもんな
>数ヶ月ぶりに喋ったと思ったらこれかよ!!仮面の奇行子っぷりを初めてリアルタイムで追うことになりそうで楽しみやら不安やら byきんた
>真面目な話、ロビンの奇行は正直神にふさわしいと思った。多神教の神って基本ガチ目エキセントリックだし
>今週のキン肉マン、せっかく強くかっこいいロビンマスクが見られるかと思ったら、ここでチーム分解…
敵になった訳ではないのですがキン肉マンの味方サイドであって欲しかったです
で最後のネプチューンマンの二世っぽさを感じました。頼むから今後失望させないでよ
>に、2世タッグ、2世タッグの序盤のスカーっぽい言動・・・あ、ああ~~~~っ!
いや、まじめな話、ここで神の座に固執し始めた連中全員、ザ・マンか悪魔将軍に粛清されても仕方ないんじゃねえかな
調和を応援したくなったぞおい。ロビンとかアシュラはらしいっちゃらしいけど、マンモスマンやサムソンに説教されてきてほしい
心に愛がなければスーパーヒーローじゃないんだよ。微妙に盛り上がらないと思ったが、ジェロニモはまともなほうだったんだな
>ネプ、老害ムーブ再び!二世以降すっかりこの路線が板につきましたなw
しかしロビンとの英国コンビはちょっと楽しみ。久しぶりのはぐれ悪魔コンビも女房を質入れもの
>完璧始祖編の予想→ロビンは完璧超人として復活して敵になる! オメガ六槍客編の予想→ロビンはサタンに選ばれて敵になる!
正解→ロビンは普通に生き返って敵になる…なんぞこれ?と言いたいところですが、自分はこのロビンのシーンはそんなに悪く感じませんでした
夢の超人タッグの時のような、とにかく敵対しようっていう後暗い感情ではなく、
ロビンがキン肉マンのライバルとして最大限考え導き出した結論が、
正義超人の参謀という肩書きを捨ててでもキン肉マンと雌雄を決したいというものならば、是非見届けたいと思います
というか今シリーズのラストバトルがガチのキン肉マン対ロビンだったら熱すぎる!!!!
>こんばんわ前田、いやさはんぴら殿
ジェロニモ勝利で一丸になると思われたリアルディールズがまさかの分裂で物議を醸しているであろう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか
わしは今回のチームは東映まんがまつり的人選というか、
「最強チームを作るなら他にいるけどとにかく人気者たちを集めてみました!」って 正直なチーム編成があんがい気に入っていたので、
やつらが東映まんがまつり的に「ここは俺に任せて先に行け!」とベタな戦いを繰り返して塔を登っていくのをけっこう楽しみにしてたんですが
でもよく考えてみると今回のメンバーって全員が全員筋金入りのワガママ野郎ばっかりなんですよね
ワガママ王子のスグルちゃんやアシュラマンは言わずもがな、バッファローマンやイチバンマスクはそもそも超人界のNo.1になるために修行してたわけだし、
ジェロニモやウォーズマンだって「上に行きたい」という野心は相当強いキャラクターだったはず
そしてロビン。うん、お前はそういうやつだよな、知ってた
友情パワー崩壊で敗北フラグもちらほら見え始めた リアルディールズですが、(特に英国コンビとはぐれ悪魔がやばそう)、
この人選、このメンバーなら「確かにそうなるわな」と納得できるところもありますし、それぞれの活躍に期待して楽しみに読んでいきたいと思います
でもな、東映まんがまつり的なベタな展開も見たかったんよ、見たかったんよ…
>あやつマン「人選ミスった気がする」
>ロビンマスクにとっては神の席をめぐる戦いであると同時にキン肉マンと決着をつける最後のチャンスでもあるか
おそらくロビンは勝つでしょうし、この戦いが終わったあとキン肉マンVSロビンマスクの展開があるかも…そう考えるとめっちゃ楽しみだわ
>ロビンはノブレス・オブリージュの持ち主ではあるので責任カある立場に押し込んどくと(仕事じゃなくて超人オリンピックチャンピオンでも)落ち着くんだけど
自由にさせると本当にロビンだな!
>率直に言ってコレ、面白いですかね?前回感想で書き忘れたんですけど、まさに「神の椅子取りゲームは良いけど、これって超人側に必要性ある?
誰が勝って神の試練を乗り越えるにしても、『じゃあお前、今から神の108番目ね!』って言われて誰も喜ばんしそんな役、引受んだろ?」って疑問だったんですが
それをまさかのここへ来て仲間割れ(で良いんだよね?)・・・旧タッグ編の焼き直し感は否めないし
もしかしたら、ゆでの中では実際のプロレスを意識してるのかもしれないし、
そもそも超人とは強さを求めるもので戦いの本能から逃れられないサガなんだと言いたいのかもしれないけれど、
正直旧作からずっと追いかけてるファンとしては萎えます・・・さんざん言ってきた「友情」って何なんだよ?
王位編ラストでの大団円は、新シリーズ開始での正義、悪魔、完璧3陣営の和解と調和はなんだったんだよと
百歩譲ってアシュラやネプが悪巧み顔すんのは許すとしよう。しかし、ロビンに至っては「お前、どんだけこじらせてんだよ!?」と
これもまた、ゆでの中ではロビンというのはスグルの永遠のライバルであって決して相容れない最高の強敵(とも)という確固たるキャラ設定があるのかもしれません
でも、「今までもう何度ソレやってきたよ!?これならまだ敵側の刺客として復活して「純粋に敵」としてスグルの前に立ちふさがるとかやってくれた方が良かったわ」
と思うのは自分だけでしょうか?何かロビン見てると、ケビンの方がまともに見えるというか、このオヤジの元でよくまっすぐ育ってくれたなあと思わず居られない
つくづく、この場にアタルやネメシスが居なくてよかったと思うし、もしかしてこの展開があるからこその人選だったのか?と思ってしまうくらい
まだ闇落ちというか離反するならウォーズの方が見せ場になったんじゃないかとも思うし・・・あんまり、この言葉好きじゃないんで使いたく無いんだけど・・・
あえて、今後はロビン・ネプ組のことを『ビッグ老害ズ』と呼びたいw(もちろん由来はビッグボンバーズ。ろくでもないポンコツコンビという意味を込めて)
>ロビン達大丈夫?箱の中に人形入れられてない?
>あれ、なんかサタンのほうがマシって意味が解ってきたぞ
>仮面の奇公子と老害マンって並びの字面酷いな
>「平和」の中で巻き起こる「戦い」に掲げる戦う理由
前シリーズでのザ・マンとネメシスのやり取りが記憶に新しいですが、まさに「論争の代表」として今度はスグル達が真剣に問われてるのですな
にしてもアシュラのバッファローに向ける意見がそう遠くない未来でマンタ達と戦わなければならない事を予言してる様に聴こえる…

新キン肉マン 第364話
「リアルディールズの調和!」の巻

テリーとロビンの違いがわかるか?テリーはあくまでスグルの親友で最高の相棒なのに対し
ロビンはスグルの最大のライバルだという点だ
テリーが岬太郎ならば、さしずめロビンは日向小次郎と言えばわかりやすいか
屋敷住人なら知っての通り、ロビンの読み切り以降はたびたび上記の持論を掲げて
「新シリーズでは甦ったロビンが敵になる」説を強く提唱し続けてきたはんぺら
なので今回の展開は意外ではありましたが特に大きな違和感もショックもなく、「まさかこのタイミングで来るとはな」くらいの驚きですんなり受け入れられましたね
というワケで、目の前にぶら下げられた神の椅子の座というエサによっていきなり空中分解してしまったリアルディールズ
自ら別行動を宣言したはぐれ悪魔コンビと英国コンビ、そして余り物の3人でそれぞれ別ルートから最上階を目指すことになります
「現在空いてる5つの神の座の数と、これから更に減る事を考えれば、8人で争い合う理由がよくわからない」という朋友コメント、はんぺらも前回まではそう思ってましたが
もしかして超人に敗れて消滅した神の座は空位にならんという事なのか?
だってこれから先倒される超神の人数を考えれば、最終的な空位の座は8つを超えるハズ。そうなると8人全員座れるんで、仲間内で争う椅子取りゲームにはなりません
ただそうなると「神は椅子の数と同じ108人であるべき」という彼らの思想が成り立たなくなっちゃうんで理屈的に矛盾が生じるんよな
どう考えても必要のない仲間割れをしてるワケですが、まぁ前提としてロビンらの離脱あっての展開だと思うんであまり深く考えるのはやめましょう
個人的に今回の考察ポイントだと思ったのは、エクスキューショナーがジェロニモにかけた「我が系譜を継ぐ者」という言葉
ゴールドマンとシルバーマンがザ・マンの手で生み出されたという事実と、他の神も各々が新たな神とするべく超人作り出したことがわかった前回
「超人」という同一の括りでありながら、あまりに多種多様な外見と能力を持っている理由
に納得がいった設定ですが、エクスキューショナーにしてみれば自分が生み出した超人が神候補になったのだから、敗れても鼻高々ってことになるんですよね
更に当然ながら各超人のルーツを遡ればそれを生み出した神に辿り着くワケで、なんとなく今後のマッチメイクの傾向が見えたような気がします
例えばアシュラマンの相手は腕がいっぱいありそうな気がする・・・とか
まぁ真面目な考察は置いといて2世の汚名返上どころか恥の上塗りをしきてたネプチューンマン凄え
老害マンに対してのヘイトを頑なに抱き続けてきたはんぺらですが、これだけオープンにやられてしまうと怒るどころかむしろ清々しさすら感じるレベル
ロビンとはエキセントリック発言コンビとしてこのまま突き抜けてもらいたい


>よく考えたら老害マンシングル戦をちゃんと描かれるのは初めてなのか…
そしてあの風貌からしたらネプチューンキングの上の神ということでネプチューンゴッドとか名乗りそう
>ロビン「危機感だよ。ジェロニモが勝った状況では安堵感が生じる」
>もしや何十年ごしかの伏線回収かもしれません。ネプチューンはポセイドン、水の神を意味します
ネプチューンキングが旧原作で神にもっとも近いと邪悪神に言われ、
さらになぜかネプチューンキングがテームズ川に沈んでいた事も水の神だからで説明できます
まさかネプチューンキングに仮面を授けた神がいるのでは?と予想します
>この武道のオーバーボディの下に、どんな姿が・・・
今までの武道が皆オーバーボディだったから、今度こそ真の武道なんだろうか?
>良かった…本気で仲違いをした訳じゃないんだ。流石にこの場面で仲違いするのは嫌だなあと思ったモノで。ゆでたまご先生の手の平の上でした
そんな安心もつかの間、ビッグ・ザ・武道!えぇー!?何者なの!?キングは死んだと思うから、ザ・マンの縁者かなんかですかね?
>私欲による崩壊でなく、馴れ合いを嫌うアタル兄さんの真・友情パワーによる分裂の様子で、ひと安心
武道マンの正体は見当がつきませんが、タッグ専門屋である老害マンの初シングルマッチが実現するのは、何気に楽しみ
>ネプ相手の超神、武道の姿で登場したが、一人称が某で下界の情報を得るのに熱心な辺り、変身が得意な忍者系の超神だったりして/グリッサンド
>ネプチューンマンの試合はタッグでしか見れてないので楽しみですが、これぽっちも予想してなかった次なる超神の姿に驚愕してます
この引きで次回が2週間後なのは辛い
>禁断のビッグザ武道三度打ち…!まさか昭和・平成・令和と三つの時代にそれぞれ新しい武道が出てくるとは流石に読めなかった
>武道「だって私は3人目だから」
>屋敷ではヘイトを買いまくったネプチューンマンですが、
個人的には彼の清算を持ってゆで御大の完璧な復活と呼べるのではないかと思っているので期待したいところです
むしろ自分より格上の存在相手に「この下等超人が!」って言い放ってやって欲しい
>わしがオーバーボディを作った神だ!縁者とかそういうのではない!となりそうな気がする。
>今週のキン肉マン、…キン肉マンワールドでは剣道着のことを何だと思っているのやら……これで3人目だよ
これは姿を変身させてるのか、それともザ・マンがあの格好する元になった武道の神(仮)なのか
>ゲー、3人目の武道!というか、コイツが1人目でザマンが仮の姿としてコイツの衣装を借りたのか?
それともずっと見てたって言ってるし、ザマンが武道コスを発注(?)したのを見て同じコスを着るようになったザマンファンの神か、
はたまたはネプキン本人がいつの間にか神になったのか、サイズ的にはネプよりちょっと大きいくらいでザマンやネプキンより小柄に見えるが?
>無量大数軍編読んでいた時「対戦相手のストーカー行為気持ち悪っ」感じていたので、
ネプの「不公平だな」は肯定的に扱われて欲しいです。もしそうだったら(メタ的にとはいえ)バイコーンも案外フェア寄りと好感度上がりますし
>ロビンにはロビンの考えがあって真友情パワーみたいなことをしたんだな→奇行半分以上本音とかやっぱロビンだわ
>ネプチューンマン初のシングルという注目試合展開なかなかド肝抜かれる相手が来ましたね
武道の更に元ネタ…じゃ芸も無いので幻影の神とか自省の神みたいに対戦相手に合わせて姿を変える超神でしょうか
もしかしたらスグルVSカメハメ(姿コピー)みたいな夢の疑似マッチメイクもできなくもない?
>前回は一抹の不安をあおった英国コンビですが、ロビンの本音を引き出すにネプは適役ですね
そして対する超神はまさかの武道。岡山のトークショーや学研の図鑑で
「ネプキンはストロング・ザ・武道に憧れて同じ格好をしていた」という設定は明かされていますが、
結局謎のままだったザ・マンが剣道着の理由がここで明かされるのでしょうか
>この神様はザ・マンのコスチュームを作った衣装の神とかでしょうか?あるいは相手にとってのトラウマに見える苦悩の神とかでしょうか?
それともまさか、剣道着は神が超人を粛清する時の装束が元とかのオモシロ起源説が?
>武道の神(仮)の正体は……! ①生きていたネプキン ②ネプキンの縁者 ③ザマンの方の縁者 ④見る者の心によって姿を変える系
……はんぺらッ!君の意見を聞こうッ! 一体どれに花京院の魂をかけるんだいっ!?

新キン肉マン 第365話
「キン肉マンとロビン!」の巻
危機感の足りないメンバーにハッパをかけるために、敢えてキツイ言い方で離反した
と前回の発言の真意を語るロビン。あくまでも目的は見失っておらず、本質的に敵対してるワケではないという事を読者にわかりやすく説明しつつも、
同時にここがスグルと決着をつけられる最後のチャンスだと思っているのも事実
だということも伝わってくる語り口。ここまで言った以上、最上階に辿り着いてからのスグルVSロビンのカードはやはり100%あると見るべきでしょうね
老害マンは知らん。お前は面白い方向性に突き抜けとけ
それはともかくとして今回の考察ポイントはビッグ・ザ・武道、ストロング・ザ・武道に続く三人目の武道となる超神の正体
世間では普通にネプチューンキング関連か、或いは見る者によって姿を変える鏡のような超神ではないかという考察が大多数の模様ですが
まず前提として先の二人と同じく彼もオーバーボディなのか、それとも彼が正真正銘のオリジナルで、この剣道装束姿が本体なのかというところから気になります
はんぺら前回の自分の考察に則るならばこの超神はネプチューンマンの先祖を生み出した神ではないか
という考察になるので、まずとりあえずはこの予想で行ってみようかと。今後ヒントとなる台詞や描写が追加され次第、随時肉付けしていく感じですね


11月7日

>ギャグ回としか思えない血縁のない四者面談が今回の伏線だった、と誰も予想してなかったはず
あそこで白銀父と早坂母が出会ってたことに意味があったとは
>やはり白銀パパ只者じゃないな、早坂ママと繋がりがあるとは
朋友が予想していた、四宮家の騒動に関わっている説も的を得ているのやもしれません
それはさておき早坂可愛かった。色んなバージョンが見れて早坂推しの僕としてはそれだけで大満足です
>早坂可愛いよ!生き生きしてるな。メイドにグラっときてた会長と理解力の高いパパ
彼女と別れてすぐ別の彼女のクズ兄貴から誤解をすぐにとけそうでよかったね
はんぺらさん前の訪問のとき圭ちゃん叩いてたけど
別のまとめだと兄貴と知り合いの女の子が盛りまくってるのに同情したり引いたりしてたりする人もいて意見色々でおもしろかった
>かぐやさま展開が速い!早坂可愛いよ早坂。本当にテンポ良くて面白い
気になってる部分が雑に処理されないかが不安だけど最近面白くて本当に満足。帝くんは普通にいい人でOKだったのか気になる
ただのいい人ならかぐや様が他人に説明するとき露骨に嫌な言い方したり冷たかったりするのアレになるけど
>かぐや様は告られたい233話「早坂愛は着替えたい」は、
作者の描きたいものと読者が読みたいものが完璧に合致した稀有な回だと思いました。ゆるしてにゃん❤️
>せっかくだし早坂を代わりに入れた生徒会ギャグ回とか見てみたい
>早坂は本当に竿姉妹の未来がありえそうな気がしちゃうから困る
かぐやも早坂なら持っていき方によってはなんか許しそうな気がしないでもない
>もう早坂を妾にしてセッ・・・しちゃおうぜ!! かぐやも妾の子は(境遇的に)大事にしてくれるさ!!
>復ッ活!サイドテールメイド早坂復ッ活!サイドテールメイド早坂復ッ活!サイドテールメイド早坂復ッ活!
失礼、歓喜で正気を無くしてました。やはりこの早坂はいい…一ミリたりとも話は進んでませんが濃厚な早坂回で大満足
ギャルモードで危ない冗談する早坂、女のプライド傷つけられたの地味に根に持ってるハーサカ、
とどめにメイド姿復活で早坂ファンはもう思い残す事はありません
他にも女が来てるの察知した瞬間腰落としてスニーキング体勢になる圭ちゃん、考えうる最悪の勘違いされる会長
(でもかぐやじゃなくてもメイド&猫耳にやられる男子高校性だった)とか今回は全部笑えましたわ
しかし振り返ってみるにやはり会長と早坂の関係性は危うい。こんな冗談繰り返してたらいつかうっかり一線越えますよ
相手は珍妙生物の藤原じゃないんだから。あとトイレに座るJCに興奮しました(本物の変態
>最終章って言っても怒涛の勢いで畳むわけじゃなくて日常と並行させるんだな
かぐやがいなくなってもこんだけ白銀がギャグできるということは…まだあるのか?石ミコころもの展開も!!
>普通に説明すりゃいいのに何があかんのだ白銀…? 四宮家がそういう事するってのは父親なら尚更よく分かってるのでは?
圭ちゃんも危ない目に合うかもしれん以上、家族全員が知っといた方がいい事でもあり、
かぐやと付き合うならいずれ知られる事だと思うがそこが微妙に気になったな
>かぐや様はこれは無いいなという予想 「帝と会長の母が結婚して会長を引き取りかぐやと婚約する」
この流れで会長の母親のエピソード入れるのかと思って浮かんだが流石に無いか

三者面談回で親同士が既知になっていたという読者も忘れかけてた設定を上手く活かしてきて、非常に感心させられた今週
サブタイ「早坂愛は着替えたい」の通り1話丸々使って早坂にコスプレさせただけという紛うことなき神回でした

この1話限りであろうサイドテール復刻に見るプレミアム感
ボブの早坂も今やすっかり馴染んで、普通に似合うし可愛いとも思えますが、それでもおそらく男性読者はこっちの方が好みという人が多数派のはず
前回も少し触れたように「最終章に入ったらシリアス一色になると思ってたけど」というのは読者として短絡的な危惧だったようで、むしろ見方を変えれば
かぐやがいない今の状況でしか出来ない、
ある種のフィーバータイムと捉える事もできますね
例えば朋友コメントに「かぐやの代わりに早坂がいる生徒会のギャグ回が見たい」という意見がありますが、
あの場に早坂が入ることで
石ミコの関係性も何か意外な化学変化が起こる可能性も有るんじゃないかと
とりあえず今はまだ早坂に対して警戒心を抱いているであろう圭ちゃんが、かぐやのエピソードを通じてめっちゃ親密になっていく描写はほしいところ
前回朋友コメにあった「圭ちゃんがかぐやに憧れるキッカケとなった出会い」なんかはまさに今が最高の導入チャンスと言えるんで、
やるなら絶対ここよね
ていうか早坂も圭と姉妹みたいに仲良くなったら、かぐやとの姉妹度も更に濃くなるな
かぐや、早坂と3Pしてる御行を覗いていた圭が発情して「お兄ぃ・・・私もぉ・・・」って4Pになる定番パターンの薄い本が出る確率、1000%

>推しの子 推しを輝かせるために。メルト君の頑張りといい今回の舞台はまさに成長させる見所ばかりで盛り上がりが凄い
犯人探し辺りになったら一気に暗くなるかもしれないし、今はこのキラキラしたところを楽しみたい
>姫川がかなの方が演技に執着が有るって言ってた意味が何となく分かりました。かなは何時でも作品にとって最高の演技を心掛けている
このあとかなの全開を引きづり出すのは姫川な気がする。最終的にお互いわだかまりは解けてもアクアがいるから仲良くはなれんかもな
>子供部屋監督の作品でアクアに負けた(と思った)のも切掛なんでしょうけど
メインじゃないのにメインの様な振る舞いをしてたから駄目だっただけなんであの時の指摘は間違っては無いと思うんですよね
たぶんあのままだとメインしか出来ない役者になってたんでしょうし
周囲を立てて引き上げる事を覚えられたのは無駄じゃ無かったと思うんですが、問題は当人がそちらに傾倒し過ぎて埋もれてしまった事かなと
あかねちゃんは周囲の大人の都合の所為と断定するのはなんか違うなぁと

かなの本気を引き出すために挑発とも取れる全力演技で前に出たあかねに対し、
あくまでも舞台装置に徹して作品全体のバランスを重視するかな

結果として自分が出しゃばっただけに終わってしまったあかねは「自分が間違ってたのかな」と迷いを口にするが、その行動を支持したのはアクアだった
「それでいい。有馬のやつ腹立つ演技してんな。小器用に自分が作品の質高めてるみたいな顔して
あいつは自分をわかってない
有馬は”私を見ろ”って顔してる時が一番輝いてるのに」

全体のバランスを重視するかなの演技はたしかに「間違い」ではない。しかし「最適解」かと言われたら、絶対にそうではない
あの場面、かなは「自分が引いたことで作品の質を高めた」と思っているワケですが、では仮に前に出ていたら質を落としていたでしょうか?
否。おそらく引いたケースよりも、更にもっと高まったのでは?
少なくともアクアとあかねはそう確信しています。「私を見ろ」という演技をしている時の有馬かなが最強の有馬かなだと。だが本人だけがそう思えていない
あかねが前に出た時、意気揚々と乗っかろうとしたのがかなの本心ですよ

でもその刹那に幼少時代のトラウマが脳裏をよぎったことでその考えを却下してるワケで
彼女が前に出れない本質的な理由は「恐れ」ですね
「良い作品になるのが皆の幸せ。自我はいらない」という台詞は、あくまで自分を納得させる言い訳・立て前にすぎないという事がよくわかる描写です
姫川が見抜いているかなの「演技への執着の強さ」とはこっちの本音の感情を指してるんであって、決して立て前で武装したかなではないでしょう
「私が勝ちたいのはそういうかなちゃんじゃない。本気のかなちゃんに勝ちたいの」
「そうか。だったら前に引きずり出すぞ。俺達で」

この引きからしても本当のかなをアクアとあかね二人がかりで引きずり出すのがクライマックス演出で
姫川はあくまでもその為のお膳立てをしてくれる頼れる兄貴って役どころじゃないかと。じゃないとアクアとあかねの台詞の行き場がなくなりますからね

コメント2つ目の朋友感想全否定みたいになってしまって申し訳ないですが、どうも内容を誤解釈してると思ったので僭越ながら解説させてもらいました


>球速が速すぎると十分なマグヌス効果を発揮する前にボールがミットに届いてしまうと聞いたことがあります
文吾の切り札は球速を抑えたスピン重視の浮き上がるど真ん中ストレート
裏切りとは変化球としてストレートを投げることを意味していた。どうでしょう
>新型ストレートかぁ…十中八九ジャイスラとか大外れで恥ずかしい
シニアNo.1に昇り詰めたって言ってるけど1イニング限定とかなら高校含めNo.1でもおかしく無い。後は野田のトドメの一撃がでて終了か
>ジャイスラをミスリードに使いつつのブンゴの新型の初披露大体当たってましたな
まぁこの辺は自分もそんな感じで思ってたので割と順当でしょうか?でも野田バッテリーなど後半のはんぺらさん予想冴えてましたなぁ
読んでる時に球速表示が見当たらなかった?のがちと残念でしたが、マイケルより早いなら156イイセン行ってそうですよね
次回で球速を出してそこで成し遂げた偉業も含めて全国に名が広まるみたいなのもありですかね
>BUNGOここまで順調だと、二宮先生が文吾に怪我させる展開を描きそうな気がしてしまうから心配

旧型と新型は球質も軌道も全く違うので、同じストレートであっても別球種と考えるべき
それが野田の「もうひとつサインを決めとかないといけない」という台詞の正体だった
つまり先の2球は旧式・・・!
この試合伴野に対して初めて投げる

新型ど真ん中ストレート!!!

というワケでツーストライクまで追い込んだ先週の2球は指二本を閉じて弾き出す新型ではなく、2点ポイントによるコントロール重視の旧型だったというまさかのモノローグ
樹里渾身のスイングは豪快に空を切り、これにて二人の対決は三打席三三振という文吾の完全勝利で決着します
気になる球速は表示されませんでしたが、例の「全国に名を轟かす云々」がある以上そこは来週の冒頭にでも表示されるハズ
「体感ではマイケルより全然速え」という感想からして153K以上なのは間違いなく、
「速え」ではなく「全然速え」という形容を考慮すれば、1キロ程度でなく2~3キロは上か
大体はんぺらの予想した155~156Kmあたりに収まるんじゃないかと思いますが、想定を超えてくる分にはいくら離れても悔しくはないですね
かくして関東予選から続く無安打記録はこれで24イニングを継続。しかも相手は弱小打線ではなく、諸星、河村、樹里というシニア最強クラスを全員なぎ倒しての記録です
家永太陽を差し置いての「一気にシニアNo1投手に上り詰めたか」という近藤さんの言葉にも現実味が帯びてきましたが、
ラストページの文吾の疲弊しきった表情と
「次号、続く知多打線にー?」という不穏すぎる煽りが嫌な予感しかしません
限界を超えた歪み。山王戦で全力を出し切って次戦で嘘のようにボロ負けした湘北のように、樹里の後の下位打線にあっさりヒット許してしまう展開も有り得る?
読者としてはノーサンキューですが二宮先生の作風というか、これまでの前例を見るに十分考えられる展開だけに戦々恐々。まぁ試合はリリーフが繋いで勝つでしょうけど
決勝までに肉体のダメージをどこまで回復できるかって感じで、準決勝は袴田と一緒にベンチ要員になりそうな予感


>少年アビス 痩せたというかやつれたって感じですね。鎖骨とか膝の辺りとかまさにそれを現しててうまいなと思いました
>チャコはメンタルやって拒食、ひきこもりからの激ヤセコンボでしたか…ラストシーンで下着姿になっていましたが、
パンツのウエストのあたりやブラジャーのアンダーのあたりがぶかぶかになってるの見てあんまりエロい気分にはならなかったですね
柴ちゃん先生が大暴れしていたころに、なんとなく最初に自殺するのはチャコなんじゃないかと思ってたんですけど、
よりそういう予感が強くなったというか…女体は やっぱり 健康的な むちむちが 一番ですよ
そして相変わらずレイジくんは煮え切らずクズ全開でいっそ清々しい
次回邪魔がなければ絶対流れでチャコとセックスするだろうし、それで痛い目にあっても擁護する気にもならない…
レイジくんがチャコを拒絶したら今度は逆に過食で激太りになったりしそうだし、詰んでる感がすごいですが
チャコだけでもなんとか最終的に幸せになってほしいなぁ(とーます

きたぜぬるりと・・・チャコックス展開!

既に劇中ヒロイン2人と関係済みで、なし崩し流されセックスには定評のある怜司なんで、まぁ今後の展開的に考えてもおそらく普通にするでしょうね
例えば有り得そうなパターンとしては、これ一発でチャコ妊娠するとか
それがチャコを救うことになるのか、更に追い込むことになるのかは現状ではちょっと読めませんが、最終回まで見越した予想としては可能性高いかと
っていうかアレですよね。病室でのチャコとの今生の別れのようなやり取りから、幾週も経たないうちにこんなにあっさり再登場したことを考えると

先生も近いうちに再登場しそうで超恐ろしいんだが。あの人今どうなってんだっけ?高い塀の中?シャバ?
母親の無理心中からの修羅場を乗り切って、なんとなく一段落したように錯覚してたけど、実は何も解決してないところがこの作品の恐ろしいところよね


>OOO十周年!!!で仮面ライダーオーズ復活!アンク復活!!古代の王復活(するな!)!!!
すごく楽しみだ。(ライダー感想停止したのが地味に辛いです)
>はんぺらさん、仮面ライダーを取り上げないということは重々承知ですが今回だけはこの喜びを伝えたいので送らせてください
オーズの完全新作が来ました、マジで何を言ってるのかわからないですが完全新作で完結編ですって!!
>オーズ続編のニュースを聞いて嬉しすぎて泣きそうになって、2日経っても興奮が冷めないので
15年以上サイト拝見してますが初めてメッセージ送ります。生きてて良かった!!
>仮面ライダーオーズ、遂に完結作がVシネクストで公開決定!
ゆかな様演じるメズール様の声がまた聴けたり、ガメルのかわいさもまた見れそうだが
何よりネタキャラ四天王に並びたくまくんに北條さんに並ぶであろう愛されヘタレキャラ、ウヴァさんが久々に見れるのが楽しみでならないぜ

十周年記念ということで、オリジナルキャスト勢揃いの完全新作映画の速報が入った「仮面ライダーOOO復活のコアメダル」
アンク役三浦涼介の衰えぬ色気にゾクッとする良トレイラー映像

コンセプトが10ゴーカイジャーと全く同じなんですが、これは今後の東映作品の常套手段になる感じなんですかね?
ちなみにはんぺら平成2期の中ではオーズが一番好きで、屋敷のライダーレビューもオーズの最終回が一番魂入った文書いてる
という自負があるくらい思い入れあるんで、ちょっとこれは食指が動きます。劇場に足を運ぶかはわかりませんけど、円盤は間違いなく買うと思うわ

こちらは緊急生配信された主要キャスト勢揃いの特別番組
セルメダルではなくコアメダル3枚で変身する新型バース(メダルはエビ・カニ・サソリ)等、かなり映画の内容ネタバレするようなところまで喋ってくれてるので必見です


>力石です。はんぺら殿!我々は三周年目からアイギスを始めたはずでは!?それはさておき本当に感慨深いです
もうあれから五年も経ったのですね。あの頃は試練イベントの星を少しでも多く獲得するためにデイリー復刻でドロップしていたモミジを
一時的なブロック要員として使ったり今より頭を捻って攻略していたことを今でも思い出せます。現在はすっかり脳鉄になりました
城プロの生放送は椎名へきるを前にしてオタクくんと化したれきしクンや台本バレ寸前のクロ当て企画など今回も盛沢山の内容で満足しました
希望ヶ峰学園のデザインも原作の女性キャラに寄せていてグッドです。しかし千狐珠が使えないとはどういうことだ説明しろ苗木!?
あと裏坂本は性能で千狐珠を使わない派の私ですら揺らぐトンデモ性能だと同意します。なぁにこれぇ

ぐえー皇帝イベントは3周年でしたっけ。これははんぺら一生の不覚
あの頃はお互い配布の正月レアンに助けられて密林突破した、なんてコメントのやり取りをしましたな。編成黒だらけの今となっては本当に懐かしい限り
今回の城プロ生放送は面白かったですね
ミンゴスの行動で仕込みバレ寸前になってガチギレする儀武さんという、裏事情が明かされてからもう一回見ると二重に楽しめる奇跡の構成。まさにミラクル回
希望ヶ峰学園が配布じゃなく召城と判明してかなりぐぬぬってますが、反面DMM城が配布と判明したのは非常にありがたいですね
裏坂本城は配置特技の性格上、初期配置の軽さと射程が欲しかったので挟間と祠のために2凸してたんですが
1日1回無料召城でまさかの2体目引き。期せずして完凸してしまいました

なあにこれえ(ネタ被せ)
こんなん出来てしまったらヘルの遊戯場頑張らなきゃイカンじゃないか・・・と、放置していたヘルもようやく着手。とりあえず審議150までササッと取りました
まとめ記事を見ると地獄の方がラクだった、キツかったという意見が結構割れてますが、はんぺら個人的にはヘルの方が少し難しいように感じますね

2層でかなりピーキーな審議多くない?2500無効とか物理ダメージ反射とか
地獄の審議とは意図的に差別化を図ってるんだとは思いますが、初心者から中段者あたりまでの殿にはクリアするのが難しい内容が多いという印象
最近の武神やらストミの深部もそうですが、もう少し中段者の殿でもとっつきやすい難易度にしないとユーザー離れを心配してしまうのぜ



>今週のキン肉マンは読み応えあった。まさか108ってのがそういう意味だったとは
そして個人的にずっと疑問だった「何で将軍様とシルバーマンの出身地が天上界なのか」も明らかになってとってもスッキリ
フェニックスが言ってた「キン肉星大王は神と並ぶ存在」にもメスが入りそう?
>イスに神って書いてあるの馬鹿っぽくてジワる
>神の椅子に思いっきり雑に「神」って書かれてるのジワジワくるな
>ゴールドマンとシルバーマンの出身が、学研の図鑑でも一貫して「天上界」だった理由がついに明らかになりましたね
図鑑のころから今回の構想があったんでしょうか?すごいぜ、山ちゃん
>108の神の席を作った神より上位の存在がいるということだろうか?
>コピペじゃないのにコピペの様に同じ姿勢で座る神々の姿よ
>立不動で降りるザ・マンのシュールさに笑ってしまいますけど、その後の悪魔将軍がめちゃくちゃ格好良くて震える
>「あろうことかザ・マンがその超人に敗れた!」ここの一枚絵やべえええええええ!(語彙力喪失)
>ザ・マンと将軍様のカットかっこよすぎない???
>言いだしっぺのザ・マンがすべての元凶という気がしなくもないですが、でも彼が創ったのが金銀兄弟だけだとすると、
ヒャッハーどもを作っておいて後の完璧始祖たち諸共皆殺しにしようとした他の神々の倫理観がヤバいってこと…なのかな?
生命を創り出すことそのものの是非については、まぁ神なのでそんなもんかという感じですが
どこが完全な存在やねんとはツッコまざるを得ませんね
それはともかくモノクロの神威の断頭台カッコ良過ぎるんですけど!ポスターにして販売してほしい
>初代の頃から割と謎だった金銀兄弟の出身地が天上界ってのもホントに天上界で作られた存在だったからなのね
一応サタンの名前が出てきて笑っちゃった!個人的にはレオパルドンが神になって欲しいが、
結局誰もならないオチか若しくはジャスティスマンが「正義の神」として椅子に座るのかも byユーイチ
>キン肉マン、新たな神を作ろうと提言したザ・マンの態度がマグネットパワー採用を決めた時と全く同じで、
たしかに慈悲深い神なんだけどどこか傲慢に感じますね
今週のエピソードを読んだ感じだと調和の神も重んじる調和は世界や生命でなくあくまで神の席の調和だろうし、
そりゃあこの神々の作った超人は素直に神に相応しい成長はしないだろうと妙に納得してしまいました
>ずっと伏せていた特大の爆弾を満を持して炸裂させてきましたね。既出情報では足りない108という神の数がまさか本当に足りていなかったとは…
それをもって「我々は神なのに完全ではない」という流れから超人の誕生秘話とするのは予想もしていませんでした
と言うかできた人いないんじゃないですかコレ? 作画も気合い入ってますし、ずっと暖めていたネタであることが伺えます
と同時に「神の椅子を用意したのは誰だ?」という新たな謎も生まれましたが…
あとサタンのほうがマシと言ったヒゲの神は地上に叩き落としたほうがいいと思います
>「神は…この手で創る!」要らん事を言い出す慈悲の神の姿が、
マグネットパワー発見してハッスルするサイコマンや、「私はいいと思う」の本人に重なるわ
そして「超人の始まり」の時点で何某かありそうな調和の神
>超人という種は一括りにされる割に姿形も強さも全く統一感なくて無茶苦茶だなあとずっと思っていたのですが(漫画だからといえばそれまでだけど)
その疑問がストンと解決する話でした。通常の生物進化を経た他の生物たちと違って
神が直接的に介入して生み出したからあれだけ千差万別になったんですね
>これつまりザマンちゃんとスグルも遠い親戚ってことですよね
>元々ゴールドマンは神になるため創られていたけど、今のゴールドマンは「神になる」のではなく「神をも越える」を目指させているんですよね
師と同じになるのではなく、師を越えることこそ弟子の努めだ
>超人よりサタンの方がマシに見えたり、「神」と書いてあるだけの椅子が立派に見えたり、神々の価値観は我々の理解の及ぶところではないな
ノトーリアスみたいなのが完全な存在と認められるのもさもありなん
>ザ・マンの下天が毎回、垂直落下式で笑ってしまう
>ベンキーヤ一族を作った神とプリプリマンを作った神は絶対同一人物
>ロビンマスクって本当に生き返ってるんだよな…?
実は誰かの妄想だったホラー描写あるある並にウンともスンとも言わないんだけど不安になってくるわ
>こんな下らねぇ発端でッ…、オメガが!悪魔超人が!正義超人が!殺し殺されしたのかよぉ~ッ!!!しょうもねぇ神多すぎ!
私バイコーン推しだけどこんな大勢下げた形での推しのフォロー望んどらんわぁーっ!
神守る設定のでっかい架空ワンコの石像褒めて超人が壊したらキレ散らかすバイコーン様、キン肉世界で神の資格無くても私ゃ好きだよ(泣)
>調和の神「お前ら神になれる候補が多すぎるんだよ。減らせ!」まあ、多すぎると今度は椅子取りゲームが待ってるだけですものね
優秀な超人を作り過ぎたのも考え物扱いにもなりますよ。もっと候補を絞れというだけならわかる話です
そこkら粛清に話を持っていくのはやり過ぎだと思いますが
>神の席に対して神候補が多すぎる現状、下天した超神が負けて死ねば自動的に席が空く……という理屈を考えると、
超神は神側の入れ替え候補生とも言えそうですね。加えて超神側も一枚岩ではないということは、
「誰が超人なんぞ認めるか!実力で分からせてやる!」という粛清派と「見事、我を倒し神の座についてみよ!」という試練派に分かれてる感じでしょうか
どちらにとっても超人との戦いは望むところ。双方にメリットのある提案をして場をコントロールしているのが調和の神、ということなら辻褄もあいそうですね
>ガラガラ買いに行くとかいうシュールを、それも金銀兄弟に、実は神時代から当たり前にやってた可能性が出てきたザ・マン
「超人を育てるのではなく利用しようとしている そんなあなたは見たくない」 の時の双方の心境は如何ばかりであったろうか
>今の超人の大半はカピラリアから生き残ったヒャッハーの系譜と考えれば
ザ・マンに選ばれたシルバーマンの子孫の系譜のキン肉族は由緒正しい血筋ですよね。神々が王族の即位に絡んでくるのも噛み合った気がします
>創世記からのザ・マンの一番弟子のゴールドマンがスグルに敗れたことでザ・マンの注意を引き、
そのスグルに触発されて動き出したザ・マンをゴールドマンが倒して天界が動いた
つまり元を正せばスグルから始まった物語であるとなってるのですかねこれは
>サタン推しの神が一部界隈で人気なようですが、一個人のサタンと超人全体を比べてるのがなんかしっくりこない部分もあるので、
今活動してるのはあのゴミ屑だけだけど実は「サタン」は種族名だったなんてことだったりしませんかね?
あと金銀が最初の超人だったってことは同世代でありながら外宇宙由来のシングマンは超人ではない?
>ゲェーッ!ザ・マンは将軍と虐殺王のザ・ママンだったのかーっ!
>バイコーン→過激殲滅派 ランペイジ、ナチュラル、ノトーリアス→懐疑寄りの殲滅派 コーカサス、イデア、エクスキューショナー→判断の為の試練派
ってとこですかね現状のイメージでは。調和の神はもうちょい複雑な立ち位置な気はしますが
>サタン様を推してた神は耄碌の神か何かですかね?
>神々が沢山の超人の子供を作っているのを見つめる不穏な超人
普通に考えたら進化の神で、神々の傲慢で超人を生み出すことに疑問の目を持っているように見えるが
(実際に進化の神はこれをザ・マンの罪と思っているようだし)
でも本当はひっかけで、不穏な影で見つめている神は実は107番目の神で何らかの理由で108番目の神を望んでなく、
旧約聖書にあるイブをそそのかしたヘビみたいに超人を堕落させ、みごとに超人をほぼ絶滅させ、
とりあえず新しい神を生み出すのを阻止するも、下天したザ・マンの存在が気になるため、
調和の神に気づかれずに何らかの方法で自分が消滅した形にした。そしてこいつが本当のボスじゃないんかなと、予想したりします/グリッサンド
>「超人よりサタンの方がマシだから暗躍を促そう!でも天界のために尽力してくれた慈悲の神のために超人の大粛清なんて反対!」
本当にいろんなスタンスの神様がいるんですね…そしてあの神に成り損ねた半端者は超人とは別枠のようですが本当に何なんでしょう
>調和の神的に神サイドが負けることも理解してたのかもしれないなぁ
バイコーンが(メタ能力のせいとはいえ)弱かったのも弱い神を減らして席を増やさせることも考えていたのかも
調和の神の目的として、超人も減らして神も減らして席数108ぴったしに完璧に合わせようとしている?
>きm、・・・・・・もとい、さすが金銀兄弟、赤子のころから神々しい面構えだ
>神々は増減するけど108席全部が埋まったことは無い…神様減るのかよ!と思ったけどイデアとノトーリアスがプロレスやってたし、
神々の遊び(プロレス)とかでついうっかり神を殺しちゃった事とかもあるんだろうかなぁ
PS.席は神々が造った物じゃなくて最初からあったっぽい?と考えると神々よりも上の存在が居そうなのだが
二人・神より上・世界の創造……もしかして、メタ的な意味でゆで御大を表しているのかな?
>さしずめ、天界での調和、慈悲二人のタッグネームは『モンスターエンジン』ww
『神々の深淵なる計画』=『天上界椅子取り合戦』。もう何がナンダカ?
まず「私たちの間で語り継がれてきた神の数105+1」とドヤ顔で語るアシュラに「時代により多少の増減」と返す進化の神
そもそもこの物語中での『神』って一体何なん?ていうか誰が椅子を108つも作ったし。増減するんなら素直に108人目が現れるまで待てよ!
ていうか、何で108つの神の座を埋めることが自分たちの完全を証明する事になるんだ、ザ・マンよ!?
結果、自ら産みだした超人たちは出来損ないの烙印押されカピラリアの大粛清受けるわ、
せっかく生き残ったわずかな善良な末裔たちもこれまたザ・マンが余計なちょっかいかけたおかげで今まさに神の怒りを買って殲滅されようとしてるし
どんだけ無能なんだザ・マン?これもう、『神の深遠なる計画』とかじゃなく、これぞまさしく『暇を持て余した』(調和の神)『神々の』(慈悲の神)『遊び』
>新たな神を欲するのは、「船が氷山を壊そうとする」あるいは『漂着(筒井康隆氏)』を思い切りスケール広げた危機を打破するのが目的かなと予想
「勝者が歴史を作る」的な意味で、サタンですらヒーローになりうる程の危機だから、誰も本腰入れて始末しようという気が感じられなかったのでは?
こっから先蛇足ですが、神のなりそこない≠死は絶対でないのはサタンが証明している一方、
「滅ぶべきは神」「神の存在を脅かした罪は計り知れぬ!」から、神達は目的ありきで超人を生み出した責任を滅ぶ事で果たす手はずなのかなと
これまた飛躍した妄想なのですが、バイコーンは死んでも考えを曲げなかった。裏を返せば(おそらく他の超神同様)地位への固執が皆無で、
シンプルに超人への見限りが根深く、「なんでこんなヤツらのために我々死ななあかんねん」、みたいな
(ランペイジですら「試されるだけありがたく思え」ですし)
憤怒(と狂気)って短絡さと親和性あるイメージなので年を経て角が取れ、萎えた戦意に蓋して短絡に、高飛車に振舞って
あんなフォローしきれない舐めプに甘んじたのが敗因かなと思います。修練の神すら「地力の差は埋まらない」と、かつてからの変貌を匂わせていますし
始祖編の焼き増しになりかねない妄想になりましたが、正直いくら株下がった二柱に全部のシワ寄せがきて下げられたところで
「身体張って戦った」って美点が存在してしまっていますから

新キン肉マン 第363話
「最初の超人!」の巻

「108とは神の数ではなく”神の席”の数なのだ!」
「ヤツはとても尽力してくれた・・・そして尽力しすぎた結果
席に座るべき候補を作りすぎた!」

エクスキューショナーの口から語られた驚異の真実。それは
天上に存在する空位の座と、そこに据えるべき存在として創られた超人誕生秘話
「神」って漢字で書いてある椅子から漂うシュールさに思考を破壊されがちですが、コメントには既に鋭い考察眼が光るものがちらほら
根本的な謎として、108の神の座はそもそも誰が作ったのか?
原初の存在である彼らが誕生した時、そこに既に椅子があったというのならば、神と椅子を作った更なる上位の創造主がいたということではないか?
その存在が登場するかどうかまではわかりませんが、少なくともで自分達を完璧と信じて疑わない神達も、所詮は創られた不完全な存在にすぎないという事になります
調和の神は
「増えすぎた神候補を間引かねばならん」という主張を展開し、超人殲滅の大義としたようですが
同時に「超人と比較して劣る神をこの機に処分しようとしているのでは」という考察も目立ちます
なるほど神の座が108だからといって、新たな神候補が1人だけというのはおかしな話。普通に考えて不公平
超人より劣る神がいるのなら、そいつに退場してもらって入れ替えを行うのが公正
調和の神がその真意を隠して、バイコーンのような短絡的な賛同者を募ったってのはありそうな話です
というか実際バイコーンにコーカサス、イデア、ノトーリアスと4人の欠員が出た以上、少なくとも空位の座は初期の1から5にまで増えてるワケですからね

これが調和の神にとって想定外の事態だったとすると、ラスボス役としてはだいぶポンコツ感が出ちゃうんで
「超神側の敗北まで織り込み済みで、神の座の不適合者を間引きにきた」という真実をカミングアウトする終盤の展開は、かなり高確率であるんじゃないかと
あとサタンの暗躍を促した神も問題あるけど、そもそもサタンがどういう存在なのかっての設定的にハッキリさせてもらいたいよね。最後まであやふやなのかなぁ



>たしかに無没識の次は阿頼耶識だわな…みんな聖闘士でセブンセンシズの先は阿頼耶識って知ってるもんな
>一人で共鳴ってただの新技開発では?
>手塚とのダブルスとはいえボルクに弟ペアは勝ってたのか?仁王がまた株が上がりチ
>はんぺらさん、範だぜ!今月のテニスは激アツでしたね!「滅びよ」の解釈とか、オジィの仙人ぶりとか
中でもやはり一人共鳴が一番面白い、これがあれば出番のない選手も登場する可能性が大!
幸村の五感奪うと組み合わせたら最強だね!決勝のリョーマもこの無想転生を使いこなそう
>あ、ありのまま今日起こったことを話すぜ、俺はジャンスクで新テニプリを見ていたと思ったら、いつのまにか男塾になっていた…
ユルゲン・バリーサヴィチ・ボルク「くらえ、神拳寺秘拳!昇龍天邂靂(しょうりゅうてんかいれき)」→平等院は竜巻に取り込まれて死ぬ
最後の方はもうラケットも打球も一切関係ないただのバトル漫画と化した、完全に王大人と拳王戦いだコレ‼️
相変わらずたしけ先生の、テニスなのにスポーツ漫画じゃない手法で読者の腹筋を全力で殺しにくるとこが素敵すぎるぜ(^ω^)
>ボルクが手塚をトレーニングパートナーに選んだ事について QPが以前『君のスキルに興味を持ってるみたいだ』と言っていたり、 ボ
ルクがレンドール監督と一緒に手塚ゾーンの跡を発見して 日本に求めてる人材がいたとフラグを立てていましたが、
あれは逸材の獲得だけじゃなく、ボルク自身の更なる進化も考えていたんですね
自身の中で能力共鳴させる為に『渦巻』と相性の良い回転系の能力を探してたと
>滅びよ……のスピリットを教えたのまさかのオジイで草(でも確かに普通の高校生ならしない言い回しだもんな)
っていうか精神世界で先回りしてるし後光さしてるしマジでオジイ何者だよ!?
>日本の将来を託された事で徳川先輩にも決勝で勝ちフラグが立ちましたね
全盛期はボルクを凌ぐとさえ評されてるメダノレを倒す事で、間接的に平等院超えを果たす感じでしょうか?
しかしリョーマもリョーガ戦で勝つ事を考えると既に二勝が約束されるんですよね…仮に残りは金ちゃんが勝利すると考えると
跡部様や不二辺りの人気ダブルスは敗北する計算になる事に…… これはこれで、星予想が地味に計算しにくいですな
>「義で世界は取れんのだ!」って言ってたお頭が徳川先輩とリョーマにあとを託して命をかけてボルクを殺ろうとするところが最高の義
>隠しルートで手に入れた力は滅びのリスクと引き換えに最強の力を手に入れるルートだったとかアツゥイ!!
しかも正規ルートは後輩の為に壁を取り除いてあげるとか、サービス精神も豊富でストイックだけど実はかなり後輩想いなのね
>ベルティ&ダンクマールが6-3、6-3でボルク&手塚ペア倒してて草  この二人でも負けるとかホンマにガチで世界最強ダブルスやん
同時にこれを倒せた仁王&デュークの偉業も何気に凄すぎる
>頂上決戦も次回かその次で決着かな? 決まり手は何になるんだろうか…阿頼耶識まで出した平等院先輩に決め技は残ってないような
ボルクも奥の手を切った気がするけど、最終セットタイブレークまで行くかもしれないし、
そうなると手塚vs幸村のようにもう一度二人に最終ターンがある可能性も微レ存?
>無限の攻撃パターンを前に、当然のように多重分身して迎え撃つボルク 捉えても『問答無用!』でラケット貫通させる平等院と攻防がかっけぇ

>まさか徳川をボコボコにして痛めつけてたのが一度破壊してから覚醒を促す為の指導だったなんて…
(まぁ、でも、本人はもっと過酷な目に追い込んで絶命してる位だしトレーニングがサイヤ人みたいになっちゃうのは仕方ないのか)
平等院アンタ…言葉が足りなすぎるぜ…!!ウォーズマン奇襲したマンモスマンにしか見えなかったよ

「ボルクは一人で能力共鳴を起こしている!」

手塚とのダブルス特訓によりその特性を取り込み、自己単体でのハウリング発動をも可能としていたボルク
「単に手塚の技をヒントに新技を開発しただけでは」というツッコミが凄まじく正論に聞こえますが、許斐先生がハウリングと言ってるのであまり深く考えてはいけません
というワケでコートに出現する無数の竜巻という、訓練されたテニス読者も思わず自分の正気を疑う光景
これまでプレイヤーへのダイレクトアタック系は打球をそのままぶつけるものだけでしたが、ここにきてついに
竜巻で敵を空中に巻き上げ、落下させて殺すという明確な殺人技に昇華
コメントでも突っ込まれてますが完全に神拳寺秘拳・昇龍天邂靂です
最強の選手であるボルクがして普通の技しか使わないのがカッコよかったのに、最後の最後はやはりテニヌ時空に巻き込まれてしまった残念さとか
物理的に可能かどうか以前にまずテニスのルール的に反則だろとツッコミたい。打球ぶつけてるワケじゃないからなぁ
ラストは死んだと思われた鳳凰先輩が持ち前のタフネスで最後のリターンを返したところで引き。次号冒頭でこれが決まって試合終了ですね
そんで鳳凰先輩が死んで、遺志を託されたリョーマと徳川先輩が奮起すると
(でも決勝戦では当然のように甦って応援する鳳凰先輩)
決勝戦はリョーマと徳川先輩で2勝が確定しているだけに、星予想はかなり容易と言えますね
朋友予想にもあるように、残り1勝はおそらく金ちゃんあたりで、白星は全てシングルスかな?いやでも金ちゃんがダブルスで出ればダブルスの勝ちも有り得るか

逆を言うとそれ以外のメンバーは負けが確定してると言えるので内容的にどれだけ魅せてくれるかを楽しむ感じになるかと
選出メンバーは気になるところですが、特に中学生よりも高校生に注目したい。有力視されてる入江先輩だけって事はないと思うので、もう1人は誰になるか・・・




戻る