1/11
地獄極楽温泉編「覗き編」完成
6/5
第19話「可能性のケモノ」完成
5/28
小十朗伝第5回「代打ち~引退~」
7/27
真美

3月27
ギャラリー更新
達人のはんぺら宅
襲撃オフレポ2010

5/8 その6公開(完結)
挑め地獄のタイトロープ!

参加したい命知らずはチャットへ
11/28最新シナリオ
剣王推参配布


7月15日

更新遅れて申し訳なし。土曜は出勤、日月は私用が入ってこのザマ(挨拶)
おかげでちょっとテキストの文調がいつも以上にやっつけな感じですが、どうか勘弁

>袴田、皆浦それぞれの凄さが現れた回でしたね。中学生が変化球続きであそこでキッチリできる投手が凄いってのもあるけど
変化球続きって中学生なら指先への感覚とか負担とかどれくらいあるものなんだろうか
河村にとっての「ある種の敗北」とは一体?打てないから打ち方を色々工夫して行きついたのはいいものの彼のプライド的には面白くないものなのか、
あーしかしこの言葉で結果打たれるものの僕にとっては敗北だよってちょっと持ち上げる要素も入れるのかな
瑛太は急速な成長で反動来るかと思ったけどこなくてよかったわーの前の回の安堵が逆にフラグにならないかも心配なんですよね、杞憂に終わってくれ
>碓井と皆浦に抱いてたイメージ逆でしたか。皆浦、思ってたより頑固っぽいですね。小さいときは負けたらとにかく顔に出るタイプだったのかなぁ
>皆浦の配球、袴田と対照的でいいですね。そしてバックドアスライダー。説明不要かも知れませんが、
ホームプレートを家として見立て、バッターの正面に近い方から入ってくる球をフロントドア、遠い方から入ってくる球をバックドア(裏口)と言います
近代野球をガンガン取り入れていくの本当に好きですね。この感じだと最近話題の「オープナー(中継ぎ先発、ブルペンデー)」とかも出したがってそうですけど、
中学、高校野球が題材だとないかなぁ。高校編入ったらどっかのライバル校がやってきそうだけど

「ウチのアウトの内訳は?」
「全アウト12中・・・三振5 内野ゴロ4 内野フライ2 外野フライ1です」
「その気になればもっと三振を狙えるだろうにあえてフィールドに満遍なく打たせてるな
球数少なく・・・野手を動かしてリズムを作りやすくしてるんだろう。
投球配分も教えてくれ」
「全48球中、直球系23 スライダー系17 チェンジアップ8です」
「キレ―にバラけとる。傾向もわからへんな。ジャイスラだけでも厄介やのに・・・上手い事意識をズラしてきよるんな」

『俺の立場上やはり際立って見えるな。
袴田の手綱捌きの見事さが・・・!

石浜と鮎川・・・全く異なるタイプの投手でもその能力を最大限に引き出せる
配球・捕球・チームを引っ張る資質・・・守備の要、奥義の要に相応しい能力

俺にはない―』
既にこれまでも近藤さんと河村から一級認定されていることから、読者も十分わかっていたつもりだった袴田の捕手としての資質ではありますが
実際にこうして相手スコアラーから具体的な数字を提示されると
「そこまで考えて配球してたのか」と驚かされます
そしてその能力を一番感じ取れるのはやはり同じ捕手である皆浦のようで、「俺にはない能力だ」と自身と比較して落ち込む様を見せます。が―
静央の攻撃、碓井の性格から決め球をストレートに絞った袴田は、想定外の最後まで低目への変化球に徹底した攻めによって敢え無く三振
そこで得体の知れぬ違和感を覚え、冨士ケ丘バッテリーの秘密に気付く
『俺は・・・俺達は勘違いしていたのか?碓井の執念に近い低めへの投球は―
くどいくらい変化球を続ける怨念みてーな投球は・・・皆浦純一が生み出していたのか!?
碓井よりやべえメンタルを持ってやがる!』


「俺達は高度な駆け引きはできないからな。しつこいくらい低めで勝負する!それだけさ」
”持たざる者”の戦い方。揺らがぬ信念
さながら怨念のような低目攻めは、負けん気の強い碓井和孝ではなく温厚を絵に描いたような皆浦純一のリードだった
常にあらゆる状況を想定して万全を尽くす天才肌の袴田に対し、例え諸刃の剣であろうともそれが自分達の勝ち筋ならば怯むことなくオールインする胆力の皆浦
袴田が皆浦の持ってないモノを持っているように皆浦もまた袴田にはないモノで渡り合うという図式が熱い
ことスポーツ漫画というジャンルにおいて「エリートVS雑草魂」といえば主人公側が雑草であることがほとんどなワケですが、この試合は逆なのが面白いところ
河村もなにやら瑛太攻略法に辿り着いたようですし、やはり試合は冨士ケ丘のサヨナラ勝ちが濃厚と言える展開でしょうか
しかし
「僕にとってはある種の負け」と漏らすほど不本意な攻略法であるようで。これによって瑛太の格は守られる感じになるのかな

>かぐや様休載で良かったとさえ思わせるほど今週のカムイの壊れっぷりがひどい
>氷オナニーとかアイヌの昔話レベル高すぎませんかね
>なんか今回の話は谷垣の死亡フラグが立ってしまった気がしてならないです。アシリパをお婆さんの元に送り届けてインカラマッと結婚して欲しいけど

>アシリパさんも心境の変化が出ましたね、古い風習や道具、なんとか残したいと思う気持ち。今回はギャグ要素大目でオチには笑いましたけど
しかし月島たちとちょっとなにかありそうだなあ、アシリパさんが暗号を解いたとして鶴見にバラすわけにもいかないので

>美術担当ヴァシリwしゃべれないけど存在感ありますね。そういえば思い返すとヴァシリはモノローグだけで作中一言もしゃべってなかったはず
>ウイルクやキロランケは戦うことでアイヌの自由を勝ち取ろうとしましたがアシリパさんはアイヌの文化を武力に依らず後世に残す戦いを選ぶのか…
とシリアスに見せてからのアシリパ監督かわいすぎる

アイヌの伝承チンポにまつわる話多すぎ問題

川の氷に穴を開けてチンポを入れたらたくさんの魚が獲れただの
松前までチンポを伸ばしたら松前藩の女達が物干し竿だと思い込み、
上等な着物をたくさんかけたのでどっさり着物が手に入った
だのとにかく基本チンポ
これは松前藩の女達に竿をイジられまくるR18版に期待(出ねえよ)
ただでさえ元の話が狂ってるのに、撮影シーンがカオスで1コマ1コマがいちいち面白いギャグ回だった今週。ちゃっかり撮影スタッフとして参加してるヴァシリ可愛い

あと「谷垣との永遠の別れ」の演技で涙を流すチカパシのシーンに、谷垣の死亡フラグを感じたという朋友コメントがありますが・・・それはないと思う
エノノカが出てきた時から予想してますが、チカパシが樺太に残る展開の前振りでしょう
元々アシリパのコタンに戻っても天涯孤独の身の上だし、エノノカと結婚して樺太アイヌとして生きていく道を選ぶのが彼にとっても幸せなハズ
谷垣も一命を取り留めたインカラマッと一緒になって、物語のエピローグでは成長したチカパシに会いに樺太を訪れる・・・みたいな描写があったら最高じゃないかな

>BJの真実が次で分かりそうですね。メストレの正体といい謎を引っ張らないのはバトゥーキの良いところだと思います
それはそうと、若頭って普通にBJワークショップのターゲットだったんじゃ……

>今週のバトゥーキ 思ってたより強かったミッツと双子ハゲ!みつお組名前ふざけてるのに武闘派すぎる
BJこのままやられるとは思いませんけど、さすがにビルの屋上から落とされたら無傷では済みませんよね?
少なくともアルナは監禁から救出されそうだし、本当に今までのスローテンポは何だったのかってジェットコースター展開で面白いです
まさかの日拳の達人だったミッツ

前回の考察通り、BJの手下が店の奥からわらわらと湧いてきたもののハジキもヤッパも使うことなく拳で瞬殺する本格派
地上最強の弟子ケンイチ基準で言えば「マスタークラス」に該当する実力でしょうか。タイマンではBJには負けるでしょうが、羚の師匠と比べてどっちが上かってところか
そのBJは双子ハゲの片割れにビルの屋上から蹴落とされるという急転直下の展開ですが
「人と交われ。ファミリアを持て」という預言者の言葉、未だ指を落とされることなく健在なペドロとアルナ、そして以前漏らした「私達家族」という台詞の意味を考えると
どうやらペドロや一里を自分の「家族」だと思っているのは偽らざる彼の本心の模様
「一里・・・また外泊か」とか呟いてたシーン、ちょっと娘を心配するお父さんみたいだったしな
こりゃ「BJ実はそんなに悪い奴じゃなかったパターン」ある?
もっとも一里にとっては憎悪の対象でしかありませんが、ペドロとアルナが五体満足で救出さえされれば、最後は彼女自身がタイマンでBJをぶっ飛ばして快く許してあげそうな気もする
BJと和解しても「私、本当のお父さんとお母さんにも会ってみたい」とか言わせればブラジルに行く理由自体は消えませんしね

ともあれまずは屋上から落下したBJがどうやって助かるのかが気になる次週。アルナの監禁部屋に辿り着いた双子ハゲの片割れは、オバルと闘って敗れると見たがどうか

>入江先輩はエキシビジョンで試合してますよ。手塚QPペアにキンクリされただけで
>確かテニスの世界大会って「7人中最低3人は中学生」ってルール無かったでしたっけ?となると高校生はボルグ、QP、プロダブルス二人の4人で
ビスマルクに出番は無いからこのように試合前に出番作ったんじゃないでしょうか

あー。あのいきなり敗北してたダブルスは跡部と入江先輩だったかそういえば
まぁキンクリされた以上は、ちゃんと活躍を描いてくれる試合もあると思いたいが・・・ドイツ戦で出番無しだと残りは決勝戦しかないからなぁ。入江先輩は実力的に微妙よな
でも鳳凰先輩・徳川先輩・デューク先輩は準決勝のダメージで決勝戦は出れないとかいうパターンなら
鬼先輩は絶対確定として、入江先輩も入れそうな気はするな。あとは種子島先輩と・・・越智先輩にまた出てほしいけど流石に出過ぎかなぁ。男塾で言うところの飛燕とか伊達みたいな
そして確かに。高校生は4人までだからドイツの主力高校生全員は出れないのか。また設定を忘れてるはんぺらの為に指摘ありがとう
ボルク、QP、プロダブルス・・・・
うん、こりゃ誰も削れねえな。ビスマルクは必然的にベンチになるのか。むむむ

>ジオウの世界は元々我々の住む世界とそう大して変わらないものだったんじゃないでしょうか
クオークスやらタイムジャッカーの影響でライダーが現れる様になってしまった可能性ありますし
>祝え!平成仮面ライダー版ネプチューンマンの誕生を!その名も仮面ライダーディエンド・海東大樹!
>次回のジオウに出てくるのって…、まさか、アクアが出てくるだなんて思いもよらなかった
これ、知ってる人、めっちゃ少ないんじゃないか?オーズの劇場版で出てきた奴だもん
>アナザーディケイド、まさかとは思ったが出るとは。そしてラスボスになるとは
妹を利用したという点では妹のために世界を敵に回したもやしのアナザーとしては最適なのかな?
平成10周年記念のライダーのアナザーが平成20周年記念、平成最終年記念のラスボスとして君臨するのは何かかっこいいぞ
>スウォルツの目的が判明した割に、結局これまでやってきた行動とまるで噛み合ってないのが酷い。鳴滝2世だろこいつ
>なんかすごい雑にスウォルツが全部まとめた! というか加古川くん振り回されただけで改心もしてないし可哀想すぎませんかね
>もうレジェンドの出番はないと思っていたのに……まさかの劇場限定の仮面ライダーアクア、電撃登場ッ!!
シノビ逹と同様の未来のライダー、どんな活躍をするのか楽しみです
>最初の登場が先輩&強キャラで圧倒的だったのに最近はディケイドの弱体化が目立つ気がする。とか思ってたら力奪われたし
これでスウォルツ氏のラスボスはなくなったかな?アニバーサリー先輩のアナザーとはいえやっぱりアナザーはアナザーですし
やっぱりオーマジオウがラスボスかな
>海東は言いなりになるのは嫌って理由で盗んだグランドジオウウォッチ返すし、
仕事はするって言ってアナザーライダーにウールとオーラの場所教えるし、
パーフェクター争奪戦の時くらい好き放題して、最後は目的のアナザージオウⅡウォッチもらって満足して帰るとか、
パーフェクター争奪戦の時を思い出すようなDQNっぷりで帰っていった。ほんと何しに来たんだコイツ
>昨今の怪人削減路線で不安でしたが平成ライダーのアナザーライダーコンプリート確定で何よりです
そしてその取りはライダーの力を持つライダーディケイドで変身がおそらくスウォルツと一気に終盤じみてきましたね
妹の力を吸収すれば自分は敵無しだというスウォルツがなぜアナザーディケイドになるのか?
そもそも自分が王になりたいなら何故時の王を作り出そうとしたのか?期待不安が入り混じりながら終盤を楽しみにしていきます
>時止めの力あげるからグランドウォッチ盗んできてね→いいよ  アナザージオウⅡウォッチあげるからディケイドと戦って→いいよ
ウールとオーラ始末して→いやだよグランドウォッチ返すよ  一見するとクソムーブだが
本編当時は鳴滝にパワーアップカード前払いされておきながらバックレたので
10年経って報酬次第でちゃんと仕事するくらい丸くなったんだなと思ってしまった
>加古川また雑に処理されてる‥‥いい加減バス事故の真相誰か教えてやれよ
今回知らされたことって「スウォルツからソウゴに復讐する力を渡されたと思ったけどそうじゃなかった」ってだけだろ
未だに両親の死の原因だと思ってるソウゴから「お前は過去のことしか見てない」と説教されるとかひどすぎる
>ウールオーラがスウォルツに用済み扱いされたことに怒るのは分かるけど スウォルツが王になることに対して騙されたと思うのはよく分からない
二人は擁立した王のそばで甘い汁すすろうとしてたんだから誰が王になろうといいんじゃないの?
アナザーライダーがスウォルツに変わっただけというか‥ それとも二人は私利私欲のために王を擁立しようとしていたわけじゃないのかな?
>現在一番王に近い立場のはずのスウォルツがいちご狩りツアーやタイムジャッカーやってるのはなんでだろ?
王家はあくまで時を操作する力しかもっていないので別の時間軸にいる逢魔ジオウを誕生させてから歴史や力を奪う必要があるのか
それともツクヨミを追放したことがバレて王家に勘当され今やってるのは裏技的な事なのか
>オーラとウールも使い捨て、ツクヨミとディケイドから力を奪い、アナザーディケイドとなって王を目指すスウォルツ!
最終目的はオーマジオウに代わる王の擁立にあらず、真の目的は自身が王になること!
その最大の理由は自分を差し置いて王に選ばれた妹への嫉妬!……うーん、書いてみるとあまりにも小物臭くてさらに胡散臭いぜスウォルツ
じゃあ何故バス事故を起こして王の選出を行った?どうしてソウゴに「王になれ」と言った?自分の傀儡にするためか?
それならそのまま誘拐して洗脳でもすればよかったのでは?分からんことだらけだけどこいつがラスボスじゃないのはほぼ間違いなさそうです
>スウォルツの目的が明らかになったようですが結局は自分が王になるために強い力が欲しかったってことでいいんですかねこれ
しかしそれで手にした力がアナザーディケイドとなるとこれまでやってたことはなんだったのか、途中で脚本の変更でもあったんでしょうかね
当初は終盤でジオウの力奪ってアナザージオウがラスボスみたいな展開だったんじゃないでしょうか、
それならバス事故に関わってジオウ誕生のきっかけ作ったりアナザーライダーけしかけて成長促してたとか
これまでの行動にちゃんとした理屈がつくように思えますが
途中でアナザージオウ無駄遣いしちゃったせいで強い力ならなんでもいいみたいな場当たり的行動に見えちゃってませんかねこれ
ここから更にもう一捻りあることを期待したいところですがどうなるか
ただ世界の破壊者ディケイドのアナザーがラスボスになるってのはなるほどそうきたかと思ったりもしました、ラスボスと判断するにはまだ早いかもですけど
>まさか、まさかの仮面ライダーアクアがジオウに登場ですってよはんぺらさん!!
未来の仮面ライダーといえば、で挙がることも多かった彼がオリキャスで登場とは感慨深いですなぁ……
アナザーディケイドと同時にアナザードライブも登場するわけですが、まさか未来つながりでダークドライブも……?
>DQN海東、TVラスボス生み出した元凶となってそのまんま去るの巻。まるで成長していない・・
>アナザーディケイド・アナザードライブ遂に登場しましたね
アナザードライブは顔の下半分(本来のライダーでいうところのクラッシャー)が人間のようになっているのはドライブの敵怪人であるロイミュードを連想させ、
鼻の辺りがまるで警察犬のように見えるという意見もありドライブの警察要素をこう使ってきたのかという意見がありなるほどと思いました
またドライブおなじみのタイヤのタスキがけがないのも、トライドロンの力を使っていない=一人で孤独に戦っているのではないか
という暗示ではないかと思いますがどうでしょう。アナザーディケイドは「世界の破壊者ディケイド」の呼び名をストレートに伝えたような
悪魔や魔王のようなデザインだともディケイド本編でシンケンジャーとのコラボ時に登場したディエンドチノナマコを思い出させるとの意見が多くありました
>普通にディケイドの力奪えたスウォルツ氏
ただディケイドみたいなクロスオーバーライダーは文字通り平成ライダーの力を受け止められる器じゃないと成り立たないから
そういう意味ではスウォルツ以外にはディケイドのアナザーは使いこなせないのかなそこら辺
>スウォルツラスボスは既定路線にしても別時間軸の王族でツクヨミが王位に就いたからが動機ってなんじゃそら…
オーマジオウと特に因縁もないとは思いませんでした
>今週のジオウは雑って印象が強かった回でした
そもそもタイムジャッカー側は何が不満でどんな王に挿げ替えたいのかがわからないままでスウォルツが王になっても驚きも無いし、
力与えたら自分の力なら戻せるよなと思ったら妹の覚醒した力普通に奪えて最強になるなら妹そのままでいいんじゃ等
色々思うところが多々あった上、これまで何度となくチャンスがあったのにも関わらず分け与えた力でディケイドを止めてウォッチ作って
アナザージオウは海東にプレゼントはこれまでの積み重ねが霧散した気がしました
一応まだ力が完全になったからディケイドウォッチだけで目的達成になったのかなぁという考えもできますがこの先はあんまり期待はしないで観ていこうと思います
>アナザードライブにアナザーディケイド。これで全平成主役アナザーライダーが出そろいましたね
これは最終回付近でオール平成ライダー対大アナザーライダー軍団待ったなしですわ
>士、世界の破壊者としての使命ようやく終わったのか。そういう意味では海東のdqn振りにも一目あるかもですが
どうしようもないラスボス生み出しておいて全部ジオウ達に押し付けるのだけはやめてくれ
スパヒロでもやらかしていた汚名を再び被るのはとことん屑ライダーのそれだから
>公式で士と大樹はスーパー対戦以来だと明言されてしまいましたね もちろん役者的な意味合いでのコメントの可能性もありますが
士がFARでとどめを刺そうとしていたので二人の仲は険悪とみて間違いなさそう 今後も海東は出番ありそうだけど二人の和解は描かれるんだろうか
>話の畳み方がなんか雑になった感じのジオウ。ディケイド然り、どうしてクロスオーバーモノは最初壮大そうに見せて悉く雑になるのか
なんかスウォルツの過去背景殆ど明確になっていない感じがヤケクソ臭を禁じざるを得ない
「王家」とか「一族」とか引き合いに出されてもなんのこっちゃ、としか伝わらん
スウォルツはクオークスの一員なのかそれともただの別悪役なのかもうわからん。もうテレビシリーズ完結間近なのに、
長いことわけわからんままアナザーライダーとダラダラ戦い続けるからこうなんだよ、ちゃんと伏線回収しっかりしろ
もう自分の中ではジオウの評価は「粗雑」の一言に尽きますね。ちゃんと財団X絡ませないから話が視聴者にも伝わらないんだと思う
これならビルドの方がシリアス一色やギャグ面で良かったなあ
>配信の555草加くん登場回まで来ましたね。個人的には平成ライダーシリーズで今なお一番好きなキャラです
それだけにジオウで客演の扱いに恵まれなかったのが悔やまれる…

「我々はこの世界とは別の時間軸の王族だ。そして時間を操る力は我が王家にのみ受け継がれてきた
王家の中でも最も強い力を持つ私が王位を継ぐのに相応しい。だが・・・・
次の王に選ばれたのはお前だっ
到底承服できない決定だ。だから私はお前の記憶を奪い、別の時間に追放した
まさか生きていると思わなかったがな・・・
だが今となっては好都合。お前のその力をもらうぞ」

ついに明らかになったスウォルツとツクヨミの素性
今回明らかになったのはスウォルツの独白によるこの文面だけなので、未だ彼がタイムジャッカーを使ってやろうとしていた目的等は謎のまま
本当にこれまでこの肝心な部分の設定が意味不明なまま40話過ぎまで続いたので、彼の素性がわかってもイマイチ驚きも衝撃もありません
「今更再会した妹の力を奪うくらいなら記憶を奪う時についでに奪っておけよ」とか
「そんな簡単にアナザーディケイドウォッチ作れるならとっくの昔に作れただろ」とか
むしろ今回の流れに対しての話の矛盾ばかりが際立って、どうにも納得できない脚本の粗がが目立ちます
ただまぁ寄せられたコメントを見ると「別の時間の王族って何よ。オーマジオウとは無関係なの?」とか言ってる朋友がいるんで、そこは違うだろと
まずこれまでの考察通り
ツクヨミとスウォルツはオーマジオウの子供でしょう。時を操れる人間がそうそう居ても困ります
で、ここからはあくまで推察というか想像レベルの話になりますが、スウォルツ曰く王家でも最も力が強かったのに王に選ばれなかったということは
父親は息子の野心に気付いており、それを良しとしない聡明な王であったことが伺えます
そう、それこそ”最高最善”の
癇癪を起こして妹を排斥したスウォルツはそのまま実力で王位を奪おうとするも父には敵わず、歴史を改変することで父の持つ強大な力を奪い取り打倒することを画策する
しかしそんなスウォルツの計画にイレギュラーが生じてしまう。タブーである歴史改変の結果として
最高最善の王であった彼等の父が別の時間軸では最低最悪の魔王になるというパラドクスを生み出したのだ
・・・みたいな感じの流れがオーマジオウ誕生の経緯じゃないかなーとか思ったり。まぁ妄想ですが「ありそうな話だ」とニュアンス的な感覚だけ伝わってくれたら幸いですわ
そしてツクヨミとスウォルツがオーマジオウの子供で、ソウゴ=オーマジオウであるならば
二人の父親はソウゴということになりますが。真実ははたして
あとスウォルツがアナザーディケイドの力を手に入れたワケですが、仮に彼がラスボスだとしてもこの姿がラスボスではないと思うな
例え最強であろうともアナザーライダーはあくまでアナザーライダーでしょ。
ラスボスはやっぱジオウオリジナルが相応しいかと
スウォルツがラスボスだとしたら妹とディケイドの力だけに留まらず、最終的には父の力まで奪い取って最後はオーマジオウになるんじゃないかなぁ。どうやろ

>今週の鬼太郎、ほんと妖怪よりも人間の方が怖い6期。正直水虎倒してそのまま全滅したままで良かったのでは?と思いながらも
最後に奥さんは家族と和解できてよかったと思った。しかしまぁ幽霊列車といい性格歪んでる社長が良く出るなぁ
>水虎は封印され、家族も戻り、悪徳一家も制裁を受け、万事めでたしめでたし……とはいきませんね
心に闇を抱えた者がまた現れれば、新たな悪人に虐げられる人が現れれば、きっとまた水虎は復活するのでしょうね
>今週の鬼太郎は神回でしたね。いきなり翔子が自殺をしようとする重いスタートだし、翔子とその家族に対する仕打ちがホント酷くて
「こんなドグサレ共に生きてる価値はねぇぇえええ!!」ってヤツが幅を利かせてたので、水虎がそんなヤツ等をミイラにして行く様は見てて愉悦を覚えました
でもそのままハッピーエンドと行かないのも良いトコだし、全てが終わった後、今まで酷い仕打ちしていたヤツも社会的制裁を受けるのも気持ち良かったです
今回ばかりはねずみ男ナイスと思いました。アイツァ地獄すら生ぬるい。よく映像に残した!翔子達家族、今後は幸せになって欲しいと心から思いました
>今週の鬼太郎の感想。「あれ? 水虎ってけっこういいやつじゃん?」
ちょっと設定をいじって、人の望みを機械的に叶える存在とかにしたら、SFファンタジーでも通用しますね
そして次回は約束された鳥取回。思いっきりネタに走るようですが。なお、鳥取県というと砂丘で「実はそんなに大きくない」というひとがいますが、
「実際行ってみると体感的には十分大きいし、隣りにある砂の博物館も面白かった」と付け加えたい。境港からは遠かったけどね!

>水虎はあくまで装置で、起動させるのはあくまで人間の心の闇って感じでしたね……
そして、世に人間がいる限り水虎の封印はその都度解かれ続ける、と。キツい話だなぁ
あの、地域住民による新参者の迫害描写が朝のアニメで流していいのかってレベルでえげつないんですけど……
で、やりすぎたと判断したとたんひき逃げアタック→冷凍攻撃に走る奥さんのメンタルがパネェ。自殺まで思いつめた人間とは思えんタフさだ

現代における社会問題の風刺に定評のある6期鬼太郎
今回のテーマは村八分。ネット等でも都会から田舎に移り住んだ家族が村八分に遭った体験談など見たりしますが、今回はまさにそれかと
田舎町を丸ごと仕切る権力者の社長一家から、いわれのない理由で執拗なイジメを受ける一家。追い詰められた妻は水虎の力で彼等に復讐を始めるがーというあらすじ

加害者側家族のクズ人間ぶりに始まり、復讐は果たしたものの深層願望のせいで愛する旦那と子まで失ってしまう妻など、人間の心の闇が色濃く演出されたダークエピソード
今回は人間を元凶として描いた為か
いつもはトラブルメーカーのねずみ男が相対的にGJ担当になったのがいい感でした
というか最後に引っ越せる金があるなら最初からこんな町サッサと出ていけばよかったのにな
なんであんな仕打ちを受けながらこの町にへばり付いてたのかがイマイチわからなくて、最後の最後に脚本の説得力の無さを感じてしまった
社長一家は事件が明るみになって社会的に殺されたワケだし、すっかり落ちぶれたあいつらを尻目にこの町で幸せに暮らすという因果応報なラストでも良かったと思うけどなぁ

>アイギスが水着ユニットで財布を殺しに来た・・・火曜日の私「水着マーヤはイベ金か!ガチャだったら死んでたぜHAHAHA」水曜日の私「これ死ゾ」
よく考えたらコレ水着オンリーってことは後々(8月の夏祭り?)に浴衣ガチャも控えているってことじゃないですかヤダー!by御茶っ葉
>呆けて報告を怠っておりました。デウスエクスマキナですが、Lv15を突破できました
王子歴2年弱、復刻でない新規実装の魔神で初めてLv15行けましたが、思った以上に感動してなくて自分にびっくりしました
多分、お城における爆弾処理と同様、難しさとめんどくささが直結しているせい(個人の感想)
ゲームに対してトータルでは不満はないです。というか、今回、好感度150%で黒が大抵どの娘も強くなって、
まさしく好きな娘使って攻略、というのが現実味を帯びてきたのが素晴らしいと思いました
自分は、思い入れのある娘から、ってので黒への実装まで一切指輪に触れてなかったので、感覚として少しずれているのかもしれませんが
もちろん、今回の件で元からバケモノだったのがもはや形容しようのない領域まで行ってしまったのがちらほら見られますが・・・
(あくまでも、おりゃん王子のやっかみですが、スーさんとデューオの二人)
いかがでしょう、はんぺらさん。やっぱりこの二人には、指輪を渡してるんでしょうか・・・(大滝汗)
>力石です。結局5ステップ回してしまいました!
しかし最低保障しか虹が出なかったり確率アップ先生が仕事しすぎて被りまくりだったりと散々な結果に
その代わりか今週の半額招城で竜宮城が来てくれたので水の武神はもう怖くありません! やったぜワハハ!(慢心敗北フラグ)
そしてアイギスと城プロの両方で生放送が行われるとのことで今回も楽しみですね
ところでアイギスの方の水着ユニットの性能が凄いことになってる気がしますがはんぺらさんは誰か入手できましたでしょうか?

ぬっ。樋熊さんはデウスエクスマキナ15終わったのですか。それは凄い
はんぺらは結局残業で忙殺されたのとモチベーションが再燃しなかったダブルパンチで手を付けませんでしたが。こういう報告聞くと「俺もやっときゃ良かった」って悔しくなるな。ぐぬぬ
ブラックリングはお察しの通りスーとデューオには真っ先に。あとはエステル(攻撃硬直)とエメラダ(CT短縮)の4人ですな
っていうかスーの攻撃力はマジおかしい。90上がったら実質450上がってるって事ですからね
エステルファミリーの中にデューオとスー入れてエンチャントするとマジどんな敵も一瞬で蒸発ですわ。はやくビフロンス復刻こい。そして水着ガチャの戦果ですが・・・・
かたじけのうごじゃりまするぅ(べしゃり暮らしのあの顔レで)

夏のボーナスも出た事だし水着黒パックを1個購入と、あとは石を180個割った結果がコレ
ミルノ以外コンプリートという僥倖ともいえる引きで終了。更に副産物として、欲しかったユーフェ(編成でアンデッドコスト-2)が出たので想定以上の大勝利でした
ていうか水着ラピスの性能なんなん?覚醒スキル完全にレミィの上位互換やん
6周年選択チケットで取れない期間限定ユニットにクソ性能を与える運営のやり口よ・・・
射程も勝ってて、魔法耐性まで増えて、遠距離引きつけは負うけど遠距離攻撃50%無効と70超の魔法耐性のおかげでデメリットにならず、むしろ戦術的メリットとして機能
なんと言ってもコストが半分というのが酷い。昨今のアイギスの低~中コスト帯の性能を考えると、風神雷神はコスト見直してほしいよね
おかげでずっと夢だった脳死永続編成が可能になって
リキュノスとスイレンとキャロップの強さに脳細胞が凄い勢いで死んでいくのを感じるわ
アイギスと城、夏のW生放送嬉しい限り。
特にアイギスは大型アプデ情報発表ということで期待大。一体何をやらかしてくるのか楽しみです

>はんぺらさん、ニ年くらい艦これ放置してたんですが今から復帰するとして何から始めればいいですか?と言うか、今から復帰しても次のイベントなど楽しめますか?
今は丙の下の丁という難易度があるから、それを選べばイベント自体の完走は余裕よ
復帰して最初にやるべきことは最優先で長門と陸奥を改二にすること
今はこの二人がイベントの切り札だからなそしてもしイベントの掘りでネルソンが掘れるなら必ず掘ること。まぁ2年前までやってたなら大した労力でもなく揃えられるだろう
しかしまた何故今になって復帰を?離れた理由は知らんが
ぶっちゃけ2年前となんら変わった部分はないからすぐ飽きると思うぞ

>「英雄*戦姫WWX」はサンプルの段階でシリーズのCGが流用されていますが、シリーズにはいない新規キャラは描きおろしのようなのでそれを楽しみにしています
あーやっぱりそうだったのか。はんぺらはシリーズ未経験なので新鮮な気持ちで楽しめますが、朋友のようなシリーズファンほど損をする仕様なのは微妙なトコよな
でもブラウザゲームとして長く続けばそれだけ新規キャラも増え続けるってことだから息が続くほど新作としての旨味も味わえるって仕組みか。なるほどな
最低でも坂本龍馬以外の大槍葦人の新キャラ5人出るまでは続いてほしいが・・・難しいかなぁ
あとアイギスの生放送でリリース直前の英雄*戦姫とのコラボイベント発表があるんじゃないかと睨んでるがどうか。結構ありそうじゃない?


>こんばんは。3週に渡り自分の下らないコメントを載せて頂き感無量です
今週はキン肉マンお休みだったので、コメント送るか迷いましたが、敢えて送ります
自分はマリキータに関しては「灰色」説を支持します。まあ、とは言っても大した説では無いんですが
マリキータとアリステラとの友情は本物かと
ただ、その友情が強すぎて故郷を救いたいアリステラをなんとしても助けたいと思い、サタンに洗脳されまるでスパイの様な立ち振る舞いをしていた、と
なんだかんだでキン肉マンは少年マンガだし、単に裏切り者だったとか、最初からスパイだったとか、ヘヴィな流れにはしないって言うのが自分の考えです
至極、単純な推測ですが…で、サタンの洗脳が解けてアリステラへの謝罪を述べ息絶える
その姿に涙するアリステラに対してブロッケンJr.とアタル兄さんが呼びかけるみたいな…
味方として戦わないまでも、ピークアブー的なポジションに収まってくれるのを切に願います
あと、ブロッケンJr.ですが、この戦いで本格的に「jr.」が取れたりするのはどうでしょうかね?
よくよく考えたら、未完の大器だの何だの言われる以上にこのjr.って呼び名が消えない以上、
いつまでも彼は未完成なイメージが付いて回るわけですし…ただ2代目ブロッケンマンとかってのもしっくりこないですが

>フルメタルジャケッツといい、オメガ・グロリアスといい、絶対前々から考えていたであろうチームネームが最高ですね
>ハアハアしてるブロッケンがヤバい奴にしか見えない
>予想通り気合いが空回りしてしまったレイラァ。ソルジャー隊長の一喝で落ち着きましたが、気になるのは試合前に言った自由な発想の下り
これはベル赤使えないなら足を使えばいいじゃないかというブロッケンの帰還フラグでは
>意気込むレイラァ、功を焦ってハァハァするレイラァ、案の定ベル赤を受け止められるレイラァ
そしてアタル兄さんにビンタされ気を取り戻すレイラァを見て『あぁ、ブロッケンだ』と満足な笑みを浮かべてました
>久々にコメントさせていただきます!キン肉マンの最新回、試合に臨むレイラァの『ハァハァ』が、
ヤバい薬でもキメちゃってるように見えてしまうのは私が未熟者だからでしょうか?w
屋敷に住まう剛の者達の大方の予想どおりに試合開始直後空回りするレイラァの好感度がパないッ!
はんぺらさん、変な気候で身体にこたえる日が続いていますが、無理なく楽しくサイトを運営してください!応援してます
>アタル(叩いたら直った・・・!)
>レイラァのキャラ的に気負いムーブはやっておきたいけどこの局面でそれに時間とると「これだからブロッケンなんて選ばなきゃ…」と言われる、
だから試合開始回のヒキまでに出して即解消させる。これはゆで先生の計算がビカビカに光ってますよ
>アントニオ猪木ばりの闘魂注入!レイラァの暴走は僅か一話で終了!
これで序盤グダグダになる恐れはほぼ無くなりましたね。熱いバトルに期待大です!!
>さしずめ今回はレイラァの起承転結ですね。ブロッケンjrという超人の性格と思考、更に欠点と長所を分かりやすくまとめられているのが凄い
ただクラッシュマンとサイコマンという人生の転換期とも言える試合をしたブロッケンと考えると少々味気無いような気がします
先の戦いがどう開花していくのか注目です
>予想通り、ソルジャーに選ばれたことでブロッケンJr.が焦って突っ走る展開来ましたね
自分語りですみませんが、先月からバイトを変えて1から仕事を覚えている最中の自分としては、焦って突っ走るブロッケンJr.の姿が他人事とは思えませんでした
それに対して怒鳴るでも説得でもなく張り手を食らわすソルジャー、シビれますね
必勝の為だったり、パートナーに選ばれたことで舞い上がっり、焦ってピンチを招くのはこれまでも数多く見られた展開ですが、
張り手一発で相手にそれを悟らせるソルジャー、カッコ良過ぎる上に流石です
>レイラァが闘魂注入される一連の流れで持ってかれた おもいっきり振り抜かれて「!?」と戸惑った後すぐに
「分かったぜ…」みたいに落ち着くあたり、他のレイラァ候補と比べて一挙一動の破壊力が違いすぎる
>「目にもの見せてやる!」(かっこいい)→「ハァハァ」(かっこわるい)→「トァーッ!トァーッ!トァーッ!」(かっこいい)→
「ウグ ウグ ウグ」(かっこわるい) な、なんて面白いんだブロッケンというやつは!
>ブロッケンに対する「あ…ダメそう…」からの「やっぱいけるわ」って感じすごい好きなんですけど
それよりなりより先鋒任された時のマリキータ面白すぎでしょ、鳴き声込みでポケモンにしか見えねぇ
>大げさとかじゃなく、2世描いてた頃の御大ならレイラァの焦ったファイトだけで単行本1巻分くらい費やしてたと思うと、
本当に今のキン肉マンってテンポよくストーリーが進んでるんだなぁと思います。次回からはレイラァの真の活躍が拝めそうで楽しみです
>アタルに良いとこを見せようと空回りするブロッケンというはんぺら予想はズバリ的中しましたね
しかしそれを僅か数ページ、ビンタ1発で解決してくれたアタルと、その意図を言葉無しに理解したブロッケンがイカス
これが究極タッグなら翌週まで持ち越して数ページグダグダしてたんだろうなと思うとウンザリします
>ブロッケンのやらかしは予想通り。しかし、無言のビンタ一発でそれを修正する超人血盟軍の絆の深さがなんともかっこいい
2世は確かに失敗作でしたが、2世があったおかげで今回のビンタが神展開であり最適解だということに疑念もわかなくなるという不思議
改めて御大は天才だと思わされました
>案の定レイラァが身の丈に合わないファイトをしようとしましたねw しかしそこはソルジャー、
かつてのバッファローマンを止めた時と同じように言葉ではなく行動でレイラァの目を覚まさせた…なんという冷静で的確な判断力なんだ!!
しかもバッファローマンならその行動に疑問を抱いていたところを一瞬で理解するあたりさすがレイラァ
>じゃあいくぜ~っ!!オメガ・グロリアスのおふたりさんよ→目にもの見せてやる!!→ハァ ハァ(次のコマ)→
オレの覚悟をナメんな!食らえベルリンの赤い...→ウゴ!ウゴ!ウゴ!→おかげでようやく目が覚めたぜ(突如豹変)
...おい誰だよヘイルマンにオメガ版レイラァ期待できると言った奴。俺もだよ。レベル違いすぎだろ...(歓喜)
前作でアシュラマン敗北時に見せた喜怒哀楽の申し子ぶりもそうだが、レイラァのテンション上下ってもはや躁鬱患者並みですよね...。
そんなレイラァを一撃で冷静にさせたアタルが、「冷静で的確な判断を下した知将」というより
「情緒不安定な子供をうまくあやしたパパ」みたいに見えてくる点が、やっぱレイラァはいろんな意味で本物だと思いました。(まとめ)
>「目にもの見せてやる!」がなんか直後のハアハアのせいでこれからマリキータを押し倒す的な変態にしか見えない
直後の「えコイツナニ言ってんの!?」みたいなアタル兄さんのコマがまた笑いを加速してそうなのがまた・・・w
>「トアートアー」から「ウゴウゴウゴ!」と悲鳴を挙げるレイラア面白くて死ぬ
しかもアタル兄さんからビンタされてから一気にクールダウンするのもまたジワジワくる
>ウギャア!試合開始からレイラア飛ばしまくりで腹筋で死んでしまう!
>レイラァは新シリーズでも面白くて困るwしかし笑いをとるだけではなくてクールダウンしてからマリキータへの対処にも気合を入れてもらいたい
>レイラァ、色々感情がせわしなすぎるwww
展開的には毛負いすぎて力を出しきれないところをリーダーの平手打ちで正気を取り戻すという王道展開なのですが、
戦う前からハアハアいってるほど毛負う姿とか!ビンタ食らった直後の唖然とした表情から2、3コマ後には笑顔でクールダウンとか、
どうしてこう感情が振れ幅がオーバーなんだこの人www
>ハアハア→そう力むな→みんなの為にー!→バシィ!→目が覚めたぜ! 早いわ!wwwなんだこのジェットコースター展開www
>いやまあ気負い過ぎて空回りからの立ち直りで何週も使うのは確かにしんどいと思うんですけどね
何から突っ込んでいいのか分からないほど詰め込まれたブロッケン劇場でした
>これはもう描いているご本人が一番楽しんでいるにちがいないレイラァ劇場

新キン肉マン 第289話
「栄光と弾丸の開戦!」の巻

「じゃあいくぜ~っ!オメガ・グロリアスのおふたりさんよ!」

フルメタル・ジャケットに対してオメガ・グロリアスで栄光と弾丸の開戦と銘打った今回。終始落ち着き払ったアリステラ、マリキータ、アタルの3人に対し、
ただ1人だけ異常なハイテンションで叫ぶレイラァが面白すぎて最初からもう駄目
彼岸島のようにハァハァ言いながら完全にテンパッて対戦相手に暴言を投げかける挙動不審ぶり

「目にもの見せてやる!」
まるで悪魔超人のような物言い。これには言われたオメガグロリアスもビックリです

そんなレイラァのあまりの面白さについツッコミが入ってしまうアタル(違)

一瞬主人に叱られた犬のような反応を見せるも、その1秒後にはクールダウンして会心の笑みを返すレイラァ
「そうだなこの大一番で俺は力みすぎていた。おかげで目が覚めたぜ!」
おれは しょうきにもどった! 
なんだコイツ(素)試合開始からここまで完全に一人相撲しててとんでもなく面白い
あと「叩いたら直った」という朋友コメントが例えとして的確すぎて個人的ツボ。さながら昭和のポンコツ家電です
かくして考察通りレイラァの空回り展開はありましたが、それを長く引きずることなく1話だけでキチッと終わらせてきた御大
「描いてる本人が一番楽しんでる」というコメントはまさに言い得て妙
試合開始1話目からレイラァの面白要素を詰め込めるだけ詰め込んできた感あります
立ち上がりでこの有様とか最初からギア入れすぎ。来週以降どんな奇行が飛び出すのか楽しみすぎて仕方ない



7月7日

>100000…110000…バ…バカな…まさか…ミコちゃんのヒロイン力が…ま…まだ上昇している…!
>酔って本音をもらすミコちゃん切ない。キャンプファイヤーでの石上の優しさが本当に嬉しかったんだろうな
>無自覚かもしれないけれど、ミコちゃんって本当は前から石上の優しさとか魅力に薄々気づいてたのかな?
どちらが先なのかは分からないけれど、他者への優しさが自分に対しては向けられないから、お互いに嫌われてると思ってたのかもなぁ
>結果的にですけどミコちゃんへの優しさが燕先輩が石上を意識させる当て馬になってますね
あとラストの燕先輩、赤坂アカ先生はたまにめっちゃエロい雰囲気出す絵描くからドキッとします
>香水の匂いを褒められて石上をチラッと見るザコちゃんがマジ乙女。ホントは石上に褒めてほしかったんだね
>みこちゃんが自身に大してもっと優しくしなさいよってもう完全に惚れてますよねこれ
両親が家空けがちで愛情に飢えてるんだろうなとは思ってましたがここまで対象を絞って優しさを求めてる描写はありませんでしたし
>つばめ先輩の天然とミコちゃんに振り回される石上、という構図が目立つ今週のかぐや様ですが、
石上のフォローにはしっかり小野寺がはいっていますね。ボケとツッコミといえばそれまでなんですが、
「体育祭から気になってたあいつには憧れの先輩がいて、しかもいつも隣にいる喧嘩ップルなあの娘は私の親友な件について」に思えて困る
登場したときには思いもしなかった一番報わない恋をしたキャラになるかも。まあ、すべては妄想なんですが
>石ミコつばめ派の栄光時代はいつだよ… 次回か? 石ミコ小野寺派は………石ミコ小野寺派は今回なんだよ!
>かぐや様の1年生トリオですが、ミコが香水を誉められてるシーンで石上の方を見ているように見えますね。それを察してか小野寺がカットインしてる
>小野寺さんの石ミコに対する雰囲気ってどことなく白かぐにとっての早坂ポジっぽいですね
>小野寺ちゃん石上に通訳したりミコちゃんのお世話したりとKP楽しめてたんだろうか・・・私服の帽子&コート可愛かったからまぁいいか
>小野寺さんほっぺ野郎からミコちゃんをガードする所イケメンすぎる。石上に頼む所も手馴れてたし普段からああやって2人で守ってそう
>石ミコ、石つば双方狂喜の今回でしたが自分は小野寺さんが三人を常に観察してた事と石上の小野寺さんへの返事が「おう」になってた事に注目します!
>麗ちゃんの上級石ミコ民ぶり
>ライトサイドについて行こうとする石上の言動が、まさに若者に理解があるポジを取ろうとするおっさんで見ていて辛いw
そして石ミコ回では突っ込みとフォローと解説を全部やらなきゃいけない麗ちゃんはお疲れ様
ウイスキーボンボン出てきたときにちゃんとミコちゃんに確認取っているのが良い。さすがつばめ先輩が声かけただけあって、みんないい人達だった
最後はまさかのそのつばめ先輩のターン
これはド直球ストレートに自分に告白してきた男の子が他の女の子の面倒ばっかり見ているからちょっと嫉妬しちゃったパターン?
でも、なんだか壮絶なギャグオチが待っていそうな気も(なお、同時刻、別の場所では謎のなまはげパーティが催されていた模様)
>今週のかぐや様を読んだ感想 『ま・・・待ってくれ~っ オレはまだ決めかねてるんだ~っ』
>ミコちゃん「本当に嫌い!」って言ってるけど要求してる事は「文化祭の時みたく……つばめ先輩にするようにしてみなさいよ……」なんだね
本心では他ならぬ石上に肯定されたり優しくされたかったんだな……そして本当は、嫌いじゃなくて好きになりたいんだな
>お水で大喜びのミコちゃんかわいすぎる。登場した頃、この子がこんなにかわいくなるなんて思った人ほとんどいなかったんじゃないですかね
>石上の言う身近にいる手本って白銀かな?でもかぐやの事も最近は尊敬してきてるし
ミコの真面目な行動も見習うべきなんだろうなって前に言ってたから一人ではなく生徒会の3人を皆お手本にしてるのかもな
>かぐや様で「マジ卍使ってるのはオッサンだけだよ」って読んだ後に、スナックバス江読んで噴いてしまった。素敵にリンクしてる
>隠れ石xつば派俺、突如ここに来て無言のガッツポーズ
>ミコちゃんの嫉妬ムーブはいじらしくて可愛いんだけどつばめ先輩の嫉妬ムーブ?はガチで喰いにいく奴に見えてちょっとひぇ…ってなった
>つばめ先輩のラストの表情、女の子の魔性感じてゾクッときましたね
>つばめ先輩KOEEEEEEEEE
ガチ純真無垢だと思ってた分最後の行動のギャップが凄いな、ボディタッチも天然じゃなくて狙ってるように見えてきたぞう
>つばめ先輩こういうタイプなら普通に振られても別にいいかなと思った
可愛いけど面倒くさいタイプってわかったしつばめ語とか嘘つくとか、優くんも無理してるだけでノリ合わないし
>つばめ先輩が石上に嘘の時刻を教えて終電を逃すように仕向けたのはゾクゾクした!
予想を大きく上回るつばめ先輩の石上への好感度、これはもうカップル成立待った無しだろ・・・
と普通なら考えるんだけどそうじゃないという結果を読者は知っているわけで
酔いつぶれたミコちゃんという予測不能なファクターが自身を骨折させて色々と有耶無耶にしちゃうって分かってますからねぇ
自身の腕を折ったミコちゃんが石上とつばめ先輩のフラグも折ったのかどうかホントに気になります
>えっというかこれはあれですか。先々週のミコちゃんの「あーんして食べさせてくれるのよね?」はつばめ先輩が石上に食べさせることを見てたから?
「わたしなんてほっといて自分だけごはんを食べにいけば?」も来週以降なんらかの理由で2人が自分を置いてどっかに出て行ったからってことなの?
その結果悪い偶然が重なり骨を折ったとしたら石上が責任感じるのもわかるのだが、ミコちゃんがちょいデレたのがわからないなあ
石上が手当てや病院の連絡とかをして「今はお前のほうが大事だ」みたいなセリフを言ったとか?
>今週の石ミコは三角関係のロマンや醍醐味がこれでもかって程詰まってたな
普段の制服姿とレオタードだとあまり気付きませんでしたが、バーテン衣装だと胸のラインが強調されてなかなかの巨乳の持ち主だった事がよくわかるつばめ先輩

父親は世界的バーテンダーだそうで、
高校生の身でありがらカクテルには造詣が深い模様
普段とは違う先輩の姿とスキンシップ多めの指導にときめく石上でしたが、意外にもそんな彼に
あからさまに不機嫌な反応を見せたのがミコちゃん
つばめ先輩のバーテン知識を値踏みするかのような挑発的発言に加え、デレデレ状態の石上の態度をどストレートになじってくるという感情剥き出しのストロングスタイルです

「なんでいつもそんな私にばっか傷つくような事言うの?いつもいつも馬鹿にして!本当に嫌いだわ!
他の人には優しくしてるくせに・・・!

文化祭の時みたく・・・つばめ先輩にするみたいにしてみなさいよ・・・」

ミコちゃん石上LOVEオーラ出しすぎ問題
酒の力すごい。
素面状態なら絶対に漏らさないであろう弱音・本音を垂れ流して「私にももっと優しくしてよ!」と石上に迫るミコちゃん
このクリスマスパーティーで石上に対する意識が変わるイベントが発生するものと思ってましたが、どうも最初っから彼女の好感度ゲージは振り切れてる模様
ミコちゃんは石上が本当は優しい男だって事をちゃんと知ってたんですね。流石よく見てる
彼女が石上を嫌いなのは石上自身を嫌いだったワケではなく、
そんな「優しい石上」が「自分に対してだけはそうじゃない」事が嫌だったのでしょう

故に彼女の石上LOVEフラグは、石上から優しくしてもらったあの後夜祭の時点で既に完成していたのかもしれません
ぶっちゃけあとは彼女自身が石上に対する感情を自覚するだけという状態で、
この後に起こる骨折イベントがそのキッカケになるという感じでしょうか。冬休み明けのあのミコちゃんは既に石上好き好きモードだったと思うと2828が止まらん
それにしてもミコちゃん、これで更に石上が中学時代から励ましてくれた手紙の人だという事実を知ったら石上に対する好き好き度と依存度が爆発しそうよね
付き合い始めたら四六時中ベッタリで「一瞬も優と離れたくない」とか言いそう。たまらん
そして
そんな二人を一歩下がった位置から見守るポジションの小野寺さんが非常にGJ
ほっぺ男からさり気なくミコちゃんをガードしつつ、酔い潰れた彼女を家まで送る役目は石上に任せるなど、二人の仲を取り持とうとしてる雰囲気が見受けられます
大仏ちゃんがこの場に不在というのもありますが、コメントにもあるように白かぐにおける早坂的な立ち位置を確立してるので今後も出番は飛躍的に増えるでしょう
でも俺も朋友と同じで「小野寺さん自身も石上の事ちょっと気になってる」という妄想を捨てきれん。ラブコメにおける「面倒見の良いサブキャラ」の王道設定よね


「ゆーくんはミコちゃんの事ばっかなんだね」
一方、潰れてしまったミコちゃんの世話を焼く石上に対して、今度はつばめ先輩がジェラシーを妬くというビックリするくらいラブコメらしい展開に
終電で帰るつもりの石上に嘘の時間を伝え、泊まらせるという大胆な行動に出ます

表情のせいか「こんな肉食系ビッチだったのかよ」などといったつばめ先輩に対するネガティブな感想も巷ではチラホラ見られるようですが、はんぺらはそうは思いません
これ上目遣いで赤面しながら、口元をスマホで隠しての台詞だったら抜群に可愛かったんじゃないでしょうかね
というか自分に告白してくれた男子(本人に自覚は無いが)がずっと他の女の世話を焼いてて
更には酔い潰れた彼女を、親の居ない深夜の自宅まで送るって言ってるんですよ?
つばめ先輩じゃなくても普通の女子なら食い止めるでしょこんなん
恋する乙女なら当然の反応であって、これを肉食系呼ばわりするのは完全に的外れな意見かと。これは告白した相手の気を揉ませた石上が悪い(自覚ないけど)
それにしても面白いのはミコちゃんは「石上はつばめ先輩ばっかり」、つばめ先輩は「優くんはミコちゃんばっかり」とお互いに思ってるトコですね
まさしく三角関係のロマンと醍醐味が詰まった展開で終始2828。この作品でこんな話が読めるとは
はたして石上が本当に大切にしているのはどちらなのか。一刻も早く続きが読みたいところですが、次号は休載という罠に気が狂いそう。首を長くして再来週を待ちましょう

>河村、自分の中のイメージにかなり自信があるみたいですね。前回はんぺらさんが言ってたルーティンのも絶対ありそうだけど、
皆浦か碓井あたりが呼びに言った時に大コマで河村の素振り→ニヤリと笑う河村、で締めの回が来ると予想します
>碓井の気迫のピッチングと「喰らいついて最後にまくる」というモノローグがはんぺらさんの展開予想を示唆してますね・・・
「スケールの大きさでは石浜君だろう。だが現時点での完成度では遥かに・・・」
河村は出塁したものの、続く4番の珠希ちゃんは凡打に倒れた冨士ケ丘。やはり今の瑛太から安打を得るというのは河村クラスですら至難のようで、
近藤さん評では
現時点での完成度ではブンゴを遥かに凌駕しているとのお墨付き。家永の驚愕ぶりからもそれが伺えます
1点を追う冨士ケ丘にとっては絶望的とも言える瑛太の壁ですが、碓井は意気消沈するどころか「最初から想定内だ」とむしろ荒ぶるピッチングで静央打線をねじ伏せます
「俺達はこんな展開は想定済みだ。何の問題もねぇ。俺達の戦い方は・・・・
ブルドッグみてーに喰らいついて 喰らいついて 喰らいついて―
最後にまくる!ハナからその覚悟だ!」

「碓井が踏ん張り、1点のビハインドで最終回に繋ぐ」
というはんぺら予想を肯定してくれているかのような碓井のこの独白
そして選手控室で一人黙々と対ジャイロスライダーのイメージトレーニングを積む河村と、冨士ケ丘逆転サヨナラの為の演出パーツはこれですべて出揃ったか


少なくともこの描写だけで、最後に河村がジャイスラを完璧に捉えるのは確定したしな
あとは以前も考察した通り、試合として静央が勝つか負けるかは追加点が入るかどうか次第なワケで。今回の碓井を見る限りもう1点もやらないんじゃないかなぁ

>バトゥーキは普通にいっち強化イベントでしたね。このまま一人で戦っていても限界が来るし、一気に仲間が増えたのは頼もしいところ
このまま打投極のストライクスリーを習得して欲しい
>バトゥーキの打ち切り心配されてましたが大丈夫そうですね
実際、あのままパネルの対戦相手を狩ってくだけなら遠からずマンネリになってたでしょうし、
いい意味で裏切りの展開だと思いましたが……栄子ちゃんどうなっちゃうの!? 
死亡フラグ行動に出ちゃった彼女が心配です。(あの展開で死亡はないだろうけどどうオチ付けるのかっていう意味で)

迫先生お得意のフェイント描写に全国の読者がビビったであろうバトゥーキ

ゲェー栄子がBJのスパイ?嘘だろ?いつからそうだったの?
と思ってページをめくると、単に自分も一里の為に役に立とうとバーBJを検索しただけだったという・・・嘘喰いじゃないんだから勘弁してくださいよ迫先生!
というワケでこれまで戦ったBJチャレンジの猛者達に事情を話し、頼れる仲間として共に修行を開始した一里。空手道場の雪菜先輩も再登場して非常に賑やかです
甲斐はともかく稲荷も仲間になるのかお前・・・
あの一件のせいでホモになってるとか斜め上の展開に期待
そして栄子のバーBJ潜入から即座に相田組カチコミという電光石火の急展開。今までのスローペースは何だったのか
ミッツとあの双子ハゲも相当な武闘派だと思うんで、BJの手下とかが大量に居るなら彼等だけで一掃しそうだけども・・・BJ1人に3人とも返り討ちにされるんやろな
あとバーBJのメニュー名が
「カルーくミルク」とか「BJウィンナー」とか、ファンシーかつアットホームな雰囲気で思わずほっこりした

>シャドウハウス ルイーズがクソなので今週の二人に終始癒される回。しかしラムがシャーリーの顔じゃないという重大な事実が発覚
単に自信がなくて後ろ向きってわけでもなく事実なのか?どういうことだろうか気になる
しかし大量のこびりつきは気持ち悪かったなーエミリコがあの道具選んでなかったら詰んでた?
ラムがいまいち話しかけてもらえないのも照れてるんじゃなくて色々事情があるのだろうか?
>ラムとシャーリーも影と顔の名前が不一致ですね
イマジナリーフレンドな指のラミーも合ってるのか微妙なラインですし、なんなのやら

助けたケイトを乗せる為ではなく、
素材を現地調達して用途に適した道具を作るための手押し荷車
大量のこびりつきを前にして、即席で箒とエプロンを作り上げたエミリコの機転にラムが驚いた今回。なんだ生き人形全員優秀やんけ
そんな常に主人のことを考えてるエミリコに対し
「暗闇が怖いから」という極めて利己的な理由でランタンを選んだ自分を嫌悪するラム
「違うの。シャーリー様の「顔」はラムじゃない」

涙とともに溢れたその告白は、はたしてどういう意味なのか
互いにコミュ障なせいで意思疎通が上手くいってないだけの主従とばかり思っていましたが、どうやらラムには他の生き人形とは違う秘密が隠されてそう
パッと思いつくのは
彼女は二重人格で、もう1人の性格がシャーリーの本当の顔ってところでしょうか
その人格の名前が「ラミー」だとしたら、自分の指に話しかけるというこれまでの彼女の危ない行動の意味も理解できますが・・・次回、その真相や如何に
と思ったら
シャドーハウスも次号休載の罠!マジかよかぐや様とダブルパンチやん。来週ははんぺらに寂しいYJになりそうだ

>今月のワールドトリガーに出てきた新キャラの帯島ユカリ・・・絶対薄い本出るでしょこれ。俺は詳しいんだ

いいセンスしてるよオマエ!(ハトよめ風に)
褐色ボーイッシュ後輩キャラという、玄人好みの属性を絶妙のバランスで盛り込んだ洗練されたビジュアル。空閑を尊敬してるトコまで含め設定完璧
「空閑先輩に・・・自分がちゃんと女の子か確かめてほしいッス」とか言ってパンツ脱ぐやつ!
空閑が真っ白なキャラなので黒髪&褐色肌というのもベネ。裸体が絡んだ時にコントラストがいい感じだし、精液をぶっかけた絵面も映えるしな(一体何を力説してるんだ俺は)
ただまぁ惜しむらくはワートリの薄い本自体を滅多に見かけない、ということだが・・・・

>スウォルツ「俺の役に立ってもらおう、お前の意見は求めん」海東「アッー!!」 完全にBL同人誌の導入だこれ
>ディケイドコンビがやりたい放題過ぎるジオウ
スーパーなタイムジャッカーが洗脳失敗してる時点で海東が洗脳されてない素でやってる臭いのがもうお前ほんとにいい加減にしろ過ぎて
>ディエンド+時間停止……アカン奴にアカン能力を持たせてしまった感がぷんぷんと
>ディケイドはピンクでなくてマゼンダです、ってこだわるねぇw しかし次回、ジオウゲイツウォズにしれっと4号ライダーみたいに並んでるのは草生える
>ス氏の野望はティードの野望に近いな……結局、ティードとはなんだったのか
>アナザービルドどうしたw
>ツクヨミを追ったアナザービルドくんなんであんなアクロバティックなことやっちゃったの、失敗してアナザーカブトびっくりしてるじゃんwww
>障害物の飛び越え失敗したアナザービルドに盛大吹いた。あれは普通にアクターさんが失敗したのを監督がノリでOK出したんですかね?
>ウール君オーラちゃんやっぱ単なる手駒じゃないですかヤダー……ここからアナザーキカイの時の様に翻ったら尊敬する
>やはりウォズはスウォルツを探るために飛流側についてる流れっぽいですね
スウォルツの野望はオーマジオウではなく、新たな王に自分がなること?ですかね
スウォルツの欲する時の王者の力は予告を見るとソウゴの持つジオウのものでなくても、
成長した飛流のアナザージオウのものでも代用可能になりそうですね
>スウォルツ自身はソウゴが子供の頃から暗躍して自身の野望のためにずっと動いていたみたいですけど、
ウールとオーラは利用されていたとはいえ何が目的でタイムジャッカーになってなにを目指すかフワフワしすぎていたんですよね
タイムジャッカー自体がスウォルツの野望の隠れ蓑だったんでしょうけど、騙されてたとしても尚更ウールとオーラは何したかったのかわからない…
>走って部屋を出た瞬間スウォルツに時止め喰らう海東が無様で面白すぎる
しかし別作品で強化以外に新アイテム(未来ノート)新能力(時止め)まで手に入れるライダーは珍しい
来週はついに士と邂逅するけど二人の現在の関係性ははっきりするのかな?
本編の地続きなら相変わらずなんだろうけど最期に登場した映画の続きなら恨んでるだろうし少なくともほのめかすくらいはして欲しいところ
>海東力を盗むのかと思ったら普通に時止め与えられてましたね、まぁ用済みになったら力回収されそうですけど
>タイムジャッカーの時間を止める能力はスウォルツから貰ったものだと判明した今回
彼が特別な存在だということは分かっていましたけど、同格どころか思いっきり上下関係あるじゃないのオーラさん
彼女が何をもって「自分達に上下はないはず」と言っていたのかさっぱり不明ですな
>ジオウもようやく残り話数を指折り数えるような終盤に差し掛かりましたね……それでもぼくはクウガ編とW編をあきらめない
平成1期1作目と平成2期1作目、どちらもめっちゃ好きなんですよ

映画で地に落ちた格を挽回する為のジオウ出演だと思ってたら、更に恥を上塗りしていく海東大樹
キチガイに刃物ならぬ海東に時間停止。普通にタイムジャッカーの使いっ走りとして笑顔でグランドジオウドライバーを盗んでいく空気の読めなさ半端ねえ
「おそらく来週の海東の行動が絶望的な状況を打破する糸口になるはず」などと思っていた先週の自分ェ・・・まぁでも洗脳はされてないようなので来週は何かやらかしてくれると思いますが

やっぱりただのDQMだった飛流や世界線が変わってもすぐに通じ会えるソウゴとゲイツの友情を始め、スウォルツによるツクヨミ本人への兄妹カミングアウト、
カメラ目線でバッチリ決めた士の「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えとけ!」等、なかなか細かい見所は多かったように思える内容でしたが

そんな内容はアナザービルドの派手なクラッシュシーンで全部吹っ飛んでしまった今回
埠頭で逃げるツクヨミを二人のアナザーライダーが追いかけるというシーンで、障害物を飛び越えようとしたアナザービルドの足が荷物に接触

ガァン!という派手な音とともに転落するアナザービルドと、それを「えぇ!?」という様子で見るアナザーカブト
これNG集でもなんでもなく、今日の放送です
本当に何なんだろうねコレ・・・明らかなNGなのに。朋友が言うように、現場のノリで「いいよいいよ!面白いからコレ使っちゃおうよ!」みたいな感じでOKになったのかな?
それともアクターさんの怪我が思いの外ひどくて(骨折とか)
撮り直しが不可能になってコレを使うしかなかったとか?
なんにせよ今後ライダーマニアの間で語り継がれる有名ネタになるであろう珍シーンでした。いやホント何回見ても爆笑してしまうわ

>鬼太郎のアレは、炎上した有名人とかに正義面をして群がる大衆批判のメタファーっぽいですね
「そういうテーマをやりたい」ってコンセプトが先にあって、
それを鬼太郎世界のフォーマットに無理に落とし込もうとした結果、なんかチグハグになっちゃってる感じがします
朋友が言うような失敗を許せる社会を、ってのはすごく分かるんですが、
失敗・失言と悪意があってする行為とではまた違ってくると思いますし
>前回の鬼太郎については自分も鬼太郎の論理に違和感を覚えたクチですね・・・
というか石動が出てくる回ってほぼすべて石動の肩持ちたくなる程度には石動の言うことに理を感じてます
人間の立場からしたら石動の言葉の方がストンと腹に落ちるんですよね
>今回の鬼太郎は私も納得出来ませんでした。ねずみ男の悪事の被害者は間違いなく存在するのにそこを見ないふりはどうなのかと
子供番組だからこそ、そこはちゃんとすべきだと思います
>反省することも無く再犯を繰り返すねずみ男を常に許すという一色に凝り固まってるおかしさに気付けない鬼太郎が私は一番恐ろしいです
>今期の鬼太郎って全体的にはとても面白いんですけど、時々話の都合でバイアスかけすぎじゃない?という展開があるようには思います
西洋妖怪編での日本妖怪とアデルもその例にあたると思ってますが、自分らの身を守るためにデモを起こした前者は糾弾され、
家族のために他者の命を散らしていった後者は温かく受け入れられるラストには違和感しかありませんでしたし
そりゃ日本妖怪も白けてお別れの時に見送りになんか行かないよねっていう…
また西洋妖怪編ありそうですが、魔女姉妹が迷惑かけた日本のモブ妖怪にもきっちり謝った上で和解するシーンがあればいいなと思ってます
>>今まで有無を言わさず殺してきた妖怪達にも更生のチャンスやれよと
6期の妖怪は基本死んでも数百年後くらいには自力で復活できるらしいですし(名無しビームみたいに魂ごと消滅や、四将みたいに封印された場合を除いて)
半妖のねずみ男は(多分)純妖怪と違って死んだら終わりでしょうし。まぁ結局のところ腐れ縁ってやつですよね
>ちょっと捻くれてるかなー。そもそも鬼太郎は正義の味方でもなんでもないし、今期の鬼太郎は元々人間が嫌いな訳で
それに今まで全部が全部問答無用で妖怪退治してきたか?割と見逃してる時もあったような

>鬼太郎のねずみ男について、はんぺらさんのいいたいこともわかりますが、まあ、自分の思ったことを書きます
とりとめも無い雑文になってしまうと思いますが、お許しください
元々鬼太郎は「墓場」のようなダークな雰囲気の作品だったのですが、それではうけないので勧善懲悪路線に切り替えた経緯があります
それでも残ったのがねずみ男であり、そこで不調和を出しているところはあると思います
ただ、それでも水木先生はねずみ男をどうしても残したかったんだと思います
勧善懲悪を否定しないとしても、世の中それだけではない(あってはいけない)から、どうしようもない存在のねずみ男を出し続けたかったんでしょう
で、ねずみ男のやっていることですが、これ、基本的に妖怪の存在を知っている人間のやっていることなんですね
脚本により例外もありますが。凄い能力を持った超常的な存在(=妖怪)ではなくて。なので、彼を罰するということは、
これまで出てきた悪い人間(ユーチューバーや結婚詐欺師)なども許してはいけないということになるでしょう
そこらへん、石動の「悪い「妖怪」はすべて滅する」のほうが決まりがあるぶん、筋が通っていてわかりやすく正しいように思えますが、
逆にそこで区切ってしまうのはどうかな、と思います。あいまいな部分を許容しておかないと、それこそおかしくなってしまうので
アニメスタッフがそこまで意図して作っているか、もし作っていたとしても見せ方はこれでよかったかという問題はあると思いますが
話は戻りますが、そういう意味で鬼太郎やねずみ男はあいまいでいい加減なところがあります
(なお、鬼太郎も説得できそうな相手については説得したりして、現に説得に応じた姑獲鳥などもいます
裏がありそうで微妙ですが枕返しのときの「少女」とかも。このへんの説得したりしなかったりもあいまいなところでしょうが)
たしかに、みんな私情で善悪を判断しだしたら大変なことになります。でも、基準を決めることに拘ってしまってもおかしくなります
あいまいなところがあっていいし、そのせいで失敗や間違いもあるだろうけど、それを許容できないときの方が怖いから、と自分は思います
なので、鬼太郎の講釈に不満を持つのはわかりますが、自分は石動の自分の行動ルールを決めてしまっているほうが怖いですし、賛同できませんね
一番近い感覚としては「どちらも正解ではない」でしょうか
>七夕ということで恋の話のようでしたが。ぬりかべェ……おばけは死なない。また会えるだろうか
>ぬりかべは、過去シリーズでは妻子持ちだったりもしましたな。しかし、一反木綿よ、悲しいなぁ
>ぬりかべの純情が良かったですね。星華も可愛かったし、来年は良いカップルになりそう。来年はってトコ良いですよね
バッドエンドなのかなあと思わせといて、救いがあるのは嬉しかったです。来年はって辺り、彦星と織姫のようで、七夕らしい話だったと思います
>性懲りもなくこのねずみは・・・
今回は利用された側かもしれんが、黒幕的な大物よりもその周りをうろつく小物の方が実質被害的には、一番害悪だったりするんだよなぁ
ラストぬりかべに潰されてちょっとだけ溜飲が下がったけど、そのまま地の底に封印してほしいと思ったわ
ところで金元さん、留学から戻ってきてたのね。ちょっと遅いけど、おかえりなさい
前回の問いかけに対して真面目な長文コメントを送ってくれた朋友諸兄らどうもありがとう
はんぺらに同調する意見もあれば「それは違う」という意見もあり、前回掲載した分の朋友コメントと合算すれば丁度半々くらいでしょうかね
興味深かったのは
「今回の話は、大衆批判等の時事ネタに対するメタファーだったのでは」というコメ
最初に「これをやりたい」というテーマありきで、そこから話を作って落とし込むから色々と齟齬が生まれるという考察。なるほど非常にそれっぽくて納得できますね
というかはんぺらも別に零みたいに
「ねずみ男は生かす価値がないから殺せ」って言ってるワケじゃないんですよ
犯した罪相応の罰を与えろって話ですな
鬼太郎は「懲らしめもする!」って言ってましけど、劇中で鬼太郎がねずみ男に対して明確な罰を与えた描写が何回あったかっつーハナシ
今回だって
何の罪もない妖怪に濡れ衣を着せて鬼太郎に始末させようとしたっていう相当極悪な案件なのに

ねずみ男が被った被害はラストでぬりかべに潰されただけで
鬼太郎自身は何の罰も与えてませんからね。流石にどうなのって思うわ
「それこそが墓場鬼太郎からの水木テイストであって、勧善懲悪モノとの違いなんだよ」と言われればそうかもしれませんが、少なくとも今はキッズアニメとして放送されてるワケだしね

>閻魔は交換分も集めやすいし、緊急任務が石50個くれたりで、天国ですね
>力石です。私も今回の魔神はスルーですね。やることが…やることが多い…!
好感度上限突破は格差を無くすために実装されたはずなのに逆に広がってるような気がするのが少しだけ残念です
そして閻魔の方は改築素材まで配られて至れり尽くせりですな!私も10連招城でシャンボールを入手できたのでホクホクです
鶴島城が高性能なので5ステップも回したいところですが今年の【夏】が気になって迷っております
さすがに【夏】江戸城とかはまだ来ないと思うのですが……むむむ

デウスエクスマキナはとりあえず10まではクリアできました
はんぺらヴルム持ってるので、手持ち戦力的は「15まで行ける王子」なんですがLV11からの配置を見るとやる気なくしますね
木曜日までに15クリアできるかどうかは難易度よりもモチベーション次第って感じですわ。あと時間。毎日残業で帰ってくるとじっくり魔神に取り組む時間が作れなくて・・・
鶴島城めっちゃいいですよ!近接職で妖怪バサバサ斬るオンリーワン性能脳汁出ます
はんぺらの場合完成体の宇和島城も持ってるので、尚更使い甲斐がある感じですね。鶴島城も改築がきたら4凸まで持っていきたい所存
水着ガチャと確定鶴島城のどちらを選ぶかは朋友力石次第ですが、
水着江戸城はまぁ99%無いでしょうな(誘導)

>いまインペリアル サガ エクリプスのクローズドベータテスト参加者募集してますよー
>インサガ、サービス終了宣言以降触ってなかったんですが先日続編となるエクリプスが発表されました
シナリオがベニ松さんなのでプレイはする予定ですが、近年のスクエニソシャゲの売り捨てっぷりが酷すぎるので課金するのは怖いですね

思いの外早く出してきたね。7月末からβテストなら本稼働は8月中には始まりそう
しかしロマサガRSが隆盛を極めるこの状況下で競合ゲームを出しても戦えるのか不安。朋友予想のように1年持たず終了なんて事にならねばいいのですが
正直はんぺらとしてはやるかどうか微妙なところですかね・・・前作プレイヤーの特典としてどれくらいのスタートボーナスがもらえるか次第ってトコか
というかDMMの新着ゲームで言うと
英雄*戦姫WWXの方がよっぽど楽しみにしてます
はんぺらNOCCHI名義の頃から大槍葦人さんの大ファンなんですが、英雄*戦姫は今までやる機会がなかったんで今回ブラゲになったのは「これをやれ」という天啓かなと
ただこれエロシーンはPCゲーム版をそのまま流用するんかね?だとしたらシリーズファンにはつまらんかもな


>アリステラとマリキータのとんでも移動手段を見送るレーラァのコマの破壊力が凄まじい
>投げられるアリステラとその後のフォーフォフォフォになんとも言えない表情のレイラァが面白すぎる
>さすがにマリキータマンに掴まって飛んでいくのかー…投げるのかよ!
>飛べるだろうにわざわざ豪快にブン投げられて移動するアリス兄とそれを桃白白のごとく追うマリキータという「動」の笑いから、
高らかに笑いながら飛んで行く姿を無言の口半開きで見送るレイラァという一コマの「静」の笑いに繋ぐ破壊力バツ牛ンのコンボが絶妙すぎてヤバイ
>* *<フォ-フォフォフォフォ
>アリス兄さんを抱えて飛ぶのかと思ったらぶん投げたのち自分は飛ぶマリキータにさっそく腹筋がやられた
そして飛ばずに走るフルメタルジャケッツがトドメ。なにもおかしくないかもしれないのに違和感が募る……どういうことなの
>マリキータに掴んで貰い飛んで行ってもらうのかと思えば投げられる。飛ぶよりは早く着くだろうけど力加減間違えたら途中で落ちたり飛び越えそう
そして投げたアリステラと同じ様な速度で飛行するマリキータ。その速度で飛べるなら掴んで飛んでも良くないか
オメガ組が飛んで行ってからキン肉マンとレイラァの会話、ウルフマンとレイラァの会話を挟んでからリングを飛び降りて走る血盟軍
オメガ組がリングについた時少しの会話後にそれほど間を置かず到着する血盟軍。オメガ組の飛行速度が遅かったのか血盟軍の足の速さが早かったのか・
>今週のキン肉マン、移動だけ!! でもまぁウルフマンとのモストデンジャラスコンビについて明言してくれて良かった。勝てるかなフルメタルジャケッツ
>前回は試合会場決定回で、今回で試合会場に到着。やや引き伸ばし感があるものの、決して無駄なシーンがないので究極タッグほどは苛つかないで待てますね
マリギータに掴んで連れて行ってもらうのかと思ったらぶん投げてもらった上にフォーフォフォと笑うアリスちゃん、
自分達だって飛べるはずなのにこちらは走って関ヶ原に向かうフルメタコンビと妙にシュールな回でした
そして今更になって気づきましたが…そうですよ、元タッグパートナーのウルフマンもいたんじゃないですか!
彼からの激励を受けることができるのはブロッケンのみなんだから、ここから考えても選出はブロッケンだったわけですね
>キン肉マンとの会話といい、ウルフマンとの会話といい、ブロッケンJr.がスグルよりよっぽど主人公してますね
欲を言えばラーメンマンとの会話も入れて欲しかった。「自分を信じろ、自分の可能性を。お前にしかできないことがある。私は信じている。」とか…
まあ、それはさておき、よくよく見返すとミート君のセコンドやスペシャルマンのリベンジを含めて、
過去に散々フラグを立てては放置してるクセに、ブロッケンJr.の成長譚は毎シリーズ欠かしませんな、ゆで御大
シリアスにもギャグにも動かしやすいキャラだし、気に入るのは分かりますが
>フェニックス「キン肉アタルよ…かつてお前にもひどいことをした。その非道はもはや弁解のしようもない。」
いや、まあそれはそうなんだが、どちらかと言えばアタル兄さんはじめ血盟軍は何だかんだでそんなには…それならむしろウォーズマンに謝ってくれ
>対戦は始まらない。来週は休載。極論、話も進んでない。しかしどうだ!この話の熱さ!
フェニクスに対し厚情の言葉をかけるアタル。キン肉マンとウルフマンがブロッケンJrに言葉をかけ、また言葉を返すブロッケンJrの熱き想い
そしてアリステラとマリキータマンの友情。どれもが…!極上!!話の進みは遅いかも知れないけど、丁寧に描写する事により、読んでて力が湧いてくる
何て、何て、熱いんだ、キン肉マンと言う物語は!!もう続きが読みたい!!!
>今週のキン肉マンですが、アリス兄さんとマリキータからほとばしる最大の友にして好敵手感と絶大な信頼と友情を感じ取れる手を取り合う一コマに震えました
今までの敵にはなかった、試合前からおおっぴらにお互いを信頼し合い手をとりあうというのは新鮮です
今回のオメガ勢は、今までの敵とは毛色が違うということを改めて示してくれたように思います
>マリキータ、入念な相棒アピールがたしかにこれは怪しい。サタンの手下としてアリステラで長年実験していたとしか読み取れない
「食えない男」とはアタル兄さんのことだけを指しているのか、それとも後から読み返せばマリキータも指していたことになるのか?
先が気になるので来週からテンポよく試合を進めてほしいですね
>マリキータの友情が嘘くさい。もののふみたいな言動もダイの大冒険のミストバーンみたいな存在(それか蠅の王ベルゼバブ)だからじゃないかと疑っているこのごろ
>日没までに決めたいとか、夜はゆっくり休みたいアリステラさん
>ここに来て日没までに決着を着けたいというアリステラの発言を深読みしてみる
オメガ存亡のタイムリミットとも取れそうですがそれにしては試合の運びがゆっくりです
あと超人が気にする光と言えばカピラリア七光線ですがまさかここに来て太陽光エネルギーのように利用するとかですかね
まぁ単純に超人のマイクパフォーマンスと考えることもできそうですけどアリステラの言動に無意味なものが一つも無かったのでやはり気になります
>アリステラがΩ・メタモルフォーゼを使って初代ブロッケンを呼び出して、レイラァを強化するイベントはよ!!

新キン肉マン 第288話
「食えない男!」の巻

マリキータがそのままアリステラを抱えて空輸するのかと思ったら桃白白ばりに目的にぶん投げるという斜め上の移動方で読者の意表を突いてきた六槍コンビ
それだけでも十分面白かったのに
豆粒みたいに小さくなっていく二人をボーっと眺めるレイラァでもう駄目

フォーフォフォフォという書き文字に加え、妙に呑気な表情のレイラァ、そして集中線の効果が相まって異次元の面白さ
伝説のギューンを彷彿とさせるシュールさです

スグルやウルフマンからのレイラァに対する激励等、見所が無かったワケではありませんが基本的には会場移動にだけ終始した今回
ぶっちゃけこのシュール1コマが9割を占めていたと言っても過言ではないかと
今後の展開に影響を及ぼしそうな考察ポイントとしては、アリステラのマリキータマンの絆の強さが伺えるこの会話でしょうか

ダイレクトに「二人の絆を感じた」というコメントもあれば「ますますマリキータが怪しく見えてきた」というコメントも
前シリーズでサイコマンを疑ったはんぺらだけに、マリキータがオメガの絆を口にするだけで怪しく見えてくるという感覚は理解出来るところではありますが
それで豪快に予想を外した身でもある為、マリキータ白派説は揺るがず一貫したい
でも前回外した構図と酷似しているだけに、「今回こそそうかも?」という思いも少しはあるんだよなぁ・・・これで今回も外したらスゲー悔しいわ
マリキータが白なら、彼の役目はサタン超人(仮名)が現れた時、アリステラを庇って死ぬ役
逆に黒だった場合はロールシャッハドットがサタンのシルエットに変化しお前はもう用済みだとアリステラを殺す役
と、おそらくまったく逆のポジションに入れ替わるのが非常に面白い
はたして本当の彼は救国の志に燃える勇者か、それとも氷の心を隠したサタンの尖兵か
まだゴングも鳴ってませんが、一刻も早い試合の決着が待たれます




今月のテニス

>はんぺらさんドイツ戦のメンバーは誰になると思いますか?
>許斐先生がフラグを乱立させすぎて誰が出るか逆に理解させない戦術にでてきましたね
切原はドイツの副将とフラグ立ててましたけど意外とジークフリートと試合しそう
ドイツのプロダブルスと共鳴コンビ、ポルクと親方までは本命でしょうね
切原が覚醒して手塚との試合になるなら超序盤の「あんた潰すよ」のフラグをやっとのこと回収ってなって
かませから帰ってこれるとすごいかっこいいきがする
不二、跡部、幸村、この3人が中学生本命と思われていたのに突然の切原で混沌の渦に巻き込まれてしまった
>どうも!はんぺらさん。範です!お久だぜ!以前私のリョーガスペイン人説の分析、ご理解いただけてありがとうございます
あのちょっとのユニフォームでしか判断はしてないのですが、決勝ボスとしては申し分ないと思います
最近彼の姿は見えませんでしたが、スペインは見事にベスト4進出となりました
おそらくこのままいけば日本とドイツ戦の決着がついた後、ラルフが膝をついて敗北する様子が伺えます…
その先にはラケットの縁でボールを「ポーン ポーン」するリョーガ!それは伊武と九鬼&門脇の情景と同じかと……
リョーマとの決勝シングルス1対決待ったなし!とりあえず目先のドイツ!今月の話から見るには、
日本のシングルス3つの枠はボルクに平等院、手塚には監督の宣言通りなら高校生(鬼か、本気の入江?)、大穴で跡部様か不二周助
そして努力の天才・天衣無縫を習得したジークフリートには中学生対決として、
天衣無縫で応戦できる金ちゃん、リョーマか今月天衣無縫対策してた出番爆増の切原か!?
個人的には公式戦シングルスの切原なんて対蔵兎座以来なかったから非常に期待したいのだ。仮にも立海2年生エースと呼ばれていた男だからな
ただ、ビスマルクとも因縁がありそうなのでどうなんだろうか。ダブルスではリベンジペアに燃えるハウリングコンビ(幸村と徳川)は確定かと
というか幸村手術の話はどうなったのかね…… もう1組ダブルスはなんだかキング・クリムゾンされそうな予感はしますが、
デュークは出れそうとして、そのペアにせっかくならパワフル四季の男児か彼女持ちの外道どちらか見たい……
でも最近出番少ない中学生から丸井キテレツ千石もいいな…(仁王は決勝の切り札と思う)なんかもどかしい!
ともかくいろいろ言われてますが、最後まで楽しくこの作品と付き合いたい範でした
>アメリカ代表が「決勝で会おうぜ!」っていう最上級のフラグ残しててわろた

範さんお久しぶりです。日本での仕事にも慣れてきた頃でしょうか?
せっかく鋭い考察を送ってくれてたのに、俺のせいでリアルタイムで称賛できず申し訳ない
今月で「決勝で会おうぜ!」と約束しつつ、リョーガの行方に言及するというわかりやすいフラグを立ててくれたアメリカチームには思わず変な笑いが出ました

まずリョーガスペインでラスボス化予想は9割確定でしょうね

その前に日本は強敵ドイツに勝たねばならないワケですが、今回そのメンバーとして明らかなフラグが立ったのは以下の面々達
日本チームでボルクに唯一勝てる可能性のある平等院先輩
「ハウリング」の発動とその強化の為にダブルスの特訓を続ける
徳川先輩&幸村ペア
カミュに「まさかドイツ戦も出るつもりか?」と言われた
デューク先輩
手塚と戦いたい中学生は多いが、その中でも1番であろう
跡部or不二
一皮向けるイベントも兼ねて、とりあえず出るのは確定したっぽい
赤也


ここまで6人。あと1人がまだわからんフリー枠ってところでしょうか。赤也はビスマルクに困ったところを助けられてましたが、彼との試合はないでしょう
ビスマルクが
「だがウチの中学生も負けず嫌いが多くてな」と評したジークフリートで決まりかと

ビスマルクはドイツの副将なので普通にデューク先輩と当たるんじゃないですかね
シングルスになるかダブルスになるかは微妙なところですが・・・ボルク、手塚がシングルスであることを考えるとシングルス枠はあと1つだけだしな
ジークフリートかビスマルクのどちらかがシングルスのはず。QPは参謀だからダブルス得意そう
ていうか範さんに言われて気付いたが
鬼先輩も入江先輩も今大会まだ一度も出てないんだな
おそらく二人とも決勝戦メンバーで今回は出番なしだと思いますが、あの二人はもっと試合見たかったなぁ。あんなにキャラ立ってるのに勿体無い
こりゃ世界編終わったら侵略してきた宇宙人とテニスやるっきゃねえな



戻る