1/11
地獄極楽温泉編「覗き編」完成
6/5
第19話「可能性のケモノ」完成
5/28
小十朗伝第5回「代打ち~引退~」
7/27
真美

3月27
ギャラリー更新
達人のはんぺら宅
襲撃オフレポ2010

5/8 その6公開(完結)
挑め地獄のタイトロープ!

参加したい命知らずはチャットへ
11/28最新シナリオ
剣王推参配布

12月11日

交代番のシフトの関係で今週も夜勤のはんぺら。先週と同じく出勤前の午前中に更新です(挨拶)
昨日更新できなかった理由は言わずもがな艦これですわ・・・顛末がどうなったかは画面をスクロールしてご確認を

>艦これについては甲じゃ歯が立たないのでよく後半は難易度下げてます。はんぺらさんの影響で艦これ始めたんで今回も応援してますね
出せるモチベーションの範囲でいいんで、今をやりきれたらいいなって
ここのおかげで艦これ始めた提督なんですけど、そういうの気にするくらいならもう取り上げてもらわなくてもいい気もします
自分は未だに艦これ好きですけどこのサイトじゃ既に少数派ですし、毎回イベントの度に運営への批判やヘイトで埋まるのは正直きついんで
>そもそも年末の忙しい時期に、時間がかかる上難易度が高くややこしいイベ出されても困ります
>母港のみ課金、大和単艦ケッコン提督です。E4甲第一ゲージで沼りはんぺらさんと同じ心境になりました
私は幸運にもクリアできましたがはんぺらさんと同じくクリアできなかったら引退の予定でした。運営は達成感とめんどくささを勘違いしています
正直クリアできずに辞めたほうが良かったかも……でも涼月可愛いのでもうしばらく続けてみます。はんぺらさんもご武運を
>艦これE4甲突破し甲12提督になりました。自分もZ6でかなり沼りました。Z6ですが道中重視にしたほうが突破しやすいかもです
連合なので警戒陣を選べないこともあって初手の潜水艦が特に凶悪です
最初は基地航空隊を2部隊ともZ6集中にしていたのですが、そもそもZ6まで進めることが稀でした
開き直って基地航空隊をGマス集中Uマス集中にするとZ6到達率が目に見えて変わりました。特にGマス集中はオススメです
初手潜水から大破させられてうんざり…を軽減する効果もあります!ただこの場合Z6での火力に不安があるので第1艦隊に戦艦3隻入れることをオススメします。
基地航空を送らないため航空優勢を取れませんがダイソン以外は柔らかいので割と撃破できます
Z6さえ超えられれば残りはほぼ消化試合です!ご武運をお祈りしています
>E4甲ゲージ1本目ラスダンで資源5万とかしたところで乙変更からのクリアはしています
甲Z6はねえ...GマスUマスに基地送ってZ6は自力制空取って祈るほうが楽かも。私のときは制空互角T有利でSとれたし・・
>モチベーションの低下だけはどうしようもないですね
自分もインサガを1年近くプレイしていましたが夏ごろリアルが忙しかったのと艦これの夏イベを優先させたのとクソ暑い中PCの前に座りたくなかったのとで
しばらくやってなかったらもうやる気が起こらなくなってフェードアウトしてしまいました
今はその分空いた時間をアズレンにあてていますが。面倒くさいと思った時が辞め時なのでしょう
最近の艦これイベントは甲は完全に廃人向け、乙・丙を一般ユーザー向けに調整されていると感じる気がします
たぶん自分のような甲クリアできる戦力・資源があっても面倒だと感じたら迷いなく乙、丙を選べるプレイヤーが一番楽しめる構成なのではないかと
>鳳翔嫁の単婚提督です。やっとイベ突破しました…ただでさえキツい今回のイベに引っ越しが重なって今回ばかりは本気で諦めかけましたが、
無心のダラダラ出撃でなんとか終わらせられました。ただ、夜戦開発任務でドロドロ溶けていくネジが尽きた時か
今回のイベで落ちた海防艦達を改にして鳳翔に食べさせ終わった時にまだこのゲームを続ける気力が残っているかどうかは定かではありません
というか次、もう一回同じようなイベやれって言われたら多分逃げます
>E4は甲→乙→丙とガンガン難度落としてクリアしました、はんぺらさんの「余裕なんだこんなもの!」がなくなるのは寂しいかもしれませんが無理をなさらずに
>はんぺらさんは難易度を下げる、という選択肢はないのですか?
そこまでモチベーションが下がっているのなら乙に下げてしまうのも手段だと思うのですが……失礼いたしました
>しばらくやる気が起きずE2突破で数日放置してましたが乙乙丙丙でE4突破涼月ゲットできました
E4の面倒臭さ☆MAXのギミックやったあとに振り返るとE3のようなゲージ複数ステージもゲージ一本一本が軽いなら
敵複数艦隊を一つの海域で各個撃破する想像もできて割りとマシに思えてきました
ただ流石にE4で疲れ果てたので残る伊400を掘る気が起きないのですが。対馬のほうはこれまで縁がなかった占守も一緒に攻略中に来てくれました
>艦これのイベントは1週目に全甲でさくっと終わったのですが怒涛の長文ネガティブコメントを見て語る雰囲気では無いと思い…
常々思うんですがゲーム、遊びにおける真の敗北はクリア出来ないことでも、難易度を落すことでも無く、楽しめないことであると
自分も正直E4は辛い、面白くないと感じる部分はありました。ですが、おーぷんで沼ってるSSを垂れ流しながらプレイすることで楽しさを作り出してました
楽しくやる方法があるならそうすると自分で決めているからです。楽しむ方法が無いなら俺はこれじゃ楽しめないから難易度落とす、むしろやらないと迷いなく決められます
仕事では無いし、そこに責任も義務も無いからです。自身に一種の義務感の様なストレスをかけて遊ぶのもまた一つの遊び方ではありますが、
度を過ぎて怨嗟しか出なくなっては誰も幸せになれない、自分はそう思います。…しかし自分の考えは熱意が不足してるなんて言われることもありますが
>お久しぶりです。提督兼mugenキャラ製作者のしーぽんです。今回の艦これイベントはE4甲クリアできました
しかし前回夏のイベントで私の甲種勲章の呪いは解けております
夏のイベントの道中潜水お祈りゲーに辟易し、艦これへの向き合い方を考えた結果、甲を諦めてでもイベントを完遂、艦これを続けることを選びました
甲種勲章を取り続けるから艦これを続けているのではなく、艦これのキャラクターが好きだから続けているのです
はんぺらさんも艦これとの向き合い方を今一度考え、悔いの残らない結論を出して下さい。長文失礼いたしました
>艦これ秋イベall甲完了しました。単婚です。消費70k 60k 22k 35k(燃弾鋼ボ) バケツ300弱、ダメコン4・女神2
情報なしで突入する気にはなれないレベルの複雑さ、情報あっても面倒な複雑さ。もうちょっとわかりやすくしてほしいものです
>いつぞやのアズレン兼任提督です。今回のイベントもオール甲でクリアできて甲12です
最終ステージの難易度としては歴代で真ん中よりちょい上くらいでしょうか、ギミック解除もボスマス道中も長い長い、ゲージが出るまでモチベの維持が大変でした
艦これの運営は商売っ気がなくミリオタ趣味に走るのが良いところでもあるんですが、
たまには良い意味での商売っ気を出して顧客を思いっきり楽しませてほしいものです
>いろいろなソシャゲに手を出してきた私が言うのもなんですが「嫌にならやめろ」は100%ネガティブな言葉ではないような気がするんです
私、かつては5,6個のソシャゲを掛け持ちしていて、朝起きてすることはPCを立ち上げてログインボーナスとスタミナ消費の周回、
それを正午になるまでやってようやく1日が動き出していたんですが、ある時ふと「めんどくさいしいいや・・・」1つまた1つとと辞めるようになりました
それで今は2個だけ続けてます(うち1つは艦これ)
いままで作業的にゲームをこなしていたんですけれども、惰性で続けるゲーム程楽しくないものはないです
今はその2つのゲームに心血を注ぎこめます。15年ぶりに家の外に出た同志の戯言でした
>差し出がましいようですが言わせてもらいます。「クリアできなかったらやめる」こんな風に考えているなら、すぐにでもやめるべきです
艦これに限らず全てのゲームは楽しいからこそやるのであり、やることそのものが苦行になるようなら続けるべきではありません
何度も寝落ちするようじゃきっと精神面でのストレスも相当なはず。一体さんにしてもそう。ウィザードのレビューを途中で打ち切ったのと同じ理屈で、
無理に更新しようとするくらいなら「俺達の戦いはこれからだ! 第一部完」にしてもいいじゃないですか
勿論文句も出るでしょうけど、誰がなんと言おうが関係ありません。プロならともかく、趣味でやっているんだからいつ辞めるのも本来は自由なはずです
自分の身体を労わってあげなくてどうするんですか。このままじゃそのうち倒れちゃいますよ?
あんまりあれこれ言われるようならいっそサイトを閉めてしまうのも手です。やりたいならやれる範囲でやりたいようにやる。選択ははんぺらさん次第です
>人間、10何年連れ添った結婚相手に一瞬で冷めるんですから。戦闘スキップ実装されたところで、1万もアクティブ勢戻りませんて
だって戦闘に飽きたんじゃなくて、艦これに愛想尽かしたんですから。シコれるゲームは山ほどあるんで、そっち愉しめばいいんですよ
>甲5提督です。Z6マスでだいぶ沼りましたが有給取って今回もALL甲でクリア完遂!甲6になりました
E-4のルートギミックの長さ、ボスまでの道中の長さは不満は残るものの個人的にはクリア後の西村艦隊のやり取りは胸熱でやってよかったと思えるイベントでした
はんぺらさんのように心身共に余裕がない方や夏イベでやらかしたことから艦これに対して厳しい目線の方には非難の言葉しかでないでしょうけどね
ギミックなどで難易度変更でやり直しができないと言う批判については
むしろほとんどリスクなく難易度を下げることができた方がおかしいと思っていたので改悪とは私は思いませんでした
それぐらいの覚悟を持ってる人しかALL甲を維持できないというのは挑戦難易度というのには相応しいと思うので
はんぺらさんの引退されようとされまいと艦これは続けていく所存です
むしろ「屋敷の住人は自分をきっかけで艦これを始めたから続けねば」とかはあまりうれしくないです
惰性で続けて艦これを叩き続けるのなら楽しんでいる私としてははんぺらさんの更新を楽しみにできません。純粋にゲームを楽しむという原点に還って欲しいです
>艦これですが、私もはんぺらさんの記事を見て始めたクチです。何だかんだで3年以上プレイしていますが、はんぺらさんと同じで正直モチベの維持が難しいです
引退を考える気持ちは痛いほどよくわかります。ですが、それでもはんぺらさんならやってくれる!と期待している自分がいます
勝手なことばかり言ってすみません。無理はしてほしくないのですが、クリア報告を楽しみにしています!
>いろいろお疲れ様です こちらは丙督ですがなんとかE4終わりました
ゲージ一本目のラストがクソ過ぎて何回ブチ切れたかわかりません 脳の血管にご注意ください
>ただ今丙で、スリガオ海峡を突破しました。ただ一つ言えることは、はんぺらさんも是非この海域を突破してほしいということです
泣きますから!感涙ですから!
>E-4クリア後のんびり別ゲーやってましたが、気まぐれでE-3を3,4回掘ったら伊400ゲット。これにて全艦娘コンプ状態に復帰できました
>2013年6月着任の横鎮提督です
はんぺらさんと同様モジベーションが低下しているのか、12月に入るまでやる気にならず、既に甲の呪縛も無いことから乙でのクリアとなりました
今までのやれば有利になるというのと違い、クリアに必須のギミックがあれだけあるなら任務とした方が良かったのではと思います
西村艦隊関係の演出は良かっただけに色々と残念でした
>はんぺらさんが艦これやめても俺は続けるぜ!!(挨拶)
どうも、例によってポケモン発売日と被って中々秋イベ進められなかったポケモン提督です(汗)かなりギリギリでしたが、秋イベ乙乙丙丙で何とか完走しました!
E-3のゲージ地獄やE-4のギミック解除の面倒臭さにはやや辟易したものの、遊撃部隊用司令部の存在もあつて前イベに比べればスムーズに進められましたね
途中で伊400と対馬が出たんで運が良かったです しかし丙でもあの面倒臭さ…
多分艦これのイベは甲種勲章にさえ拘らなければそこそこの難易度で楽しめるイベントなんでしょうな
>ご無沙汰しております、極北の提督です。はんぺらさんは大分おつかれのようですね
私も繁忙期で平日は夜9時帰り、土日もどちらか出勤と切羽詰っていたので、今秋イベもまたまた乙でやらせていただきましたァン!(笑)
もちろん、攻略情報を揚げて下さる方々のおかげではありますが、なんと言っても乙にはZ6なんてなかった(爆)
潜水艦マスに東海を出し惜しみせず、401のポッケにダメコンを積みさえすれば、
不幸を返上した扶桑姉妹ともがみんがエグい火力を出し、駆逐ズは冷静にPTとル級を沈めてくれます
東海入手のためのE3甲の方が面倒でしたが、ついにハイパーズの封印を解除(要はケッコンカッコカリ)し、
一度目のボス戦で400をお迎え出来て正に完全勝利でした。あとウチにいないのは朝風だけ、君はどこにいるの
>はんぺらさんお疲れさまです。何とか先ほど甲で終わりましたことをご報告させて頂きます
皆さん嘆かれている通り難しいと言うよりは面倒くさい、強いと言うよりは厄介な局面が多くストレスが溜まったことは間違いないイベントでした
ただ、イベントの調整に問題を感じる一方でみんな艦これにそこまでの熱意もかけられる時間も最早なくなっているのかなという印象も受けています
そりゃ学生は社会人になってるし、ゲームにしたって新しく面白いものがどんどん出ていますからまったく同じ情熱は注ぎ込めませんよね
そしてそれを繋ぎ止めるだけの魅力を今の艦これが有していないというのも一理あるのだと思います
個人的には艦これ、面倒くさく思いつつもまだまだ好きですし続けていこうと思いますが、
はんぺらさんが身を引かれてしまうのであればそれも一つの節目であり仕方がないことなのかなと感じます
最近ははんぺらさんのストレスもあるのか不満コメントが取り上げられることも増えていて、いち艦これファンとしては悲しい気分になることも多かったので・・・
結果がどうなっているかはわかりませんが、とにかく秋イベントお疲れさまでした
>艦これイベント、ホント時間の確保がキツイ、ソシャゲこれしかやってないのに。オマケにこのタイミングで風邪引くし。ようやくE-3終わったけど乙でも間に合うかな?
>はんぺらさん艦これ秋イベクリアできましたか?俺は諦めました。うん、スッキリ
今週に入って生活のいろいろを犠牲にしてまでE4ギミックZ6も越えて第一ゲージラストダンスまで来ましたが、もうこの時間的にも執着的にもどうでもいいかなと
自分もすっかり飽きて惰性でやってる提督なんでそもそもモチベがゼロ同然
途中ランナーズハイみたいに黙々とやれるが何度しくじってもストレスすらたまらない状態で頑張ってました
自分でも不思議なんですが別にクリアできなくてもいいやという感じで諦めるのにも執着しないというか
装備にも艦娘にも今更かなと。もう照月といいカロリン彩雲といい何度も取り逃してきて今更というか
元提督の知人も艦これの話題じゃ愚痴しか言ってくれなくてアズレン進められていたんですがこれでまあちょうどよく始められそう
すっぱり完全引退とまではいかなくても半引退しようと思います。ウイークリーでネジ集めだとか頑張ってましたがもう改修もサラトガもクソ食らえ
マンスリーすら面倒ならやらないで演習くらいで過ごそうかなと
>私もはんぺらさんに背中を押してもらって艦これを始めたクチです
ゲーセンで景品になってた愛宕も今やLv140、ケッコン艦は今回のハイパーズでちょうど60隻になりました
はんぺらさんのご意見感想はとても面白く、運営情報を基本的にスルーしている私はよく参考にさせていただきました
…メガネっ娘とキラキラについての意見は大分違いましたがね(笑)
リアルの艦これフレンズはみな引退し、ここではんぺらさんもご引退となると……ひとつの時代が終わる感がしますね
個人的には、涼風の声とヨコチチとフトモモがとても柔らかそうなので(爆)、まだお迎え出来てないなら乙であっても「命を燃やし戦うときは今だ!」して欲しいところです
―が、はんぺらさんは結構真面目に艦これに取り組んでこられたのだろうと思いますが、少しがんばりすぎかなとも思います
私は装備交換すら面倒くさがって専用装備を作る半放置プレイヤーで、そもそも提督ってのはそういうものだと思い、
このイベ中もスター・ウォーズの復習をしたり、半値で買ったドラクエ11で遊びつつ、見守るだけの攻略で、それ以上となるとモチベがもちません
キラ付けはあ号と演習S勝利で行いますが、攻略途中で付けなおすのが艦これで3番目に嫌いなこと
一度だけ5-4で大破進軍して熊野(ケッコン済)が轟沈してしまったことはありますが、その日のうちにサルベージして一ヶ月でケッコンしなおすなど、
絆を深める切欠になったと勝手な言い草を――おっと、話がそれました
とりあえず私個人の意見を言わせてもらえば、はんぺらさんの艦これ談義が見れなくなるのは寂しいですが、
私どもへの義理で黄疲労なのに無理して艦これを続けなくても良いのですよ。ゲームできる人生は短い、されど艦これだけで生きていくには長すぎる…
私はまだこの極北の泊地を護り続けるつもりですが、来年はどうなるか分かりません
ウィークリーしなくてもいい、改二改造だけしてもいい、イベだけ参加してもいい。まぁ、なるようになるのでしょう。―はんぺら提督、共に戦えて光栄でした!(敬礼)
>日曜日午後八時、甲甲甲乙で無事イベントクリアできました。対馬も伊400もドロップ
E3甲の補給ゲージのひどさで折れかけて、E-4は乙にしたんですけれど、それでも大変でした
ストックしていた間宮や伊良子や補強増設にまで手を出してしまい、応急修理要員も何個か消費することに
ケッコン艦40以上ある自分が乙でもこれなんだから、はんぺらさんがE-4甲を諦めたとしても、不思議には思いません
どうでした?今回のイベントで何が一番ひどい仕様だったかというと、
一つの海域に複数ゲージやらギミックを詰め込みし過ぎているせいで、諦めて難易度を変えるという選択肢が簡単に取れない点です
今回のはそれを意図した嫌がらせとしか思えません。今回のイベがE-7かE-8くらいに分けられていたら、そこまでひどい仕様じゃなかったでしょう
>ただいま12/10(日)21:50、甲乙丙丙にてフィニッシュです
初めてドロップした戦艦であり改二が出る前から姉妹共々愛用し続けていた山城が「どけぇ!」の雄たけびと共に埋護をふっ飛ばしてくれました
ボイスとか決戦仕様のイラストとかはよかったんですよね、今回のイベント。ただ、長丁場と煩雑さが……
乙でも無理と早々に判断し丙にしたのはよい判断だったと自画自賛
400とかまだ入手出来てないので、あとはのんびりと落ちたらラッキー程度でやっていこうと思います
(既に未所持艦が色々いるので、何が何でもというほどの執着はない
>お疲れ様ですはんぺらさん。トラック泊地の料理人提督です。夏で甲勲章の呪いを捨て、今回も乙乙丙丙でつい先程滑り込みクリアしました
正直めんどくさかったという感想以外無いイベントでしたが、最後の演出は神がかっており、自然と涙がこぼれました
「提督を続けていてよかった・・・・」と。やはり自分は艦これが好きだしこの世界観を大事にしていってほしいのですが、
今後のイベントの方向性をなんとかしないと提督の流出が止まらないと思います
もっと初期のようにすっきりしたマップやシステムに戻し、今回ラストのような演出面を強化してゆくべきだと思います
めんどくさいギミック=楽しいという勘違いを運営は根本的に捨てるべきかと。長文失礼いたしました。残す所24時間。はんぺら艦隊の勝利を祈ります!(`・ω・´)ゞ
>やったぞおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉッ!! 22:40、ギリギリで海峡を越えたぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!! 丙だけどな
>E4突破時の音声、良いですねぇ。ただ、ごめんね時雨。うちの艦隊に朝雲はいないのだ。代わりに防空要員として秋月さんにがんばってもらいました
そして、西村艦隊故に他の娘が70~120レベルの中40ちょいで最終海域に参戦した山雲、特にお疲れ様でした
>E4甲たった今突破しました!私もギミックめんどくさい勢でしたが、手をつけてみると「なんだ、艦娘達(こいつら)に任せばどうってことねえな!」という気持ちになれました
>本日、何とか秋イベクリアです。乙ですが。 対馬もしおんも来てくれたのでまずは御の字、といったところです
前回で甲提督でなくなったので、今回は報酬と手間を天秤にかけて乙乙甲乙で。(まあE-4は乙でも面倒臭かったですが)
クリアできたからよかったものの、やっぱりお祈りマスとギミックを増やすことでの「イベントの歯ごたえを出してみました」的アプローチは
運営さんにもえーかげん改めていただきたいところですな by リョウ
>これははんぺらさん、余裕じゃないんだこんなもん!かな。俺もラスダン失敗でクリア結局諦めたけどZ6あれ連合でさらに一出撃長いし
これで引退でも気にしないではんぺらさんの気の済むように楽しんでくれ。所詮ゲームだし確かにはんぺらさんのレビューがきっかけで艦これ始めたけれど
自分が止める時は自分で決めるしはんぺらさんが止めたとしても関係なく屋敷には遊びに来るし。まあ今回のクリア失敗で半引退に距離置くことに自分はしました
はんぺらの甲の呪い、解けず(挨拶)


土曜の夜から寝ずに突貫して日曜の朝方に終了。ビルドを見た後死んだように寝るという、

およそオッサンの肉体には厳しい強行軍でなんとか終了。用事を済ませるために3時に起きて出かけ、7時に帰宅して鉄腕DASHを見てから、更新は諦めて再び爆睡
社会人がゲーム強行軍で体調壊すとか許されんのでね。更新より睡眠を優先しました
モチベーションに関しては何がキッカケで回復するかワカらんもので、
青嵐さん(たけの子山城の人)のコレがはんぺらのツボにハマり、
ジョジョ第2部OPをBGMにしたらなんか俄然やる気が出てきて最後までダレずにやり切る事ができました。いやホント何がキッカケになるかわからんわ
まぁ諸兄らも知っての通り、戦力に関しては一級品のはんぺら艦隊ですから、挑戦すればクリアしてしまうってのはある意味当然とも言える結果ではあったんですが・・・
結局口では「もう嫌だやりたくない」とは言いつつも
心の奥底では「まだ続けたい」と思っていたという事なんだろうか

未だ自分の心がよくワカりませんが、この結果がはんぺらとからくり屋敷的にとって良かったのか悪かったのかは
今後の俺の心の在り方次第ですな
最近のように不満を垂れ流して毒づくだけなら、皆から「はんぺら引退してくれた方が良かったのに。なんで続けたんだコイツ」と思われるだけの誰も得しない結果に終わってしまう
はんぺらも今回こんなしんどい思いしてそれが無為になるのは望むところではないので、また昔のように史実関係の考察やしょうもないネタなんかを主題にしていきたいところです
それを踏まえてE4の全体的な感想。確かに「Z6さえ終わってしまえば、あとは消化試合」という朋友のコメントがしっくりくる最終マップでした
ラスダンで沼った提督達からは「消化試合は言い過ぎだろ」と言われるかもしれませんが、まぁラスダンで沼るのは今回に限らず別に艦これイベントでは毎回の事ですからね
今回は前回と比べて、削りに関しては完全にストレスフリーだった点を高評価したい
最初夜戦だらけの道中を見た時は
「運営ついに狂ったか」と思いましたが、警戒陣と対潜支援、潜水艦デコイと、抜け道をちゃんと用意したあたりが前回までとは違うな、と
今回の道中は、夏イベでのユーザーの不満を解消しようとした運営の努力が見られたのね
7隻艦隊VS12隻というハンディキャップをものともせず、特効効果でバシバシ敵随伴艦を沈めていく西村艦隊の面々は爽快だったし、このへんはまともなゲームになってました
以上の点に関しては認めたい反面、
「運営アホか」レベルで複雑化&増えたギミックに関しては辟易
今回はんぺらのモチベーションを折ったのは難易度ではなくこの「面倒臭さ」であって、同時にこのゲームに対する思いを強烈に冷めさせた運営との絶対的相容れなさ
どう贔屓目に見てもあの手順の面倒さはやりすぎでしょ。やる事はあの半分でも十分だったし、Z6S勝利に至っては「ギミック解除」という目的の難易度ではなかった
攻略記事のコメント欄を見れば
「今回の難易度はZ6>ゲージ1>ゲージ2」という意見だらけ。はんぺらも漏れなくそのクチで
Z6回してる時はもう、ただただ心を殺してこういう目してました

ボスゲージよりも文句が出るギミック解除マスなんてのは本来あってはならないワケで、ここがやっぱりいつもの運営なんだなと
前述したように道中には改善が見られたんで、
この点さえ改善されれば冬イベは期待できると思うんですがね
今回はクソイベとは言いません。「面倒臭えイベント」でした。提督諸兄、お疲れ様です!

とりあえず今回甲12を維持できた提督達は、冬のモチーフと史実艦を調べて育成の穴を埋めておこうず。武蔵や瑞鶴は誰でも育ってるだろうから、駆逐艦とかそのへんな

>インサガに帝選べるプレミアムチケット来ましたね。天帝作るか、新規帝取りに行くか、どちらもお気に入りのキャラで中々選べません
でもこの迷ってる時間が至福なんですなあ……。はんぺらさんはどう使いますか?
>はんぺらさんこんにちは、聖王(槍)2枚ダブり報告の者です 育成に関する詳しい解説ありがとうございました
現金なもので、解説してもらったらプレイする気が出てきて ちょくちょく進めていました
その間 カバにクラウンむしりとられたり うっかり2代目皇帝に指名した帝アンドロマケーがお隠れになったり
ほう、育成は★いっぱいついてるMAP行けばいいのか→LP減少 などと情弱プレイをしながらやっと2周目闇ルート終わりました
アセルスかわいい、イヴァン陛下かっこいい インサガ面白いです 面白いですが、天帝チームは組める気がしない・・・
(カムバックチケットと覚醒記念チケットでやっと天帝3人並みの感想)
うーん悩ましいな。はんぺら2周年記念プレミアチケットの時は天帝がコッペリアしか居ない駆け出しだったので、2人目の天帝欲しさに5000円課金して入手しましたが
インサガ課金はその1回きりで、現在は天帝10人(今週術ジニー出た)いるという充実ぶりなんで
重なり待ちの皇帝も兵舎にいっぱい居るし、今回はスルーしようかと思ってたところだぜ。でも確かに戦力の充実とは関係なく、欲しいキャラは欲しいんだよねぇ・・・
仮に取るとしたら皇帝の中でも一番育成が成功してる
体術キャットかな。奥義の威力が素早さ依存なんだけど、その素早さがMAXまで育ってる逸材なのぜ
そして本格的にゲームを始めた聖王朋友ようこそ。おそらく既にブックマーク済みだとは思うが、データの充実したwikiがあるんでプレイ時はここを参考にするといい
ていうか
ゲーム始めたばかりで天帝3人は逆に早すぎるペースやで。はんぺらは4か月かけて5人だったからな
まぁ俺の場合はそこから二か月ほどの間に更に5人ドバッと来たわけだが。重なり待ちの皇帝が増えれば確率は増すワケだから、長く続けてりゃ自然とバンバン重なるよ

>力石です。報告が遅れましたが武神難毛利元就のクリアに成功しました!
「今回ばかりは無理だ諦めよう」と何度も思う難易度でしたが終了日前日になんとか達成です
武神イベントでの一番の報酬は自分の采配力の上昇を実感できるところですね
実際に今回のような高難易度でなければ連携計略「アイアン離間リング」とか思いつきもしなかったですし
これが頭に閃いたときはロマサガのキャラクターになった気分でした。反省点は没頭しすぎてアイギスのカリスタを溢れさせたことです
私もスフィンクスは「称号が取れればいいや」くらいのスタンスですしどうか無理はなさらないでください。いつも更新作業お疲れ様です
朋友力石はちゃんと城プロをタワーディフェンスゲームとして真摯に向き合ってて凄いな
自軍戦力で可能な戦略を自ら編み出し、それをもって攻略成功した時の達成感たるや・・・

はんぺらは今回艦これ秋イベと重なってしまったというせいもありましたが、過去最高難度の武神と聞いてそもそも挑戦すらしてない常態です。スンマセン
イベントの絶弐とかは全蔵クリアできるまで何度も挑戦するんですけど、武神はちょっと負けが込むと
「まだ俺が挑戦するには早かったか」と即座に諦めてしまいますね
朋友力石はゲームを純粋に「ゲーム」として楽しんでおられる。
自分も艦これに対してそうありたいですわ(感慨深く)
スフィンクス攻略はお互いにこれからですか。
残り期間が3日しかありませんが、称号だけは取り逃さないようにしたいですな

>「金属探知…!」とかほざくキミがもうほんとギャグにしか見えない
アレだけ金属だらけの街中で暴れて砲弾まで撃ち込まれてんのに全部排出したのかとw
批判とか皮肉じゃ無くて、ホントに彼岸島の領域に届き始めた気がします

>カネキが暴れた時に町中の金属取り込んだ可能性とか全無視で指輪を金属探知機で探そうってなんか凄く頭悪くなった気分
>若山総理がいい総理で安心!観母の父と学友で月山家が喰種だと分かっても協力してくれるとか人格者で感心しました
人間と喰種の友情の表れではありますけどさすがに丸手さんの考える通り、公表は無理でしょうけど
>月山パパが一晩でやってくれました
>お疲れ様です。やっぱり来やがったクソ六月。何とも身勝手な俺の物にならないなら誰の物にもなるな理論…
なんなんだテメエはマジでよ…(GODを前にあまりにもしつこいトリコをぶちのめしたアカシア感)
とはいえ、瓜江を筆頭とする成長に成長を重ねたクインクス達が加勢に駆けつけてくれるでしょうから、あんまり心配はしなくて良さそうですな
>某クズ太郎もそうでしたが、六月も糞脚本の被害者ですよね
百歩譲って発狂ヤンデレ外道サイコパスなるのはいいとして、雑に蘇らせてまで引っ張られてもウンザリするだけですし
>もう六月がマジでクソすぎる!せっかくカネキ捜索が本格的に始まったのにカネキ龍を刺激するとかコイツ本当に邪魔しかしてないよ最近
居合わせた場所にクインクスが配備されていたから六月の決着は瓜江と才子の同僚が着けそうな予感
六月に綺麗な最期は要らない、もう今までの嘘を全部肯定して醜く逝って欲しい

>白鳩+喰種大勢+総理大臣以下国家権力 VS 六月・晋三平&V(協力体制ではない) ちょっと戦力差があり過ぎやしませんかね…
それに六月が「金木がこのままでいい」に対して、晋三平は「金木ぶっ殺す」だったら目的違っちゃうんじゃないだろうか
あと旧多が死んだ今のVの目的が不明過ぎる。かつてのナーガラジャのような奇跡が起きるまで放置するってんじゃないだろうな

金属探知のくだりは・・・うーん・・・確かにテラフォだったら俺も「何言ってんだこいつら」ってボロクソに言っただろうね
これが東京喰種だと「別にそんなトコにいちいち突っ込まなくても」と思えてしまうのがなんとも不思議。やはりこれは作品に対する入れ込み方の違いなんだろうか
というワケで今回の主役は月山家の強大な力を行使した観母
これだけのコネクションがあったらCCGの手入れも未然に防げたのでは・・・
とか言ってはいけない

そしてこの期に及んで東京クライシスを加速させる六月。もはや完全にただのキチガイで、同情す余地は1ミリもないキャラではあるんですが
「こいつも脚本の犠牲者」と言われると確かにそういう側面もあるな、と納得
「QS4人の中で一番の貧乏くじ引かされた可哀想なヤツ」
と考えると、ちょっとだけ気の毒に見えてきます。なるほどこれは面白いキャラの捉え方ね
今回の暴挙に出てしまった以上、どんな言い訳もできないカタチでCCGを完全に敵に回してしまった六月ですが、はたしてどんな最後を迎えるのか
瓜江と才子に止められ、竜カネキに喰われるとかが一番ベタ予想ですかね
「あははは!これで先生とひとつになれる!嬉しい!」
とか言って、喰われる最後の瞬間まで喜びで絶頂するようなキチガイのままで死ぬパターンね。だってキャラ的に絶対改心はしないでしょコイツ・・・
動機的な意味で言うと普三平はどうなるのかサッパリわからん。少なくとも安浦特等ならこの事態に足並みを揃えない甥っ子を叱り飛ばすハズだが
あれだけ叔母さん大好きなら、叔母さんの気持ちが汲めんバカでもあるまい
実は六月にDT筆おろししてもらって心酔してるとかドロドロの裏設定があったりしたらキツイな
六月は非処女だし、狂ってるし、後輩を自分の思い通りに動く傀儡にするために身体を使ってたらし込むくらい平気でやりそうな気がする。どうやろか

>石上の件の解決が物足りないという話、自分も同感です。 真実を隠している以上、大友京子が石上を嫌悪するのは当然なのですが、
読者視点からするとどうしても彼女とその友人たちの方に悪感情を抱いてしまいがちです
これは見方を変えると彼女を悪者にして石上と会長達の好感度を上げようとしてるように感じてモヤモヤします
今後、石上と大友京子が和解するような話があればスッキリするのですが
>石上奮闘するもリレー中に苦戦→やはり無理だったと諦めかけそうになるも周りからちゃんと応援が入ってる事に気づく→
石上の風景が変わって目覚める→大接戦の末に最後にミコちゃんの応援も入り逆転→リア充と喜びを分かち合う、
見下してた奴らも石上を少し見直す かぐや様、大分鬱憤の溜まる前フリだったし、これくらいある種嘘くさいドラマチックな展開でも良かったかなーって思った
まぁ、ミコちゃんと同じ負けて勝つ構成もそれはそれで悪くないんだけど
気になったのは、制裁は望んでたけど荻野の話題自体もうあまり見たくなかったので、そこの分の尺は更にリレーや石上と周りの描写に割いて欲しかったかな?
待ちに待った石上の奮闘描写が心無しかあっさり終わったように感じた
>かぐや様のえぐいことをする面々に柏木さん(水産業社長の娘)が入ってた件。萩野くんはマグロ漁船にでも放り込まれちゃったんでしょう。おお、こわいこわい
>今週の石上君で、はんぺらさんの留飲も下がったのではないでしょうか? クズは相応の報い(描写できないレベル?w)を受けましたし、
石上の真実は全校生徒が知らなくてもVIP達が知っていただけで私は充分満足です!
つばめ先輩も石上の真実を知っていたんじゃないのかな。 あと体育祭が始まった当初、
応援団が石上をハメようとしている説がネットで囁かれていて心配していたのですが杞憂に終わって本当によかったです。まじ卍!
>かぐや様、今週だけを見れば良回なのですが、総合的には中の下って所でした。先週、今週が、荻野ショックから挽回するベストの展開だったのは確かです
が、最高の挽回をして尚、今エピソードを神回や良回という評価に持ち直す事は出来たと思えません
理由は荻野。荻野が報いを受けていない事に不満を感じてた自分ですが、今週その考えを改めました
『荻野が報いを受けても不満は無くなりません』。荻野はかぐや様に登場する悪役としてゲス過ぎました
極端な例えにすると、バスルームのペペンに六月を出してやりたい放題させるようなもので、
例え報いを受けて退場させたとしても、「悪役の度が過ぎた」と言う、作品についた傷をぬぐう事は出来ません
なので、折角の今週の展開でも「結局、何にも知らないで石上を叩いてた便乗ガヤどもが勝ち組じゃないか」と、悪い点に目が行ってしまいます
赤坂先生は、今後悪役を登場させるのなら、この作品に相応しいキャラ(もっとライトな人)にして欲しいです
今回の話を神回と評価する人は、かぐや様がレイプされた後にレイプ犯を会長がとっ捕まえてボコボコにして、
犯人が「参りました、改心します」って展開でもカタルシスを得られるんですかね

>あのバカ女に石上は勿体ない。後はミコちゃんと報われてくれればいいや
1番上のコメントは先週時点で届いていた感想ですが。こちらの朋友は今週の石上編締めを読んでくスカッとできたかできなかったか気になるところ
先週のはんぺらの不満点のひとつだった、「萩野が報いを受けていない」という点に関しては
「実は受けていた(実質的学園追放)」と判明

更に全校生徒とはいかないまでも、少なくとも学園内で強大な力を有する3年の生徒の一部は事件の真実を知っているということも明らかになった今週
先週から比べれば確かにスカッとした感は増したのですが、しかしはんぺら的にはやはりカタルシスを感じる程のエピソードではなかったかなーというのが最終的な感想ですかね
かぐやがレイプされたら云々の朋友コメントは例えが極端すぎてまるで同意できませんが、気になったのは大友京子を「バカ女」と罵っている朋友のコメントですな
理由はやはり大友京子自身が石上に守られた事を知らないから
コメント1番の「大友京子とその友達が悪役に見えてしまうのがモヤモヤする」という懸念に関しては、今回の彼女のまばゆい笑顔でだいぶ吹きとばされてはいるんですが、
それでも尚この最後コメントの朋友のように
「大友京子がクソ女すぎる」と感じている読者はいるワケで・・・・
そういう意味では大友京子が脚本の被害者ですよ。彼女は何も悪くないワケですからね
彼女に真実を知らせ、彼女の口から石上へ謝罪と感謝の言葉を伝えるという展開でも十分彼女は救われたと思うんで、
知らせない事だけが本当に彼女を護る事だったのか?という疑問が残るモヤッとした読感
勿論この話はこの話として綺麗にまとまっているとは思うんですが、もしIFが存在したらはんぺらはそっちの方が好みだろうなという感想ですな。皆はどのように感じたでしょうか

>樺太アイヌの子かわいい!と思う前に「この子も変顔するようになるのかな」とか考えちゃった私はもう脳味噌ゴールデンカムイ
この子絶対杉元達にクズリ喰わせる役でしょw
>樺太編に突入した『ゴールデンカムイ』。ラスト間際に出てきたのはまず間違いなく「クズリ」でしょうな
地上で最もヤバい動物の一つに数えられる超獰猛生命体。北海道とは一味違う自然を表現するには相応しいかと
>脳味噌欠けたからかアシリパさんと離れたからか荒れる杉元 何だかんだで子どもを気遣う情に篤い月島軍曹
青二才扱いされてるけど随所で優秀な鯉登少尉 チームシャッフルのお陰でキャラの魅力と掘り下げが倍増ですね
谷垣だけは相変わらずホモの餌だけど

そうかあのクズリ仕留めたら当然食う展開か。アシリパがパーティーから抜けてもアイヌ料理をねじ込んでくるゴールデンカムイすげえ
チカパシは
「北海道に戻っても自分の居場所ない」とか歳に似合わぬ悲しいこと言ってるんで、あの女の子とイイ感じになって樺太に残るんだろうなきっと
「オチウ見たことある?」とか言いながら子供セックスを始める薄い本が出てしまうぜ
鯉登少尉と杉元はファーストインプレッション最悪のようだけど、ここから打ち解けて見事な連携を魅せてくれるまでがテンプレだね。俄然楽しみになってきた
月島軍曹がすげえ死にそうな予感するんでなんとか生き残ってほしいですが。「死ぬな月島!」とすがる鯉登少尉に「立派な軍人になってください」とか言い残して死ぬ役どころやろなぁ

>スターク退場はまだまだ引っ張るようで。そして来週は戦兎の正体の答え合わせをここで、ガンガン展開していきますね
。マスターと戦う前の「全部が嘘じゃない」ってのが煙に巻いて本当のことを言わないキャラだったからすごい響くな
しかし美空の証言もあるしボトルの浄化のための茶番劇ってのも本当のようだし狙いの考察には材料不足かな
パンドラボックスに影響された美空を救いたいって気持ちなのか、本当に力の欲望に堕ちてパンドラボックスの開放が狙いなのか
変身なしの生身で消える(飛び去る)あたりただ者じゃないし
>武器を投げての救援に激昂して怒涛のラッシュ、自分の冤罪より仲間の思いを裏切った事に怒る龍牙がカッコ良かったのに、まさか出オチみたいに一撃かよ
溜めに溜めた龍牙のライダーだったのにクローズあんまり活躍してなくない?新フォームのかませってのもあったとはいえなぁ
>マスター正体バレで外道認定からのブチギレ戦闘いいぞいいぞ。で、どさくさ紛れで幻徳さんの正体ばれたと思ったら次回は戦兎の本性に迫るとな?
毎回毎回次回が気になる終わり方するなぁ。楽しみ
>「ヒーローごっこを演出しアイテムを増やす」 何とまぁ、ウルトラマンジードとまるかぶり展開
同じ時期にウルトラマンと仮面ライダーで要素がカブるというのも奇遇ですな
>ただボトルを浄化するためだけ。仮面ライダーごっこでしかない。言葉だけとれば外道ですが、まだ何か真意がある信じたい
そしてエグゼイドよろしく八つ当たりぎみに正体ばらされるげんとくん
>今週のビルド、マスター実は良い人フラグ立ってますよね? 下手したらワンクールくらい出番ないかもですが、後半は味方サイドで再登場しそう
葛城の死を偽装したのもマスターって事(おそらくファウストの目を欺くため)でしょうから、葛城も味方側なんでしょうね
ファウトの何らかの目的を阻止するために2人とも暗躍してたんじゃないでしょうか(それで葛城はファウストに始末されるところだったのかと)
戦兎くんの正体が葛城本人だとすると、記憶がないのは意図的に封印されてる(している)のか、イレギュラーなのかは気になりますね
>ビルド面白いんですが、やっぱり真相が登場人物の口から直接語らせまくる展開はちょっとなぁと思います
伏線を元に登場人物が気付くってのが少ない(紗羽さんの盗聴器くらい?)
例えばマスターに「俺タコ嫌いなんだよー」って言わせるんだったら正体バレする前に日常回とスターク戦で言わせとけよと
いや、他の演出とかは最高だし、今日の雨の中の変身シーンとかカッコ良すぎておしっこちびりそうでしたよ?
>香澄の事は何処へやら平然と美空をデートに誘っちゃう龍我が何かアレ
>今週のビルドは強化フォームに関しては特に関心はないけれど、マスターの本心が未だにわからないのがなんとも
やっぱりマスターは美空の意識を取り戻す為にパンドラボックスに手を出さざるを得なかった、というのが妥当なんだろか
>マスターはまだなんかありそうというか劇場版見てきたらなんか微妙に繋がってないような感じして気になりました
OPでパンドラボックス発見したシーンありますけどマスターは唯一二回光受けてるんですよね
>マスターの動機自体は完全にわからない現状。「ボトルを浄化するためだけに美空を連れ出した」とするのなら、
難波の「核をも超える力」の完成には繋がるかも知れないけれど、それでローグを妨害するのはぶっちゃけ辻褄が合わないというか必要ないってゆーか・・・
マスター個人としては純粋に「パンドラボックスの呪いから美空を助けたい」だけなのかもしれませんね
警備員殺害してますけど、マスターに取って「家族」以外は割とどうでもいいという認識をしているのなら理由付けとしては十分であると思いますが
はんぺらさんはマスターがどんな風に見えましたか

「シュワッとはじけるラビットタンク・スパークリング!」
中間パワーアップフォームお披露目となった14話。炭酸飲料で変身するスパークリングフォームは正直微妙というか、

設定とシナリオのシリアスさ加減が本作の魅力なのに、変身アイテムをやたらネタ系にするのは正直やめてほしいとしか思えなくて不満たらたらです
ベタ褒めのはんぺらがビルドで唯一気に入らないのが、この変身モチーフの節操無さなので
「動物」と「兵器」までなら全然シリアスでカッコイイのに、家電とか漫画とか一体なんやねんと。最低限の法則性というか、シリアスの砦を守ってもらいたかったっていうね
というワケで前回9割確定していましたが、マスターがスタークであると本編で明らかにされた今週
「戦兎を仮面ライダーにしたのは、美空にボトルを浄化させるためだった」と種明かしし、戦兎と龍我、そして視聴者の怒りを一身に浴びるマスターでしたが・・・
間違いなく悪人ではないですねこの人は
このカミングアウトをしたのも、戦兎が「できるワケねえだろ」と涙ながらにマスターを恨むことなどできない意志を伝えてからだし
まるでマスターと戦えない戦兎に対し、戦う理由を与えてやっているように見えます
入院してからしばらくの間、美空はずっと意識不明だったワケだし、おそらくは愛娘を助けるために仕方なくファウストに何か対価を払ったというパターンでしょうな
最終的にはまた味方になって、戦兎を助けて死ぬ率100%だコレ。真相が明らかになるのは終盤かなぁ
それにしても朋友も突っ込んでますが、初登場時以来まったくいいところのないクローズには本当にガッカリさせられてなんともはやな気分
「俺が怒っているのは俺をハメた事じゃねえ!戦兎や美空を裏切った事だ!」
と熱い台詞とともにスタークに挑みかかったのに、一発でやられて変身解除はいくらなんでもあんまりすぎる。新フォームお披露目と噛ませ役にしてももう少しさぁ・・・
ビルドは謎解き系の描写は濃密でテンポよくて素晴らしいんだけど
相対的にバトル描写はなんかおざなりなのが残念
2号ライダーが速攻で噛ませ役に成り下がるのは平成ライダーの伝統ではありますが、だからこそこの作品ではそうならないように気をつけてほしかったなぁ
スタークとナイトローグの正体を知った戦兎は、次週いよいよ自分の真相に迫ることに
まぁ葛城母の玉子焼き食って泣いてたので、葛城本人なのは間違いないでしょうが
記憶を失っているのが計画通りなのか、イレギュラーなのかは未だ予想できないので、次週は考察面においてかなり大きな新要素となるのではないでしょうか。楽しみ

>ギヤ「スマン…」 怒られて凹むところといい、この一週で急にキャラ立てて
>まさかのカレクック、残虐超人モードにチェンジ。友情を投げ捨てていくその姿勢は吉と出るのか凶と出るのか……
それにしてもアリステラの筆頭としての悪のカリスマぶり。「そうだろうなぁギアマスター?」のコマの迫力には有無を言わさぬものがありました
やはりこういった芯がある悪というものはシリーズに一人はいると作品の株をそのまま引き上げてくれますね
>カレクック残虐モード全開! 何気に、最後まで正義超人になれなかった虐殺王と、
腐っても正義超人を名乗れる残虐超人の違いを見せたかったらそれを描けるのは今やカレクックだけ
ブロッケンマンもラーメンマンも、もう残虐超人としての試合を見せられないしね…死んでもいいってアリステラのお許しも出たことだし、ここは勝ってほしい!
でも正義がすんなり2連勝出来そうな空気じゃないことを考えると一抹の不安が
>ギヤマスターを煽るヘイルマン。しかし前回一番ギヤマスターを心配していたヘイルマン
>ギヤマスター、ヘイルマンの奴今はああやってお前をおちょくってるが、お前が便器に流されかけた時に一番うろたえてたのはあいつなんだぜ
>塩試合の挙句きちんとした実入りのある報告もできないギヤマスターにがっつりプレッシャーをかけるアリスさん
やはり彼らは単なる悪党の集団ではなく、種族の繁栄という大義のために行動を起こした精鋭というわけですね
彼らには彼らの責任と矜持があり、生半可な態度は許されないと
>「男 な ら 死 ね 」男塾魂大爆発のアリスニキ追加指令。しかしクソ力MAX発動イベントと、六鎗客を撃破してもOKというフラグが立ったも同然
俄然ウルフマンとカレクックの勝利が見えてきた気がします
>マリキータマン「アリスはツンデレ」(意訳)今週に入ってからようやくキャラの固まったマリキータマン
クールで洒落のわかる理論派って感じでえらくセリフ回しがかっこいいです。この一戦で負かしちゃうのはちょっともったいないかもなあ
>マリキータ「俺の空中殺法を喰らえ!」スカイマン「見ろ!俺の技だ!」カレクック「わかったわかった」
>その者、闇を照らせど下界を暖めることは叶わぬ真冬の太陽の如し。憤怒と悲しみに彩られた残虐超人カレクックの殺人技がリングに爆発する!
…恒例の暗黒面揺り戻しファイト。ウォーズマンやスカーフェイスを見てもわかるように、この手の展開は「そこそこ追い込むけど結局ダメ」というのが鉄板
あるいはカレクックはこの戦いで初めて真の友情パワーに目覚めるのかもしれませんね
>オメガマン達のもうひとつの目的は火事場のクソ力をコピーして自分達のものにすることだったと明言された感じですね
前シリーズでネメシスが本人の意思と関係なくあの力を使えるようになっていたあたり、オメガの民が自分達にも同じことをと求めるのは間違っていないわけですが、
オメガ兄がいきなり仲間に死ねなどといってその可能性をつぶしてしまったのがなんとも・・・
オメガ兄が一種のツンデレであると他の6槍客が理解しているようなのでワンチャンはあるかとも思えますがどうなるのでしょうか
なんだかんだいって今まで火事場のクソ力を危険視した相手は多かったですが、明確に自分のものにしようとした相手ってしいて言えば2世のクロエくらいなんですよね
>収穫のなかったギヤマスターさんの気まずそうな感じよ。そして怖い顔から物見遊山に来たんじゃねぇぞと
(決してナメプではなく、目的のために)追加オーダーを出したアリステラさん
マリキータとルナイトは「友情パワー」を引き出すために動かなきゃならんわけで、ただ倒すよりもハードル上がって正義側にちょっと有利か
>目的のために死ぬことすら厭うな、むしろ死ねといわれてそれでも文句が出ないあたり、
アリス兄さんが一族の党首として信頼されていて目的のためには死ぬことになっても恨みはないという事が見て取れますね
マジで地球征服が個人感情とかでなく一族の悲願であり、その目的を果たすためなら死んでも仕方なし、と。六鎗客側も信念パネェ
>ギアマスターの失態が連帯責任で他の二人に振りかかって普通に考えたら可哀そうだけど全員仲良しオーラが出ていて、
キツイ職場だけど楽しくやってるところに好感が持てる
>オメガの民の結束力は本物ですね…それだけに彼らが戻ろうとすることを現状止めなくてはいけないのが少し寂しくも思えます
>ウルフマンは初回登場時の真の筋肉達磨風の描写が忘れられない。あの怒りのウルフマンこそ真の姿なんじゃないかと思うんですよね
それ以降のウルフマンの身体は、なんとなく物足りない感じです。力士って巡業しなきゃいけないから連戦に備えて全力あまり出せないって聞いてますし、
ウルフマンも身体壊さない為に能力をセーブしてたって理屈が通ると思うんですよ
でも今は、身体を壊す恐れを抱く必要が無くなった、悲しくも最大のパワーを発揮するのに理想的なシチュエーションで死合をしていると思うんですよ
ウルフマンが自分の身体を顧みないフルパワーで相手を圧倒するシチュエーションを望みます
>ギヤマスターの申し訳ない姿がネットの定番画像に当てはまりすぎる
>「むしろ死ね!!」は今後テラフォレビューが再開した時に頻繁に使いそう
>登場初期はアリステラ以外全員雑魚と思っていた六槍客がどんどん魅力的なキャラになっていきますね
ベンキマンが倒されたのは残念ですが今週のギヤマスターが面白さのおかげで正義側のの敗北が帳消しになってしまったような気持ちです
残り二人も味のあるキャラなんでしょう。そろそろ正義側に勝ってもらわないと困るけれど、もっと六槍客のやり取りも見たいから複雑
>アリステラから醸し出されるインターハイ常連名門校のキャプテン感。ただでさえ格下の正義の5本槍の狙い目だった格上の慢心すら許さない徹底ぶり
テリー戦のジャスティスマンといいゆるまない強者がこんなに恐く魅力的なのが凄くいいですね
>目的のため部下に真正面から死ねと命じるアリステラ、その命令に動揺するのでも甘い見通しを抱くのでも無くただ死力を尽くさんとする六鎗客、
小悪党には持ち得ない苛烈な信頼関係は悪は悪でも大悪党と呼ぶに相応しい貫禄です。 ゆでは本当に話作り上手くなったよなあ
アリステラとか台詞だけ抜き出したら部下を使い潰すクズ発言でしか無いのに当のルナイトとマリキータマンの僅かな描写だけで
「違う、そうではないのだ」という事がはっきり伝わってくるのが凄い
>友情パワーを見て学ぶんじゃなく感染することを期待してるんでしょうか?ということは無量大数軍戦で判明した設定も既に知っていたことになりますが…
まあネメシスがそれ明かした時多分中継中だったし特別な考察材料じゃないかも
>「どんな些細な兆候でもいい。それもないのか?」と尋ねるパイレートマンが完全に無能社員をフォローする優しい先輩で笑
うざい同期のヘイルマンと強面上司のアリステラもそれっぽい
>予想しなかったというか出来なかったというか、アリステラの「むしろ死ね!」は正義側をギリギリにでも勝たせつつ
六槍角の格を下げないゆ先生の非常に面白い奇策だと感心しました
しかも六槍角の反応がそこまで言われてもいい感じに不敵なおかげでアリステラに対しても全然嫌悪感が沸かないっていうこの感じがたまりません
一歩間違えると小物か、逆に完璧超人始祖みたいに高潔過ぎるキャラになりそうなところ、絶妙なバランス感覚でのキャラ立てだと感心せざるを得ません
>友情パワーの発露を見てもギヤマスター本人さえ戸惑うほど何も感じることがなかったということですが、
仲間意識のある彼らが何も感じられなかったということですが、これはひょっとしてルーツの違いによるものでしょうか?
今まで友情パワーを出したのは正義超人、悪魔超人、はてはゴールドマンに至るまで、
元はカピラリア光線による大粛清をザ・マンや神々が「善き超人」と認め保護した超人たちの子孫(あるいは本人)です
一方、前シリーズで神々やザ・マンが意図せずにアンフォーギブンユグドラシルで生き残った超人も居ると語られており、
おそらくはそれがオメガの民のルーツなのだとすれば、友情パワーとは神々が粛清を考えるほど地上が荒れ果てたときにさえ
「善き超人」であったものたちが生き抜く過程で開眼したもので、異なるルーツを持つオメガの民は
光のない暗闇に生息する生物が視覚を持たないように友情パワーを感じる感覚そのものが備わっていないのかもしれません
>前シリーズが神シリーズだと思ったのに、新シリーズに入ってからもますます面白い。敵の、味方の、なんと素晴らしいことか(もう色んな意味で)
愚考しますに、前シリーズがキン肉マン世界においての“正義とはどこから来たかを紐解いた物語”だったのに対し、
今シリーズは“悪とはどこから生まれたのかを解き明かす物語”なのではないかと思います。ああ、更新一回一回がひたすら待ち遠しい
新キン肉マン 第227話
「アリステラの追加命令!」の巻

「収穫はあったか」というアリステラの問いに対し、「なかった」と答えることしかできないギヤマスター
問いかけの意味は当然
「あの力を自分のモノにできそうか?」という意味であり、彼等の目的の1つが友情パワーの会得である事が伺えます
サグラダ・ファミリアの地下に眠るマグネットパワーと、正義超人がその身に宿す未知なるパワー。彼等にとってそれはどちらか片方を得られれば良いというものではなく、
それを得るためならば、死ぬことすらも厭わないレベルの最優先目的であるらしい

故にアリステラの命令は「例のパワーを引き出す為に惨殺しろ」から「例のパワーを引き出す為なら死んでも構わん」にシフト
これよって絶対的無理ゲー感が漂っていたウルフマンとカレクックに勝ちの目が生まれてきました。相手に八百長されて勝つってのもなんかアレではありますがね
それにしても今週読者を釘付けにしたのは、アリステラの理不尽極まりない命令を受けたルナイトとマリキータマンの反応に尽きます
雑すぎる命令だと軽く憤慨しつつも、「現当主様の命令」として受け入れるルナイト
「相変わらず面白い物言いをする男だ」と、短絡的な台詞の裏に隠された彼の真意を推し量るマリキータ
両者ともに理不尽な命令に対する反発は一切なく、「アリステラの指示なら仕方ない」という対応なのが敵ながらなんともカッコイイ
生きるも死ぬも一蓮托生というかなんというか。北条早雲と五由緒家のような関係生
同時に、前回一番ギヤマスターを心配してたくせに今回は軽口で彼をイジるヘイルマンなど、フランクで微笑ましい横のつながりまでもが素晴らしい
「お前ら絶対友情パワーあるだろ!」っていうね
今回は友情パワーのキッカケすら掴めていない彼等ですが、もしこの仲間の中から誰か欠ける者が現れた時、残された者達にそのパワーが発現しても不思議じゃないかと
今シリーズはカナディアンマン達のような二流超人が主役となるシリーズかと思っていましたが、これは見方によっては六槍客を主役と捉えることもできそうね。本当に面白いわ




今月のテニス

>テニスを愛しすぎた故テニスの声が聞こえるようになった男……道具とかその競技の神の声が聞こえるってのはよくありますが
競技そのものから声が聞こえるってのは新しい

>今月のテニスの王子様ヤバイ!面白過ぎる!!こんなキャラを待っていたのかもしれない!!
>みんないろいろ邪推したのに結局前回の話は忍足メンバー入りの布石でしたよっていう普通の話でしたね
あと千石さん設定矛盾しすぎて酷いスケジュールw
>馬に乗ってる人にテニスボールぶつけようとするとか、本当におかしい。落馬したら色々と危ないだろ
>カミュ、結婚指輪しているけど奥さんという通りラケットと結婚しているんだな
>一回戦不戦勝って・・・確かにアラメノマは出落ちみたいな国だし展開早いのはいいんですが場外乱闘の襲撃で勝利ってそりゃないでしょう
そんならもう試合なんてしないで暗殺合戦やバトルロイヤルやった方が早くね?ってなりますし
>対戦相手を前日に闇討ちしても失格にならない世界大会があるらしい
>暫定決勝の相手のアメリカからラスボス候補のリョーガがいなくなりましたとかいったいどこに行くんだテニプリ世界編
こういう展開なら録にチームの面子すら描写されないアメリカより準決勝ドイツのボルグ・手塚らの方が遥かに締めに相応しいでしょに
>フランス勢、5人紹介ということはメタ的にはダブルス×2+シングルス×1でストレートで勝つのかまだまだタレントがいるのか
リョーマと金ちゃんに闇討ちされたアラメノマが不戦敗となり、戦わずして一回戦勝者となった日本マジ悪役
今回は他チームの視察ということで、二回戦で当たることになるフランスVSイングランドの試合を観戦する内容でしたが・・・
白馬に乗って会場に現れる
「フランスの王子様」

テニスを愛しすぎたゆえにテニスと結婚し、
「テニスの声が聞こえるようになった男」

「ニンジャ大好き日本オタク」

ショットを決める度にいちいちポーズを取る変態男、通称「パリコレ」
イケメンすぎるゆえにフランステニス界を追放されかけた男などなど

こと変人キャラの多い本作においても、過去類を見ないレベルのイロモノ率を誇るフランスが次戦の日本の相手に決定
これはなんというかス
トッパーを解除した許斐先生のはっちゃけワールドが見れそうで楽しみでなりません
既に今号の時点で、リョーマは王子と桜乃を巡って因縁勃発。真田はニンジャくんに師匠扱いされてるので、ニンジャVSサムライ対決で決まりっぽい
大曲先輩はキテレツを大層気に入ったらしく、次戦もダブルスで出るフラグを立ててたので、パリコレとイケメンの相手はこの曲者コンビということでしょうか
となると、フランス最強格っぽいカミュと戦うのは一体誰になるのか
古巣でありカミュとも友であるデューク先輩が本命候補ですが、まぁ負けるよなぁ
いやでもここで観客に妹のクロエちゃんが来てくれたりしたら案外勝つパターンもあるか。星の勝敗予想も楽しみよね。3タテはないだろうから負けるのは誰々か
とりあえずアレですね。桜乃にヒロインとして一世一代の見せ場がやってきたって感じなので、普段クールなリョーマには男を見せてもらいたいところ
「悪いけど・・・竜崎はお前のモノにはならないよ」
くらいの台詞をビシッと決めてもらいたいところですが・・・桜乃って読者の女子からめっちゃ嫌われてるらしいからな
許斐先生がファン心理を考慮して遠慮した場合、そんな直接的な展開はないかもしれんな。個人的には桜乃のヒロイン復権がどうなるかがフランス戦で一番気になるぜ


12月4日

昨日は艦これをやりながら気絶するように椅子寝発動
今週は夜勤の週なので、出勤前の午前中になんとか更新です。イイ歳をしたオッサンが何やってんだろう・・・
既に大量のキン肉マンコメントが届いてるのでまとめたいところですが、夜更新した先週と違ってこれから夜にかけてが更にドッサリ届く時間帯なので来週までステイですな
それにしても六槍客魅力的すぎる
前シリーズの完璧始祖が敵キャラとして完璧だったんで、正直初登場時の彼等にあまり期待してなかったんですが。こんなに見てて面白いキャラに育つとは思わなんだ

>艦これ冷めてるようですけどそのままフェードアウトするのも手ですよ。本当に好きだった作品ならそのうち戻りたくなります
本当はそんな好きじゃなくて惰性で続けてたり話題作りのためにやってた作品だったらすんなり辞められますし。一回離れてみればどうです?
>はんぺらさんの艦これイベに対するモチベーション、去年秋イベ時点の自分と全く同じです
期間迫って、いや迫らせて、追いつめられた状況にならないとモチベーション上がらなくなる状態です
自分は結局時間制限でラスダンに失敗、モチベ壊滅して半引退
それを「よかった、楽になれた」と思う自分が確実にそこにいたのが少し悲しかったですね
>「とりあえず艦これは後回しにして他ゲーやるか!」これ自分がちょうど一年ほど前にアイギス始めて艦これにログインすらしなくなった時の考えと全く一緒ですね
それまでは毎日ログインイベントはALL甲EOもE5まで毎月クリアしてて辞める直前のサンマ漁も任務報酬分まで走ってたのに冷めるのは本当に一瞬です
6年冬イベ中は「せめてALL丙でもクリアするか」→「丙なら最後の数日間でも余裕かな」→(ログインすらせず)「もういいや」となりました
ちなみに完全に身を引いたときの気持ちはドイルが克己に対して生まれて初めて敗北を受け入れた時の感想と全く同じでした
・・・・かけた時間や金額、何より愛着を思うと軽々に選べない選択肢とは深く理解していますが、もしそれを選んだ時心に去来するものは多分同じだと思います
>はんぺらさんの艦これモチベの低下が完全に過去の自分にダブって見えます
ずっと倍速実装要望送って諦めて引退した身からすると、第2期で倍速の実装がなかったら折れてしまいそう・
>はんぺら氏もとうとう艦これ陥落ですかね? 飽きたなら辞めた方が精神には良いです
ぼくは甲12ですが、甲取れなくても良い気持ちでやってます。自分が甲クリアできない時はみんなも無理だろうくらいに気軽に続けてます
最近はなんかクリアしなきゃいけないと思い込んで発狂している人が多くて苦笑してます。みんなマウント取りたいんだなあって
>先週のはんぺらさん:文句はクリアしてから言おう 今週のはんぺらさん:E-3攻略情報みただけうんざり(略)
ダブスタと言うか攻略しない言い訳するのがプロシュート兄貴的なイメージを持っていた私には非常にはんぺらさんらしくない気がしました
でも、疲れたのなら艦これ休んでもいいのよ。見てて辛い
>とりあえずE-3まで甲で終わっていざラスト、と思って調べたら目が滑る滑る
今までも大概めんどくさかったけどこれはもう運営バカなんじゃないかな…ってなりました 戦力的に行けてもモチベが全然沸いてこない
>無事E-4甲クリアしました。ドロップ艦も攻略中に落ちたので掘り無しでラッキーでした。難易度的には確かに中規模でしたね。作業感半端無いですけど
面倒なギミック解除は任務にしてくれと思いました。以前はたまにありましたよね
その方がストーリー性が出てギミック解除に意味を持たせられるから分かり易いと思うんですけどね
先発隊のwiki情報が攻略の前提ってのは、やはりイベントの作業化の一因かなと。札システムもスタートダッシュ阻害の要因ですけど
年4回だけのイベントなんだから、もっとシンプルな大盤振る舞い的お祭り騒ぎにして楽しませてほしいものです
>蝦夷大樋熊です。いつもお世話になっております。更新は、本当にお疲れ様です
最近また少し更新やゲームの進行について嘆かれていることが増えたように見られ、とても案じられます
寝落ちなども、何しろ休息としてもうとってしまったものであるわけですし、そのことで体は休まったとしても、
嘆いて脳が心を責めてはせっかくの休息の効果も減じてしまうのではないかと思われます
ここら辺は、10/2の更新の冒頭でありましたように、「良い意味で図太くなっていい」の精神で行きましょう
さて、そんなはんぺらさんにド長文の艦これ感想をお送りして大変申し訳ありません
今回実は自分も開始時はまるでモチベが上がらず(理由は後述)最初の土日は完全ノータッチというありさまでした
ただ、始めてからはそこそこノっていき、クリア後は思っていたより全然悪くないイベだったとの感想を持ちました
理由は、3つに絞りましたが、第一に油弾の消費見直しが大きかったです
E4はもうしょうがないとしてE1~3はこれまでとスタート→ボスまでの長さが同じぐらいなので、道中ボスともに艦娘がこれまでより全然動けるし相手を落とせるのですよね
結果無駄な撤退が減ってサクサク進む。ギミックでため込んだストレスをボスにぶつける構築になっているのかなと感じました
駆逐艦なんかは特にボス戦の当たれば戦艦でも一撃で吹き飛ぶよう攻撃を回避でいなして夜戦でまくるという本来のカタルシスを取り戻してくれたように思います
そもそもこのゲーム、よそでは何々型とひとくくりにされてしまうような末端の船でも名前とボイスと史実をもとにした絵やキャラ付けがされていて、
戦闘面ではどの船も等しく1枠とるので、ここは戦艦空母を押しのけてでも駆逐や潜水を入れる局面だなとプレーヤーに思わせないと面白くもなんともないんですよね
手駒の7割が死に体になっているゲームの何が面白いんだ、と。今回のイベはその面ではだいぶ良い方向を向いてたかなと思います
イベ後に警戒陣がなくなるのが実に惜しい
第二はラストの編成に割と自由が効く点です。これはモチベが上がらない理由-A になりますが、
連合艦隊なら5人足せてそこに裁量も生まれるのに、何で悲劇の作戦をそのままやろうとするんだというのが、開始前自分は気に入らなかったです
ふたを開けてみれば、戦艦6潜水1や西村艦隊で志摩ルートなんてのも出てきて面白いと思いました
もっとも自分は、今回は駆逐艦のゲームだなと感じたので、海峡を純正西村、ラストはそこから1人を嫁にスイッチとなりましたが(汗
あと第三として、スリガオ最後の演出はなんだかんだで感動しました。もちろん不満も多いです
無理やり1つに絞りましたが、警戒陣はこれほど重要ならイベ前に実装すべきだったと
任務達成の報酬としておけば決戦に備えての練習が実を結んだ感が出たでしょうし、
何より先制対潜の時みたいにそのあとのイベ開始アプデでも不具合が減ってすんなりいったことでしょう
過去の良かったことまで何で切り捨ててしまうのか理解に苦しみます。ただ、特に上の良い点第一は自分が艦これを選んで遊んでる理由にも関わることなので、
全体では今回のイベ自体にもいい印象を持ってます。はんぺらさんが今回のイベでどのような顛末となるか、正座待機してお待ちしております
なお、モチベが上がらない理由-Bですが、アイギスを始めたからです。確かに面白いですね。はんぺらさんや皆さんがハマるのもよくわかります(大滝汗
>なんとか今回も甲勲章を継続しましたが後編が今から怖いですねえ
やりたいことは理解できるのですが正直に言えば今回みたいな長いギミックはカンベンしてもらいたいところです。さて、400掘らなきゃ
>はんぺらさんこんにちは。最近は乙クリアしている呉鎮提督です。今回もE4だけ乙攻略で今日の朝にクリアしました
ギミック解除が果てしなくめんどくさかったのとボスまでの道のりが長い&海峡夜棲姫のラスダンで沼ったのでストレスが貯まりまくりでした
こんな状態だと後半戦の冬イベの事を考えると嫌になりますね。本当にいい加減戦闘早送りが欲しいと思いました・
>報酬がショボいのに、つい甲のギミックがスイスイ解除できてしまったもんでそのまま進んだら、
第二ゲージでアホみたいに沼って引くに引けなくなるというエライ目に会いましたが、無事甲でクリアできました
E4だけで一週間くらいかかったと思います。完全に社会人殺しですねこれ
>元・新任岩川提督です。はんぺら様、実はE3はそんな難しくありません。難所と言われる輸送も支援と基地航空を使えば割とすんなりクリアできます
メンドくさいのは事実ですが、運が欠片もない三流提督の私すらそうなので、装備練度共に最強クラスのはんぺら様なら余裕でしょう
あと前にも書きましたが、はんぺら様の場合手広げ過ぎですから、飽きたのから辞めていくのは当然というか自然だと思いますよ
自分なんか艦これしかしてないってくらいルーティンワークになってますから今更辞められませんが、
はんぺら様のようにゲームだけでもやり過ぎレベルで多すぎる方は一つか二つ減らして丁度いいと思います
ゲームは趣味であって義務感でやるものでは決してありませんから
>元・新任岩川提督です。はんぺら様いかがお過ごしでしょうか。E3E4はどんな具合でしょうか。私は……甲Z6で地獄の詰まり体験中ですorz
いやあどうして行けると思ったんでしょうね。E3ちょっと手こずった程度だから行けると判断したんでしょうかこの扶桑提督が
ちょっと挑戦したいなという悪乗りが地獄を招きました。反省。とりあえず資源は十分残ってるのであと一日二日くらい頑張ってダメだったら丙にする予定です
はんぺら神様のご加護を期待したいところですが、まあ分相応というものを忘れていた自分の自業自得なので、
丙落としも覚悟して続けてみます。はんぺら様もどうかご健闘を祈ります
>元・四月の新米提督です。E4乙ですがクリアしましたー。散々同じような感想は届いてると思いますがとにかくボス出現ギミックがスゲーめんどいですね
中でもZ6マスS勝利がラスダンよりかなり手こずったような感触です。ボスの戦力ゲージ削り&ラスダンは二本あることもありそれなりに苦労はしましたが、遊
撃部隊艦隊司令部のおかげで道中大破がそれほど致命的にならなかったのと警戒陣で夜戦マスがそれほど怖くなくなったのが救い
個人的には朝雲、山雲の装備に穴開けたり、応急修理女神買い漁ったりと、
課金で殴る戦術に出てしまい、艦これ始める前にハマってたソシャゲの感覚を久しぶりに思い出しましたw
ボス戦道中は夜戦の小鬼に備えて機銃積むかダメコン積むかの二択に迫られたりわりと戦術的な面白みがあったとは思いますが、それにたどり着くまでがとにかく長い!
今、艦これは「α」リリース前のスパロボシリーズのような状況にあるような気がしますね。「F」「F完」で感じた不満を見事に解消したスパロボαのような改革を期待します
>はんぺら先生、心中お察しします......自分は先月の第四木曜の夕方から攻略を初め、
先月29日に秋イベ最終面を突破し、本日12月3日のお昼前に伊400を迎えて幕を無事完走できました
攻略の結果としては甲甲甲丙となりましたが、兎に角ギミックの解除が面倒な印象がありましたね......
特にE3は甲作戦を選んだ事もあって基地航空隊の防空を何回も行い、3本目のゲージを割る頃には元の半分近くの量まで減ってしまいました
珍しくラスダンはストレートで攻略できたとはいえ、流石に防空棲姫の撃破と輸送には苦戦させられてしまいました
この惨状もあってか、ギミックの解除が過去最高に沼ると予想したE4はやむ無く丙で初め、突破までにおおよそ3日間を費やしました
(社会人なので、一日約2時間しか出来なかった)
それでもこんな自分がここまで戦えたのは、今年1月にスマホに買い換えたことが大きかったと思います。嗚呼、ネカフェで寝泊まりしていた頃が遠い昔のようだ
>はんぺらさんの余裕なんだこんなもの!がもう聞けなくなるのか。寂しいな
でもはんぺらさんが延々と艦これ叩くぐらいなら愛好家としては辛いしそれで正解な気もする。辞めるなら最後に多摩改二の仕様の予想だけお願いします
>艦これダメだと思ったら辞めた方がいい。ぐだぐだ愚痴って粘着してるのは老害。アイギスでヤシャシーン言い続けてるやつと同じ
>がんばれポール・アレン提督 おまえがナンバー1だ

イベント開始から二週間が経過しましたが、ここまで届いた甲クリア報告は僅かに4名
過去の高難度イベントを見ても類を見ない低さですが、おそらくその理由は難度ではなく、はんぺら同様「面倒臭くてやる気が起きねえ」が多数じゃないかと
とりあえずはんぺらは今週も土曜出勤でまとまったプレイ時間が取れず、日曜に半日かけて湧き上がってこないモチベーションを無理矢理絞り出しつつE3まではクリアしましたが、
E4の鬼門と呼ばれるZ6S勝利で10回跳ね返されたところで再びモチベ消沈なう
あと一週間で残りギミック全部解除してボスゲージ2本撃破・・・はたして今の俺にできるのか
勿論できる戦力は持っているという自負はありますが、それでも尚「もうこのゲームやりたくねえ」という思いが勝ってしまってる状態なので正直難しいかもしれん・・・
「運営のやりたいイベント」「俺が望むイベント」の乖離が今回のイベントでもって決定的になってしまったのが効いたかなー
最初は意気投合してバンドを組んだのに、長くやってるうちに互いに不満が出てきて「音楽性の違い」を理由に解散するミュージシャンみたいなモンですわ
ま、どう言い訳したところで
理由は完全に俺のモチベの問題なんで、運営を罵る資格は1ミリもないですね
今はただただ
「4年間続けたゲームがこんなに一瞬で冷めるものか」という驚きに自分自身戸惑ってる感じです。ケッコン艦なんか30隻以上も居るヘビーユーザーだったのに
「愚痴を言い続けながら粘着してるのはただの老害」という朋友の言葉はまったく正論なんで、もうはんぺらは艦これ辞めるべきなんだろうなと自分でも自覚はしていますが
おそらくからくり屋敷在住提督のほとんどは、
はんぺらの記事を見て艦これを始めた朋友のハズ

皆にとっては伝道師である自分が、待望だった二期への移行を待たずしてこのゲームからフェードアウトしてしまうというのは、なんというかある種の後ろめたさを感じるところ
とりあえず期間はまだ一週間あるんで挑戦は続けます。で、クリアできなかったら引退かなぁ
でも本当に惰性だけで自分の意志が伴ってないから、おそらく結果はついてこないだろうね・・・うーん・・・

>結晶が溢れる場合はそもそも買えないですぜ。安心!
>アイギスの結晶は299個を超える場合、299個以上もてませんって言われて購入画面まで行けないですね
実はうちも現在所持250近くて買えないのですけど、次の黒呪術師はかなり期待できる気がする(予想)のでそれにぶっぱして減らして購入する予定です
>朝起きてガチャしたらシルセス、虹水晶の召喚でイングリッドとディーナ、もう一回ガチャしたらモルテナが出ましたよ。やっぱりアイギス様マジ女神
>御茶っ葉です。ビショップの第2覚醒がどちらも有能過ぎてエターにゃんをどちらにするか悩みどころです。そしてスフィンクスが色々遊べて面白い
「ウェーブがいつ終わるのか」の視覚的な目安が欲しいところではありますが、それを考慮しても遊び甲斐のあるコンテンツではないでしょうか
>4周年記念パックでマキナゲットだぜ この子ずっと欲しかったんでゲス… 可愛い
イリスもアイシャもラピスもおりゃんけど欲しかったんだからちかたないよね ちなみにこないだの追加黒チケは麻宮魔神にしますた
そう思えば欲しいのしか取ってないなー

>はんぺらさんこんにちは。ケラ神器王子が強すぎて笑いが止まりません LV33王子が鎧もガゴも溶かして行く様はまさに戦略兵器って感じですわ
レベル33ケラ王子だと・・・と思ったらそうか、新人王子でも☆1クリアできれば取れるのか
アイギスの神器よりも早く入手する事になるのね。黒チケ2枚と合わせて、序盤から黒ユニ3体いるような環境・・・俺が始めた時期もだいぶ恵まれてたが、今の王子達はその比じゃないな


というワケで謎の独鈷杵ファンネルの正体はケラノウスの神器でした
見た目からして魔法剣士のような近接遠距離型で、敵3体くらいにマルチロックするような性能を予想していましたが。通常時はプリンセスと同じく1ブロ魔法攻撃、
スキル時のみ
ヤケクソ気味な長射程で5体同時マルチロックをかますという、所謂ボム的な使い方をする切り札ユニット
麻痺のデメリットはアイギスの神器と変わりませんが、乱戦での殲滅性能は魔法系の黒ユニと比較してもトップクラスなのでこれから頻繁に世話になると思われます
エターナーは見た目ならパトリアークだけど、性能では絶対フィロソフィーだよね・・・ヒバリもだが望むユニット性能とイラストの好みが噛み合わなくて迷う・・・っていうか
来週ドルイドの第二覚醒てコノヤロー運営!ダークナイトとドラゴンシャーマンまだかよ!
先月フィオレを引いたばかりのはんぺらとしてはこれ以上ないタイミングでありがたいんですけどね・・・先行公開してたキャラはある程度順番守って入れてもらいたいよね
そして艦これ秋イベと重なってるせいで、スフィンクスはまだ初級も手を付けてません
ま、魔神と同じで報酬が育成素材なのはアイギス運営の上手さですね。クリアできるユーザーとできないユーザーに戦力格差が生まれない仕様は本当に助かるぜ

>インサガは公式リセマラで聖王(槍)が2枚ダブったから始めてみたんですが、育成がよくわからなくてそのまま放置しております
色々なゲームに手出すと脳味噌追いつかなくなりますな

マジか。スタート時点で天帝聖王持ちというのは凄いアドバンテージだから勿体無いな
インサガは戦闘40回をこなすとレベル最大になってしまうので、40回の間にどれだけステータスUPできるかというランダム要素の強いブリードがキモのゲームだ
なのでお気に入りのキャラに関しては
ステータスUP率上昇アイテム、ステータスリセットアイテムなどを駆使して
納得のいくステに仕上がるまで何回でも育成をやり直すことになる。やり込みプレイの性を持ってるゲーマーにとっては楽しくもあり、反面修羅の道でもあると言えるね
線グラフが天井に届くまで伸びれば育成大成功という事

はんぺらの手持ちで最も育ったのがミンサガシフだが。見た目が・・・うんまぁ・・・
先週の朋友が言っていたように、お気に入りのキャラを覚醒させられれば俄然モチベーションが湧くゲームなので気が向いたら是非に手を出してみておくれ

>指輪!とか言われても、ダルマになった時点で見当たらないんですが、どこにあるんだろ。パンツの中にでも入れてるのかな
>貴未「悪いのは人間だよ」悪いのは嘉納に与したお前さんもだね。まさか解説だけで許されるのかコレ
>指輪を金属探知機で探すのか? 地下で食われた捜査員のアクセサリーとかベルトのバックルとか色々体内にありそうだけど大丈夫なのかな
>喰種は悪くない、人間がみんな悪いってのはやはり筋が通らない話なんだけど、
それ以前に貴未にはもっとストレートに先輩への愛を謳って欲しかった。あれって結局は作者の言い訳でしかないでしょう
解説者にされて折り紙ネタやらされてる時点でもう察せられるけど、誰も彼もキャラが作者の傀儡に成り果ててるのが酷いと思う
>キミさん詭弁すぎる。まあ、嘉納の計画を軸に踊らされた金木の成れの果てがああだから、人間の問題っちゃそうだが
まあ、この娘は無印時代からわりかしクズよりではあるんで、嘉納の助手ってことは?を忘れてる人はいまいが
>ニシキセンパイがRe序盤でトルソー探してたアンサーが来ましたね。貴未さんが喰種の研究にアオギリ入りしていて、それを探していたとは
……意思疎通、大事。それはさておき、Rc細胞と目の関係とかかつての怪物の正体とか判明したりいよいよ物語の〆が近いと感じられますね
>未読なので確認できないのですが、どうやら今回の喰種に小説のキャラが登場したみたいですね。…………テラフォ、ネコミミ…………うっ、頭が
>読者には黒塗りでトーカが絶句するほどのヒデの鼻から下の現状が気になる
鉢川さんでさえ見せられたのに開示されないとか相当カネキに喰われたんでしょうか。あと黒塗りのせいもあってヒデが凄く怪しく見えて困る
>範だぜ、今週は色々再会があってよかった。錦先輩はトルソー初期に追ってた経緯矛盾はしてますが、彼女と会えてよかったよ
ヒデはマスク外したが青年誌でもマズイ描写だから影にしているのか?気になる
トーカは惚れた経緯しか言わず、特にリアクションないことから顎がないと思ってもいいのか
指輪がキーアイテムであるが、金属探知機を使うと言う方法なのかな
>政が言うには吉時さん殺害の真犯人はVだったことが判明で納得、
戦闘向きとは言えない丸手さんには吉時さん殺害は困難と思ってたし何より腹に刺さってた謎の赫子かクインケか分からない物体もかなり気になってました
そんなⅤが避難誘導してる喰種どころか人間まで襲うという凶行に走るという事態
武臣復活で被害は出なかったもののⅤが誰の指示で動いているのか気になる所です
旧多はもう龍に喰われて目的果たしたし残ってる綺麗な旧多が支持するとは考えられません
Ⅴのバックに誰がついてるのか、今後の展開に影響しそうな予感がします

前局長・和修吉時を殺したのは亜門でも丸手さんでもなく、Vだった事が明らかになった今週

そのVは今回、協力して交通整理を行う喰種と捜査官に対し、敵味方の分別なく無差別攻撃
竜の誕生に関しては嘉納と旧多の独断にすぎず、Vには秘密にしていたものとばかり思っていましたが
この東京危機を救うために奔走する人々を敵と見なして襲うという事は、彼等にとっても竜の出現は好ましい事態という事でしょうか?これはちょっと意外かも

未だVと旧多は結託している状態なのか、それとも旧多が彼等から離反した状態なのか
どちらの状態にあるかによって考察も180度変わってくると思いますが・・・あの憑き物が落ちたかのような旧多の描写からすると後者の可能性が濃厚か
既に自身が喰種であることは瓜江にも打ち明け、自嘲気味に笑う政が良い雰囲気出して好き

めっちゃ嫌な奴→おもろいホモ→頼もしい味方として帰還
というプロセスを経て完全に善玉に転じたこの男
なんとか最後まで生き残って、人間と喰種の架け橋の一役を担ってもらいたいところですが・・・瓜江かばって死ぬまでがテンプレかなぁ
それにしてもヒデの顔の疵はどんだけ放送禁止レベルなのか
投身自殺した死体を主食としてきたトーカですから、損壊の酷い人間の死体なんぞ飽きるほど見てきたハズ。その彼女がドン引きするくらいだから相当ですよ
元に戻ったカネキと相対する時、黒塗り部分がちゃんと描かれるのかどうかが気になるところです
貴未の言葉は物語の最終局面における名台詞として紡がれたワケですが、
確かに詭弁感バリバリなのは否めません
カネキ竜化までなんの前フリもなく、竜化してからは怒涛の展開すぎるこの構成では無理もありませんが。構成がもう少し練られてたらちゃんと名台詞に聞こえたんだろうなぁ

>ゴールデンカムイはそれぞれの目的は変わらず同行者が変わっていくのが面白いですね
やはり尾形とキロランケは繋がっていたことが明らかになった今週
しかしながら躊躇なく杉元を撃った尾形に対し「杉元まで撃つ必要はなかったんじゃないか?」と言ったり、
インカラマッの件も揉み合いの末に刺さってしまった事故であり、明確な殺意はなかったことが伺えるキロランケ
尾形と違ってこちらはまだ懐柔の余地があるというか、土壇場でアシリパを助けるために行動したりといった情も残ってそうな気がします

でも案外アシリパを助けるとか尾形もやりそうよね。「チタタプ」って言ったし
そしてアシリパを奪還するために樺太へ向かう杉元と谷垣。捕虜という立場なので当然第7師団と団体行動ですが、同行するのがこの2人なのが面白い

まさに朋友コメントの感想通り。はんぺらも杉元パーティーが土方歳三パーティーと合流した時に同じことを思いましたが
黄金を求めるライバルである敵味方が、状況に応じてシャッフルされていくこの新鮮さ
同じキャラにばかりスポットが当たるマンネリを防ぐと同時に敵も魅力的でないと成り立たない手法なので、そこが本作の実力かと
味方になった月島と鯉登が杉元とどんな会話をするのか今から楽しみです

>石上の件は解決済みで当人だけトラウマであんな風に見えてるだけなんじゃないかなあ、という気がします
かぐやが役員の身上調査とかしてないとも思えませんし
>会長の「うるせーばーか」で、先週はんぺらさんが感じた違和感も吹っ飛ぶカタルシスを得られたのではないですか?
花火編の「了解!」を超える名シーンだと思います
>かぐや様神展開すぎる…!正直先週の石上鬱展開はどう転んでも面白くならない(なったとしてもこの漫画の雰囲気にそぐわない)と思っていました
大友さんや周囲が真実に気づいて石上に罪悪感を抱くのも荻野が断罪されるのもうんざりな展開なると
それが生徒会メンバーの、何より会長の優しさ・かっこよさ、そして最後の「うるせぇバーカ」。読んでいる側も救われました。神漫画です
そして会長…これはかぐやさまも惚れるわけですわ
>会長に「よく頑張った」と頭を撫でられる石上と一緒に僕もコンビニで泣きました。
それにしても、会長だけでなくかぐやさん・藤原さん・ミコちゃんも石上が生徒会に入る前から味方になっていたとは驚き
先週と先々週は鬱展開でしたが、今週の最後の1コマでいつもの石上君の顔に戻っていて本当によかった
>白銀会長ホントかっこいい。空回りして、味方が居ないと思ってた石上にとって、良く頑張った、お前は間違ってないって言葉は何よりも嬉しかったでしょうね
石上が男で良かったなあ、かぐや様。女の子だったら絶対トゥンクしてますよ。京子ちゃんも普通レベルの嫌いで済んでるっぽいのは何より
荻野がやらかしてた事は本人は知らず…まあそれでいいんでしょうね
だからこそ石上が我慢してた訳で。しかし荻野本人に分かりやすい裁きが下ってないのは、個人的にはまだもんにょりするところ
もう一話あるっぽいんでそこで何かあるかなあ
>天才って意味ならかぐやの方が当てはまるだろうけど上に立つ器としては圧倒的に会長が上だなあ
>んんん・・・?なんというか今週のかぐや様はちょい肩透かしだったなぁ。先週あれだけ重かったのはなんだったの的な
>事態をとんでもなく大事に考えてたのは石上(と読者)だけっぽいと言うか
大友さんは「変なクラスメイトが彼氏殴ったら気まずくなって彼氏に振られた」程度にしか思ってない?
転校したのも今回の件とは特に関係なさげだし、最後のページでは精々「普通にムカついてる」程度の印象しかないし
頭を冷やして、瞳を開けて、しっかりと周囲を見ればこの程度の事だったんだよー、
カッカした頭と閉じた瞳じゃ見えるもんも見えなくなるよー、ってのが今回の教訓でしょうか
あ、ケチは付けましたが、ミコが抗議して校長が拾う→かぐや様が気にする→藤原書記が調査する→
会長が推論して石上を引っ張り上げる、の連携やサブタイトルのセンスは実によかったと思います
>今週のかぐや様、うるせえバーカで多少はスッキリしましたけど、今までの鬱憤を一気に晴らす程ではなかったです
白銀達のおかげで石上の心は救われたかもしれないけど、周囲に石上の評判が回復するような訴えはしないの?と
大友を傷付ける結果になるのは石上が望まないし、混院の会長は微妙な立場でもあり、難しいのは分かりますけど
ヘタに使うとかぐやのイメージを落としかねない「四宮家の力」というワイルドカードはこういうときにこそ使ってほしかった

コメント1番上は先週の時点で届いてた考察。朋友予想お見事正解でした
というワケでこの胸糞悪い事件を白銀達がどう解決してくれるのかなーと思ったら、既に1年前に解決済みだったという内容だった今週



白銀に救ってもらったことを再認識した石上は、もう周囲の声も気にならずにいつも通りに復活する・・・という綺麗な内容でしたが・・・うーん・・・
正直はんぺらとしては物足りない顛末でした。悪くはないんだけどもなー
クズには相応の報いを受けてほしかったし、
石上の真実は全校生徒の知るところとなってほしかった
というのが読者として最も納得がいく顛末なワケで。「真実を知ってる人がいればいい」は綺麗な締めではあるけど、カタルシスと言うには程遠いよね
それと
「やり方は確かにマズかったけど、結果として自分は大友京子を救った」という事を石上が1年前からわかっていたのなら、先週の狼狽ぶりが違和感
もちろん実際に本人を前にしたことで、当時の惨めな気持ちとか、後悔とか罪悪感とかがフラッシュバックしてパニクったってのは理解できるんだけども
トータル的に見てあまり完成度の高いエピソードには思えなかったというのがはんぺらの感想
比較対象として「花火の音は聞こえない」を持ち出してしまったので、それでハードルが上がってしまったってのはありますけどね
まぁでも白銀もかぐやもカッコ良かったです。まさに人の上に立つカリスマ。これは石上じゃなくても忠誠を誓うわ

>ブンゴの「米村に迷惑をかけるかもしれない」という謎の述懐。これ、鮎川兄ですら捕球できなかった直球の進化形を投げ込むということでしょうかね
ぶっちゃけAチームなら1点でも十分な場面でランナーが二人も出てるわけですが、野田にとって屈辱のトリプルプレーでチェンジという前ふりにも取れます
というか、現状Bチームでよくやった止まりで、とてもエースの実力を証明できてるようには思えないんですよね
>ブンゴ「フフ・・・なんて面だい米村・・・心配するな・・・俺はまだ使用っちゃいない!俺だけが掴んだ俺だけのマッハ!」

ブンゴちょっと打たれすぎだよね。確かに要所要所で抑えてるし、次号は封印を解いたド真ん中のストレートで野田を切って取るんだろうなというのが容易に想像できるんだけども
そもそも走者出しすぎなので、正直読者としてはあんまり凄いピッチャーに見えないという弊害が
まぁ野球という土俵で勝負してる以上、投手のピンチの演出としてはランナーを背負うしかないのである意味仕方がないとは言えるんですが。もう少し魅せ方考えて欲しいよね・・・

>今月の一八先生はスプリガン。皆川演出全部ぶち込んできましたね
今週の一八先生はスプリガンの優VS朧パロディ

相変わらず皆川先生本人が描いてるんじゃなかろうかと見紛うハイクオリティの模写技術ですが、はんぺら個人的にはそこよりも
「そう言えば序盤のほうでジャン・ジャックモンドのパロディキャラ出てたよな」と、過去ちょっと出しただけの小ネタを上手く繋げてきたあたりに驚いてしまった今回
一度ネタにした作品はもう出てこないものとばかり思ってましたが、今回のような前例があるとそうとも言い切れないのか。
板垣系はまた見たいな

>今週は、ビルドとクローズ左右対処のポーズでのダブル変身に、とうとう言及されたマスター=スターク
今週も良かったですが、来週は中間フォーム?の登場にマスターの謎のセリフ。楽しみが止まりません
>当初の予想通りスタークの正体はマスターでしたね・・・しかし鍋島をちゃんと殺しておかなかったあたりツメが甘いというかなんというか
まだスタークの目的(フルボトルを20本浄化させて何がしたいのか)がはっきりしていませんが、目的次第ではそもそもバレても特に問題ないのとか理由があるんでしょうかね?
それにしても少し違和感のある過去話(何故か自分も変身できない設定のビルドのベルトで戦兎が変身できることを知っていたかのような言い回し、
事前に変身の練習をさせずにスマッシュと戦わせる等)でマスターを露骨に怪しませておいて、同じ回にネタバレとは相変わらずサクサクで見てて面白いです
来週は強化フォームの登場&スタークとの決着のようですが、マスターの目的についてここで語られるかどうかで、
スターク完全退場か終盤再登場か分かれる感じでしょうか。今から楽しみです
ただパスワード変更ぐらいフツーやるだろ、とか今回も細かいツッコミどころはありましたが…
新人育成も兼ねてるのかエグゼイドもそういうのは多かったですが、作風の関係でより気になるんだよなあ…キャラをバカみたいに描かないで欲しい
>やはりマスターはスタークでしたね……顔を変えていたとしても「この人物」がスタークであるのは確定
そして戦兎くんはヒーローを演じていた……って、ウルトラマンジードでもやってましたねこれ
>平成ライダーのおやっさん枠では過去最強にして最凶の人物じゃなかろうか、石動さん。美空ちゃんこの後どうするのさ
>ライダーシステムは成長できるのに対しトランスチームシステムは成長しない。これはブラスタとナイトロをインフレに置いていくいい口実ですね
>せっかく北都の実権握ったのにスポンサーに切られ同僚からは下に置かれ……げんとくんの明日はどっちだ
>まずははんぺらさんと盟友のスターク=マスター説的中おめでとうございます。なっちゃったかー・・・
いや、オーズのバースで伊達さん登場みたく難波重工の誰か新キャラなんてワンちゃんありかなとも期待していたが
どうするのだろうマスターの殺人他罪状の数々、事態の収拾にパンドラボックス抱えて太陽にでも飛び込むとか
>確かに美空をファウストから救出するのにスタークならば実力は十分だし難波重工繋がりでアジトもモロバレ、手のうちならば襲撃されないわな
ボトル浄化に軍事ライダー候補者に開発できる天才と、知っていたら組織の総力つぎ込もうが手に入れたい人材ばかりだもの
>スタークの正体、わかりきってはいたけど前半のフリがあったからこそ力と居場所をくれた恩人がっていうのは辛いなぁ
「正義のヒーローを演じていたに過ぎない」っていうのもそんな人間でありたいと思う戦兎に刺さる
>今回の描写で美空は何となくマスターの正体を察していたようだった、予告で俺の知っている石動惣一は死んだってこれでマスターまさか退場?
開き直ってスーツでも着こんだ悪の幹部デビューか悲しき実情を暴露か、悪役が他ローグだけになった今新敵幹部登場のかませになるのか
ちょうどクールの変わり目で今後の展開が全く予想できない
>滝川ナイトローグです。ブラッドスタークの正体は捻り無しでマスターでしたね・・・次回予告を見終わった後ふとあるキャラが思い浮かびました
スーパーロボット大戦シリーズのオリジナルキャラ【ビアン・ゾルダーク】です。マスターの立ち位置は彼と同じではないかと
火星でマスターが最初にパンドラボックスを見付けた時に彼は気付いてしまったのではないかと・・・
【パンドラボックスの悲劇】を始めとし、ファウストのブラッドスタークとしての一連の行動(北都での現地の子供をスマッシュ化や東都の警備員殺害等)も
スパロボOG等でのビアン総帥の作中の行動の理由と同じではないかと
>今週のビルド、視聴者にとっては予想通りの、そして戦兎にとっては予想外れ「であってほしかった」という印象が心に染みる悲しい回でしたね
次週は悲劇の対決&ビルド第一強化フォーム登場という衝撃的展開で二倍重ねで楽めそう
>来週は劇場版公開&強化フォーム登場と枚挙に暇がありませんな。財団Xも映画で久々に登場するし、
難波重工のスポンサーが財団とかだったら本当の意味で面白いんですが・・・てかそろそろ財団Xとはケリをつけてもらいたいところ
終盤のビルドでダブル出たらマジGJって思いますわ
>ブラスタの正体漏らし、随分長いこと待たして貰いましたが、その分戦兎の心情が痛く伝わってしまいました
ある日の雨に打ちひしがれる中、路地裏で自分の事を拾ってくれて名前まで与えてくれた「父親」が外道だったなんて到底信じられないのも当たり前ですな
>スタークはマスター、まあ盤石の既定路線でしたが、それならもう少しここまでの間にマスターの存在感を出してほしかったな~…
視聴者目線で見るとマスターよりもむしろスタークのほうが愛着も馴染みも深いキャラとなってしまっていて、
マスターは単に「毎回挙動の面白い出番の少ないおじさん」でしかなかったのが残念
>今週のビルド、スタークの正体が本編で明かされましたが、個人的にはちょっと展開に納得がいかないですねぇ…
あれだけ謎にしといて第三者の口からストレートに明かされるってのがなぁ(視聴者的には「でしょうね」って感じですが)
まぁ正体がバレたら本当に困るようなら鍋島さんを事前に始末してる気もするので、バレるのも想定の内だったのかなーとも思います
ビルドは考察が面白すぎて何かと裏読みしてしまいますね

やはりマスターだったスタークの正体
正確に言えば「アンタなのか!答えろ!」という問いに応えず逃走したので、まだ今週時点で確定はしてないんですがね
でも次回予告で
「お前はヒーローを演じてただけなんだよ」というマスターの台詞があったので、普通にマスターがスタークであることは間違いないハズです
で、
今後のメイン考察としてはやはりマスターの動機が何なのかというのが焦点

スカイウォールの悲劇を起こした元凶にして、ヒロイン美空の父親である石動惣一
彼が本当にただの悪党なのかと考えた時、「それは違うんじゃないか」というのはおそらく視聴者全員が感じてる直感じゃないでしょうか
何か深い理由があって、自分を偽りながら悪に身を置いてるのがしっくり来ます
以前も考察した、白の魔法使いのように愛する娘を助ける為という理由も十分に考えられるし、
またスカイウォールの悲劇を起こしてしまった張本人ですから、
罪悪感と責任感でそれを何とかしようとしてる
というような動機も有り得ます。まぁもっともそれで警備員を殺害してしまうようでは本末転倒なんで、そんな単純な理由ではないと思いますけどね
少なくとも
記憶を無くした戦兎の支えとなった彼は、演技ではない本物の彼だったと思いたい



戻る