1/11
地獄極楽温泉編「覗き編」完成
6/5
第19話「可能性のケモノ」完成
5/28
小十朗伝第5回「代打ち~引退~」
7/27
真美

3月27
ギャラリー更新
達人のはんぺら宅
襲撃オフレポ2010

5/8 その6公開(完結)
挑め地獄のタイトロープ!

参加したい命知らずはチャットへ
11/28最新シナリオ
剣王推参配布


8月14日

>あらら?今日も更新が・・・はんぺらさんもお盆休みですしね。ゆっくり休んでください
>アナザー甲子園、絶対許さねぇ!! な関西朋友です。今週のジオウどうなったやら
>今年も甲子園で放送延期なので、ジオウネタバレレビューはケツでおねがいしますm(_ _)m

スマン、盆休みなのでゆっくり休みました(挨拶)
世間では9連休という会社も多いようですが、はんぺらは明日から仕事ですわ。ちなみにカレンダーでは5連休だったけど土曜は休日出勤だったよ!まぁ4日休めただけで御の字よ
関西圏は甲子園でニチアサが潰れる時期に入ったので、ネタバレを見たくないという朋友の要望に応え
ジオウレビューは最後尾に置きますね

>クリパ終わったし当分石ミコお預けかぁって思ってたらいきなり強烈な石ミコで殴りつけられてビビる
>石上イケメンすぎミコちゃん赤面可愛すぎだろ!!!
>ミコちゃんの今までの石上への辛辣な態度ってやっぱ無自覚な好きの裏返しだったんすねぇ
酒の時にようやく自分の本音を少し言語化できたのかも
>ミコちゃん、恋だよそれは
>ミコちゃんこれ付き合ったら石上に抱きしめられながらじゃないと寝られない子になりそうな……アリだな!
>大仏ちゃんが懸念してるミコちゃんの「気付き」は心の拠り所であるステラの花の人が石上だと気づいてしまうと言うことでしょうか?
>今週のかぐや様「伊井野ミコは愛せない」ってサブタイだけど、ミコちゃんが愛せないのは自分自身なんじゃないかと
今週散々ギャグでやってた承認欲求の強さは自己評価の低さの裏返しだし、親の愛も受けづらい環境だったみたいだし、
今週唐突に出てきた大仏さんの美女設定も「大仏ちゃんと違って私は可愛くないから愛されるわけない」って展開の前フリなんじゃないかと
>大仏さんの「気づいちゃう」ってのは素直に考えれば石上への気持ちにミコちゃんが気づくってことなんでしょうけど
大仏さんの恋愛に対する姿勢を見る限り石上には既に想い人がいて成就する可能性が低い、
初恋は大体実らないがミコちゃんの場合気を許した相手には依存する傾向があるからその反動も大きいと見たことなのか
ただ、もしかしたら大仏さんは石上=ステラの人と知っていたのかもしれませんね
>小野寺さんの理解は出来ずとも理解しようとメモったりその姿勢がすごくいい・・・
>上級石ミコ民の小野寺さんめっちゃ好き
>アイドルミコちゃんの見守り方の方針の違いで揉める古参ヲタ大仏と新参小野寺
>普段はキチンとしているのに、人を好きになったらダメになる人っていますよね。大仏さんの危惧はそれかな
ミコちゃんは人を好きになったらトコトンダメ人間になりそう
>ミコちゃんって結構なオタクだし学校の話題に全然ついていけてないしやっぱ石上と似たもの同士なんだな
>ギャグ描写だけど励ましCDとかぬいぐるみに執着とかミコちゃんの愛情不足っぷりが半端無い
恩とか同情だけでなくいつか石上から矢印向いて愛されて欲しいなぁ
>かぐや様、ミコが石上を意識しそうなフラグが立ちましたが、石上がミコを意識するようなフラグがかけらも見えてこないのがなんとも
結局石上がミコにやったことって、実のところ相手が男でも境遇が同じなら大きく違いはなかったんじゃないような気がしますし
つばめ先輩と上手くいかなかったからじゃあミコ二ってもあまり石上っぽくないきがします
>石上はかぐや様で特に好きなキャラなので石上の幸せ……特に現状は石上の恋の成就を願ってはいるんですが
やっぱり石上が無意識に一番大切に思ってるのはミコちゃんな感じもしてきますね
危なっかしいとか、助けて貰った恩義とかを踏まえた上でも、どうにもミコちゃんばかりをよく見てて気にしたり特別扱いしてるように見えるというか
台詞の節々を見てもミコちゃんに対してはいつも以上に自然体になってる気がします
一度好意的になったらお互いにやられたらやりかえすループで成長しあい支えあえそうなので、
仮にミコちゃん√に行ったとしてもそれはそれでより大きな幸せを最終的には掴めそうな感じがしてきました
>「ミコ離れしないといけないといって男と付き合う」「見る人が見ればすぐわかるほどの美少女でありながら地味な姿で異性避け」
「ミコが恋心に目覚めるのを恐れている」大仏さんって実はノーマルになろうとしているけどミコちゃんラブを捨てられないでいる百合乙女なのでは?
>つばめ先輩と前の彼氏……なんか嫌な予感がするのは気のせいか?
大友事件を思い出すというか、また荻野みたいな作品クラッシャーのガチクズが出てくるのは勘弁してくれよ
>はんぺらは今の石上→ミコの優しさはクリパでのつばめ→石上の優しさと同じで同情によるものだと評してたし、自分もそんな感じで見てたが
今週見るとつばめ先輩は臆病なだけで、石上に対して同情以上の気持ちをクリパから既に持ち始めてたのかもしれんな
そして石上の方もミコちゃんに対してただの同情だけで優しくしてるようには見えなくなってきた
つばめ先輩を好きなのを考慮しても、それでもやっぱりミコちゃんを物凄く特別に見ている感じがする
>大仏さん選挙ではミコちゃんよりも陰キャで石上側だと思ってたのにカースト最強疑惑まであるでこりゃ
>こばちゃんってやっぱ眼鏡外して前髪下ろしたらメインヒロイン感半端無いビジュアルなんだろうな
>あっそって言いながらひたすら俯いて赤面とはなんという王道ヒロイン
>小野寺さん、ミコちゃんの闇落ちを諌める役どころかむしろ石ミコをくっつける為の後押しでパシらせ作戦をけしかけた方だったのか
マキちゃんや大仏さんは不安を感じているけど、どうなんだろう?個人的には小野寺さんも石上とミコちゃんの変化をよく見てきてるから、
勝手な暴走ではなく友達による提案なら良い方向に転がる可能性も出てきたと思ったんだが
>ミコちゃんが石上に惚れたらよくないって何でだ?
石上はつばめ先輩が好きだからミコちゃん振られて傷つく……にしても確定じゃないし
(作中人物からすると石上がマドンナのつばめ先輩落とすビジョンのが浮かばない筈)
親友なら振られる可能性高かったとしても恋が成立できるよう応援するよな?
石上とくっついた結果、石上に依存して自立から遠ざかるのが不味いと考えてたとしても、
石上側がミコちゃん好きになってくっつく保証は作中人物の間じゃやっぱり無いはずだし
その手の問題があったとしても親友なら指摘したり自立の手助けしてやればいいだけで恋愛感情自体を否定するのはどうもしっくり来ない
もしかしたら、そろそろ気づいちゃうってのは恋心に気づくという意味ではないのかもしれん
お互いに知らせないようにフォローしてる関係なので、もしかしたらその中に石上も知らないミコちゃんを曇らせる何かがあるのかも
>石上がなんだかんだ嫌そうな様子は微塵も無さそうで、ミコちゃんの事本気で大事にしてる気持ちも伝わってきてほっこり
>大仏さんもミコちゃん編の無理難題っぽくキーパーソンになってきたな
>こばちゃんのそろそろ気づいちゃうっていう言い方、そろそろって事は時間の問題だったと捉えてるって事ですよね
>昔からの親友の大仏さんがあえての石つば派に周り、今また新しく親友となってきている小野寺さんが石ミコ派に周りそうな予感
>ミコちゃんクマのぬいぐるみ好きなのか
そういえば氷かぐやさん、プレゼント選びの時石上に「お前クマのぬいぐるみとか送りそうで怖い」とか言ってたような……
>「よくない そろそろ気づいちゃう
これはミコちゃんの恋心についての言及にも見えますし、例のステラの正体が石上であるという事についての言及にも見えますね
このままでは危ういから成長を助ける、では無く危ういので恋する事自体をNG、とするのは親友がする思考としては若干ひっかかる物もありますし、
問題はまさかのステラバレの方?
てっきりフラグが進むとばかり思っていたイベントですが実は石ミコを曇らせる不安要素が含まれているのも有り得なくも無いですね
>伊井野さんが恋心に気づき始めるまでにリアルタイムで1~2年近くか?作中でも中学時代からずーっと犬猿の仲だったし長かったな
>石上の「俺が絶対守る」イケメンだと思うけどこれ自分で気づいてないだけでミコちゃん→石上並に石上→ミコちゃんも特別視してるんじゃ?
氷かぐやに止める宣言した時よりも更に特別感あるというか……
いくら階段で助けて貰ったからって普段険悪で全く意識してない相手に陰キャがこういう事真正面から言えるのかな
クリパでも香水とかしっかり気にしてたし、何かつばめ先輩が嫉妬するのも分かるようなレベルで特別扱いしてる気がする
(本人に自覚は無いのかもしれないけれど)
>マキちゃんが骨折してウキウキして翼に献身頼んだらマキ大好きな渚が介護を全部するオチが浮かんだ
>大仏さんが強すぎる魔王渚とどっちが強いんだろう
>大仏さん前に仲良し大作戦で石ミコくっつけようとしてなかったっけ……?今は石→つばだからどう足掻いても失恋しちゃうのでNGって事か?
でも小野寺さんの方は石上がつばめ先輩に振られて落ち込んでるのを聞いて、逆にミコちゃんの背中押してるように見えるしなぁ
長い付き合いの大仏さんには一体何が見えているのだろうか
>小野寺さんエロ本探ししながらケツ振ってるのエッッッッッ
>小野寺さんふつくしい……、あのお尻振り振りだけで三回、いや五回はイケる
しかし完全な石ミコ民、個人的には小野寺さんにも石上に対する矢印ほしい……
>今度はミコちゃんのピンチを命がけで守りに行く石上フラグが立ったな。最強に2828イベント確定すぎて楽しみ
>かぐや様、新情報が多すぎて整理しきれぬ・・・強いていうならミコちゃんもそうだけぢ、ツンデレ先輩も結構ダークルートに踏み込んでると思いました
このイベント終わったら、マジで腕折りましたってことにはならないよね・・・?
>麗ちゃんの語った恋愛トラブルの登場人物、誰一人わからないけど伏線っぽいしイメージ図にいない中に既存キャラがいるかも・・・
ほっぺ男とか混じってそうな気がする
>素材はピカイチだけどイマイチネタキャラの域を抜けてなかったミコちゃんが本気でヒロインとして覚醒しそうな予感。ミコちゃん灼熱の時来るか!?
>センキューアカ先生センキュー石ミコ

「伊井野、手。次にお前が階段で足を滑らせた時には俺が絶対守る」
「・・・・・・あっそ」

あーあ これは悪手だ よくない
ミコちゃん そろそろ気付いちゃう

しばらく石ミコパートはお預けだとばかり思っていた読者にとってはまさに不意打ちと言える濃厚な石ミコをブチ込んできた今週
石上の男らしいセリフと大胆なエスコートに、そっけない返事をしながらも頬を赤らめる乙女なミコちゃんでしたが、そんな彼女の様子に何故か危惧を感じているのは・・・
今回「実はとんでもない美人」という新設定を唐突に追加された大仏ちゃんです

彼女目当てに校門に出待ちの生徒ができるというレベルだそうで、付き合っていた団長とも既に別れたという恋愛百戦錬磨の佇ま
なるほどおさげ&メガネという地味女子のアイコンのような容姿は、その強すぎる美貌を意図的に抑制する為の拘束具だったのか

ここに来て大仏ちゃんのキャラ設定に新要素が追加されたあたり、やはり今後の石ミコのフラグ進捗は彼女が重要な鍵を握っているであろう事が伺えます
冬休み中、怪我の見舞いに見舞いにきた小野寺さんは
無自覚な石上大好きオーラをバンバン溢れさせているミコちゃんを見て
「二人を手っ取り早くくっつけてあげよう」と善意からミコちゃんをけしかけますが

ここでも異を唱えようとしてしていた大仏ちゃん。結果としては小野寺案を押し通されるカタチとなり、彼女としては不本意な状況が現在というワケです
「気付いちゃう」がミコちゃんの石上に対する感情を自覚する事なのか、はたまたステラの人であるという事なのか、そうではなく他のマズイ要素があるのか
寄せられたコメントを見る限り、読者間でも解釈と感想が大きく割れているようですが、はんぺらとしては特に前後の引っ掛かりもなく読めた感じですね
まず「気付いちゃう」は、普通に石上に対する自分の感情を自覚してしまう事かと
ではそれを危惧する大仏ちゃんは石上とミコちゃんにくっついてほしくないのかと言うと当然そんなワケはなく、小野寺さん以上にそう思ってるハズ
石上の人間的本質を理解している数少ないキャラの一人だし、自分がミコちゃん離れをした時、その傍にいるのが石上であれば安心できる事でしょう
彼女が危惧しているのは、ひとえに現在の状況の「歪さ」
ミコちゃんの好きな石上には他に意中の異性がいて、なおかつその石上はミコちゃんの命令に絶対逆らえないという特殊な状況自体にあるんじゃないかと
この状況が何をもたらすかというと、

まさにコレをもたらしてしまうワケですよ
「嫉妬」という、初めて経験する感情を持て余して悪い方向へ暴走するミコちゃん
中学から二人を見てきた大仏ちゃんとしては「放っておけば黙っててもいずれはくっつく二人」だったのに、このままではミコちゃんが自滅してしまうというね
今のハイライトの消えた瞳で石上に指図するミコちゃんの姿こそが大仏ちゃんの危惧したことであり、この時限爆弾が爆発してしまう展開が必ず来るかと

はんぺらこのあいだの考察で、「つばめ先輩を諦めさせるような無理難題を言いそう」と書きましたが、今後のラブコメ展開としてスゲーありそうなのが
つばめ先輩とデートの約束をこぎつけて浮かれる石上に対して、無表情で
「石上、その日は私の何々を手伝いなさい」とか言っちゃうパターンですね
流石にこれにはマキちゃんや小野寺さんも表情を変えて、「ちょっとアンタいい加減に・・・」ってなるんだけども、
それでも石上は暫しの沈黙の後、「わかった。つばめ先輩にはまた別の日取りでお願いするよ」って答えて、でも逆にそれがミコちゃんの逆鱗に触れちゃう
「なんでよ!バカじゃないの!?私のワガママなんて無視してつばめ先輩を取ればいいじゃない!
なんで私にそんなに優しくするのよ!アンタが好きなのはつばめ先輩でしょ!
私じゃなくて!」
みたいな感じで激情を吐き出して、同時に自分の気持ちを自覚しちゃうヤツ。ていうか是非ともコレを見せてくれ(個人的願望)
教室を飛び出した後、一人だけ追いかけてきた大仏ちゃんに抱きついてボロボロ泣きながら
「どうしようこばちゃん・・・私・・・石上のこと好きみたい・・・」
とか言ってくれたら尚のこと良し!(オッサンの妄想キモいぞ)
はーやっぱり石ミコは最高だぜ。正直早坂のキスエピソード終わったら白かぐ放置してあと20話くらいぶっ続けで石ミコ読ませてほしい。いやマジで

>はんぺらさん、忘れてるかもしれませんが、白銀は3月卒業(中退?)ってわけじゃないですよ
スタンフォードは秋からなので3年の1学期までは学園生活続くと思います
何より、ここにきて湧いて出てきた白銀家の闇が3学期だけで解決するとは考えにくいです
>白銀とかぐやと藤原は2年の3学期なので普通に卒業前に春休みあります
さっそくやってしまいましたなあw、例の藤原画像の出番かな?

え?白銀は1年飛び級でスタンフォードに行くんだから来年はもう日本に居ないだろ?
と思って単行本を確認したら「外国の新学期は10月から」って書いてたね・・・9月くらいまでは居るのか。これは勘違いスマンかった
というか1人目の朋友はそこんところ言及して指摘してくれてるけど、2人目の朋友は文脈からして白銀が1年飛び級で行くってこと自体を忘れてるのでは・・・?

>やっと目覚めた怪物・・・あれだけストイックに練習に打ち込んでいても今まで野球を面白いと思ってなかったのか・・・!
これはもうホームランで決まりですね。この流れでショボいシングルヒットは有り得ないです
>「究極の球を放ることじゃない」「打者を圧倒することじゃない」「試合そのものを支配することだ!!」
と言いつつも、挙げられた三振、ゴロ、飛球、牽制、捕殺の中に敬遠の文字はないんだよなぁ
>ブンゴの締めからの間髪いれない源君物語で吹いた
「ふふ、あれ?ふふふ、これははじめてかも」が源君物語のレビューにしかみえなくなってしまった

ついに明らかになった河村のジャイロスライダー攻略法。それは「あの球は打てねえからカットで逃げて、打てる球を待つ」と言った樹里と真逆の発想
ジャイロスライダー以外の全ての球をカットで凌ぐ、対ジャイスラに特化した打法だった

言われてみれば当然の作戦というか、ごくごく普通な思考の末に至る解法だとは思いますが。敢えて最も難易度の高い球種に狙いを絞るあたりが河村のプライドでしょうか
それを
「アプローチ」などと横文字を使いながら確認する家永が相変わらず無駄にオサレでじわる
当然静央バッテリーも河村の狙いはすぐに察しましたが、これを受けて瑛太は熱くなってジャイスラに固執ることもなく、あらゆる他の球種を駆使して変幻自在に攻め立てます
『俺にとってジャイロスライダーは必殺であると同時に選択肢の1つに過ぎない。シーンごとに最も効果的な球種を選択する
究極のボールを放る事じゃない。三振・・・ゴロ・・・飛球・・・牽制・・・捕殺・・・
あらゆる手段を駆使してアウトを積み重ねる。バッターを圧倒する事じゃない
俺の境地は試合そのものを支配する事だ!』

それはまさにピッチャーの理想形。彼の憧れる吉見雅紀の境地
敬遠に関してはまぁ「後ろが4番なので敬遠はない」と展開上の都合で選択肢自体無くされてる状態なんで、そこは瑛太に否はないかと
そもそも敬遠なんて監督の指示でやるもんだし、女房役の袴田も敬遠のけの字も出してませんからね。「だから敬遠すりゃ良かったのに」とは彼を責められません
でも実際問題ワンナウトなんだから
今日2-2の3番と勝負するよりも、満塁策で無安打の4番と勝負した方は絶対いいよね
ここら辺の説得力の無さは本当に「都合上主義」としか言いようがなくて残念。俺らが考察してたみたいにプライドで敬遠指示を無視する方が、流れ的には自然だったのにな
『今のはちょっと危なかったね。質の高いボールを全てコーナーに集めてくる。常にギリギリの判断と対応を迫られる!
なんだこの感じ・・・まるで一球ごとに自分が進化でもしているような―・・・!』
「ふふ・・・アレ?ふふふ・・・これは初めてかも・・・・
野球って・・・ちょっと面白いね・・・!」

そんなかつて対戦した事のないハイレベルな投手と対峙したことで、自分の中の新たな扉が開かれつつある河村
ここにきて初めて野球を「面白い」と思う、まさに正真正銘怪物が目覚めたところで引き

10割バッターという時点で既に漫画設定だったのに、これまでは野球を面白いとも思っていなかったというこの規格外。これは確かにホームラン確定ですわ。瑛太合掌
あと朋友もコメントで突っ込んでますが、今週の紙面構成が↓こうだったので

源君物語のシックスナインを見てスケベ笑いしてるようにしか見えなくて酷い。編集部の罪よね

>やったぜ偽物の人皮全部渡して混乱させたぜ!→よしこれきっと偽物だから全部回収できて助かったわぁ! おまえら頭回りすぎだろwww
そしてやっぱり最後はアシィリパに収束するのかぁ
>どれか一枚でも欠けると金塊は永久に見つからない可能性があると思うとひやりとする話…刺青人皮は必ずしも全て集める必要はないかもしれませんね
思い返すと刺青人皮永久紛失の可能性はそこかしこにありましたし
>宇佐美怖すぎる・・・人質作戦もめっちゃ怖いしアシリパには鶴見陣営には関わらせたくないなぁと思った

「これはきっと偽物だ。だがコレが欲しかったのだ。出回る前にこうして回収できて良かった」
考察通り有古が持ち出した入れ墨人皮は江渡貝くんの贋作でしたが、その可能性すらも折り込み済みで「偽物を回収できた」ことを成果とする土方
鶴見中尉の謀略に翻弄されないどころか、読み切って未然に防いだ知略にシビレた今週
アクションシーン多めのチャンバラジジイでありながら、権謀術数の戦いにおいても鶴見中尉と互角に渡り合う傑物ぶりが格好いい
しかしそれにしても可哀想なのは有古。敵方にそそのかされたとは言え、非業の死を遂げた親父の遺志を継ごうと決心しただけだというのに
「一族郎党皆殺しにするぞ」と脅されてボコボコにリンチされた挙げ句、二重スパイ役を強いられるという同情を禁じえない境遇に
最近ギャグ描写ばかりが多かった鶴見中尉の恐ろしさを再確認した回でもあり、こうして読者の危機感を煽った上でこの男がアシリパに接触するという展開は見事な構成
しかし結局鶴見中尉自ら樺太に迎えに行くのね。北海道に向かうソフィアとは入れ違いになるのか、タイミングよく鉢合うのか・・・

>ジョン様やっぱナイスガイやな
>リッキー結構愛着沸いて来たし闇墜ちしてない事を祈る
>ジョン様面白すぎる。KYな愛せる馬鹿のままシャドーハウスの王まで登りつめて欲しいですね
顔のショーンとのコンビもいいし、今のところ頭一つ抜けて存在感あると思います。そうなるとやはり危ないのはリッキー・パトリック組でしょうか
>エドワードの単行本調整演奏かっけぇって言われてワロタ まあかっけえからな
>シャドーハウス後ろすぎね?
「顔」は自らの考えをいずれ失い、忠誠心のみでシャドーに従う
そしてシャドーと顔は一体化して
「完全な存在」になる


「・・・ふむ、そういった意味ではエドワードのお披露目のやり方には疑問が残りますな」

「顔と仲良くさせるようなやり方は間違いだ。
顔は「奪う」ためにあるからな

それぞれを離れ離れにして助けさせるなんて顔に情が移るし、顔自体も個別の考えを持ってしまうだろうが!」
ここにきて明らかになったシャドーハウスの新たなる闇の設定。シャドーと顔という主従の”真なる関係性”
顔はあくまで将来的にシャドーに奪われる為のパーツに過ぎず、互いに情が移るような関係性は本来あってはならないという
これはシャドーの中でも上位の者達しか知らない事実であり、前回エドワードの姿がシャドー化したのは主の意向と重なったという演出的な効果ではなく
実際にエドワードが”一体化”した姿だったという・・・これはなかなか恐ろし面白い事になってきました
こうして物語におけるシリアス度の配分がドッと増した回だというのに、派手好きの上位シャドーライアンの物言いや、ジョンの奔放な性格のおかげで
まったく読感が重くなることなく読ませてくれるバランスの取り方も絶妙でGJ
ラストはリッキーがルウ&ルイーズを陥れたっぽい不穏さを掻き立てる引きでしたが、この流れならまず100%やってないでしょう
「私はルイーズ様を助けられたからもう大丈夫。これはリッキーがパトリック様を助けるのに使って
あと・・・・傷の手当してくれてありがとう」
みたいな感じで、たぶんハサミはルウが餞別としてくれたパターンですね。コイツはリッキー✕ルウが捗るでえ

>赤也ペアは黒星では。 覚醒したからといって白石も負けましたし
あと赤也はギリシャ戦、白石とのペア、柳戦と新テニスでは負けなしなのも次は負けかと匂わせますね
>絶対に、絶対に無いって言われるだろうけど、手塚が辞退した枠でJr選抜に出た千石が手塚と戦うに一票・・・
もし当たったら単行本を追加で全巻購入して職場に常設する
>手塚は不二かな?跡部様との練習は本番で当たらなかったからこそのサービスって感じがあります
しかもお誂え向けに人気投票1位ですもんね(跡部様も2位だけど)
>鬼先輩は負けるけどライバルである平等院先輩に力を託して散る流れだと思います
QPの想像を越えた恐ろしいテニスで死亡寸前になる鬼先輩だが、
「自分が消えても日本には平等院がいる……!」という事で限界を越えてQPと戦う流れを予想しました
(逆の立場なら平等院先輩も恐らく同じ事をするのでしょう)
平等院先輩の方は消えていった鬼先輩の意思を継いでS1で鬼の貌みたいなの出すんじゃないですかね
許斐先生なら最期はデュークホームランやブラックジャックナイフなど、世界の技ではなく仲間の技を使ってボルクと戦う展開を入れる気もします
フランス戦を終えた今クロエちゃんが応援に来るのも期待したい所
展開がいつも天衣無縫なので当てられる気はしませんけど、この漫画は予想するの楽しいです
>VSドイツは ●鬼VSQP○ ●赤也デュークVSジークビスマルク○ ○不二VS手塚● ○幸村徳川VSプロダブルス● ○鳳凰VSボルク● で予想します
どういう対決になるか読めませんが相手が世界1位のドイツという事を考えると、流れとしては最初に二敗して後が無い所から追い上げする展開になる気がします
鬼先輩は頼もしすぎて負けるビジョンが見えないけれど、だからこそ負けてしまうかつての手塚部長ポジションになるんじゃないかと
>赤也&不二VSジーク&手塚とか組まれたら因縁的に縦も横もバッチリで美味しいと思うんだが……やっぱ無理か?(赤也ジークは前回の負けず嫌い中学生繋がり)
>範でーす。テニスのドイツ戦予想を募集してましたな、私なりな再度整理してみました
S3 鬼 ○QP D2 ○切原 デューク ジーク ビスマルク S2 不二 ○手塚 D1 ○ハウリング ボルク弟 シュナイダー S1 ○平等院 ボルク
順を追って説明します、まず鬼先輩としては、めちゃくちゃ強いのですが、やはり土壇場でQPによる天衣無縫封じが出てきそうな気がします
もつれあって最後は僅差で負ける予想。本当は負けて欲しくないけど
D2はなかなか予想しずらい。朋友達の意見見ると、ここは出番ないキャラにスポットを当てて欲しい気がします
赤也のペアとして、今大会まだ出てない入江や、ブン太、さりげなく円陣で目立ってた忍足侑士も期待したい!デュークが順当なのだろうけど
S2は不二か跡部でマジで迷いましたが、原作的にここはやはり不二手塚のリアルガチ真剣勝負に期待したい
ここでやらんと一生チャンスないし、手塚がドイツ行ってまで離脱したのはこの瞬間のためにあるのではないか!
あと先日の人気投票も不二が取って、先生的にもそろそろ不二の本気描きたいだろうし。ただ、最終的に星花火超える新技出すも、負けると予想します
D1ハウリングコンビはリベンジをするものの、幸村は無理が祟ってここで離脱の可能性あり
理由としては許斐先生が未だ、幸村手術のフラグチラつかせており、それを提起するならここが1番かと、私は幸村(もとい中のさちん)ファンですので、
その予想は辛いですが、見せ場という意味では最高ではないかと
S1ここはハズレないでしょーう、平等院今大会の初陣としても良いです
ここは圧倒的な力を見せて、徳川に「あの時この人は本気ではなかったのか……」とか言ってほしいです
確実に決勝メンバーに出そうなリョーマ、入江、跡部、仁王、種子島は温存という形で除外しました
試合前円陣見る限り、今大会出番全然ない者として、ブン太、加治、袴田、男児、中河内、忍足侑士がいますね
ガチで試合出れないキャラも複数出そうですが、決勝とかで負け枠でもいいので、彼らに少しでもスポット当てて欲しいですな
>お疲れ様ですはんぺらさん、前に男塾初読みで取り上げていただいたものです
今度は屋敷の新テニレビューと最近コンビニリミックスされたテニスの王子さまを続きが気になり満喫で読破したんですが
(人気キャラ知識だけはあり、柳生や伊武、六角中、聖ルドルフまでいくと知らないタイプでした)
宍戸、大石、乾の順でお気に入りになり、最後まで楽しめたんですが
百八式波動球以外、「人の身体能力の範疇じゃん」と思ってしまう病気にかかってました
そこだけリアルタイムで追えばよかったと後悔。改めて新テニって凄いことしてるんだなあ
あと大石ってWJ連載時から「弱い」言われてたんですか? 贔屓目もあるかもしれませんが株落とすとこ一切無かったように見えたんですが

皆それぞれに予想はあるようですが、やはり鬼先輩黒星予想の朋友は結構多いようで
キャラの格で言えば絶対に負けない人なんですが、3勝という星予想で考えた時にどこを勝たせてどこを負けさせるかと捉えると、
「負けてもその格を落とすことなく、むしろチーム全体の士気を上げる事のできる人物」
として鬼先輩はうってつけというメタ的なロジックが成り立つので、どうしてもこの考えに至る読者は多くなるかと。心情的には勝ってほしいキャラの筆頭なんですけどね
意見が割れてるのは手塚戦。出るのは跡部ではなく不二だろうという予想が大半ですが(ちなみにはんぺらは跡部派)、勝敗予想に関してはほぼ真っ二つなのが興味深い
ちなみに手塚ダブルスの予想を送ってくれた朋友がいますが、日本コーチ陣が事前に「手塚国光がシングルスで出る」という情報をキャッチしてるのでそれは無いですね
ハウリングペアは
鳳凰幻魔拳と空間削りという、劇中でも屈指のインチキテニスなので正直コイツらは負けてもいいかな・・・
男塾朋友はテニスを読破したか。いいセンスしてるよお前!(ハトよめ風に)
大石は弱いっていうか、菊丸が一人ダブルスをやった時に「もうアイツ1人でいいんじゃないかな」ってネタにされたのが弄りの走りだね。ダブルスにおいては劇中でもトップクラスだと思う
反面シングルスの実力で見た場合、青学レギュラーの中で最弱なのは紛れもない事実やな

>地獄流しの描写が本当に地獄流しだった件について。今回の強盗犯は救われましたが、自分はこっちのほうが好きです
悪いから罰したではなく、「悪い方向の流れ」に乗ってしまったごく普通の範疇の人が犯罪を起こしうること、それに対する結論が描かれていたから
お盆サービス(笑)で救いがあったのはご都合主義に移る人もいるかもしれませんが、自分は「ご都合」で救われる人がいる社会のほうが好きです
罪に相応しい罰とは、罪以上の罰は与えてはいけないことでもあると言いますし
あそこで人を轢くまでに良心を失っていなかったことがそもそも機会を与えられたきっかけだったんだろうなあ
>冒頭、犯罪こそ犯しているけど、人が死んだ訳ではないので、地獄送りと言うのはやり過ぎでは?と思っていたけれど、
これはやり直す事、心を入れ直す為の試練だったんですね。脚本上手いなあと思いました
サブタイトル的にもバッドエンドの話なんだろうなと思ったから、今回の話、視聴後感良いです
犯罪者になったし、今後厳しいと思うけど、精一杯生きて欲しいなと思いました。面白かった
>幽霊列車のパワハラ社長とか前回のクリスティーンとかが地獄流しにされたら絶対現世に戻れないでしょうね……
>今週の鬼太郎、幽霊電車ばりにアカン展開になると思いきや真逆の展開でウルっと来ました。ちゃんと償って墓参りしよう
そして次回は…あれ、四将やるのか。夏休みでメインを進めるとか……もしかして一週で終わらないのかな?
>お釈迦様の蜘蛛の糸よろしくバッドエンドかと思ったら、ここの所の鬼太郎にしてはきれいすぎるくらいスマートな感じに締めてて逆に驚いた
そして次週ようやく、それとも早くも?鬼童丸登場!!そしてやっぱり攫われるまなちゃん(笑)
>最後に残ったのはチーの姉ちゃん 玉緒の前 九尾の狐 時の帝を誑し込んだ智将、インドで釈迦の弟子の医者に敗れ、
中国で釣り好きの軍師に敗れ、日本では八万越えの討伐軍とやり合い、石に姿を変えて現世から姿を消した、正に強者中の強者
果たしてどう動いてるやら・・・ちなみにその釈迦の弟子の医者はタイ式マッサージを生み出した、もしかしたら“波紋“の使い手だったのかも
>鬼太郎、そう言えばお盆だったと気づかされた。仕事仕事な生活だと忘れてしまうのよなぁ
にしても、最後に何かバッドなオチがあると思ってたら死んだ父親が同行者だったとは……これは良い意味で予想を裏切られましたわ
最後にちゃんと自首。ここを誤魔化さないのがいいですね。さて次回は鬼童丸、まなちゃんと石動の遭遇はどうなるか
>鬼童伊吹丸 片角の若い鬼といった風貌  まなと鬼・・・・・はて?どこかで聞いたような・・・・ 声はアムロの古谷さん
>まなの先祖のふくさんの旦那って鬼でしたよね つまり名無しの両親、鬼っぽい鬼童丸がまなをさらうってさらうって、まさか
>4期猫姉さんのオマージュで6期猫姉さんのメイド姿も見たかったが鬼太郎の女装メイド再登場も期待してた、が、結局なかった
まぁ、お盆と重ねるねるならシリアスが妥当か、しゃーない

幽霊列車と同じく、キッズ達に因果応報を説くためのガチホラー回だと思いきやラストで感動モノに化けた今回のお話
クズ人間のカケルは自分の人生を悲観して強盗を行って地獄に行くも、そこで知り合った男と協力して地獄を脱出しようと大冒険しているうちに人間性を取り戻していく
生き返る権利がたった1つだけ与えられた時、カケルは迷うことなくその権利を男に譲る。自分が生き返るより男のほうがその価値があると思ったからだった。しかし・・・・
「君の手の温かみをよく覚えてる。今でも僕の宝だ。君にも人を励ます力はあるんだ
いくらでもやり直せる。変わらないものは何もない。しっかり生き抜いてくれ」


実は男は自分が赤ん坊の時に死んだ父親で、最後にそれを明かされるという涙なしには見られないラスト
みんな盆休みには墓参りしろよという強烈なメッセージ性のある良い話でした
ホラー回なら幽霊列車、泣かせ回ならすねこすりなど、それぞれのジャンルでは最強のエピソードが存在するのでそれらには及ばないものの、
序盤、餓鬼道で自分を食っては吐いて食っては吐いてを繰り返すシーンがリアルに恐怖だったので、ホラー回と泣かせ回の両側面を併せ持つハイブリッドエピソードだったのが印象深かったです
次回は久々の反逆の4将編
鬼童伊吹丸。まなを拐うようですが、原点では鬼と人間の間に生まれた子なのでその展開もさもありなん。古谷徹ボイスのイケメン敵楽しみ

>鬼滅の刃、凄え……(語彙力)
>正直最近はテンポとか微妙だなあって思ってたんですがさすがに決める回は決めますね鬼滅 原作者も20回見たというだけはある作画でした
>鬼滅の刃19話熱すぎでしょこれは!
水の呼吸からのヒノカミ神楽の流れがこれ以上ないってくらいのアニメーションで鬼滅ファンとしては感涙ものでしたね
売上も好調みたいで今から2期が楽しみですね。あと禰豆子のフトモモに目がいくのは当たり前のことですよね?
>今週の鬼滅の刃が・・・論ずるに術がござらん
>『炭治郎のうた』からの流れなによこれ……もう……、なによこれ……言葉にできないよ
>アニメのヒノカミ神楽かっこよすぎてチビるかと思った…
>アニメ鬼滅の刃19話凄すぎワロタ 劇場版だと言っても違和感無いレベル、ていうか映画館で見せてほしい
>アニメ鬼滅の刃、ちょっと凄すぎませんか?原作ファンのツボを理解していると言うか、
ここはこう!決めて欲しい!このキャラはこう!表現して欲しい!部分を理解しているというか。自分もBD買っちゃいそうです。UFO怖い
>鬼滅19話よかった(挨拶)ただあと7話でこのあと療養と修行編で盛り上がるところないしどうするんだろう…
売り上げはいいみたいなんで2期はやるでしょうが 
>今週の鬼滅の刃 最高の神回でした。もともとufotableさんは非常に綺麗な作画のアニメーションで知られていますが、
なかでも今回はそれこそ劇場版に匹敵する超クオリティの神作画と挿入歌「竈門炭治郎のうた」の相乗効果によって、
思わずテレビ画面の前で「頑張れ炭治郎!頑張れ!」と応援してしまい、
改めて炭治郎が個人的にここ数年の漫画やアニメ・ゲーム・ライトノベルなどのあらゆる創作物の主人公の中でも
心から応援したくなる最高の主人公だということを改めて実感しました
父からそして父以前のご先祖様の世代から絶やさず脈々と受け継がれた想いが込められたヒノカミ神楽で禰示子を助けようとする炭治郎と
今は亡き家族の分まで炭治郎を助けようとする禰示子の絆で累と累の歪んだ絆に対する意識ごと断ち切る円舞の一閃が
心に焼きつくほど素晴らしい出来映えでした。これからも炭治郎と鬼滅の刃を応援して生き続けます
圧倒的作画と感動の演出でとてつもない出来栄えだったアニメ鬼滅19話
Twitterのトレンドワードにも上がるなど、国内で物凄い評判だったのは言うまでもありませんが、特に海外でその評価が凄まじかったようで
有名アニメ批評サイトでは9.98という過去最高スコアを叩き出して、SNSでも相当バズったとの事。進撃の巨人3期を押しのけて2019年のアニメオブザイヤー筆頭候補だそうです
正直言うと二話前の霹靂一閃六連が凄すぎたので、ヒノカミ神楽をどう見せてくるのかという一抹に不安はあったんですが、それを軽々と超えてくるUfotableの仕事が凄いの一言
何が凄いって、あの圧巻の戦闘シーンのBGMにバラードを選択するセンス

はんぺら含め、原作既読ファンの大半・・・というかほぼ全員が原作を読んだ時、脳内に流れるBGMは普通にカッチョいいアップテンポのバトルソングだったハズ
しかしUfotableが原作を読んだ上での解釈はバラードだったワケで。もうそこがまず凄い
「俺と禰豆子の絆は・・・誰にも引き裂けない!!!」
偽物の家族の絆を振りかざす塁に対し、父の記憶と母の激励、兄妹の絆という本物の家族の力で打倒する、あくまでこのエピソードのテーマの本質を捉えた選曲です
朋友コメントにもありますが、逃げる塁を追い詰める炭治郎を手に汗握りながら「行け!届け!届け!」と応援する自分がいて驚く
原作期読者だから届くのはわかってるんですが、それでも感情移入してしまう卓越した演出力。これこそがまさに絶賛される所以
放送時間ギリギリでちゃんと首を切るとこまで行くのもカタルシスがあって素晴らしい。これが首に刃が届いたところで終わってたりしたら評価も全然違ったでしょう

もっともそれだけに次週の冒頭は今回の盛り上がりに冷水をぶっかけられるのは間違いないですが・・・
美しすぎる特殊EDまで含めて、今回は終始どこにも文句のつけようがない完璧な神回だったので、次回少々批評があってもそこは仕方なしというところかと
あと7話なら煉獄さん死ぬトコまでやれないかね?次回前半で蜘蛛山編終わって、後半から再来週かけて柱合会議、修行編&完全復帰まで3話かけても列車編で4話使える計算
尺的には十分行ける気がするし、区切り的に言っても上弦の十二鬼月が登場して柱が敗れて、主人公が強くなる事を誓うという一番いいところだと思うが。難しいかなぁ

>ウチはAP15で部隊組んでます。主人公とジャックドモレーが前、ペトルス中列、孫氏トリスタンマーリンが後列
銃は2列目だと狙われる、3列目だと前しか攻撃できないので左右逆にしてほしい。あとケイの射程も前だけでつらい
>英雄戦姫のイベント、ヤンと庖丁の二人でマーメイド周回してます
丁ソロオートは人魚と追いかけっこして終わらないし、ドレインより回復優先するせいで失敗する
ヤンソロオートはHP8kくらいにしてボス前でHP拾わないといけないらしいですが、銃はHP強化の伸びが悪いので限凸2いるけど資金がもう無い

>英雄戦姫が21時間メンテするみたいですね。大丈夫かな
>英雄*戦姫、ゲーム自体は面白いんですが、度重なる深刻なバグと運営の対応のマズさのせいでだいぶ先行き不安ですね・・・
8日に発生した無限増殖バグが本日また発生したみたいで。どうもSEの技術力が根本的に足りてない感じ
今回はロールバック処理するようですけど、8日は何故そうしなかったのか。運営の判断ミスのせいでユーザーの心象悪くしてます
自社ブランドを汚された天狐と、イベントの為にわざわざ水着キャラを掻き下ろした大槍先生が気の毒でなりません

英雄戦姫ちょっとヤバいね・・・度重なるバグと運営の対応の悪さで若干炎上気味です
なんでもガチャが無限に引けたり、プレゼントボックスのアイテムが無限に受け取れたりしたそうで、得した人がそのまま得したままみたいですね
正直はんぺらは損じゃなくて得したバグなら別にいいじゃねえかって思いますけどね
他人のデータなんて得してようが自分には関係ないだろうに、やたら嫉妬深いユーザーが「不正したヤツはズルい!処分しろ!できないならサービス終了しろ!」ってヒートアップしてる感じ

ユーザーが不利を被るバグが発生して、それの対応がマズイのなら確かにクソ運営ですけどね。ユーザーにとって得のバグに対して対応が緩いなら、むしろ良運営じゃねえかってまで思う
俺はようやく第二部隊が育ってきてめちゃくちゃこのゲーム面白くなってきてるトコなんだよ!

そもそもサービス開始から二週間以内なんてどんなゲームだって不具合は頻発するものですし
気になってたイベント形式も、はんぺらのような時間の取れないユーザー用のEXミッションがあって非常に良心的な作りに感じたけどなぁ
こんな序盤のミスで総叩きするのはちょっとユーザーの心が狭いんじゃないかと思う。はんぺらとしてはもう少し寛大な心で見守りたい
反面、朋友も立腹してるように
原作があるゲームだけにそのメーカーブランド&絵師に泥を塗ってるのはいただけないかな
「原作は面白いのにこんな運営にブラゲ化されたせいで・・・」という種類の怒りを抱くのはわかるんで、その怒りに関しては同意したい
このあと18:00にほぼ丸一日かけた長時間メンテが終了するので、
そこで配布される詫び石の量が火消しできるかどうかの分水嶺かもしれん
はんぺらやたら運営を擁護してしまいましたが、ポンコツ運営なのは紛れもない事実なので、怒れるユーザーが矛を収めるだけの誠意ある態度を見せてもらいたいですね。頼むぜ・・・

>力石です。今回の城プロ生放送も面白かったですね
天下統一を最新話まで攻略している殿が約34000人で武神超難攻略者は約6000~7000ということは突破率は多くても約20%くらいでしょうか?
やはり先日のtwitterアンケートで回答していた殿は精鋭だったということでしょう
前田利家の方が全戦功達成者数が少ないのは超難や闘技場がくるまで属性一致を軽視している殿が多かったからですかね?
新情報は戦術指南など色々と気になるものがありましたが私内で一番盛り上がったのは肝試し帰雲城ですね。これは可愛いすぎます
帰雲城?可愛いよね。城娘、お嬢、特技、大破、隙がないよね(サトシンのアレで)

まとめサイトの記事等を見てみても、今回実装された肝試しモードの中でも最かわは帰雲条と満場一致
はんぺら10連で肝試し娘が1人も出なかった身なので、帰雲城がイベント産だったことが唯一の救いでしたわ。これは水着と同じく来週早速改築くるんだろうか
しかし嫁から水着、肝試しと衣装替えイベントが3連続★5ドロップ式なワケですが、今後はこれがイベント形式として定常化する感じなんですかね?
ぶっちゃけこれを経験してしまうと、もう★4ドロップイベとか★5築城イベは
馬鹿馬鹿しくてやる気しないですよね。どうなんだろ
とりあえず武神利家の超難をクリアできなくて落ち込んでた殿に1人なので、こうしてデータ提示されると「俺だけじゃないやん!」と救われます。蒲生氏郷はヤバそうな予感・・・

>インサガエクリプスCBTチュートリアルプレイ中です。ゲーム内ヘルプ未作成?まだ見られません
行動順が上に表示されターン開始時に味方全員の行動決定してターン開始する、1ターンに2回動く敵もいる
WPとJPが無い、各キャラ技2つ、技ごとに単体全体以外にも縦と横がある(なぎ払いは指定した敵を含む画面上下に長い長方形範囲、大木断は左右に長い)
技にCTがない、補助スキルにはCTがある、奥義ゲージと奥義がある、
チュートリアルガチャは引き直せる、☆4以上1体確定だが星5も含まれ、装備も入っている、星5キャラは2%(各0.16%)
星3キャラ76%、チュートリアル後のガチャも確率同じ(出るキャラが増えて星5各0.1%)、200回まわすと星5確定チケ1、抽選画面は徒競走です
編成画面の絞り込みには星3から8まであります。1部隊4人編成+サポート、サポート設定が8属性一体ずつ
その属性のキャラしか配置できない装備枠各3はずさないと使いまわせないのでサポ設定のために装備24個いります、
通常編成ではサポ設定中の装備を別のキャラにつけられます、同一キャラ一体まで所持(複数当たるとキャラも装備も自動覚醒)、
キャラにタグ有り(ロマサガ3とか小剣とか)、キャラ強化は石食わせるだけで伸び幅ランダムじゃなさそう?
限界突破あり、覚醒ポイントと資金で特性付与(HPや異常成功/耐性、クリ率など)、
コマンダースキルあり、コマンダーも出撃するけど編成でコマンダー位置固定?(インペルアルクロスだと前がコマンダー)、
初期最大行動力20(3分で1回復)、100クラウンで20回復、初期クエ消費行動力5、日替わりクエ消費10、15、20
イベントスキップ可、クエスト前詳細とサポ選択時に敵編成見られる(場所と属性のみ、能力不明)、サポート選択時に属性有利不利表示あり、
サポートキャラの位置変更可能(コマンダーにもできる)、編成保存10枠、クエスト中1回だけ全軍突撃で即全体弱体解除+敵全体ダメージ(士気1消費、最大3)、
連携技あり(攻撃で10%から徐々に発動率UP)、メンテ入ったので以上です

おお。とんでもなく詳細な内容報告をどうもありがとう。CBTは確か300名だったハズだが当選したのか。強運だな
聞く限り、ゲームシステム自体は無印とはだいぶ変わったものになってるみたいね
無印ユーザーにとっては新鮮に楽しめる反面、前作のノウハウを生かすようなテクニックが使えない感じか。続編ではあるけどゲーム的には新作って感じだな
そういえばインサガのインフォメーション全然見てなかったんだけど、引き継ぎ特典については6月にとっくに発表されてたのね。全然知らなかったぜ
確認してみたけど
はんぺらは全項目でほぼ最高評価なので、スタートダッシュはかなり強烈なブーストがかかりそう
正直イクリプスやるつもりはなかったけど、これだけ特典が豪華だとやってしまうかもしれんな。なんか急激に正式リリースが楽しみになってきたわ

英雄戦姫の先行きが不穏なのはイクリプスをやれという天啓なのだろうか?うーむ

>「夏イベントは三作戦海域」・・・毎度ですがまた無駄にわかりづらい言い方してきましたね
三海域なのか、それとも前段、中段、後段という三作戦なのかどっちやねんと。大規模作戦の告知が出てないので前者だとは思いますが
>やっちまった、はんぺらさん・・・不用意に1-5キラ付けの随伴艦にした浜波を轟沈させちまった・・・
バイト艦ではなくガチ保有艦を轟沈させたのは何年かぶり。思えばリアル仕事でもミスが続いてたんでどっか気が緩んでたのかな
どこかで再ドロップするまでしばし待っててくれはまちん・・・

艦これサーカスで発表された情報から、舞台は欧州方面、規模は「三作戦海域」と判明した夏イベ
朋友が指摘しているように二通りの解釈ができる紛らわしい文面ではありますが、大規模作戦の告知が出てない以上はやはり3海域と思っていいんじゃないですかね
報酬艦の1隻はガリバルディの姉、ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ(名前長え)で確定しており
ゲームシステム的に阿武隈・神通以外の4スロじゃない軽巡は人権を奪われる冬の時代に突入した感じがする。そう遠くないうちに来るであろう阿賀野型の改二も4スロだろうしなー
浜波轟沈の提督はまぁ気の毒だが、浜波なら普通に次のイベントでドロップできそうだし不幸中の幸いだったと思うしかないな。コロラドやガリバルディだったらどれだけ待つハメになったか・・・





>肉のカーテン以外のキン肉族王家の技は今回で初披露なのでなかなか興味深かったのですが、謎の関節技が本当に謎な体勢で困る
>ソルジャーは貫禄がすごいですね。でも、どこを締め上げてるのかがいまいち分からない「肉の制圧」が謎の関節技と言われててちょっと笑えました
>レイラァ「(やべー、キャプテンが落ちてくるーっ)」いやそこは助けなさい、マット代わりになるとか
>アタル兄さん、やっぱり王家に対して負い目があるんですね。これはタツノリ様のシルエットをマリキータに見せられて動揺もあるかな
>ブロッケンがカットに入るかと思ったけど、そんなことは全然なかったぜ!
>マリキータ合図も無しで察するなんてやるな。レイラァはあんぐりしてるけどどうする!?
>見事な連携を見せるグロリアスに対し、隊長の危機にカットに入るでもなくクッションになるでもなくボケーっと見てるブロッケンにツボりました
>ソルジャーの試合が正統派過ぎて、ツッコミどころが無い件
>あんま意識したことなかったですけど、スグルって大王ではあるけどキン肉王族の技術は殆ど学んでないカメハメ流のレスラーでしたね
今現役でキン肉王家伝統の闘技を収めてるレスラーはアタル兄さんと多分ネメシスだけとなるのでしょうか
>アタル兄さんが肉シリーズを披露しましたね。王位争奪編の関節技のようにスグルが習得する展開もあるのでしょうか?
それにしても幼少期に家出したはずの兄さんがこんだけ技使えるって詰め込み学習させすぎでしょう
>肉の制圧(サブレッション)!肉の豪雨(ダウンボア)!!アタル兄さんが繰り出す、キン肉王家の技!!
そうか…肉のカーテンだけと思っていたけど、そこは歴史あるキン肉王家…!カーテンだけに留まらず、王家独自の技もまた存在すると言う事か!
ブロッケンJr.の奇行と言う意味では大人しめ回であるモノも、アタル兄さんの王家のプロレスは読んでて熱く、
長年見たかったアタル兄さんの試合を読めると言うのは感慨深いモノがありますねー!さて試合はグロリアスのツープラトンが炸裂!
流石のアタル兄さんもダメージ必死か?ツープラトンにはツープラトン。ブロッケンJr.の活躍も楽しみですね
>ヤバイ。ツープラトンをかけられるアタルを、焦りの表情で見つめながらボーっと突っ立てるレイラァが最高過ぎる
ノータッチでのカットはルール違反だったかもだけど、とにかくダメな子のオーラが出てる感じでウケる
>\○/ <さぁもう一度だ来るがいい!
>はんぺらさん、今日のマツコの知らない世界見ました?「ムーの世界」で石原まこちん先生が出てましたよ
>なんとなく「マツコの知らない世界」を観てたら,「月刊ムーの世界」のプレゼンターが石原まこちん(本名の石原誠で出演)で驚きました
「THE・超人様」もさりげなく紹介されてました
新キン肉マン 第292話
「鉄壁たれ、キン肉王家!」の巻


前回に引き続き、まっとうに格好いいアタルがまっとうにプロレスしてまっとうに強い話
現代王のスグルが使えない「キン肉王家秘伝のレスリング」で戦うアタルという、
純粋なバトル漫画として楽しめる内容ではありましたが、物語として進んだ部分はなく、そしてやはり今週もレイラァの奇行なし
朋友コメントは「カットに入らないレイラァ面白い」とか無理矢理奇行に分類しようとしてますが、何もしてないのは実際何もしてないんで流石にちょっと苦しいですな
レイラァの面白さは異常な感情の起伏と大げさなりアクションがキモなのでそこが無いと・・・
今回アタルが大ダメージを負ったことでレイラァにタッチする展開だと思うので、次回は否が応でも期待が高まるところ。二週溜め込んだ分を爆発させてくれ
あとマツコの知らない世界は俺もリアルタイムで見てました。普通に驚きましたね
先生のSNSフォローしてる読者なら事前に知ってたんだろうか?超人様とかでインフォメーションしてくれてもよかったのにな。まさかの登場で完全に虚を突かれたわ





>なんだろうな………ジオウ終盤だっていうのに無理やり盛り上げようとしてる感が否めないし、なんていうかもっさりとしたよくわからない感覚が
>便利なキーワード「時空のゆがみ」
>今日のジオウ、既視感あると思ったが、種死終盤のシンの影が薄くなってキラが主人公っぽくなっていくカンジだ (´・ω・`)
>今日のジオウ、ぶっちゃけ士の方が主役っぽいというか
あっさり死んでお前もかーと思ったがアナザージオウツーウォッチをこんなところで回収しつつすっかり使わなかったディケイドウォッチも回収と、
やっぱり道具まわりの伏線回収は上手い。バンダイの人が脚本書いてるん?
>この話って自分たちの世界を救うため他の世界を破壊なんてしなくても、
他の親族はどうか知らないけどスウォルツとツクヨミが別の世界に移住すればいいんじゃね?
ビルドみたくパラレルワールドと融合で消滅ってなら消えてなくなるってより他のパラレルの自分と統合されて今まで通りの日常だろうし
見てて納得がいくようで考えると矛盾してたりもうジオウのご都合でどうにでもなるこのパラレルのルールがややこしい
>予告を見るにアナザーディケイドはディケイドディエンドそしてチェイスが倒すのかなって
今回チョイ役だけだったし次回で活躍してくれれば、てかチェイスあっさり元に戻った?な。それだけ剛との絆が強かったんだろうってうれしいけど
「私は世界を救った」と言っていたオーマジオウはツクヨミを取ってスウォルツらの世界を救ったって事か
だから次回オーマを倒すため戦うのかと納得していたがオーマジオウに聞いてくるだけで帰ってくるんかい公式予告。そればらしていいのか?
>公式ページの予告文を見るとなんかツクヨミがラスボスなりそう
それならば「世界を破壊する」といっていた士がツクヨミを庇ったのもツクヨミの力で世界を破壊するためって説明がつくし
>この土壇場にまで来てスウォルツの狙いがいまいち分かりませんね
他の世界を壊してその欠片から何かしらの要素を補完して自分の世界を救いたいのか、
それすらも建前で自分の世界をベースに他の世界を壊し統一世界を作って救世主の王として君臨するための権威づけをしたいのか
そもそも今の話がディケイドあり気になっているためスウォルツについても大幅な設定変更があったのかもしれませんね
>全ての世界が一つになるというのはディケイドを思い出す展開ですね
あのときはディケイドが独り悪名を背負うことで回避できたと思っていたのですが、あれはあくまでも先伸ばしにできただけなのでしょうか
世界の終わり(最終回?)まであと3ページ(3話?)とのことですが……これちゃんと纏められるの!?
>やはり「別の時間軸」という言葉は白ウォズルートのような歴史が分岐してできた世界ではなく ディケイドの「別の世界」と同じ意味でよさそう?
でも時間移動をしている以上は完全に別物というわけではなく何かしらの繋がりがあるのかな
ジオウというより本来ディケイドでやりたかった設定を出してきた感じがするけどこれは企画陣の心残りの解消だろうか
流れとしてはなぜか王家の世界の崩壊が始まりそれを防ぐために別の世界を生贄にしようと画策
(これはディケイドであった世界同士が衝突し消滅する現象が起こっていて、衝突しそうな世界を全て消してしまおうという事だろうか)
そして全ライダーの力をジオウ一人に集中することでジオウの世界に全ライダーの世界が融合され アナザーディケイドの力でまとめて破壊できるようになったと
ところでスウォルツが先週言ってた3択だけどスウォルツが倒されれば王家の世界の崩壊を止める手段がなくなる
ソウゴが倒されれば所持している全ライダーの歴史(世界)もろとも消滅する。というのは理解できるけど
おススメされた「ソウゴがオーマジオウになる」はどういう意味なんだ?
王家の世界の崩壊阻止はクウガ~ビルド世界の破壊だけで十分でオーマジオウになればジオウの世界だけは助かるということだろうか
ソウゴが今まで戦いを続けてきた理由にはオーマジオウの存在もあったため、
ジオウの世界(未来のオーマジオウの歴史)が消えるのはスウォルツにとって好ましくないってとこかな
>本人の隣で追放するとか言っちゃう若き日のスウォルツ氏の何やってんだこいつ感 そりゃ今の王(両親?)も次の王の座はツクヨミに譲ろうと考えちゃいますわ
>過ぎた事だがゲイツ達ソウゴは一晩中探したけどミハルの事はスルーだったん・・・?
せめて一言ミハルも見つからない、って言ってくれれば心配してたんだなぁってなるけど。やっぱり扱いひど過ぎない?
>ミハル「鬱だ死のう」
>【悲報】ディケイド、半分の力で無双していた……いや、そりゃ10年分でライダー大戦やってたんだから半分でも充分ではあるんだが
>空一杯のCGモンスター。そりゃ士なら「大体わかった」
>10年ぶりの世界崩壊現象ですな。「ディケイド」の時も思いましたけど、
平成一期と比べてCGの進歩がすごくて、「龍騎」放送当時と比べるとミラーモンスターのクオリティがダンチですよね
>アナザージオウウォッチⅡには自我を飲み込まれる副作用がある
これはアナザージオウⅡ特有の効果かそれともアナザーウォッチと相性の悪い人間が使うとそうなるのか
前者だったら加古川はウォッチのせいであんな行動をとってしまった訳だし 後者だったら戦闘能力の低い一般人をアナザーライダー化していた理由になる
なんにせよ命を救った海東が再び士の命を奪おうとするとは皮肉でs‥‥
公式サイト「まるで自身の欲望だけが増幅したかのように士に襲い掛かる」 自身の‥‥欲望‥‥?
>スウォルツ「やぁみんな!僕の名前はスウォルツ!時間を操る王族の王子さ!
まもなく世界が一つに融合して、僕達の世界が滅びてしまうかもしれない!だけどそんなことはさせない!
僕がソウゴから力を奪って王になって、この世界を守ってみせる!たとえ他の世界を滅ぼすことになっても!えっ、僕より妹の方が力が強いって?
そんなの認めないぞ!記憶を消して追放してやる!王にふさわしいのはこの僕だ!」こうして文章にするとスウォルツの情けなさ&意味不明さがよく分かる
>歴代平成ライダーシリーズはTVシリーズのように独立もしているしMOVIE大戦のように繋がってもいる。今回の世界融合はそれが視覚化されたようにも見えます
>今週のジオウで、ディケイドの変身の仕方が格好いい感じだと思いました
自分の中でのディケイドの変身は「バックルを両手で閉じる」なのですが、今回は「片手で閉じる」でした
>ディケイドのライダーカードにジオウが更新されていたり、アナザージオウウォッチが破損したのは既に「ジオウの物語」の結末が確定したから?
そういえばもやしはジオウの結末自体はまだ知らなかった様な言動でしたね
>今回実質ディケイドの続編やんけ
>現状ソウゴも士もスウォルツ氏をラスボスと捉えて来週は彼の計画を打ち砕くための作戦を実行するみたいなんですが、
予告を見るに「思わぬ裏切りが」とか「士の作戦に見落としが」みたいなどんでん返しの示唆があるんですよね
今更ウォズや海東が裏切っても思わぬではないので、ほかにと考えるとスウォルツ氏より力があるというツクヨミ…
正確に言えば記憶が戻ってツクヨミ時代を忘れたアルピナ姫が実はスウォルツ氏と同じような思想で、
だからこそスウォルツ氏も自分が支配されないよう記憶奪って放逐なんてしないといけなかったのかなと
記憶を失う前のツクヨミがどんな人だったのか誰も考えなかったのが見落としで、子供アルピナがやたら攻撃的だったり
今回も子供に銃を向けて人道を語るのか?みたいに言われたりするのが伏線だとすると、
自分の世界を守るために兄から時間操作もアナザーディケイドも奪い取って正当な時の女王がラスボスになるってのもありえるんじゃないかと
できればその時はアナザーディケイドだけでなく怪人態もあるとラスボスとして楽しいと思うのですが
>海藤はもう何なん?もはや自分の面白優先で士を陥れたり士生き返らしたりしてるだけやろコイツ
ここまで目的が一貫していない、っていうのが話の主軸として成り立っていないのが・・・
その点ウルトラマンタイガのトレギアは愉快犯染みていながらもしっかり悪役やってるよな
もう海藤もダークライダー枠にすればいいのにさも主人公の「ライバル兼味方」扱いになっているの全然納得できない。今週の話で死んでおいても良かったな
>「ツクヨミは小さい頃からお転婆だったんだね」正当防衛とはいえ衝撃波ぶつけられた後で言う台詞にしては正直ジワジワくる
というか可能性の時間軸とはいえど人様の家に不法侵入している時点でロリツクヨミから攻撃されても仕方ないんだが
>スウォルツ氏、実家に不法侵入してきた輩に親切に説明してあげる辺り何か良い人っぽさもあって笑う
それにしても「消滅する自分達の世界を救いたい為に仕方なく他のライダー世界を滅ぼすしかない」のか
「自分の利益の為についでに世界救う的な使命果たしとく」のか一貫しない。そもそもバックボーンの詳細な説明がないんだが
>スウォルツ氏の口振りから語られる事実を簡単にまとめると、要は「ジオウ世界そのものは本来別々のライダーワールドとは結び付かなかったが、
ライドウォッチの効果によって重ね合わせで存在していたライダー世界がジオウ世界と結びつき、それが時空の乱れを引き起こした」といった感じだろうか?
つまりオーマジオウとはライダーそのものの可能性を喪失させない為の楔そのものだったのか
オーマジオウの存在は存在自体がライダーの可能性を失わせない為の「抑止の守護者」的な存在だと見てみると合点があってくるような気がしますね
生まれながらの王、というよりは世界そのものを修正へと導く為のリセットボタン式な王だったんだろうな劇場版での立ち位置から観ると
アニヲタなんかで書かれていましたけど、仮面ライダージオウという物語は「未来の『ライダー』を創る為の物語」だったと見れて間違いないですね
テレビシリーズはテレビでとりあえず進行中ですが、未来のライダー・ゼロワンへとどんな風に繋げていけるのかがやはりキモ
後、できればオーマジオウの正体見せてほしいな
>「カメンライドにジオウが更新されている」「以前には砕かれなかったアナザージオウのウォッチが砕かれた」事を鑑みるに、
既に「ジオウの物語」は終息に向かいつつあり、新たな未来そのものが確立されつつあるみたいですね
劇場版でも冒頭でソウゴの夢にゼロワン誕生の儀が行われていましたが、
今にして振り返れば冒頭の令和ライダー誕生の夢を見ているか見れていないかでルートそのものが分岐したんじゃないかと見て取れます
>平成ライダーの時間ももうすぐ終わりですね...改めて聞きますが、はんぺらさんは平成二期でドライブはどれぐらい好きでしょうか?
自分的にドライブは敵側や味方側にそれぞれの戦う理由やその中での苦悩・葛藤が描かれていて、特にハートは全然悪人っぽくない理想の上司してたり、
ブレンは最初頭脳役してたのが段々とウヴァさんポジを確立したり、チェイスはクールなライバルキャラ、から転じて寡黙天然な萌え先輩ライダーやってたりと
ロイミュード達の人物像とか良かったなぁ。まさか劇場版でブレンがライダー体で出演したのは笑いましたが
長文失礼しました。是非改めてドライブ一話から全部見てもらいたい

「この世界はもうすぐ消えてしまうんだ。でも僕が救う。他の世界を全部滅ぼしてね
この世には世界がたくさんある。この世界だけ滅ぶなんて理不尽だ」

「他の世界を全部滅ぼすって・・・どうやって?」

「簡単だよ。世界を1つにまとめちゃうんだ
他の世界には1人1人仮面ライダーがいる。ライダーを1人にまとめれば、世界も1つにまとまる
その世界を滅ぼせばいい!」

ついに明らかになったスウォルツがオーマジオウを誕生させようとしていた目的。それは無数に存在するライダー世界の統一にあった
各世界の象徴としての仮面ライダーが1つにまとめられることで、世界そのものも融合して1つになる。そしてその世界を滅ぼすことで彼等の世界は滅亡を免れるという
まだ記憶に新しいビルド終盤の解決策
「並列世界の融合」 この場合は並列世界ではなく明確な異世界なのでニュアンスは少し変わってくるとは思いますが、
スウォルツはその理論を利用して、複数の異世界を一網打尽に滅ぼすつもりだったのである
彼の言葉を裏付けるように、ソウゴ達の世界にはスカイウォールや風都タワー、ユグドラシルなどの巨大建造物が次々と出現。更に大地と空を埋めつくすモンスターの大群が湧き出てくる
まさに世界の終わりという絶望的状況の中、物語のデウスエクスマキナ的な存在である士の下した決断は・・・・
「なるほど・・・大体わかった。
この世界を破壊する」

というワケで複数の世界が融合したことにより、もはや滅亡寸前となったジオウ(ソウゴ)の世界
士はこの世界の存続に見切りをつけたようですが、このまま世界を破壊すればスウォルツの大願成就という事になるので、次週思い留まってソウゴ達と世界を救う方法を模索する流れか
この物語の進捗が大渋滞の状態で出てきたチェイスはどんなポジションになるのかと思ったら、
詩島剛との友情を熱く掘り下げるというまさかの脚本
仮面ライダードライブと進ノ介という名前は一切出さないのに「本当のお前は覚えているんだ!詩島剛を!」と言われて苦しむという徹底ぶり
もちろん男の視聴者としても熱い展開ではありますが
明らかに女性層を狙ったBL的サービスな脚本であり、制作側のサプライズと言った印象
大道克己と同じく
物語の大筋的には出てこなくてもまったく関係ない立ち位置なだけに、そう割り切って楽しむのが良いかと
あとは
相変わらず終始行動がキチガイのヤンホモや、まな板の上の魚みたいにグネグネ動く士など
ネタ&映像面で面白いシーンはありましたが、残り2話という土壇場で世界が滅亡寸前という状況になってもイマイチ盛り上がらない本筋の脚本が本当に弱いというか残念
結局第1話が始まった時にはんぺらが期待したような、
時空SF作品としての壮大な仕掛けが一切存在しないチープな作品だったのがなんともね・・・


8月5日

>ギャグマンガ日和9月まで全話無料公開ということで読み直してるんですがまとめて読むと胃もたれしますねこれ…
20年描き続けてきた増田先生は紛れもない天才だと思います 

ギャグマンガ日和20周年記念全話無料公開中
増田先生画業20周年ということでまさかの太っ腹サプライズ。この手の無料公開はせいぜい2週間くらいな事が多いですが、9月までという長さも嬉しい
ギャグ漫画日和と言えばずっと前に範さんが
「中国でも人気ある」と言っていたのが印象的で、あの破天荒ギャグはグローバルに通じるんだなと思いましたね
それにしても20周年とは月日が経つのは早いもの。デビュー当時から現在に至るまで、ギャグ漫画界の第一線を張り続けてきた本作はもはや不朽の名作と言ってもいいでしょう
「今更恥ずかしくて言えないけど、実はギャグ漫画日和ってじっくり読んだことない・・・」
という朋友は是非この機会に読破を。相当なボリュームではありますが丁度盆休みが控えてるし、十分な時間は確保できるハズ。この絶好のチャンスを逃したらマジ勿体ないぞ

>河村きたあー!これはもう決まるんでしょうね。しかし河村くんでさえバスケット一番になれなかったんだなあと
正直皆浦と碓井が普通に打ててるのが凄いんですけど、河村以外だと打てないってわけでもないんだな
>はんぺらさんお見事。河村のルーティンの予想的中でしたね。先週の感想で「どう思うか」聞かれてましたが、
見開きで書かれた河村と瑛太の対峙を見るとやはりこの対決がこの試合自体の結末に直結するのではと感じました
フォームの時点で河村も一つ敗けを認めてるし、これ以上変に引き伸ばさない感じがするんだよなぁ

>ブンゴの河村くんの秘策はバスター打法だったりして
球の見極めやタイミングの微調整の為に、プロでも西武→SBの細川選手と良くやっていましたね
長打を捨てる打法なので、河村くん的にはある意味負けなのかも
とはいえ、例に挙げた細川選手もバスター打法で本塁打を放ったりもしていますが汗

>ブンゴ 話の都合だから仕方ないのはわかるんですが、先週皆浦があれだけ主役演出のモノローグで
「神様、俺の今後の人生の運を使い切っても構わない」
とか言って決死のヘッスラでヒットもぎ取ったのに碓井がスゲエ普通に打っちゃうのはなんか草


「ちっ、瑛太の緻密なピッチングは技術の高いバッターの方が相性がいい
碓井のようにあまり考えずに振り回してくるタイプは苦手なんだよな・・・」

皆浦の今後の人生の全ての運とは(哲学)
極めて野球IDの高い瑛太と袴田の静央バッテリー。故にその計算し尽くされた配球戦略は高度な技術を持つ打者にこそ、より大きく効果を発揮する
麻雀玄人が素人のメチャクチャ打法にやられるのと同じ理屈で碓井に続くヒットを許してしまうまさかの展開
十中八九送りバントだとばかり思ってましたが、下手に失敗してゲッツーになることを恐れたバッティング指示が功を奏したカタチとなった冨士ケ丘
これでワンナウトランナー1、2塁。得点圏どころか、ホームランが出れば一挙3点という最高の状況でバッター河村を迎えます


今までは掌を腕に沿って真っ直ぐ伸ばしてたのに、何故か今回は拝むように掌を立てた状態でルーティーン所作を終える河村。坊主頭のビジュアルも相まってか
鬼滅の悲鳴嶼さんとか、るろ剣の安慈みたいなめっちゃ強い坊さんキャラの佇まい
「僕は本当に負け犬だよ」と自嘲気味に敗北宣言をしながら、これまでの打席とは異なる前傾姿勢でバッターボックスに入ります
後ろが珠希ちゃんなので「ここでの敬遠はない」と否応なしに勝負の流れになってますが、3塁空いてるんだし満塁策でも悪くないと思うんだが・・・珠希ちゃん当たってないしなぁ
資格はあるか?素質はあるか?
俺の野球に対する情熱のその全ての源はいつの間にか―
石浜文吾・・・お前はいつか未踏の地に辿り着くだろう
だが河村を倒して俺も征く
誰も踏み入る事のない俺だけの境地へ!
対峙する瑛太のモノローグがもう打たれる予感しかしなくて完全にデッドエンド
被弾するのは100%確定しましたが、本塁打なのか単打になるのかがまだ読めないところ。河村の凄さを見せつけるなら本塁打以外は有り得ないところですが、
本人が負け犬宣言していることから、朋友も予想しているバスターのように本塁打を諦めたヒット狙いの打法で来る可能性も捨てきれません
でも不本意なヒットならルーティーンが不揃いな状態でも打てたワケだし、
それが完璧に復調した今なら・・・と考えるとやはりホームランが本命予想か
ここで逆転して2点差になれば碓井が野田の打席で敬遠しなくても冨士ケ丘が勝てるようになるし、試合全体の構成を総合的に考えてもやっぱこっちかね

>かぐや様。石ミコ石上は他人の批判に折れた人間なので批判にくじけないミコを、
初認欲求が強すぎるミコは石上の正しさを誇示せず行う姿勢にそれぞれ憧れているのではないかな
ミコは「そんな石上に認めて欲しい」という感情が過剰な意地っ張りと捻じれた恋愛感情に繋がっているのだとすると
キャラクターの描写としてはものすごく一ッ菅していますね
ただ石上はミコを評価しているものの陰キャの自分にないものとして先輩により強いあこがれと恋愛感情を向けているのが難しいところか
今気づきましたが石ミコはシルバーマンとサイコマンですね
>かぐや様15巻買ったんですけど
ミコちゃんに言い寄っていたっぽいメガネ君(田中哲平?)がほっぺ男君に差し替えられていて、小野寺さんもその例の1コマに登場してますね
やっぱり石ミコクリパ編は当初の予定と流れや構想を若干変えた部分があったりするんですかね?
もしかしたら16巻ではミコちゃんの赤面は差し替えで消える可能性もあるのかも?
>なんというかホント顔芸できる子ってかわいい。そして足りないぽわぽわ要素は語りたいで摂取という
いやまあダイエット中って意味わからない理論に陥りますよね
当方、昔ダイエットしてたときに「ラーメン単品は半チャン餃子セットじゃないからローカロリー」とかいう意味不明な考えありました
あと絶対エッチの時に焦らしに焦らして食う側の人間の顔する同人誌が(ry
>いや、田沼姓ですぎでしょ(笑)ラーメン仙人も翼くんの身内っぽいですね
>ラーメン仙人、翼くんの高祖父(お祖父ちゃんのお祖父ちゃん。承太郎に対するジョナサン)……?
>ラストの藤原書記かわいいなぁ。今後何かの機会で屋敷で使って欲しいです
>今回の感想は対象F腹パンしてえ、でしたw
>裏ヒロインが裏主人公と色々なロマンスや修羅場ってた後にラーメン爺さんとイチャイチャしてるかぐや様の表ヒロインに笑った
>やっぱり石上と藤原が好きですねぼかあ 倦怠期なんて言葉、一切縁がなさそう
>藤原回一話で終わりか!タピオカはさらっと流して早坂出てこなかったけれどこれは予定通り……なんですかね?
それとも当時の評判を見て何かしら修正を入れた結果?(即反映は無理だろうから10話くらい前が掲載されてる時の話になるでしょうが)
あ、でも次回早坂愛がエントリーしてそこに藤原も出るのかな?
>石ミコで盛り上がっている所すまねえはんぺらさん 俺がかぐや様で求めているのはこういうバカ話なんじゃ
>ポニテの千花ちゃんがいつにない表情で激辛ラーメンをすする姿に新たな魅力を感じた
>そういえばこういう箸休め的な飯回って藤原さんだけかな?
一人でも面白いのは流石だけど、いつか白かぐマキちゃんトリオとか石ミコ小野寺トリオなどの複数人で飯食いに行くギャグ回も見てみたい
>前のラーメンのおっさんはおっさんゆえにスープ完飲出来なかったけど今回の爺さんは死んでも構わない覚悟で完食しきってて強い
>勢いと正論っぽいこと言えば、痩せれると思ってるところが最高に藤原書記だと思いました(こなみ感)
>藤原書記が完全に悪いこと言うパンダ
>画像レスにお使いください的な「うるさいなぁ。ぶっころすよ?」の破壊力。ミス指摘が殺到したときのはんぺらさんにも使い勝手がよさそうですね
>千花の最後のセリフはそれだけでも面白いんだけど、
ハトよめ読者だとハトよめテイストを感じて二重に面白い
>「うるさいなぁ ぶっころすよ?」という汎用性の高い藤原書記の一コマ・・・
石上は淡々とカロリーに関する事実を教えてくれただけなのにあんないい笑顔で殺意を口にするとかとんでもない逆ギレかますとか・・・
ダイエット、というか人生そのものを楽観的かつ舐めきってる藤原書記がキチンとダイエットできる日は・・・来ないかなぁ
超激辛ラーメン食べる為にチェイサーでアイス三つも食ってる子には特に
>正直言ってかぐや様はちゃんと読んでるマンガではないのですが、とりあえず画像レス素材提供マンガだってことは理解しました

最後のコマが全部持ってって肝心のラーメン食いの内容が全然入ってこなかったかぐや様
美少女JKがあどけない笑顔で毒を吐くというギャップが面白いオチでしたが、コメントにもあるようにハトよめ読者だと更にじわじわ来る
画像レスとしては、正論で論破されても尚それを認めたくない時とかに使う感じか。一見めっちゃ使いそうなインパクトだけどいざ使うとなると意外と出番ない気がするな
あとはんぺら初見で気付かなくて朋友達の指摘でよく見てるなぁと感心したんですが、仙人の名前が
田沼尊彦なので翼の曾祖父さんではないかという考察
若い頃はTVにも出てたラーメン王とか言ってるんで、医師家系のエリートには見えませんが・・・それでもわざわざ同性にしたことに何の意味もない事はないハズ
もし翼の曾祖父なら今後再登場もさせ易いし、まず間違いなく血の繋がりはあるだろうと考えるのが妥当でしょうね
考えてみれば高円寺のJ鈴木はかぐや達を助けてくれたタクシーの運転手だし、ラーメン四天王がそれぞれただの他人ではなく何かしらの関わりがあると面白いかも
しかし春休みに神保町のマシマシママ戦って言われても、時系列的に最終回後では・・・

>都丹!生きとったんかワレ!
>ゴールデンカムイ休載明けの掴みはばっちりだな
>トニさん死亡確定からよく復帰してくるな…アヴドゥルポジ?
>何でもありになってきた鯉登パパ。いっそ息子の代わりに杉元一味に加わればいいのに


生きていた都丹庵士、有古の第7師団造反と驚愕の展開を見せたゴールデンカムイ
のっぺら坊に殺された7人のアイヌの長達の1人が有古の父親だったそうで、最初からスパイだったのではなく都丹にそそのかされるカタチで寝返ったと・・・成程
保管されてあった入れ墨人皮を全て盗ってきたようで、このまま土方達のアジトに生還することができれば金塊を巡る趨勢は大きく傾くことになりますが、
有古の裏切りを完全に読み切っていた鶴見中尉がむざむざ本物を置いていたとも思えません。土方のアジトを炙り出す為にわざと盗ませたと見ていいでしょう
おそらく盗ってきたのは十中八九江渡貝くんの贋作。更に有古はだいぶ深手を負ってるようなので途中で死にそう
このままだと完全に鶴見中尉のしてやったりなので、せめて有古と都丹だけは死なずに土方達と合流してもらいたいですが・・・はたしてどうなるか。難しいかなぁ

>単行本派じゃないので今頃知ったんですが、リクドウ最終巻で加筆があり、それでリクと苗ちゃんがセクロスしたそうです
マジか。それは後日談でなく、カネキとトーカみたいに数ページ使って描写って事?
そうなら正直最終巻だけでも買いたいところだな。詳細求む

>パラリンピックのポスターをジョジョの荒木先生が描かれるそうですね。グレートですよこいつはァ~
らしいね。今やNetflixやらで「JOJO」もグローバルになった事だし、世界的にも反響ありそう
というかオリンピックまだまだ先だと思ってたけどもう1年後なんだよな・・・ほんと月日が経つの早いわ。興行的に成功してほしいけど、暑さ対策だけはどうにも心配よね

>ハンペラさん、はじめまして仕事で忙しい中更新ご苦労様です
このサイトのおかげでバキという作品にめぐりあうことが出来ました、ありがとうございます
最近のバキを見ると烈先生の遺体の片腕を克巳にくっつけると言う内容でした、ということは烈先生の復活はなくなったんですかね

初めまして朋友。片腕の個性とは何だったのか状態だがバッファローマンのロングホーンをキン肉マンの腕に移植するみたいで展開としては面白いな。手術が紅葉が行うんだろうか
あと烈先生の生死に関しては以前、なんかのインタビューで板垣先生が
「烈海王を生き返らせたら僕は漫画家として終わる」
とか仰ってたから100%死んでるし生き返らんね
武蔵編は何だったのかねホント・・・読者にとっても板垣先生にとっても、「烈先生という人気キャラをただいたずらに殺しただけ」で終わった正真正銘の黒歴史シリーズだと思うわ

>先週まさに名乗りを忘れてしまいやした、範です!アドバイスありがとうございます
ただ、最近とあるバイトの女性が私を苦手と他人に言ったのを耳にしており、それにもかかわらず私にトゲある物言いをしてきます
私は他の人とは割とよくやっている分、その人間関係に悩む部分がありました
しかも厄介なのが、その人は店長とよくつるんでおり、私のミスなどよく密告しているみたいです
ミスした自分を棚に上げるつもりはないですが、その辺何も出来ない自分に辟易してます
はんぺらさんは、達観と仰ってましたが、実際はまだ戸惑いが多いです
その人は自分より仕事ができる故、社員という立場の私が、しっかりしていないから変な嫉妬されているものだと感じてます
私がトリコのココみたいに毒ある冷静な返しが出来たどれだけいいか、思い悩んだ時期もありました

あら、随分溜め込んでたようだな。そうやって吐き出して少し楽になると良いよ
とりあえず嫉妬されてる自覚があるならまずはミスを減らすように努めるのが急務だね。それで相手が範さんを見直して嫌味がなくなれば万事解決の話だ
でももし仕事のミスがなくなっても彼女の態度が変わらないようなら、もしかしたら中国人に偏見を持ってる人種かもしれんね・・・日本人として申し訳ねえ
その場合は店長に相談するのが一番だと思うぞ。もし店長がその人となあなあで役に立たないなら、本社の人事部の相談窓口とかね
今のご時勢、大きい会社ならコンプライアンス管理がしっかりしてるからすぐ対処してくれるよ
しかしわざわざミスの告口とはまた嫌味ったらしいババアだな。異国の地で一人頑張ってる若者に対してもうちょっと優しくできんもんかね

>克己ちゃんのアレからサムズアップ。この辺はいい。ミハル(および次回の士)の扱いはちょっと……まぁ最後まで見てからだな
>ミハルの すごい 無駄死に
>まさかトリニティの強制合体が宇宙までの距離どころか次元の壁すら越えるとはね。これは上手い
>思い返すとゲイツばっかりな気がするけど本音の発露のシーンってジオウいいな
アナザーワールドの破壊方法がトリニティでアナザーワールド内のゲイツウォズに引っ張ってもらい、
敵のエターナルの力で世界を破壊するってアイテムをうまく使ったと思う
ただゲイツのアナザーワールドから連鎖して他のアナザーワールドまで壊れるのとかなんか雑かなーとも
エターナルこと大道克己消滅の為なんだろうが、克己最後までカッコいい役だったな。必殺技まで出せたしゲストとしては破格の扱いじゃない
逆に劇中で死んでしまった湊ミハルの扱いは何なのか、仲間ゲスト殺すか?ちょっとさー脚本に贔屓入ってない?
>白ウォズはやっぱ本質がウォズだなゲイツとジオウで推しは違えどファンボーイの鑑や
そしてオーラ早々の因果応報退場。「かかったなアホが!」と力を返してもらったスウォルツまで殺そうとするとかコイツマジで風都の女だわ
読まれていて返り討ち、トドメは顔面に蹴りという容赦のない扱いってところも風都の女っぽい
でもさスウォルツもオーラの本心を読んでいたんなら今回のアナザーワールド破壊計画を読んでてもいいんじゃない?
怪訝そうな顔もしてたんだし。エターナル交戦を察知できるんなら白ウォズの密約も察知しようよ
>ソウゴの力を奪うためにソウゴを成長させてたと思えばスウォルツ氏の目的は何だかんだで一貫してたのかな
タイムジャッカーはウールやオーラを手駒として利用するだけの建前だったのかな?視聴者的にはワードに踊らされてた感
スーパータイムジャッカーは考えちゃダメだ。聞かなかった事にしよう。お前の罪を教えて?から教えろ!に変わったのはまぁね
教えてじゃしまらんし。BGM流れたりサムズアップで消えていく大道克己が見れただけでもW好きとしては成仏できる
>克己「これで、仲間の元へ帰れる(内1人は自分でぶっ殺したけど)」
>オーマジオウは未来でスウォルツを倒して世界を救うも、ツクヨミを救うことはできなかったから
未来では達観したというかなにか虚無のような感じになってしまったのですかね
オーマジオウがソウゴを導いてきたのはソウゴを自分の歴史をたどって王にするためではなく、
自分のようにライダーの力を継承して強くなってもらいつつも自分にはできなかったツクヨミを救うことを成してくれるのを期待しているのではないでしょうか
そのためソウゴに助言を与えたり、ソウゴといっしょにレジスタンスのはずのツクヨミを見逃したりしてるのだと思います
>大胆な告白はホモの特権
>仲間のウールのためにスウォルツを倒すためにウールを殺すってハーブか何かやっておられる?
>うーむ。風都の女的な悪女のオーラだったけど、顔面に蹴り入れられてお亡くなりにならんでも
中の人は誕生日を迎えて本編とは違うキャスト陣の雰囲気にほっこり
>まだまだ続くレジェンド客演の次はまさかのチェイス
敵ロイミュード軍の幹部設定とは言え此度の映画で「俺の人生の目標はダチを蘇らせることだ(意訳)」
とまで言った剛と共演しないのはどうなのかなとドライブファン的には思いますが大道克己をカッコよく客演させた脚本にうまく補完を期待したいです
>スウォルツはオーマジオウに代わり自分が王になるのが目的で、オーマジオウは阻止すべき案件だと思っていましたが、
ソウゴをオーマジオウに仕立てることでスウォルツが王になる道が開かれる?のでしょうか
スウォルツの言うオーマジオウルートが現在の正しい歴史で、オーマジオウとなったソウゴがスウォルツを倒すのが「世界を救った」ということでしょうか
>公式の次週予告によるとスウォルツの目的は自分たちの世界の崩壊を防ぐために他の世界すべてを破壊することらしいんで
アナザーディケイドになるのも納得できなくはないんですが正直目的意識あって動いてたように見えないんだよなあ
>エターナル無敗のまま退場するとはレジェンドの中でも破格の待遇でしたね
複数の世界を破壊できるほどの威力を破ったCJGXはまさに風が吹いたから勝たせてもらったんだな
洒落ている台詞ばかりだったのもかっこ良かったし 松岡充さんのコメント通り大道克己の哲学を感じた客演でした
>スウォルツが倒されたら時間軸とともにツクヨミも消えるってどういうことだ?
王家の時間軸はディケイド達のように別の世界という訳でもクォーツァーのようにジオウ世界に干渉できる訳でもなく
白ウォズのような歴史の分岐でのみ生まれる存在だったのか?
>ゲイツのアナザーワールドはオーマジオウを倒したりだとかみんな笑顔で生活してるとかを想像していたらソウゴへの告白で笑った
この1年で心変わりしたことはもちろんわかってるけど元の時代の優先順位が下がってる辺りゲイツの過去が気になる
Vシネとかで明かされるといいな(TVでは説明されないという確信
>オーラが雑に退場したのは割と予想通りだったのでスルーするけどミハルウゥゥ!?
士よりも色々事情知ってそうだったのに退場だなんて(むしろそれが理由か) オールアップされてないし歴史が変わって最終回に全員復活かな
ところで先週はソウゴが駆け付けた時にはすでに殺されてたから止めようがなかったけど今回は時間戻せたんじゃないの?
やはり便利すぎて無かったことにされたか
>ミハル、死んでしもうたん!?いやでも本当に死んだならパンツが破れるなり燃えるなりするはず
ここはギリギリ命だけは助かる可能性に賭けましょう。映画版とは言え原典キャラを殺したら叩かれまくりそうだし
>克己ちゃんの最期、今までサムズダウンしていたのがアップになった辺り、
かつてクオークス達をこの手で助けられず、悪の道に走るしかなった悔恨が漸く晴れたのだと思えてならない
>レイカ「AtoZで私にトドメさしたのは介錯だったの?」
>オーラちゃんの評価もはや掌ねじ切れる。もしかしてスウォルツを倒すのではと一縷の望みはあったけど……考えてもウールを殺す必要あったかな?と思ったり
>ジオウ今回の脚本監督は結構なSなんですかね?ウールやっといて本当は逃げられないからスウォルツ倒すわって言われても
ジオウ達とウールが力合わせた方が効果的な気がするし、そもそも信用されるわけがないしで顔面蹴られて絶命させたいくらいしか伝わってこないなぁ
>ウールに続きオーラも退場。結局は在庫処分の為だけの存在過ぎて何の憐憫も湧かないというか...
どんなに理由付けても身勝手にウール殺した時点でな...ホント死んでスッキリした
>まさかのミハル死亡確認!劇場版からのゲストがここに来て退場なのはやや衝撃的だったけど、
克己ちゃんの方がクローズアップされていたばかりに「え、これでアクア終わり?」としか思えない
そして予告でのチェイス先輩に全てを持って行かれて...何しに出てきたんだよミハル
>ああ、オーラスウォルツ氏を討ち取る為にウール犠牲にしたのか...って言えば視聴者からも許されるとでも思っていたん?
正直ここまで死んでスカッとした奴もそういないしむしろスウォルツ氏を讃えたい
>マッハを映画に出し、本編にチェイスを出す……つまり2人はまだ会えない、のか
>ただの敵で終るのかなと思いきやBGMでテンション爆上げでマキシマムドライブはアナザー世界崩壊級な上に仲間を忘れないとか克己ちゃんイケメンだわ
>オーラについて疑問あると思いますが二人とも死ぬくらいなら片方犠牲にしてでも一矢報いてやるってだけだと思いますので仇打ちってわけではないかと
>スウォルツ的にはここ最近だと怒りをやたら煽ってる感があるので、色々揺さぶったところで自分を殺させるあたりが目的な気がしてきました
その上でソウゴに入れた自分の力をビーコンにして融合した姿が未来のオウマジオウなのかも
>オーラ、ミハル、白ウォズ、克己と色々死んだのにほとんど死んだ意味が分からない
>次のゲスト出演はチェイス!それも仮面ライダーではなく魔進チェイサー!怪人のゲスト出演は初めてですがライダーにもなるんでしょうかね
この先主人公ライダーの出番は残念ながら無さそうですね
>以前アクアとエターナルオリキャスで出したから八割許すと言ったな。絶 対 ゆ" る" ざ ん" ! 
話が糞でもシリーズファンへのサービスだけはなんとかやってたジオウだったのに な ぜ ア ク ア 殺 し た し !
公式で「息絶えた」とか書かれては最早どうしようも…繋がりが皆無に等しい過去作ゲストをオリキャスで出張させた先で抹殺とか作劇として前代未聞やぞ
何で日月出張で疲れた頭にこんな追い討ち食らわにゃならんのだ
最後までこのままフォロー無しで終わるようなら個人的にジオウはゴーストと並ぶ糞ライダーに認定できそう
>てれびくん、恒例のハイパーバトルDVDの募集が始まりましたね。そのタイトルは「ビビビのビビルゲイツ」……
うん、まずは水木先生(ビビビのねずみ男)とビル・ゲイツに謝ろうか、スタッフは。どうやらゲイツの怖がりなのをおちょくる内容のようですが、
夜に登場するアナザー響鬼(鬼)、アナザーゴースト(ゾンビ)、アナザー鎧武(落ち武者)は普通に怖いと思う
なお、同雑誌にて風都探偵ビギンズナイト編完結記念で書き下ろしイラストの時計も通販できる模様(8/5発売のスピリッツでも同じものに応募可能)
Wファンの人は是非どうぞ
>来週から関西圏はスーパー甲子園タイムとなります。ライダーレビューは一番下にして頂けるとありがたいです

大道克己、白ウォズ、オーラ、そしてミハル。実に4人もの人物が一気にリタイヤした今回
エターナルは最初から最後まで圧倒的な強さと風格を落とすことなく、トレードマークのサムズダウンをアップに変えて笑顔で消滅するという粋な退場
更には
Wの戦闘曲がBGMとして流れるなど、ゲストライダーとしてはアギト編以降となる破格の厚遇だったのに対し
TVシリーズの主役ライダーでないとは言え
ゲスト出演なのに厚遇どころか普通に殺害されたミハルの扱いの悪さの対比が凄い

白ウォズに関しては正直あまり再登場の意義を感じませんでしたが、まぁエターナルを利用したアナザーワールド破りを考案してくれたので必要だったのかな・・・
でもそんな事言いだしたら大道克己出てきた意味もわからんしな。あくまで視聴者サービスと思って割り切る話か
「ウールが出来なかった事を私がやる・・・そのために私はッ!」
そして最も意味不明だったのがオーラ。まるでウールの仇討ちとでも言わんばかりのセリフでスウォルツを刺すも、ウール殺したのお前だからな
正直行動が支離滅裂すぎて何の同情も沸かないところですが、これで実はウールを刺したあの一撃には殺傷能力はなくて一時的に仮死状態にしてただけとかいうオチがあったら凄いな
まぁ2000%ないだろうけど
というワケで今まで行動に整合性が見えず、何がしたいのかまったくわからなかったスゥオルツ。「最初からソウゴをオーマジオウにして、その力を奪う」事が真の目的だったと明らかに
「俺の野望を止めたければ俺を倒すことだ。だが俺を倒せば俺の時間軸は消える・・・
つまりツクヨミも消えることになる
常磐ソウゴ・・・お前に残された道は3つ。ツクヨミを取るか、己を取るか
それともオーマジオウの道を取るか、だ」
スウォルツを倒せばツクヨミを失う。ツクヨミと共に生きたいと願えばスウォルツを討つことはできない。そして3つ目の選択肢は・・・うーんなるほどこう来たか
心優しき常磐ソウゴが最低最悪の魔王になったのは、ただ1人の女を救う為だったという事か?
残り3話という土壇場になって、ようやく物語の核心部分であるオーマジオウ誕生の秘密に触れ始めた脚本ですが
次週はこの期に及んでゲストライダーのチェイスが登場するという渋滞っぷり
次回予告を見る限りスウォルツに召喚された魔進チェイサーとしての登場のようですが、おそらくクライマックスで味方化して仮面ライダーチェイサ―になるパターンやろね
あとゲイツソウゴ好きすぎ問題。最も望む世界はソウゴと共に生きる世界じゃったか・・・最終回では自分の時代に帰るのか残るのか気になるな

>水木御大で縄文人といえば「縄文少年ヨギ」を思い出します。人を食べる壺が子供心にすごく怖かった。アニメに出ないかな
>今回の鬼太郎ウルトラマンマックスの、狙われない街、思い出した
>メトロン星人 「人間は便利なツールを手に入れどんどん退化し始めたのさ
街中猿だらけほっておいても滅びるよ新しい道具で人間の脳は委縮し始めてる
低能化して 環境を破壊して 礼儀も知らない人類を物好きに守る必要もないだろう」

>それッワイセツの現行犯だ‼大きなチンポ出してるゾ ※カモイ伝
>ぽっと出の縄文人 古参の現代人 ゆで思想に通じる謎の言語力
>水木先生の短編「カモイ伝」から出演の縄文人。ネタの拾い方が上手いなぁ。そして次回は地獄流し……6期のこれとかどうなるんだ
>個人的に3期の山男のときみたいに女のときの子たちが下着姿になるのが見たかったな、カモイ伝ベースだからしかたないけど
>鬼太郎、水撒きは神戸ルミナリエで箱の撤去はディズニーランドだったか
どちらもマナー悪い撮影者の行動で問題になってましたっけ。こういう現実と絡めるのはやはり説得力が増しますな
>今回の鬼太郎、一番怖かったのはクリスの友達です。リアルにドライな「友人だけの関係」すぎて怖い…
それにしてもあの昭和顔&動きの警官はなんだったんだろう
>終始おきらく&妖怪置いてけぼりな話かと思ったらラストは結構ホラー&深い
>この後、縄文人どうやって帰ったんだ?マンモスでも呼んでマイペースに帰ったのか?
※映画「北京原人」 ※朱鬼さんのおっぱいが見れます  “2度”レイプされそうになります しかも丹波哲郎に叱られます(何故?)
>ステーキ恐い(カモイ)って まんじゅうこわい みたいなもん?
>クリスティーン、酷い女でしたね…そんなに目立ちたいなら、炎上系の投稿をするよりも裸になれば良いのに
見る側も嬉しいし、いいねも増える。どっちもオイシイ。まぁ垢BANされるからダメなんだろうけど、それなら、炎上系犯罪写メも同じな訳だし
ストーリー的にも破綻ないし、クリスティーンの裸が見たかった
>意外な形でベアード参上!!
>今回のゲストキャラが嶋村侑なのはよかったが縄文人が稲田徹の必要性がよくわからなかった ※プリンセスプリキュア
>鬼太郎、8月末に「足跡の怪」をやるそうで……アニメは2期にやったきり、というホラーな話を令和の時代にやったらはたしてどうなることやら
>今回のゲスト妖怪は縄文人……ではなくSNS中毒の女だったでござる
いいねに固執しその為なら卑劣な手段すら厭わぬ狂気……ヘタな妖怪より妖怪らしいですね
そんな彼女のことを意識すらしていなかった(?)縄文人はただの巻き込まれただけの人だったのがまたなんとも
>今週の鬼太郎、いいね欲しさに鬼太郎とも互角に戦えるって……んでまた名無しが誕生しそうな黒いオーラが出たよ
そして縄文人。えっ、おまえほんとに縄文人なの?え?
まぁ鬼太郎って昔から先祖流しとか過去に送り飛ばす手段とかあるしなんかの拍子で現代にきちゃったのかな

承認欲求をこじらせた女が他者を妬み、次第に自己破滅していくエピソードだった鬼太郎
その「他者」として用意されたのが、およそ承認欲求など1ミリも持ち合わせていない「本物の縄文人」だったワケですが
なんで本物の縄文人が現代に生きているのかという、至極当然の疑問とアンサーが一切なく話が進むのがとてつもなくカオス

お馴染みの社会風刺回であり、テーマとしては小豆トリオがYouTuberになる回とややかぶっている為、どう切り口を変えてくるか見ものでしたが、
次第に正気を失って奇行に走り始めるクリスや、彼女が人気者だった時だけ友達面して落ち目になったら堂々と既読スルーする友人達、
自分が逮捕されたことで大量の「いいね」がついて高笑いするラストと、最後の最後にテレビの前の視聴者を指差した縄文人が「あなたも怖い」と告げるオチなど
往年のアウターゾーンでも見ているかのようなヒューマンホラーテイスト回でした
しかし毎度思うが、こういう明らかに大人の視聴者に向けた回は子供達は楽しめてるのか気になるわ。妖怪も出てこなかったし戦闘シーンもなかったしな(クリスと闘ったけど)

>力石です。ハトよめの方でしたか! これは失礼しました。しかし鉄砲騎馬がその二つに並びますか
自分が岩殿山に頼ってるせいか難敵の印象が薄かったのですが確かに離間無しだと対処が辛そうですね
岐阜城イベントに対する感想は私も同じです。城プロの成長を感じると同時に初期からプレイしてる殿の忍耐強さに感服しました
自分は委任チケットは貯めておいて星5ドロップイベントに使う予定です。来週の絶弐で山積みの改築を進めたいですね
それと横レスみたいになってしまいますが武神超難の総合的な難易度は私も藤堂>前田だと思ってます
水は中間のレア帯の層が薄いので高レアを引けないと取れる戦術自体が少なくなってしまうんですよね

>英雄戦姫WWX始まりましたね!自分もはんぺらさんと同じく大槍葦人ファンで、かつシリーズ未プレイという層なので指折り数えて待ってました
とりあえずガチャで無事アーサーが引けたのでスタートダッシュのモチベーションも爆上がりです
キャラは抜群に可愛くて、戦闘は戦略性があって、育成要素がめっちゃ多いと自分的にはかなり高評価ですがはんぺらさんはどうでしょうか

英雄戦姫めっちゃ面白いね。俺も絶賛ハマリ中
白プロが委任チケットを実装してくれて本当に良かった・・・ていうか、察してる朋友もいるだろうけど
今週の更新がこんなに遅れたのはコレにうつつを抜かして作業が手につかなかったからだよ!
だって平日は残業時間でほとんどプレイできないから土日で集中してガッツリやり込んだんや・・・・ずっと楽しみにしてたんで許してくりゃれよ(土下座)
はんぺらはガチャは5ステップは回さず半額1800だけ回して劉邦が出ました。現状、アーサーが完全に人権状態なので手に入らなかったのはかなりの痛手ではありますが
逆を言えば助っ人が高レベルのアーサーだらけなので助っ人使用不可のステージ以外は何の問題もないのが非常にありがたい
ダイヤは3万溜まってるんで新ガチャでツタンカーメンが来たらつぎ込む予定。あの黒雪歩めっちゃ欲しいわ
ストーリー進捗の方は普通ルートをクリアして、現在真ルートでマケドニアを倒したところ。HP半減スタートするロシアステージの難易度が高くて「うへえ」ってなってますわ
そして現在の主力編成がこんな感じなんですが・・・
高レアばかりで正直育成をミスった感。だいぶ後悔中

普通ルートクリアしてから公式ミュニティとか見てみて気付いたんですがこのゲーム低レアの実用性が異常なほど半端ないのね
編成コスト=行動力というシステム上は勿論のこと、上限突破の現実性という意味でも★2、★3キャラの優秀さが際立つ。無課金ユーザーだと尚更だね
実際はんぺらもこの編成で
チハヤとアショーカ以外はもう全員レベルMAXで経験値入らん状態なんで
今からでもマーリンヤン・ジシュカ愛州移香斎あたりを育てたいと思ってるところ。でも義経持ってないんだよなぁ。千本桜コンボキメたい・・・・

>こんばんは。今週のキン肉マン、なんでしょうかね…アタル兄さんの出番で、普段なら
「やっぱアタル兄さんTUEEEE!フェニックス倒したオメガマン相手でも負ける姿が想像出来ねえぜ、ヤッホー!」ってなる筈なんですが、
レイラァの出番が少ないだけで、物足りなく感じてしまうのはwww
>モーターマン「おお見ろ! 俺の技…じゃなかった」
>ドリルアホールキャノンドライバー…いい技なんだが技名でモーターマンを思い出してしまうのは俺だけですか、そうですか
>「だがしかし」ではなく「だがしかーし」と伸ばして言うのが何かジワジワ来ました
>せっかく決まった関節技を緩めてアリステラを挑発。まぎれもなくプロレスだわ
>超人パワー差ネタをフェニックスでやって8600万パワーの凄さを見せた直後に
1億パワーなど要らんって断ったニーサンがアリステラと力比べで五分とかやりだすの好き
>レイラァなんか一言でいいから喋れw
>肉のカーテンが防御技として機能しているのを久しぶりに見た気がします
>強い…!アタル兄さん、強い!!圧倒的な強さじゃあない。巧さだ。試合巧者のムーブが感じられる
最後の肉のカーテンとか、巧さの極致だ。こればかりは喰らうだろうと思われた次の瞬間の肉のカーテン!巧い。アタル兄さん巧いぜぇ
>ようやくまともにダメージ描写が描かれたけど、硬すぎるなマリキータ
やっぱりミストバーンみたいなやつがサタン様のボディをコーティングしてるオーバーボディなんでしょうか
>オメガ・グロリアス対フルメタルジャケッツの戦いがクールで渋い
派手さが少ないながら、しかしてリーダー同士の一進一退っぷりが良い感じに両リーダー二人にマッチしててたまらねぇぜ

新キン肉マン 第291話
「総大将、出陣!」の巻

先陣を切ったマリキータ、レイラァから互いにタッチし、大将同士の激突となったフルメタルジャケッツとグロリアス
まっとうに格好いいアタルが、まっとうに超人プロレスをして、まっとうに強い
という、アタルのカッコよさと強さを往年のファン読者に再認識させる回。やはり人気投票第1位のキャラということで当然の見せ場でありましたが

屋敷的にはレイラァの連続奇行記録が途絶えてしまって残念無念
内容がまっとうすぎたせいかコメント数もいつもの1/5程度しか届かないあたり、屋敷住人の期待度がレイラァ>アタルなのが伺えてほっこりしました
連続奇行記録は途絶えたものの、
次号はレイラァの面白ポテンシャルが爆発してくれる事に期待してます




>はんぺらさん、ども範です。テニスドイツ戦が始まりましたァ。まさかのQPvsONIですね
QPシングルスでだいぶ予想が外れましたが、鬼先輩は満を持しての今大会初陣
鬼先輩は天衣無縫の使い手ですが、これができるチームメイト2名擁するドイツにはもしかしたら意外な弱点が出るかもしれません。参謀ですしQP
こうなるとシングルス残り2つの枠は切原平等院の可能性大として、QPいないダブルスは消化試合の可能性も大きいかと
ドイツのダブルス候補はシュナイダー、ボルグ弟、ビスマルク、フランケンでしょう
見た感じプロであるボルグ弟とシュナイダーに幸村徳川当てて、フランケンとビスマルクには予想外のコンビを当てそう
個人的には男児とシュナイダーのパワー勝負が見たい。メタ的に言えばS1持っていくためには負け枠としてはプロコンビ相手のだと思います
見せ場は見たいのでキングクリムゾンはやめてくりー
>QPと鬼先輩の試合は予想できる範囲内だし文句はないんですが、
それ以前の問題として、なぜ準決勝からレギュレーション変わったし ダブルス先じゃなかったんかい
ジークくんのシングルがこれでほぼ可能性無くなったのでダブルスはジークフランケンかジークビスマルクですかねぇ。そして切原はまたダブルスですかね
>今月のテニプリ、打球音が国名になってるというネタは仕込んでますが、
「互いにいきなり最強格のカードを切る」「パワーファイターに見えてテクニックも超一流vsテクニシャンに見えてパワーも超一流」
「片方がラケットを弾き飛ばされるもポイントは奪った」と普通に熱い展開ですね
>鬼がとうとうでましたね! D2赤也、?S2?D1徳川幸村S1鳳凰はほぼ確定でしょうか。赤也のペアは?
本命渡辺(先月のフラグより) 対抗種(先月のフラグより) 穴入江(準決か決勝どちらかはでるやろ) 超大穴ブン太(まだ1度もでてない、立海つながり)
手塚とやるのはリョーマか不二か跡部の3択か
「ちっ絶対王者に隙無しか・・・・団体戦の初戦の重要性を熟知してやがる
だが日本代表も最強の男で挑ませてもらうぜ」


お お前はーっ!男塾三号生鬼十次郎―っ!
ついに世界戦初登板となった鬼先輩。許斐先生自身認める事実として、世界ユース編は男塾にかなりインスパイアされてるシリーズなワケですが
この大事な準決勝の初戦で登場して圧倒的な読者の信頼感を得るあたり
伊達臣人か赤石先輩級の佇まい。流石の貫禄です
鳳凰先輩をして「最強の男」と言わしめる鬼先輩VS、「ドイツテニスアカデミーの最高傑作」と呼ばれるQP。ともに相手にとって不足なしのガチンコ対決
パワータイプに見えて実はテクニックも兼ね備えていた鬼先輩に対し、
テクニカルタイプに見えて実はその細身にパワーも兼ね備えていたQP

互いに譲らぬピンポイントラリーから一転して必殺のブラックジャックナイフを放つも、それをリターンされラケットを吹き飛ばされるというまさかの鬼先輩劣勢の展開






「0―15!」

と見せかけてからの~ボールはドイツ側コートに落ちるという、初っ端からシビれる応酬
何が凄いってこのラリー、一切テニヌ要素が入ってないでこれほど格好いいって事です。普通にテニスしてるという
テニスの王子様無印の序盤から、中盤を全部ふっ飛ばして今月号を読んだら正統派テニス漫画に見えるレベル。許斐先生、やっぱテニスインストラクターなんやな
まさに鬼先輩の世界デビューに相応しい神試合になってくれそうで、ファンとして嬉しい限り
というワケでQPがシングルスで出てきた事により、だいぶ予想が絞られてきたドイツ戦の両チームメンバー予想

ドイツのプロじゃない方のダブルスは、ジークフリートの相方候補だったQPが消滅したことでほぼビスマルク一択になった感じか
ビスマルクが出てくるなら対戦相手は親切にされたフラグのある赤也が濃厚。そのその相方はフラグの立ってるメンバーの中で消去法をかけるとデューク先輩が本命か
プロダブルスに対してはハウリングペア、ボルクに対しては鳳凰先輩はほぼ確定として
手塚の相手が跡部になるか不二になるかの二択
リョーマはフランス戦に出たばかりだし、決勝ではリョーガと戦わないといけないのでドイツ戦も出ると三連戦になっちゃうんでそれはまず有り得ないでしょう
で、そうなると気になるのが星予想。
赤也ペア、鳳凰先輩が白星として、あとあと1つはどこが上げるのか
格で考えれば初戦の鬼先輩が勝つのが順当ですが、それだとハウリングペアはまた負けることになるし・・・存外に鬼先輩は
ありがちな「勝負には勝ったが試合には負ける」的なアレで黒星の可能性もありそう
いやいやはんぺらその星予想はおかしい!こうだろ!という朋友はどしどし意見聞かせてちょんまげ


7月22日

性の6時間!
クリスマスイブの21時から3時までは地球上で最もSEXの行われている時間帯だと言われている
この夜に於いて男女が共に過ごすとなればある程度暗黙の了解が存在する
そしてそれは石上優と子安つばめの間でも例外ではない!


フフフ・・・SEXだッ!(飛田展男の声で)
耳元で囁かれる甘い言葉と吐息。完全につばめ先輩主導のもとで性なる夜に突入した2人
「やりたいだけだと思われるのも嫌なので」と、コトに及ぶ前に誠心誠意を込めた思いの丈を告白する石上。もはや恋は成就したと信じて疑わなかった上での行動でしたが・・・


意外ッ!それは拒絶ッ!!!
クリスマスイブの夜にセックスを許してくれる異性が、だがしかし付き合うことは出来ないという。何故?理由を問いただした石上に対し、つばめ先輩はこう答えるのだった
「えっとね。私もうすぐ卒業だし、神奈川の大学行っちゃうし、付き合うとかそういうの難しいと思うの」
「じゃあなんで僕と寝ようとしてるんですか」
「・・・・好きになってくれてありがとうの気持ち?」

>【悲報】石上君、神回避してしまう
>石上の初めては骨折プレイかぁ……レベル高いな(違
>つばめ先輩、ひょっとして遊びの恋愛以外は許されない身の上だったりするんですかね?
貞操含めて学生時代は好きにしていいけど将来的には決められたとこに結婚しないといけないとかの
本人も納得してて隠してないから陽キャラ仲間もみんな知ってるとかで、石上もそれを知った上で恋愛ゲームしてるのだと思ってたけど
文化祭のハートのときと同じで石上はみんな知ってることも知らないからガチ告白してきてつばめ先輩も困惑……みたいな
>最近ハイスコアガール読んだせいか、髪型変えた燕先輩がどことなく日高小春に見えてしまう
一旦そういう風に見てしまうと何となく石上とミコちゃんの支えあうけど喧嘩する複雑な関係もハルオと大野晶みたいな共通点があるように感じるなぁ
>すっごい荒れそうな中身でしたねかぐや様。分からない事が多過ぎるので、色々分かるまで自分は判断保留です。そして何言ってんのミコちゃん
>今週のかぐや様、マジでメンタル削られたわ…ミコちゃんのシリアスブレイカーだけが救いやで…
>今週は最初から最後まで石上オンステージな回で大満足!
つばめ先輩にはお付き合いできないと振られるもDT卒業の大チャンスだったけど
それをあえて選択しなかったのは個人的には良かったと思うけどこれに関しては賛否両論分かれそう
それのせいもあってのラストでミコちゃんがボケたつもり無しだけど大ボケのたたなかったの質問に「今でもギンギンに勃っとるわ!?」は大爆笑
ミコちゃんの「今も!!」の赤面での驚き込みで。あとはいかにしてミコちゃんの右腕の骨を折ったのか、次週も楽しみすぎる
>今かぐ。まさか1週でつばめ先輩の敗北が決定しようとは・・・にしてもこの対応は何か理由があると思ってはいるがどうなんだ
石上が男らしい対応しただけに先輩の残念感がすごいな
>今回の燕先輩の行動はあくまで一面だと思うんですよね。 読者は石上の過去含めて色んな一面を見てきていますが燕先輩に関してはそこまで知らない
また石上も燕先輩含む陽キャグループに合わせようと演じて(努力して)るのでお互いにある意味猫被った状態と言いますか
ここからが新たに関係を構築していく導入部分だと思うんですがかぐや様と会も含めて人間関係が次の段階に移行した、
そういう意味でNEW GAME編なんですかねー
>今回つばめ先輩がフッたのは、額面上の言葉以外の複雑な心境があるからじゃないからですかねぇ
大学の進学なんかを理由に挙げてますが、恐らく彼女の中では石上への好意の方が上なのではと思います
しかしミコと石上の関係性やミコ→石上への反応を察して自分が身を引いた、という建前と、
それを押し退けて石上と付き合うのが怖いという後一歩踏み出せない勇気の足りなさが今回のような発言に繋がるのではと推測します
誰かと衝突して手に入れるという人柄には見えませんからね彼女
だからこそそういう部分をフッ切ってミコと真正面からのキャットファイトが見てみたいと思うんだがなァ俺は!
>今もギンギンに勃っとるわ!→今も!?→石上会計になりたい〜っ この流れ面白すぎる
>今週のかぐや様、おそらくはんぺらさんのもとにつばめ先輩への不満がたくさん来てると思います
個人的な推測ですけど、彼女は想定外に対して進むか引くかで言えば「引く」人間じゃないのかなと感じたので、あの返しはありかなあと思ってます
>まだ間に合うぞ石上、小野寺ルートに行こう
>某所で見かけたコメントですが「スタンフォードについてこい」と「神奈川に行くからつきあえない」の差ときたら
>かぐや様が荒れそうですねぇ〜。つばめ先輩の視点がないと何とも言えないのが辛いところ
予想というか欲望としては、実は決められた結婚相手がいるくらいに厳しい家で、付き合うことすら出来ないけど、
親の目を盗めるタイミングで自分の処女を「良い思い出」として散らしたかったって展開だったら嬉しいなぁ。って
>つばめ先輩、よく考えると3日前の文化祭まで全く意識してなかった相手といきなり寝る事が出来る
付き合う気はないが抱かせる事は出来るっていうのはやっぱ処女じゃないんだろうなぁ……
こっちが勝手に幻想抱いてたとはいえショックだわ……何か真意が隠されてると思いたい
>石上とミコちゃんがくっつくのは祝福すべきというか嬉しいことなんですが、石上の指輪を見る子安先輩を見た時に、
ミコちゃんと付き合うってことはかぐや様との約束を守れないってことなんだよなと思うと、それはそれで何か嫌だなと思いました
>つばめ先輩。ラインってそれぞれなのですかね。石上も、そういうことする前にケジメをつけたいというのはあれど、
つければクリスマスとはいえ、そのままいこうとしてたわけで、それも人によっては、まだ早い、順序があると考えたりもするでしょう
一方で、つばめ先輩のように、思い出作りをしようとする人もいるでしょう
……ただ、付き合うとかは無理、のあの伝え方は、さすがに相手の気持ちを思えていないんじゃないだろうか
>つばめ先輩の発言は石上の事を想ってなんらかの考えがあるんだと信じたいけど……
もうこの時点で石上からすると女性不振やEDなってもおかしくないのがなぁ
>クリパでいい雰囲気になって好きになった憧れの先輩に告白したら、
振られた上に付き合えないから思い出Hで勘弁ってこんなん石上君には世界が違いすぎるし闇堕ちしちゃうよ
>たたなかったの?→ギンギンに今も勃ってるわ!!とかこいつら距離が近すぎる
>石上がこの漫画の主人公だと錯覚していた自分がいました。石上とつばめ先輩の恋は10代特有の甘酸っぱくて切ない感じで終わりそうですね
でもちゃんと最後のコマにオチを持ってくるアカ先生はさすがですわ
>つばめ先輩クソビッチすぎる……どうにか擁護するならあの発言は全部嘘ってことにして、では何故そんな嘘をついたのか?ビッチを装って得があるのか?
これについてミコちゃんがつばめ先輩にするようにして欲しいって言ってたのと対比になってる線を考えたんだけどどうだろう
つまり、つばめ先輩の方も、ミコちゃんにするように自分に対して自然体で怒ったり気にかけたり接して欲しかった
だから酒の暴走も入り、自分なりにガードが緩くて危なっかしい娘像を考えて演じた結果クソビッチになったと……苦しいかなぁ
>石上の告白を聞いて心変わりした様だけどつばめ先輩の考えが読めない‥‥
ちゃんと言葉にしたのは初めてなので文化祭のは勘違いだと気づいたってパターンはないだろうし(気づいたとしてもショックを受けることでも無い)
正確の明るさに触れた事だとするなら実は彼女もかぐや様みたいに裏があって自己嫌悪したとか?
でもそのれだと石上に好かれていた理由に気づいていなかったって事になるからありえんよなあ
そもそもワザと終電逃してベットに誘うところまでは既定路線だった時点で ゆーくんのこともっと知りたいって考えとズレている気がする
どう転んでも今回の件はつばめ先輩の身勝手で石上を傷つけた様にしかならないのでは?
>立ち読みサイト、かぐや様は読ませたい。フツーに怖い!! なんで立ち読みすれば煽られて、しなけりゃ、あんなひでえこじらせ台詞が出てくんの!?!
>言葉にしたことで完全に心の壁を乗り越えた白銀とかぐや 言葉にしたことで心の壁があることを知ってしまった石上 同じ夜の出来事ですよこれ
>ここから石上がリビドーズに覚醒して暴走した結果ミコちゃんの腕を折ってしまうわけだな(すっとぼけ)
>つらい……つらい……ミコちゃん骨折早くきてくれーーーーーーー!!!!!
>告白された時につばめ先輩がとても驚いたような表情してるのが気になりますね。タイミングから推測して文化祭での告白が誤解だったと気づいた?
んー……でも返事が保留との事だったので、仮に文化祭がマジ告白だったとしても
石上視点クリパでヤれる雰囲気になってしまったのでけじめとして再告白して返事を貰いに行くのは全く不自然のない行動なんですよね
それに誤解だと気づいても現在マジ告白してるならあまり関係ないはずで、突然醒めたかのように「付き合う事は出来ない」となるのが分からない
だって石上側から襲ってるのならまだしも、石上を誘惑してHに持ち込んでるのはどう見ても先輩の方ですからね
普通の高校生ならあのシチュに対してOK以外の解釈は無理でしょうし、先輩も直前に好意の確認までしてるのに告白した途端驚く要素がちょっと分からないんですよね
もしかしたらですが、一見問題のないはずの告白内容の方に先輩にとっての地雷や問題があったのかもしれません
>ミコちゃんの良かったじゃんおめでとの1ミリも良かったと思ってなさそうな所や内心半端なく落ち込みまくってそうな所ヒロイン力高い
>つばめ先輩まさかのクソ女説。今週だけだと付き合うほど好きじゃないけど振るほど嫌いでもないしキープするのもあれだから、
肉体関係持ってからなし崩しに「関係持ったからしゃーない」と自分に言い訳して付き合いたかったけど、
直前に告白してきたもんだから醒めて断るわーってなる悪い意味で面倒くさい女に見えてくるから困る
>石上も処女厨じゃないでしょうが、自分の真剣な思いを感謝ックスで返されるのはキツイでしょうね
陽キャと陰キャの価値観の違いの悲劇とネットでは言われてますが、自分としてはつばめ先輩が「真面目な」恋愛経験が薄いかないかによる事態だと思います
例え陽キャでも真剣に惚れた女に感謝ックスはキツイですって。で、ここまでは表面的な解釈
裏があった場合の解釈としてつばめ先輩は遠距離になるんで身体で繋ぎ止めようとしたが、
石上のあまりに真剣な想いに自分が汚く思えてあんな返答になったのかなと。処女厨と言わば言え
>つばめ先輩は石上がやりたいだけの男か試してるんですかね?
でも時間誤魔化して終電逃させたり、他の面子を帰らせたり、寝室に遊びに来てスキンシップはかったり、好きか確認してよかったと言うなど
流石にこんなんされたらどんな男でもやりたいモードになってしまうのは仕方ない感じするしなぁ
真面目な石上の気持ちに対して試すのも心象が悪いですし、やっぱり裏の意図とかは無い感じなのかな…
>ミコちゃんが「つばめ先輩の臭い」と匂いと言わなかったのは嫉妬可愛いと思うか「ヒッ」と恐れるか迷いますねw
「今も!?」で視線が下行ったのは爆笑したけど。しかし今晩ミコちゃんの腕折ったなら石上は冬休み中ずっとミコちゃんの看護してたんですかね
>今週のかぐや様つばめ先輩の行動がガチで謎すぎる。なんなのこの真夏のミステリーは
>今週のかぐや様、賛否分かれそうな内容でしたねぇ。賛否というか理解できるかどうかって感じですが
しょせん知識だけのエセ陽キャに過ぎなかった石上はつばめ先輩とは違う世界の住人だった……といったところでしょうか
まぁあれを「価値観の相違」の一言で飲み込める人はあんまりいないでしょうけど。ただ現在の時間軸の様子を見るに、
つばめ先輩サイドに何か事情がある可能性も否定できないので個人的な評価はまだ保留といったところです……ただしミコちゃん、テメーはダメだ
いきさつを知らないとは言え「たたなかったの?」は一般的に見て下品かつデリカシーなさすぎです
過程を知らないからしょうがないなんて話じゃありません。いくら元々のーみそピンク色でも言っていいことと悪いことがあります
はんぺらさんには申し訳ありませんがこれで石ミコはちょっとありえないかと…だって石上の傷心につけ込んでいく形になりますからねコレ
普通にごめんなさいされたならともかく、それとは全く違う傷つき方してますから。事情を知ったらミコちゃん側から見ても攻め込める状況ではないと思います
>クリパ辛すぎて石上また登校拒否や女性不信になりそうだな…休み明けはてっきり石上が骨折したミコちゃんのフォローしてると思ってたけど、
今回見ると実はミコちゃんが骨折の世話を利用して失恋した石上をフォローしてる見方もありえそうな気がしてきた
>スケベミコちゃんのたたなかったの?は死んだ目の石上に対してヘタに慰めるよりもカンフル剤として結果的にベストなフォローだったかもしれない
>今週のかぐや様、元ネタの竹取物語だと子安貝手に入れたと思ったら全然違う燕の糞だったんだよな……望んでた理想の先輩と現実は違ったってことかぁ
>誰が悪いのでもないかあるいはお互いに間が悪かった陽キャと陰キャの悲しい価値観の断絶だった説。「文化の違いだよ」派
受け入れてもいいと思った自分への好意が結局は憧れの先輩という理想に対するものだったから本心を誤魔化した説。「本当の私を見て」派
溺れてしまうほど好きになってしまうから付き合えないけど一度きりでも好意に応えたいし自分の好意も伝えたかった説。「汲んであげてー!」派
ミコちゃんの存在から諦めがどこかにある、石上を試してる…等々他にも色々出ていて感想を回るのが凄く楽しい
かぐや様、一週空いて上がった期待値を超えてくる前回今回とこの神回続き。生々しい描写力からのオチのミコちゃんの癒し力
更に腕折りや先輩の切ない表情と控えている先に見せた構成も上手い。まるで恋愛頭脳戦だよ

それは、およそ読者が想像していたつばめ先輩像と乖離する返答
あまりに想定外の展開に、巷ではやはり「ただの淫乱ビッチだった」等のつばめ先輩に対するネガティブな感想も出ているようですが
その一方で「いやあのつばめ先輩がこんな人の恋心を弄ぶような事を言うハズがない」と、隠された彼女の真意を推し量る意見も多数
多くの読者が石上と同じように、彼女の外見より内面を評価していたことが伺い知れます
そんな女神のような子安つばめ先輩が見せた意外な側面。今回の展開に対する反応と考察は実に十人十色といった感じでしたが、
コメント最後の朋友が非常にわかりやすくまとめていてくれたので太字表記しておきました
「あー俺は完全にこれ派だわ」「なるほどこういう解釈もできたか。これは気付かなかった」という風に、各々の考えと照らし合わせてみるといいでしょう

ちなみにはんぺら初見での感想は単純に
価値観の違い派ですね。というかはんぺらはこれが正解であってもつばめ先輩に対して嫌悪感は抱きませんでした
ビッチってのは
「後輩の童貞チンポいただきまーす♡」っていうのであって、今回のつばめ先輩のはそれとは全く違いますよね
そもそもつばめ先輩は告られた立場であり、石上を振ること自体は彼女の自由です。振ったからといって誰に責められる謂れもありません

スタンフォードと神奈川を引き合いにしているコメントも的外れ。決断次第で一緒に居れる2人と、どうしたって二年間の遠距離恋愛になる2人とは比較できません
実際付き合い始めて即2年間の遠距離は続かないでしょう。判断はごく正常ですよ
しかしながら彼女は陽キャの極みのような存在で、それこそ女神のような博愛主義者
勇気を振り絞って告白してくれた可愛い後輩をただ無碍に振るというのは、優しい彼女にとってはさぞかしつらい決断だったハズ
悩んで考え抜いた末に出した答えが
「せや!せめてものお礼に一発やらせたろ!」だったのなら、彼女にとっては完全なる善意
読者はどうしても石上視点で感情移入して読んでるので、彼女の答えがひどく残酷なものに聞こえていまいますが、
フラットな視点で見れば「彼女は最初から最後まで彼女のまま」だったかと
ぶっちゃけ男からすれば「つばめ先輩ぐう女神」でしょこんなん
俺も高校時代につばめ先輩みたいな先輩に告白して筆おろししてもらいたかったわ
まぁ先に言った「価値観の違い」というよりは、石上の思いの真剣さをつばめ先輩が測り損ねていたってところが悲劇の原因でしょうか
朋友コメントでもチラホラ見られますが、石上が真剣な顔で告白した時につばめ先輩が一瞬「ハッ」とした表情を見せてるのが印象的ですよね
「優くんこんなに真剣だったんだ・・・どうしよう私・・・間違っちゃったかな」
みたいな。この時初めて石上の想いの大きさ・純粋さを知って、彼を思ってのハズだった自分の行動に罪悪感を覚えた・・・という描写だったんじゃないかな
冬休み開けのつばめ先輩の
やや愁いを帯びた表情を見るに、振ったはいいけどあの時の石上の男らしい態度と真摯さがずっと引っ掛かってて
今度はつばめ先輩が石上の事を気になり始めるという新たな関係の始まりとか。NEWGAMEはここにもかかってると見た

そんな読者の重苦しい雰囲気を打ち砕く石上とミコちゃんのやり取りマジ癒し

今もギンギンに勃ってるあたり、「つばめ先輩に幻滅して萎えた」のではなく痩せ我慢して紳士的に断ったのが伺える石上
「・・・私が代わりに慰めてあげよっか?」などと言うハズはないとしても、事情を聞いたミコちゃんが傷心の石上を励ますという展開になりそうです
時間的には深夜2時くらいですよね。始発までは時間があるし、時間を潰す手段としてはネットカフェというのが一般的ですが・・・
これは狭い個室スペースで心も体も一気に距離が縮まる流れ
それこそチューするくらいの雰囲気になりかけるも、なんらかのアクシデントでミコちゃん骨折が発生してうやむやになるオチと見たがどうか
あと朋友コメントで「今の石上にミコちゃんが接近するのは傷心に付け込む卑怯な行為」なので有り得ないという意見がありますが・・・だからこそかと
絶対あとでミコちゃんの懺悔の独白であるヤツでしょ。ラブコメの鉄板ですよ
『私は卑怯だ。石上を励ますと言いながら・・・弱った心に付け込んだんだ
つばめ先輩に・・・石上を取られたくなかったから・・・!』
みたいな。ミコちゃんが石上に対する自分の感情を自覚する際の一連の流れで100%ある展開だと思うけどなぁ。むしろないと困るレベルじゃね?


>双子ハゲは本職の殺し屋でしたか。登場人物の戦闘力のランクが高校生からいきなりプロになってビビる
>そんなに甘いBJではないと思ってましたが、やっぱり最初に送られてきたアルナとペドロの指は本物でしたね
BJはここから栄子に惚れて「私は彼女とファミリアになる」とか言い出す展開ですかね?ガチのロリコンでは・・・

みつを組によって無事監禁状態から救出されるも、その小指が無くなっていたアルナ
「BJ実はそんなに悪い奴じゃない説」においては最初に送られてきた指もフェイクではないかという楽観予想がありましたが、やはり現実はそう甘くなかった模様

今回アルナに逃げられたことで、残されたペドロの身に更なる危険が及びそう。腕の一本くらいは落とされそうな悪寒
そして当然ながらみつを組が動いたのは一里を助けてあげようというボランティアではなく、ランサの遺産狙いだった事も判明。ブラジル編でも絡んできそう
そんなみつを組ですから双子ハゲは単なる腕自慢のモブではなく
金で雇われた本職。純悟なんかが太刀打ちできる相手ではありませんでした

不安定な足場に上体斜めで立つ、恐るべき体幹と下半身
朋友コメントにもありますが急に漫画そのものが変わったというか、登場人物の戦闘力がバトゥーキから嘘喰いレベルにまでいきなり跳ね上がった感
「カポエイラとタネが割れても圧倒的に強い。それがBJのカポエイラだ」
そんな強敵を相手にタイマンで圧倒するBJ、という展開がこれまた嘘喰いっぽい
失った左脚を全くハンデともせず、逆に武器として最大限に利用する実戦型で、これまでに彼がくぐり抜けてきたであろう修羅場の数を感じさせます
ラストは車に撥ねられて虫の息のところを栄子に介抱されるというまさかの展開で、本当に今までのテンポの悪さはなんだったのかという超特急ぶり

「BJはパンチラチャンスを見逃さない」という煽り文まで含め、ようやく物語として完全にエンジンかかった印象

朋友コメントにもありますが、これは栄子に介抱されたことで彼女に惚れてしまうという展開でしょうか。不器用人間のロリコン純愛・・・嫌いじゃないぞ
はたして獣の子は人との交わりによって人になれるのか?
普通にアルナの代わりの新しい人質にするという可能性もありますが。BJって一里の交友関全然係把握してないからなぁ

>シャドーハウス やっぱりこれはお互いが不器用なだけですぐにわかりあえるという展開でしょうか?
満足しているというのはありそうなんでしょうね、ラムは基本優秀みたいですし
>リッキーはあからさまに不穏な引きでしたけど今週のエミリコとラムの「お披露目が終わったら」約束な別れ際もまた不穏でしたね
仲良く終わってほしいお披露目ですが、誰も落ちないというのは考えられず、
シャドーハウスの闇を見せる演出の犠牲に誰か1人はなってしまうんでしょうね

「ラム」は便宜上自分で付けた仮名であり、シャーリーから貰った名前ではなかった

私は主人に愛されていない生き人形。これがラムが「私は顔じゃない」と嘆く理由でしたが、まぁこれは彼女の勘違いですわな
エミリコが言うように、すすがまったく出ないということはラムに満足しているという事なので、愛していないなどという事は有り得ないハズ
シャーリーはとっくに彼女に相応しい素敵な名前を考えているんだけど、
コミュ障なので「気に入られなかったらどうしよう」とか思って言えてないヤツだこれ

お互いに本音を明かして強い絆で結ばれるのは間違いなし。ラムの優秀さに加え、シャーリーは聡明そうなので、成績1位通過まであるんじゃないでしょうか
「シャドーハウスの闇の部分の演出の為に1組は落ちるのでは?」という朋友予想、はんぺらも最初はそう思っていた立場だけに強くは否定できないところですが
それだとエドワードの思惑通りで、彼をギャフンと言わせられないのが反論ロジックですかね
シャドーハウスの闇の部分の演出は、墓穴を掘った彼に見せてもらうのが一番良いオチだと思う

>今週のスナックバス江の「くだらなすぎて・・・逆にめっちゃやりてえわ」がツボすぎて駄目だった
画像レス的にも汎用性高くて流行りそう


ナカーマ。俺も発狂しそうなほどツボって駄目だった
スナックバス江のギャグはもともと好きだけども、久々にガード不能の超必殺技をくらったようなインパクト

指摘の通りこの画像レスの汎用性の高さもヤバい。今後めっちゃ使う事になりそうで楽しみ

>考察の参考までにですが、ドイツのプロダブルスのボルク弟のほうが15歳と23.5巻に書いてるので、ワンチャン中学生枠はありかと…
そうなった場合おそらくフランケンシュタイナー君が控えと考えたらしっくりくるかと

ぬっそうか中学生プロ。高校生プロでも稀なのに中学生プロは有り得ないと勝手に思い込んでいたが、可能性としては確かに有り得るか
その場合は
ジークフリートの踏み台にされてたフランケンシュタイナーがメンバー落ちで決まりだろうね

>はんぺらさんがだいぶ昔に村枝賢一のREDを紹介していたような気がするんですけど記憶違いでしょうか?
しとったよ。甲賀忍法帖バジリスクを毎回レビューする為にアッパーズ買ってたからな
ただ単行本は買ってないから細かい台詞なんかはうろ覚えなんだ。どろろ感想のスカーレットの台詞が少し違ってたのかな?
当時は
不死身のフジナミのタイガーさんが勇次郎とタイマン張れる級の怪物キャラとしてからくり屋敷のお気に入りだったなぁ
押川先生は麻雀漫画専門というイメージがあるけど、ああいうブッ飛んだバイオレンスギャグ漫画も描ける人なんでまた近麻以外の雑誌でも描いてほしいぜ


>いよいよオーラ風都出身説が濃厚に
>ジオウ自体、作品として見れば現役の役者さんを何とか立たせなければならないし話の作り込みが甘い、って壁にはぶちあたる
そこは避けては通れないし、がっかりはしても無理をして役者さんのスケ潰したくはないでしょう
それで大きく破綻している話でなければ一つの作品として観るには充分です
ただ、ただね、作品独自の謎とかを終盤までダラダラと引っ張ってしまうのは雑さを生みやすいのがねえ
>アクア、妙にいいキャラしてたなぁ…。しかも、あのパンツを持ってる辺り、すごい影響を受けてるんだ…しかも重要なポストっぽいし
っておもったら、次はエターナル復活だわ、G4はぶっぱなすわ…劇場版のがめっちゃ出てきてる
>エターナル復活!エターナル復活!エターナル復活! なんだよマジかよオリキャスで克己ちゃんだと!? 最高すぎるぜ!
ジオウはなんというか「製作サイドの頑張りは好きだけど作品そのものは全然響かない」感じで、
ゴーストに僅差で並ぶ(無論ワースト方向)程度だったんですがアクアとエターナルがオリキャスで見れるってだけで八割ぐらい許せる気分
>アナザーディケイドのやってることは完全にディエンド。しかも今となってはグランドジオウの劣化版w
ジオウも召喚能力あるんだから対応ライダーの最強フォームでも呼び出して無双すればいいのに脚本の都合で一方的にボコられる不具合おこしてるし
強すぎる能力を理由なく封殺する脚本はやっぱあかんわ。そんな不満をぶっ飛ばすレジェンド投入。レギュラー以外のWのレジェンドとしては申し分ない
サプライズドライブにもかかってるのかな?まさにサプライズ
>アクアは「俺が王になる」とかよっぽど時間改変ヤバいスウォルツ先に何とかした方が良くない?
「過去を変えないためにゲイツとツクヨミを未来に帰す」って方が簡単にできるから先なのか、
それとも二人さえ未来に帰れば連鎖的に他の物事も元通りになるって事なのか、二人が原因だったなら本当にゲイツがラスボスになるのかも
まあメタ的に言えばもっと早く来ればよかったんじゃないアクア?ここまで事態が進展したからやっと来られたってのなら納得だが
>劇中の人物がクジゴジ堂に集まってきたのはソウゴの力だろうけど初めて顔合わせた同士(しかも敵対していた人も)が仲良く食事作ったり、
みんなでご飯食べたりするのおじさんもいい加減和みの力がすごいというか
ソウゴ王権の平和の見本になるんじゃないか? けどアバンでも最終章と言っていたしビルド終盤のみんなで夏遊び見てるみたいでちょっとしんみり
アクアの言いようからすべて無かった事にエンドもありそうだし
>最終章4クール目に入ってジャッカー側の掘り下げが始まったけど正直今更というかウールってこんな奴だったっけ?て感じ
てかアナザーキカイの時にやったよねジャッカーと共闘、オーラ裏切り、な流れ。あの時はウール暴走してたけど
俺は敵対してたんだぞ助けていいのか?ってソウゴとよっぽど関係を確認したり、
元は別々の時間から来た他人のはずのオーラへの執着っぷりに元の時間ではよっぽどウール孤独だったのかと想像させるけど、やっぱり遅すぎるでしょ
>アクア、歴史から消えたはずのオーズのことを憶えてましたが、そもそもオーマジオウの未来ではジオウ以降仮面ライダーが誕生してないはずなんで
別の未来(本来のオーズの世界の未来?)から来たってことなんでしょうかね
ウォズがアクアを知ってたのは、オーズの時代に現れたのが記録されてたと考えれば矛盾はないですし
>アクア!G4!レイ!ダークゴースト!風魔...ヒャア我慢できねえ!エターナルだ!
>平成一期と二期最初の映画ライダーが時を超えて今、平成最後の作品に舞い降りる、てな感じで復活のG4&エターナル
今週のラストでも映画で士がJに使ったギガントをぶっ放す辺り中の人不在の中でも映画最初のライダーの貫禄感じて満足しました
>ミハルから明かされたツクヨミとスウォルツの関係性。平成ジェネ然り、つくづくこのジオウ世界は出たり現れたりとネタがカオス過ぎるなあ...
それにしてもジオウ世界でもミハルの設定消えていない辺り、ジオウ世界そのものがある意味での「歪み」そのものなんだろうか
>スウォルツのディエンドのような劇場版ライダー召喚に、アクアに続いてエターナル!
レジェンドからの継承終わったら今度は怒涛の劇場版ライダー登場で終盤なのにサプライズは全然尽きないですね
エターナルはスウォルツが呼びだしたようですが、映司の勇気をもらったアクアと、映司に間接的に妨害されたエターナルという対決はなかなか
>劇場版で最後のレジェンドに選ばれたドライブのアナザー、アナザードライブ
まさかの変身者が序盤に出ていたソウゴのモブ友人?っそうですが何故かウォッチは見当たらずに出てきたのはオーラ..
雑脚本ではありますが、最後までトリックの読みづらい敵出てきましたね
しかしそんなことよりディケイドの力を取り込んだスウォルツのファンサービス振りよ。まさかクライマックスで克己ちゃんの復活は声を上げずにはいられない
>「別の時間軸からやって来た」というのを随分強調しているあたり、もしかしたらツクヨミやスウォルツら時を司る一族とやらは
オーマジオウの子孫とかではない無関係の存在っぽいみたいですね。問題は、はんぺらさんが推察した展開の方が遥かに面白そうなことですが
>重加速vs時間停止。比べてみれば似たような現象でも効果原理はそれぞれ違うんですよね
アナザードライブが時間停止防げたのは時間停止の状態で重加速の中でも活動出来るドライブの原理を使用したからか..
とにかく僅かながらの能力バトルモノは見てて面白かったかも
アナザードライブの容姿、形態的には超デッドヒートドライブや魔進チェイサーに似ていますけど、素顔はプロトゼロに似ていなくもないです
それにしてもロイミュードの宿敵であり、市民を守る正義の戦士が重加速による悪事を起こす側になるのはドライブファンとしては何とも.
一応設定ではドライブライダーは重加速現象引き起こせるんですが
>3度目、いや4号の中の人としても出演したから実質4度目?の復活を果たした克己ちゃん。この最終盤でまた彼に出会えたのは嬉しいけど、
左やフィリップの出番が無いのはそれだけ惜しまれる。後折角だから、ドライブ映画からダークドライブも欲しかった
克己ちゃんの髪が若干ブルーがかってますね。巷ではメモリの順応率が向上しているからと言われてますが、
何にせよ松岡さんのダークイケメン振りが上がって来週のバトルに期待したい 後Wに関しても話に出せるだけ触れてほしいな
>戦闘から家事、料理に至るまで何でもござれのウォズえもんマジウォズえもん。頼むから完結作でも最後まで死なないで欲しい。グリスの二の舞だけは勘弁な
>劇場版の話ですが、クオーツアーライダーには『平成の力が効かない』という強力な耐性能力あるみたいですね
これはてつをの系譜を引くライダーには相応しい厄介なチート能力ですわ
しかし「その時、不思議なことが起こった・・・!」な感じで令和最初の戦士・ゼロワン参上、そしてジオウの最終形態誕生に繋がると
何にせよ、平成ライダー最後の映画に相応しい王道パターンの大団円を迎えて貰いたい
>G4先輩のギガントが痺れる。まさか平成最後の作品で再びG4が活躍するのは思わなんだ
そして来週は平成二期最初の映画ライダーたるエターナルにバトンタッチとはダークライダー勢も熱いのが多いな
>別の世界から来たと明言したディケイドやオーズの歴史の消えていないアクアや渋谷隕石のカブトはTV本編の時間軸
スウォルツやツクヨミは王家の時間軸 他のレジェンドやソウゴはジオウの時間軸ってことでいいのかな?
そしてジオウの時間軸ではもともと最善最高ルートが本来の歴史だけど
未来人のゲイツや別の時間軸のツクヨミが介入すると白ウォズルートや逢魔ジオウルートに分岐する
現在は分岐しすぎたせいでTV本編の時間軸にも影響を及ぼしディケイド終盤みたいに他の時間軸と融合し始めたと
>映画も観て過去の体験で勇気を出して変身するライダー判ってはいるけども
トランクス出して気合入れてるのがもう変態仮面なライダーアクアになってるのが温かい目より心配な心の方が強くなってきて困る
>ジオウになる未来変わったならゲイツもツクヨミも消えてオサラバだなぁと思っていたら
二人がいるからジオウの未来ができる方向になってるとは”そっちかぁ”といった感じですが、
かなり必死に過去を変えようとしていた二人とアクアの温度差を考えると実はそこまで絶望的な未来じゃなくて
最初のツクヨミが現代まで流された結果最悪の未来に変わったって可能性もあるのかな?
(結局スウォルツがバス事故起こした時点で変わったが有力なきがしますが)
>アクアってこんなキャラだったかな? と思って映画を思い出してみた
勇気が出せずにアクアに変身できなかった時に安定の鴻上会長からポセイドンセットを与えられたけど
過去から来たメダルのせいでポセイドンになって大暴れしたけどエイジたちのおかげで勇気を出して変身できるようになった…そうだったなぁ
キョドってるような感じは元からで明日のパンツで勇気を振り絞るのはエイジの影響か
>残り5話の土壇場中の土壇場にも関わらずゲストキャラ出すってこれマトモに完結させる気あるの…?
オーマジオウにせよ氏にせよ玉座で待ちぼうけ食らってますよ?
>何と言うかこの作品って魔王と愉快な部下達の珍道中記ですよね
ダイマジーンとか何故氏が王を作ろうとしたのか、そもそもオーマジオウは具体的に未来でなにやったのとか全部放置ですもん
>平成二期最初の映画ライダーはおやっさんですが、克己ちゃんが単独映画では初の悪役ライダーでしょうかね
そういえば映司もW映画が初でしたし、そういう意味でもW&OOO組の扱いはやっぱ平成でもダントツだなと改めて感じました
左やフィリップ出ないの残念ですけど、Wは中の人揃えんのが難しいから仕方ないか、でもジョーカーは欲しかった
>ギガント四発も貰っちゃ、らめえええええ!!!な感じで発射(意味深)されたギガントのロマンと予告のイケメンに全てを持っていかれてしまった今週
平成最初の映画ライダー同士の交流とか、今週はもう予告だけでお腹いっぱいです

「クジゴジ堂を家だと思ってもいいんだよ?
とりあえず今の俺達にできることは・・・おじさんの手伝いだ!」


スウォルツに見限られた事により、この終盤でクジゴジ堂に身を寄せる事になったウールとオーラ
割烹着を着てお好み焼き作りに熱中するウォズの横で「なんで私がこんなことを・・・」とボヤくオーラの姿は、およそ物語序盤では到底想像できなかったアットホームさで思わず顔がニヤける
自分達を快く受け入れてくれたソウゴに対し、「どうして敵だった僕らを?」と動揺を隠せないウールだったが、ソウゴはそんな少年の肩を力強く抱いてこう言うのだった
その姿はまるで仲の良い兄弟のよう。天涯孤独の身であるウールにとって、ソウゴの言葉がどれほどの救いになったかは察するに余りあります
しかしそんな彼を襲ったアナザードライブの正体は、これまでの彼が唯一の拠り所としていたオーラで・・・というタイムジャッカー側のストーリーが大きく動いた今回の話でしたが・・・
次回予告でいきなりウール死ぬのモロバレしてんじゃねーか!!!
残り話数的にもリタイヤとなったウールとオーラ。感動的な退場のために天涯孤独の身の上話とか、ソウゴと兄弟のように仲良くなったりするテコ入れがきましましたがいかんせん急すぎた
まさに
「ウール来週死ぬからとりあえずお涙頂戴系にします!」としか言いようがないやっつけ感がすごい
せめて先週から2週かけて描いてくれれば視聴者の感情移入度もだいぶ違うかったと思うんだが
そして「ウールを可哀想な被害者」として描く一方で、オーラの方は「真性のクズ女」という方向で確定なんでしょうかこれ。何か裏があってくれないとウールが救われないんだが・・・頼むよ
仮面ライダーアクアこと湊ミハルは未だに
英司のパンツをお守り代わりに持ってるなど、劇場版の設定を忠実に再現していてファン満足のサプライズ
「メインストーリーが全然進んでないザマなのに、この期に及んでまだゲストを出すのはどうなの」と怒りを露わにしているいう朋友の不満も理解できますが
逆を言えば
そんな状態でもゲストを出すのだけは妥協しないという製作陣のこだわりでもあるので、そこは評価もできるんじゃないでしょうか
もっともこれまでの中だるみの時にキッチリストーリーを進めておけば、こんな終盤でゴチャゴチャしないで済んだのは間違いないですけどね

というワケで最終回間近のジオウが最後の最後にぶち込んできた超大型サプライズ

仮面ライダーエターナル大道克己、オリジナルキャスト松岡充で参戦!
まぁいきなり脈絡のないエターナルが出てきて話にどう絡むかまったく想像できませんが
はんぺら最初は気付きませんでしたが、寄せられたコメントを見て成程納得。今週登場したG4は、記念すべき平成ライダー劇場版一作目のライダー
そしてエターナルは
平成2期の最初の劇場版ライダーということで、平成最後の作品に登場させる上で重要性の高いチョイスの2人なんですね
なのでジオウのストーリーに関しては全く進捗はないでしょうが、「平成ライダー」という壮大なサーガに対して何かしらのメッセージを残すエピソードになるんじゃないでしょうか
来週のジオウで彼が発する台詞が
いつか平成ライダーを象徴する名台詞になる日がくるのではないかと思いたいところ
期待外れであってくれるなよ。頼むぜ脚本

>鳥取愛でバックベアード倒せそう
>スーパーサイヤ人孫悟空、スーパーマサラ人サトシ、スーパー鳥取人庄司おじさん
>今週の鬼太郎マジ神ギャグ回。スタッフどんだけ鳥取推しですか。あと、まなが「目玉のおやじさーん!」と叫ぶシーンが個人的にツボった
「初代鬼太郎が何鳥取に洗脳されてんのぉ!?」とツッコんでるようにしか見えなくてヤバイ
とどめに「猫が作った洗脳薬を飲んだオッサンがパワーアップして、妖怪をフルボッコにする」というオチで、初めから終わりまで笑いすぎて腹が痛いネタ回でした
>鬼太郎、めっちゃ笑いましたwww鳥取愛と薬品が科学的反応を起こしスパークして、素手で妖怪を倒す庄司おじさん、最高過ぎでしょうwwww
いや、それ以前にもうツッコミドコロだらけで、何を書いていいか解らない位、濃厚なギャグ回でしたwwww鳥取サイコォー!!!wwwww
>先週の水虎から今週の鳥取帝国!この落差たまんねえなあ!!
>今週の鬼太郎、庄司伯父さんが面白すぎる・・・ 昨年は野球を駆使して戦っていたので今年も引き続き殺人スライディングあたりをやってくれると思ったら
まさかの北斗神拳からのOLAP炸裂で盛大に吹きました。鳥取編は良い意味でフリーダムで実に面白いですね
>鬼太郎スタッフ「野望のからくり屋敷が鬼太郎レビューしてくれてる!?よっしゃ!ほんならキン肉マンの技出して盛り上げたろ!!」
>野沢雅子さんの鳥取エコーは面白すぎてズルい

>今週の鬼太郎思わずこう言わずにはいられない…どういうことだってばよ!?
>鬼太郎、いろんな方向に振り切れたネタ満載のギャグ回で爆笑でしたがスポンサーの鳥取県的にはこれでよかったんでしょうか…?
>今週の鬼太郎………す、スーパー鳥取人ショウジおじさん!!? な ん だ こ れ
夏休みにメインストーリーを進めたら子供が(旅行や里帰りで)見逃してしまうかもと言う流れでメインを進めないってのは良くあることだけど
こうも振り切ってギャグにするとかwww 先週との落差が酷いwww
>庄司おじさんが魔猫にかけた技が完全にOLAP!!!
まさか鳥取砂丘に埋まったロビンの魂が大渦パワーとなりおじさんに憑依したのか!?
>鬼太郎が一度やられるのはいつものこととして、目玉の親父まで洗脳して戦力外にするって半世紀くらい続く鬼太郎シリーズでも相当希少な大金星な気がします
まあそんな強敵をものともしないばかりか愛を持って赦す庄司おじさんがかっこよすぎてお腹痛かったですが

「爆発的に鳥取力が高まっている・・・!まさかトットリトットリの力を取り込み・・・自らの鳥取力にしているのか!?」
「今の俺には見えるぜ・・・お前の動きがな!」

なんだこれは・・・たまげたなぁ
人間の心の闇を描いたダークエピソードの先週から一転、終始視聴者の腹筋を殺しにくるカオス劇場と化した今週の鬼太郎
鬼太郎、猫娘、目玉の親父までもが鳥取帝国の洗脳波によって操られてしまう絶望的状況の中、庄司おじさんの鳥取愛が魔猫の野望を打ち砕くハードボイルドバトルアクション
「鳥取力が爆発的に高まっている!」という、脳が理解を拒絶する台詞に始まり
北斗七星のように魔猫の急所を浮き彫りにしてからOLAPにつなぐという、まさかの少年ジャンプパロディ
コメントで朋友が冗談めいて「ロビンの魂が~」と言ってますが、OLAPのシーンで「鳥取砂丘!」と叫んでるので間違いなく製作スタッフは確信犯でやってますね
およそ先週のアニメと同じ作品とは思えない振れ幅ではっちゃけた神回でした。鬼太郎6期これまでの全エピソードの中で、コレと幽霊列車はホント対極だろうな・・・

>武神高虎なんとか初日に超難全戦功取れました
メンテからのメンテを挟んでこれなので前回の利家よりは優しくなっている感じがしますがはんぺらさんの感覚ではいかがでしょうか
>各リング5個ずつって言うのはなあ!結晶9個と同じことなんだよお!御茶っ葉です。夜勤の為アーカイブ視聴ですが濃い生放送でした・・・
リアタイではトレンド入りもしてたそうで。新要素で気になるのはやはり英傑の塔ですね。ランキングの無いスコアタは大好物です
魔神レベル16は多分暫く触らないですね。アガレスは私がレベル15をクリアしている数少ない魔神の一つですが、
鳥型の眷属や鉄すっ飛ばして出てきたミスゴレよりも速度倍率が3倍(某所調べ)というのが私の反応速度では対処できなさそうで・・・
>あれ?デウスエクスマキナのコメントで、名乗ってなかったのに身元がばれてる(汗)
コメントを取り上げていただきありがとうございます。現金なもので、祝福されるとやってよかったなと思ってしまいました
ただ今回の魔神は、かなりの時間喰いだと自分は感じたので、タイミングとして時間の取りづらかったはんぺらさんが見送られたのも適切だったかと思われます
1レベルごとに敵のHPと防御が上がる→自爆のタイミングが変わって事故る→パターンやスキルタイミングを組みなおす、の繰り返しでしたので
もちろんこれを、やりごたえとして評価する王子も多いし、手札と采配次第ではLv11から15まで一気に行けてしまう場合もあるのは理解しておりますが
その手札ですが、はんぺらさんの水着の結果、まとめサイトで取り上げられそうなぐらいにえげつない状態ですね(大滝汗)
三元牌がいきなり七つ来てる配牌を後ろからのぞいたような気持になりました。自分は膝に嫁アリシアを受けてしまったので今回は控えております
魔神のLv16やらその☆4やらが来るらしいので、今回の豪華ラインナップは少しでも確保しておくべきというのはわかるのですが、ぐぬぬ(by蝦夷大樋熊)
>力石です。ひえぇ相変わらず凄まじい豪運ですな。私もあやかりたいものです
生放送で魔神16に英傑の塔と色々ありましたが一番期待してしまうのが育成の緩和なのは私だけではないはず
気になる英傑ユニットは他ゲーのフィールド魔法みたいに配置せずに使うユニットなんですかね?
そして城プロの方ではまさかの武神超難ですよ! てっきり超難追加は復刻以降だと思っていたので不意をつかれましたが
毛利対策に水の城娘を優先的に育てていたおかげで今回も何とか全戦功達成できました。しかし防御補正2.2とは……
中ボス級の兜がこぞって4桁近い防御なのもあってモンサン無しでは勝てる気がしませんでしたね(白目)
次の武神は恐らく平山なので更なる難易度の上昇が予想されます。慢心せずに隙のない育成を心がけたいですね

武神藤堂高虎超難、今回はとりあえず戦功1はそれほど苦戦することもなく取れまんた
モンサンミッシェルや勝竜寺城といった強力な水城を持ってたのもありますが、前田利家との最大の違いは序盤の佐竹毛虫がいないことですかね
前回はアイツの処理で四苦八苦してぶん投げたので、とりあえず歌舞2枚出してりゃ序盤の河童を凌げる今回はだいぶ最適解が絞られてたかなと

パーフェクト宇和島城と鶴島城、ネスヴィジ城なんかも持ってるんで、これらを育成すれば2と3も取れるだろうという自信もありますが
期間が二週間あるのと、また時間を割いて何度も試行錯誤するのが面倒くせえのでとりあえず放置中。これ絶対デウスエクスマキナみたいに最後までやらねえヤツだな(確信)
アイギスの生放送良かったですね。英傑の搭に育成緩和、オーブ練成、どれも垂涎のラインナップ
第二覚醒は鍛冶屋にインペリアルナイト、ヴァンプリにドラプリと、渋いところから派手なところまで隙の無い先出しカタログで思わずニヤリ
アーニャの見た目がアイギスをやるキッカケになったはんぺらとしては、二覚絵の実装が絶望的なのだけが残念ですが
もし奇跡的に二覚絵がきた日にゃあ
全裸で回転しながら小便撒き散らしらして喜びますよ!頼むよ運営!
あと水着ユニットの育成が済んだので、早速水着シルヴィアに手持ちのバフ盛れるだけ持ってみましたがなかなかえげつないステータス

嫁リンネかティニーが居れば攻撃は2万超えですな。攻撃力だけ、防御力だけ、なら2万を超えるキャラもチラホラいるゲームですが、攻防この数字になるキャラはかなり稀有
これで更に二覚が来るんだからヤバいですわ。普通シルヴィアも入手してアンデット編成組みたい・・・6周年選択チケはシルヴィアかなぁ
それにしても魔王軍幹部のイラストしかり、「1000年前に英雄王と共に戦った英傑」然り、ただのエロゲに留まらずちゃんと壮大な物語として設定を広げてきてるのは好感持てますね
はんぺら自分で読んではいないんですが、聞いた話だと小説版のヴァレリーは1000年前の記憶を持つ転生者だそうで、
正体を明かした
「英傑ヴァレリー」の実装があるんじゃないかと思ってスゲー期待してます


このサムネの風評被害を挽回できるようなカッコいいキャラにしてほしいなぁ

>マリキータ(相棒の語彙力がヤバい…)
>レイラァの方が実はヤバい。どこみても面白いな、このタッグ戦
>「そっちの方が実はヤバい」ってアリステラがヤバいって言葉を使ったのにちょっと笑ったw そんな言葉使うタイプだったっけ?
>あれだけ知的で語彙が豊富なアリステラがあんな真剣な表情でヤバいとか言い出すんだからブロッケンの潜在能力はとてつもないな!
>アリステラの「実はヤバい」が知性なさげでウケる
>実はヤバイ訓練されたレイラァ
>レイラァ=訓練された実はヤバい奴
>「訓練されてやがる」ってブロが調教済みみたいに聞こえるからやめてくれマリキwww
>レイラァの過大評価がオメガのなかで進んでますね…今回もなにいってるかわからんかったのに
>平手打ち1発で勝手に相手からの評価がうなぎ上りのレイラァ、お前はなろう系主人公か!w
>気合い入れ予想外の奇行扱いなのかよ
>マリキータマンの目が光るのって今回初めてですよね?
>アリステラ「そっちの方が実はヤバい」 分析力はたしかなのに妙にジョジョ味を感じるこの一言になんか笑う
あれがマスクだとしたら本来人の両目に当たる部分が光ってましたがオーバーボディか別人に刷り変わってる説、ありそうですね
しかしゼブラですら敵わなかったマリキータマン相手にブロッケンで相手になるのか、
これでブロッケンが勝ったらゼブラより強いことになら無いか、という違和感がありましたが、なるほどこういう心の持ちようで違いをつけてきましたか
親父の死も乗りきったブロッケンには通用しなさそうですが その一方で実はアタルに滅茶苦茶有効とかありそうですねロールシャッハドット
そして前回と同じようにブロッケンが今度は平手で目を覚ませるとか
>平手打ちを喰らって微笑むブロッケンJr。それに対しすぐさまその意味を理解した、実はヤバい、ただの小僧ではない、と
対戦相手を評価している場面なのにその後のマリキータの訓練されてやがる、というセリフで我々の業界ではご褒美です
的な意味で実はヤバい、という意味に見えて笑ってしまう。羽根を開いて飛んでいたのにブロッケンJrにスピアーを喰らったら羽根を仕舞うマリキータ
羽根出したままならリフトアップから抜けれたでしょうに。それとロープに振った効果音としてブワーンが入っているけど
ブロッケンJrのオレひとりじゃない!発言のコマにもブワーンって効果音が鳴っているのを見ると
ロープに振った効果音じゃなくてブロッケンJrから音が鳴っているんでしょうかね
>キン肉マンのタッグ戦、いまのゆでコンビにかけるタッグ戦の神髄を記そうということなのかな?
今回、ブロッケンjrがソルジャーを信頼しきっていることが示されたけど、これは後で
「頼りきっている」「最後はあてにしてしまう」という姿勢につながる精神として描かれそうに思う
タッグの神髄は、一見すると矛盾するようだが、一人一人が自立しきる、一人立つ精神にこそあるんだ、
みたいな精神性が説かれるんでないかと想像してる。 by Taka
>マキリータマンがマリオのトゲゾーに見えてきた
マキリータマンってロールシャッハドットでのメンタル攻撃から相手のバランスを崩すのが基本スタイルということがだんだん明らかになってきた気がする
そうすると、問題なのはむしろアタルがあれを食らった時ですね。ブロが上手くアタルをカバーできるかが鍵という印象です
>こんばんは。んー…大人なブロッケンが案外早く見られたのはいいんですが…なんというか、
ゼブラもそうでしたが、マリキータになかなかマトモなダメージ与えた描写が少ないのが、ちょっと消化不良かな…
力加減とかもあるんでしょうが、なんかマリキータとのこれまでの対戦で、実はカレクックが一番ダメージ与えてるんじゃないか?とか思えてしまいます苦笑
まあ、ここからですかね、なんせ予測不能のレイラァですからwww
あと、このブロッケンとアタル兄さんのタッグ戦、幼き日のジェイドが見てて、
この関係に憧れ弟子入りを決意する、みたいな一コマが挿入されないかなと密かに期待してます
>* *

新キン肉マン 第290話
「平静の張り手!」の巻

「あのブロッケンJrとやら今の平手打ちで動揺するどころかすぐさまその意味を理解した
そっちの方が実はヤバい。あれはただの小僧ではないぞ」

「ああ訓練されてやがる」
試合開始からここまで、実際にレイラァがやったことと言えば一人相撲でテンパッてソルジャーに引っ叩かれただけなのに、
そのあとすぐさま冷静になっただけで
「あの小僧ヤベえ」「訓練されてる」などと異様に高評価するグロリアスにじわじわきた今週
普段あれだけスマートでボキャブラリーの広いアリステラが「ヤバイ」などという極めて今風の俗語を使ってるのがまた二重に面白いシュールさ

もっと他に相応しい形容詞があるだろ!と思ってちょっと考えてみるも、確かに言い知れぬ面白さまで含めて「ヤバイ」が適切に思えるから困る
先週からここまでレイラァ面白劇場継続中なので、もはやこれがどこまで続くかが楽しみになってきた
一回も途切れることなく試合決着まで行ってくれたら、からくり屋敷的ベストバウトとして殿堂入りすること間違いなしなんだが・・・御大とヤマちゃんの手腕に期待
あと最後のアスタリスク2つのコメントはなんだと思ったら
マリキータの目が光ったシーンかこれ。上手え
前々回の「フォーフォフォフォ」の絵文字が全くこれと同じだったことを考えると、二重の意味で天才的センスで感心する
コメントを送ってくれたのは同一人物だろうか?もしそうならからくり屋敷大喜利をやったらぶっち切りでトップを取る人材だと思う(ベタ褒め)


7月15日

更新遅れて申し訳なし。土曜は出勤、日月は私用が入ってこのザマ(挨拶)
おかげでちょっとテキストの文調がいつも以上にやっつけな感じですが、どうか勘弁

>袴田、皆浦それぞれの凄さが現れた回でしたね。中学生が変化球続きであそこでキッチリできる投手が凄いってのもあるけど
変化球続きって中学生なら指先への感覚とか負担とかどれくらいあるものなんだろうか
河村にとっての「ある種の敗北」とは一体?打てないから打ち方を色々工夫して行きついたのはいいものの彼のプライド的には面白くないものなのか、
あーしかしこの言葉で結果打たれるものの僕にとっては敗北だよってちょっと持ち上げる要素も入れるのかな
瑛太は急速な成長で反動来るかと思ったけどこなくてよかったわーの前の回の安堵が逆にフラグにならないかも心配なんですよね、杞憂に終わってくれ
>碓井と皆浦に抱いてたイメージ逆でしたか。皆浦、思ってたより頑固っぽいですね。小さいときは負けたらとにかく顔に出るタイプだったのかなぁ
>皆浦の配球、袴田と対照的でいいですね。そしてバックドアスライダー。説明不要かも知れませんが、
ホームプレートを家として見立て、バッターの正面に近い方から入ってくる球をフロントドア、遠い方から入ってくる球をバックドア(裏口)と言います
近代野球をガンガン取り入れていくの本当に好きですね。この感じだと最近話題の「オープナー(中継ぎ先発、ブルペンデー)」とかも出したがってそうですけど、
中学、高校野球が題材だとないかなぁ。高校編入ったらどっかのライバル校がやってきそうだけど

「ウチのアウトの内訳は?」
「全アウト12中・・・三振5 内野ゴロ4 内野フライ2 外野フライ1です」
「その気になればもっと三振を狙えるだろうにあえてフィールドに満遍なく打たせてるな
球数少なく・・・野手を動かしてリズムを作りやすくしてるんだろう。
投球配分も教えてくれ」
「全48球中、直球系23 スライダー系17 チェンジアップ8です」
「キレ―にバラけとる。傾向もわからへんな。ジャイスラだけでも厄介やのに・・・上手い事意識をズラしてきよるんな」

『俺の立場上やはり際立って見えるな。
袴田の手綱捌きの見事さが・・・!

石浜と鮎川・・・全く異なるタイプの投手でもその能力を最大限に引き出せる
配球・捕球・チームを引っ張る資質・・・守備の要、奥義の要に相応しい能力

俺にはない―』
既にこれまでも近藤さんと河村から一級認定されていることから、読者も十分わかっていたつもりだった袴田の捕手としての資質ではありますが
実際にこうして相手スコアラーから具体的な数字を提示されると
「そこまで考えて配球してたのか」と驚かされます
そしてその能力を一番感じ取れるのはやはり同じ捕手である皆浦のようで、「俺にはない能力だ」と自身と比較して落ち込む様を見せます。が―
静央の攻撃、碓井の性格から決め球をストレートに絞った袴田は、想定外の最後まで低目への変化球に徹底した攻めによって敢え無く三振
そこで得体の知れぬ違和感を覚え、冨士ケ丘バッテリーの秘密に気付く
『俺は・・・俺達は勘違いしていたのか?碓井の執念に近い低めへの投球は―
くどいくらい変化球を続ける怨念みてーな投球は・・・皆浦純一が生み出していたのか!?
碓井よりやべえメンタルを持ってやがる!』


「俺達は高度な駆け引きはできないからな。しつこいくらい低めで勝負する!それだけさ」
”持たざる者”の戦い方。揺らがぬ信念
さながら怨念のような低目攻めは、負けん気の強い碓井和孝ではなく温厚を絵に描いたような皆浦純一のリードだった
常にあらゆる状況を想定して万全を尽くす天才肌の袴田に対し、例え諸刃の剣であろうともそれが自分達の勝ち筋ならば怯むことなくオールインする胆力の皆浦
袴田が皆浦の持ってないモノを持っているように皆浦もまた袴田にはないモノで渡り合うという図式が熱い
ことスポーツ漫画というジャンルにおいて「エリートVS雑草魂」といえば主人公側が雑草であることがほとんどなワケですが、この試合は逆なのが面白いところ
河村もなにやら瑛太攻略法に辿り着いたようですし、やはり試合は冨士ケ丘のサヨナラ勝ちが濃厚と言える展開でしょうか
しかし
「僕にとってはある種の負け」と漏らすほど不本意な攻略法であるようで。これによって瑛太の格は守られる感じになるのかな

>かぐや様休載で良かったとさえ思わせるほど今週のカムイの壊れっぷりがひどい
>氷オナニーとかアイヌの昔話レベル高すぎませんかね
>なんか今回の話は谷垣の死亡フラグが立ってしまった気がしてならないです。アシリパをお婆さんの元に送り届けてインカラマッと結婚して欲しいけど

>アシリパさんも心境の変化が出ましたね、古い風習や道具、なんとか残したいと思う気持ち。今回はギャグ要素大目でオチには笑いましたけど
しかし月島たちとちょっとなにかありそうだなあ、アシリパさんが暗号を解いたとして鶴見にバラすわけにもいかないので

>美術担当ヴァシリwしゃべれないけど存在感ありますね。そういえば思い返すとヴァシリはモノローグだけで作中一言もしゃべってなかったはず
>ウイルクやキロランケは戦うことでアイヌの自由を勝ち取ろうとしましたがアシリパさんはアイヌの文化を武力に依らず後世に残す戦いを選ぶのか…
とシリアスに見せてからのアシリパ監督かわいすぎる

アイヌの伝承チンポにまつわる話多すぎ問題

川の氷に穴を開けてチンポを入れたらたくさんの魚が獲れただの
松前までチンポを伸ばしたら松前藩の女達が物干し竿だと思い込み、
上等な着物をたくさんかけたのでどっさり着物が手に入った
だのとにかく基本チンポ
これは松前藩の女達に竿をイジられまくるR18版に期待(出ねえよ)
ただでさえ元の話が狂ってるのに、撮影シーンがカオスで1コマ1コマがいちいち面白いギャグ回だった今週。ちゃっかり撮影スタッフとして参加してるヴァシリ可愛い

あと「谷垣との永遠の別れ」の演技で涙を流すチカパシのシーンに、谷垣の死亡フラグを感じたという朋友コメントがありますが・・・それはないと思う
エノノカが出てきた時から予想してますが、チカパシが樺太に残る展開の前振りでしょう
元々アシリパのコタンに戻っても天涯孤独の身の上だし、エノノカと結婚して樺太アイヌとして生きていく道を選ぶのが彼にとっても幸せなハズ
谷垣も一命を取り留めたインカラマッと一緒になって、物語のエピローグでは成長したチカパシに会いに樺太を訪れる・・・みたいな描写があったら最高じゃないかな

>BJの真実が次で分かりそうですね。メストレの正体といい謎を引っ張らないのはバトゥーキの良いところだと思います
それはそうと、若頭って普通にBJワークショップのターゲットだったんじゃ……

>今週のバトゥーキ 思ってたより強かったミッツと双子ハゲ!みつお組名前ふざけてるのに武闘派すぎる
BJこのままやられるとは思いませんけど、さすがにビルの屋上から落とされたら無傷では済みませんよね?
少なくともアルナは監禁から救出されそうだし、本当に今までのスローテンポは何だったのかってジェットコースター展開で面白いです
まさかの日拳の達人だったミッツ

前回の考察通り、BJの手下が店の奥からわらわらと湧いてきたもののハジキもヤッパも使うことなく拳で瞬殺する本格派
地上最強の弟子ケンイチ基準で言えば「マスタークラス」に該当する実力でしょうか。タイマンではBJには負けるでしょうが、羚の師匠と比べてどっちが上かってところか
そのBJは双子ハゲの片割れにビルの屋上から蹴落とされるという急転直下の展開ですが
「人と交われ。ファミリアを持て」という預言者の言葉、未だ指を落とされることなく健在なペドロとアルナ、そして以前漏らした「私達家族」という台詞の意味を考えると
どうやらペドロや一里を自分の「家族」だと思っているのは偽らざる彼の本心の模様
「一里・・・また外泊か」とか呟いてたシーン、ちょっと娘を心配するお父さんみたいだったしな
こりゃ「BJ実はそんなに悪い奴じゃなかったパターン」ある?
もっとも一里にとっては憎悪の対象でしかありませんが、ペドロとアルナが五体満足で救出さえされれば、最後は彼女自身がタイマンでBJをぶっ飛ばして快く許してあげそうな気もする
BJと和解しても「私、本当のお父さんとお母さんにも会ってみたい」とか言わせればブラジルに行く理由自体は消えませんしね

ともあれまずは屋上から落下したBJがどうやって助かるのかが気になる次週。アルナの監禁部屋に辿り着いた双子ハゲの片割れは、オバルと闘って敗れると見たがどうか

>入江先輩はエキシビジョンで試合してますよ。手塚QPペアにキンクリされただけで
>確かテニスの世界大会って「7人中最低3人は中学生」ってルール無かったでしたっけ?となると高校生はボルグ、QP、プロダブルス二人の4人で
ビスマルクに出番は無いからこのように試合前に出番作ったんじゃないでしょうか

あー。あのいきなり敗北してたダブルスは跡部と入江先輩だったかそういえば
まぁキンクリされた以上は、ちゃんと活躍を描いてくれる試合もあると思いたいが・・・ドイツ戦で出番無しだと残りは決勝戦しかないからなぁ。入江先輩は実力的に微妙よな
でも鳳凰先輩・徳川先輩・デューク先輩は準決勝のダメージで決勝戦は出れないとかいうパターンなら
鬼先輩は絶対確定として、入江先輩も入れそうな気はするな。あとは種子島先輩と・・・越智先輩にまた出てほしいけど流石に出過ぎかなぁ。男塾で言うところの飛燕とか伊達みたいな
そして確かに。高校生は4人までだからドイツの主力高校生全員は出れないのか。また設定を忘れてるはんぺらの為に指摘ありがとう
ボルク、QP、プロダブルス・・・・
うん、こりゃ誰も削れねえな。ビスマルクは必然的にベンチになるのか。むむむ

>ジオウの世界は元々我々の住む世界とそう大して変わらないものだったんじゃないでしょうか
クオークスやらタイムジャッカーの影響でライダーが現れる様になってしまった可能性ありますし
>祝え!平成仮面ライダー版ネプチューンマンの誕生を!その名も仮面ライダーディエンド・海東大樹!
>次回のジオウに出てくるのって…、まさか、アクアが出てくるだなんて思いもよらなかった
これ、知ってる人、めっちゃ少ないんじゃないか?オーズの劇場版で出てきた奴だもん
>アナザーディケイド、まさかとは思ったが出るとは。そしてラスボスになるとは
妹を利用したという点では妹のために世界を敵に回したもやしのアナザーとしては最適なのかな?
平成10周年記念のライダーのアナザーが平成20周年記念、平成最終年記念のラスボスとして君臨するのは何かかっこいいぞ
>スウォルツの目的が判明した割に、結局これまでやってきた行動とまるで噛み合ってないのが酷い。鳴滝2世だろこいつ
>なんかすごい雑にスウォルツが全部まとめた! というか加古川くん振り回されただけで改心もしてないし可哀想すぎませんかね
>もうレジェンドの出番はないと思っていたのに……まさかの劇場限定の仮面ライダーアクア、電撃登場ッ!!
シノビ逹と同様の未来のライダー、どんな活躍をするのか楽しみです
>最初の登場が先輩&強キャラで圧倒的だったのに最近はディケイドの弱体化が目立つ気がする。とか思ってたら力奪われたし
これでスウォルツ氏のラスボスはなくなったかな?アニバーサリー先輩のアナザーとはいえやっぱりアナザーはアナザーですし
やっぱりオーマジオウがラスボスかな
>海東は言いなりになるのは嫌って理由で盗んだグランドジオウウォッチ返すし、
仕事はするって言ってアナザーライダーにウールとオーラの場所教えるし、
パーフェクター争奪戦の時くらい好き放題して、最後は目的のアナザージオウⅡウォッチもらって満足して帰るとか、
パーフェクター争奪戦の時を思い出すようなDQNっぷりで帰っていった。ほんと何しに来たんだコイツ
>昨今の怪人削減路線で不安でしたが平成ライダーのアナザーライダーコンプリート確定で何よりです
そしてその取りはライダーの力を持つライダーディケイドで変身がおそらくスウォルツと一気に終盤じみてきましたね
妹の力を吸収すれば自分は敵無しだというスウォルツがなぜアナザーディケイドになるのか?
そもそも自分が王になりたいなら何故時の王を作り出そうとしたのか?期待不安が入り混じりながら終盤を楽しみにしていきます
>時止めの力あげるからグランドウォッチ盗んできてね→いいよ  アナザージオウⅡウォッチあげるからディケイドと戦って→いいよ
ウールとオーラ始末して→いやだよグランドウォッチ返すよ  一見するとクソムーブだが
本編当時は鳴滝にパワーアップカード前払いされておきながらバックレたので
10年経って報酬次第でちゃんと仕事するくらい丸くなったんだなと思ってしまった
>加古川また雑に処理されてる‥‥いい加減バス事故の真相誰か教えてやれよ
今回知らされたことって「スウォルツからソウゴに復讐する力を渡されたと思ったけどそうじゃなかった」ってだけだろ
未だに両親の死の原因だと思ってるソウゴから「お前は過去のことしか見てない」と説教されるとかひどすぎる
>ウールオーラがスウォルツに用済み扱いされたことに怒るのは分かるけど スウォルツが王になることに対して騙されたと思うのはよく分からない
二人は擁立した王のそばで甘い汁すすろうとしてたんだから誰が王になろうといいんじゃないの?
アナザーライダーがスウォルツに変わっただけというか‥ それとも二人は私利私欲のために王を擁立しようとしていたわけじゃないのかな?
>現在一番王に近い立場のはずのスウォルツがいちご狩りツアーやタイムジャッカーやってるのはなんでだろ?
王家はあくまで時を操作する力しかもっていないので別の時間軸にいる逢魔ジオウを誕生させてから歴史や力を奪う必要があるのか
それともツクヨミを追放したことがバレて王家に勘当され今やってるのは裏技的な事なのか
>オーラとウールも使い捨て、ツクヨミとディケイドから力を奪い、アナザーディケイドとなって王を目指すスウォルツ!
最終目的はオーマジオウに代わる王の擁立にあらず、真の目的は自身が王になること!
その最大の理由は自分を差し置いて王に選ばれた妹への嫉妬!……うーん、書いてみるとあまりにも小物臭くてさらに胡散臭いぜスウォルツ
じゃあ何故バス事故を起こして王の選出を行った?どうしてソウゴに「王になれ」と言った?自分の傀儡にするためか?
それならそのまま誘拐して洗脳でもすればよかったのでは?分からんことだらけだけどこいつがラスボスじゃないのはほぼ間違いなさそうです
>スウォルツの目的が明らかになったようですが結局は自分が王になるために強い力が欲しかったってことでいいんですかねこれ
しかしそれで手にした力がアナザーディケイドとなるとこれまでやってたことはなんだったのか、途中で脚本の変更でもあったんでしょうかね
当初は終盤でジオウの力奪ってアナザージオウがラスボスみたいな展開だったんじゃないでしょうか、
それならバス事故に関わってジオウ誕生のきっかけ作ったりアナザーライダーけしかけて成長促してたとか
これまでの行動にちゃんとした理屈がつくように思えますが
途中でアナザージオウ無駄遣いしちゃったせいで強い力ならなんでもいいみたいな場当たり的行動に見えちゃってませんかねこれ
ここから更にもう一捻りあることを期待したいところですがどうなるか
ただ世界の破壊者ディケイドのアナザーがラスボスになるってのはなるほどそうきたかと思ったりもしました、ラスボスと判断するにはまだ早いかもですけど
>まさか、まさかの仮面ライダーアクアがジオウに登場ですってよはんぺらさん!!
未来の仮面ライダーといえば、で挙がることも多かった彼がオリキャスで登場とは感慨深いですなぁ……
アナザーディケイドと同時にアナザードライブも登場するわけですが、まさか未来つながりでダークドライブも……?
>DQN海東、TVラスボス生み出した元凶となってそのまんま去るの巻。まるで成長していない・・
>アナザーディケイド・アナザードライブ遂に登場しましたね
アナザードライブは顔の下半分(本来のライダーでいうところのクラッシャー)が人間のようになっているのはドライブの敵怪人であるロイミュードを連想させ、
鼻の辺りがまるで警察犬のように見えるという意見もありドライブの警察要素をこう使ってきたのかという意見がありなるほどと思いました
またドライブおなじみのタイヤのタスキがけがないのも、トライドロンの力を使っていない=一人で孤独に戦っているのではないか
という暗示ではないかと思いますがどうでしょう。アナザーディケイドは「世界の破壊者ディケイド」の呼び名をストレートに伝えたような
悪魔や魔王のようなデザインだともディケイド本編でシンケンジャーとのコラボ時に登場したディエンドチノナマコを思い出させるとの意見が多くありました
>普通にディケイドの力奪えたスウォルツ氏
ただディケイドみたいなクロスオーバーライダーは文字通り平成ライダーの力を受け止められる器じゃないと成り立たないから
そういう意味ではスウォルツ以外にはディケイドのアナザーは使いこなせないのかなそこら辺
>スウォルツラスボスは既定路線にしても別時間軸の王族でツクヨミが王位に就いたからが動機ってなんじゃそら…
オーマジオウと特に因縁もないとは思いませんでした
>今週のジオウは雑って印象が強かった回でした
そもそもタイムジャッカー側は何が不満でどんな王に挿げ替えたいのかがわからないままでスウォルツが王になっても驚きも無いし、
力与えたら自分の力なら戻せるよなと思ったら妹の覚醒した力普通に奪えて最強になるなら妹そのままでいいんじゃ等
色々思うところが多々あった上、これまで何度となくチャンスがあったのにも関わらず分け与えた力でディケイドを止めてウォッチ作って
アナザージオウは海東にプレゼントはこれまでの積み重ねが霧散した気がしました
一応まだ力が完全になったからディケイドウォッチだけで目的達成になったのかなぁという考えもできますがこの先はあんまり期待はしないで観ていこうと思います
>アナザードライブにアナザーディケイド。これで全平成主役アナザーライダーが出そろいましたね
これは最終回付近でオール平成ライダー対大アナザーライダー軍団待ったなしですわ
>士、世界の破壊者としての使命ようやく終わったのか。そういう意味では海東のdqn振りにも一目あるかもですが
どうしようもないラスボス生み出しておいて全部ジオウ達に押し付けるのだけはやめてくれ
スパヒロでもやらかしていた汚名を再び被るのはとことん屑ライダーのそれだから
>公式で士と大樹はスーパー対戦以来だと明言されてしまいましたね もちろん役者的な意味合いでのコメントの可能性もありますが
士がFARでとどめを刺そうとしていたので二人の仲は険悪とみて間違いなさそう 今後も海東は出番ありそうだけど二人の和解は描かれるんだろうか
>話の畳み方がなんか雑になった感じのジオウ。ディケイド然り、どうしてクロスオーバーモノは最初壮大そうに見せて悉く雑になるのか
なんかスウォルツの過去背景殆ど明確になっていない感じがヤケクソ臭を禁じざるを得ない
「王家」とか「一族」とか引き合いに出されてもなんのこっちゃ、としか伝わらん
スウォルツはクオークスの一員なのかそれともただの別悪役なのかもうわからん。もうテレビシリーズ完結間近なのに、
長いことわけわからんままアナザーライダーとダラダラ戦い続けるからこうなんだよ、ちゃんと伏線回収しっかりしろ
もう自分の中ではジオウの評価は「粗雑」の一言に尽きますね。ちゃんと財団X絡ませないから話が視聴者にも伝わらないんだと思う
これならビルドの方がシリアス一色やギャグ面で良かったなあ
>配信の555草加くん登場回まで来ましたね。個人的には平成ライダーシリーズで今なお一番好きなキャラです
それだけにジオウで客演の扱いに恵まれなかったのが悔やまれる…

「我々はこの世界とは別の時間軸の王族だ。そして時間を操る力は我が王家にのみ受け継がれてきた
王家の中でも最も強い力を持つ私が王位を継ぐのに相応しい。だが・・・・
次の王に選ばれたのはお前だっ
到底承服できない決定だ。だから私はお前の記憶を奪い、別の時間に追放した
まさか生きていると思わなかったがな・・・
だが今となっては好都合。お前のその力をもらうぞ」

ついに明らかになったスウォルツとツクヨミの素性
今回明らかになったのはスウォルツの独白によるこの文面だけなので、未だ彼がタイムジャッカーを使ってやろうとしていた目的等は謎のまま
本当にこれまでこの肝心な部分の設定が意味不明なまま40話過ぎまで続いたので、彼の素性がわかってもイマイチ驚きも衝撃もありません
「今更再会した妹の力を奪うくらいなら記憶を奪う時についでに奪っておけよ」とか
「そんな簡単にアナザーディケイドウォッチ作れるならとっくの昔に作れただろ」とか
むしろ今回の流れに対しての話の矛盾ばかりが際立って、どうにも納得できない脚本の粗がが目立ちます
ただまぁ寄せられたコメントを見ると「別の時間の王族って何よ。オーマジオウとは無関係なの?」とか言ってる朋友がいるんで、そこは違うだろと
まずこれまでの考察通り
ツクヨミとスウォルツはオーマジオウの子供でしょう。時を操れる人間がそうそう居ても困ります
で、ここからはあくまで推察というか想像レベルの話になりますが、スウォルツ曰く王家でも最も力が強かったのに王に選ばれなかったということは
父親は息子の野心に気付いており、それを良しとしない聡明な王であったことが伺えます
そう、それこそ”最高最善”の
癇癪を起こして妹を排斥したスウォルツはそのまま実力で王位を奪おうとするも父には敵わず、歴史を改変することで父の持つ強大な力を奪い取り打倒することを画策する
しかしそんなスウォルツの計画にイレギュラーが生じてしまう。タブーである歴史改変の結果として
最高最善の王であった彼等の父が別の時間軸では最低最悪の魔王になるというパラドクスを生み出したのだ
・・・みたいな感じの流れがオーマジオウ誕生の経緯じゃないかなーとか思ったり。まぁ妄想ですが「ありそうな話だ」とニュアンス的な感覚だけ伝わってくれたら幸いですわ
そしてツクヨミとスウォルツがオーマジオウの子供で、ソウゴ=オーマジオウであるならば
二人の父親はソウゴということになりますが。真実ははたして
あとスウォルツがアナザーディケイドの力を手に入れたワケですが、仮に彼がラスボスだとしてもこの姿がラスボスではないと思うな
例え最強であろうともアナザーライダーはあくまでアナザーライダーでしょ。
ラスボスはやっぱジオウオリジナルが相応しいかと
スウォルツがラスボスだとしたら妹とディケイドの力だけに留まらず、最終的には父の力まで奪い取って最後はオーマジオウになるんじゃないかなぁ。どうやろ

>今週の鬼太郎、ほんと妖怪よりも人間の方が怖い6期。正直水虎倒してそのまま全滅したままで良かったのでは?と思いながらも
最後に奥さんは家族と和解できてよかったと思った。しかしまぁ幽霊列車といい性格歪んでる社長が良く出るなぁ
>水虎は封印され、家族も戻り、悪徳一家も制裁を受け、万事めでたしめでたし……とはいきませんね
心に闇を抱えた者がまた現れれば、新たな悪人に虐げられる人が現れれば、きっとまた水虎は復活するのでしょうね
>今週の鬼太郎は神回でしたね。いきなり翔子が自殺をしようとする重いスタートだし、翔子とその家族に対する仕打ちがホント酷くて
「こんなドグサレ共に生きてる価値はねぇぇえええ!!」ってヤツが幅を利かせてたので、水虎がそんなヤツ等をミイラにして行く様は見てて愉悦を覚えました
でもそのままハッピーエンドと行かないのも良いトコだし、全てが終わった後、今まで酷い仕打ちしていたヤツも社会的制裁を受けるのも気持ち良かったです
今回ばかりはねずみ男ナイスと思いました。アイツァ地獄すら生ぬるい。よく映像に残した!翔子達家族、今後は幸せになって欲しいと心から思いました
>今週の鬼太郎の感想。「あれ? 水虎ってけっこういいやつじゃん?」
ちょっと設定をいじって、人の望みを機械的に叶える存在とかにしたら、SFファンタジーでも通用しますね
そして次回は約束された鳥取回。思いっきりネタに走るようですが。なお、鳥取県というと砂丘で「実はそんなに大きくない」というひとがいますが、
「実際行ってみると体感的には十分大きいし、隣りにある砂の博物館も面白かった」と付け加えたい。境港からは遠かったけどね!

>水虎はあくまで装置で、起動させるのはあくまで人間の心の闇って感じでしたね……
そして、世に人間がいる限り水虎の封印はその都度解かれ続ける、と。キツい話だなぁ
あの、地域住民による新参者の迫害描写が朝のアニメで流していいのかってレベルでえげつないんですけど……
で、やりすぎたと判断したとたんひき逃げアタック→冷凍攻撃に走る奥さんのメンタルがパネェ。自殺まで思いつめた人間とは思えんタフさだ

現代における社会問題の風刺に定評のある6期鬼太郎
今回のテーマは村八分。ネット等でも都会から田舎に移り住んだ家族が村八分に遭った体験談など見たりしますが、今回はまさにそれかと
田舎町を丸ごと仕切る権力者の社長一家から、いわれのない理由で執拗なイジメを受ける一家。追い詰められた妻は水虎の力で彼等に復讐を始めるがーというあらすじ

加害者側家族のクズ人間ぶりに始まり、復讐は果たしたものの深層願望のせいで愛する旦那と子まで失ってしまう妻など、人間の心の闇が色濃く演出されたダークエピソード
今回は人間を元凶として描いた為か
いつもはトラブルメーカーのねずみ男が相対的にGJ担当になったのがいい感でした
というか最後に引っ越せる金があるなら最初からこんな町サッサと出ていけばよかったのにな
なんであんな仕打ちを受けながらこの町にへばり付いてたのかがイマイチわからなくて、最後の最後に脚本の説得力の無さを感じてしまった
社長一家は事件が明るみになって社会的に殺されたワケだし、すっかり落ちぶれたあいつらを尻目にこの町で幸せに暮らすという因果応報なラストでも良かったと思うけどなぁ

>アイギスが水着ユニットで財布を殺しに来た・・・火曜日の私「水着マーヤはイベ金か!ガチャだったら死んでたぜHAHAHA」水曜日の私「これ死ゾ」
よく考えたらコレ水着オンリーってことは後々(8月の夏祭り?)に浴衣ガチャも控えているってことじゃないですかヤダー!by御茶っ葉
>呆けて報告を怠っておりました。デウスエクスマキナですが、Lv15を突破できました
王子歴2年弱、復刻でない新規実装の魔神で初めてLv15行けましたが、思った以上に感動してなくて自分にびっくりしました
多分、お城における爆弾処理と同様、難しさとめんどくささが直結しているせい(個人の感想)
ゲームに対してトータルでは不満はないです。というか、今回、好感度150%で黒が大抵どの娘も強くなって、
まさしく好きな娘使って攻略、というのが現実味を帯びてきたのが素晴らしいと思いました
自分は、思い入れのある娘から、ってので黒への実装まで一切指輪に触れてなかったので、感覚として少しずれているのかもしれませんが
もちろん、今回の件で元からバケモノだったのがもはや形容しようのない領域まで行ってしまったのがちらほら見られますが・・・
(あくまでも、おりゃん王子のやっかみですが、スーさんとデューオの二人)
いかがでしょう、はんぺらさん。やっぱりこの二人には、指輪を渡してるんでしょうか・・・(大滝汗)
>力石です。結局5ステップ回してしまいました!
しかし最低保障しか虹が出なかったり確率アップ先生が仕事しすぎて被りまくりだったりと散々な結果に
その代わりか今週の半額招城で竜宮城が来てくれたので水の武神はもう怖くありません! やったぜワハハ!(慢心敗北フラグ)
そしてアイギスと城プロの両方で生放送が行われるとのことで今回も楽しみですね
ところでアイギスの方の水着ユニットの性能が凄いことになってる気がしますがはんぺらさんは誰か入手できましたでしょうか?

ぬっ。樋熊さんはデウスエクスマキナ15終わったのですか。それは凄い
はんぺらは結局残業で忙殺されたのとモチベーションが再燃しなかったダブルパンチで手を付けませんでしたが。こういう報告聞くと「俺もやっときゃ良かった」って悔しくなるな。ぐぬぬ
ブラックリングはお察しの通りスーとデューオには真っ先に。あとはエステル(攻撃硬直)とエメラダ(CT短縮)の4人ですな
っていうかスーの攻撃力はマジおかしい。90上がったら実質450上がってるって事ですからね
エステルファミリーの中にデューオとスー入れてエンチャントするとマジどんな敵も一瞬で蒸発ですわ。はやくビフロンス復刻こい。そして水着ガチャの戦果ですが・・・・
かたじけのうごじゃりまするぅ(べしゃり暮らしのあの顔レで)

夏のボーナスも出た事だし水着黒パックを1個購入と、あとは石を180個割った結果がコレ
ミルノ以外コンプリートという僥倖ともいえる引きで終了。更に副産物として、欲しかったユーフェ(編成でアンデッドコスト-2)が出たので想定以上の大勝利でした
ていうか水着ラピスの性能なんなん?覚醒スキル完全にレミィの上位互換やん
6周年選択チケットで取れない期間限定ユニットにクソ性能を与える運営のやり口よ・・・
射程も勝ってて、魔法耐性まで増えて、遠距離引きつけは負うけど遠距離攻撃50%無効と70超の魔法耐性のおかげでデメリットにならず、むしろ戦術的メリットとして機能
なんと言ってもコストが半分というのが酷い。昨今のアイギスの低~中コスト帯の性能を考えると、風神雷神はコスト見直してほしいよね
おかげでずっと夢だった脳死永続編成が可能になって
リキュノスとスイレンとキャロップの強さに脳細胞が凄い勢いで死んでいくのを感じるわ
アイギスと城、夏のW生放送嬉しい限り。
特にアイギスは大型アプデ情報発表ということで期待大。一体何をやらかしてくるのか楽しみです

>はんぺらさん、ニ年くらい艦これ放置してたんですが今から復帰するとして何から始めればいいですか?と言うか、今から復帰しても次のイベントなど楽しめますか?
今は丙の下の丁という難易度があるから、それを選べばイベント自体の完走は余裕よ
復帰して最初にやるべきことは最優先で長門と陸奥を改二にすること
今はこの二人がイベントの切り札だからなそしてもしイベントの掘りでネルソンが掘れるなら必ず掘ること。まぁ2年前までやってたなら大した労力でもなく揃えられるだろう
しかしまた何故今になって復帰を?離れた理由は知らんが
ぶっちゃけ2年前となんら変わった部分はないからすぐ飽きると思うぞ

>「英雄*戦姫WWX」はサンプルの段階でシリーズのCGが流用されていますが、シリーズにはいない新規キャラは描きおろしのようなのでそれを楽しみにしています
あーやっぱりそうだったのか。はんぺらはシリーズ未経験なので新鮮な気持ちで楽しめますが、朋友のようなシリーズファンほど損をする仕様なのは微妙なトコよな
でもブラウザゲームとして長く続けばそれだけ新規キャラも増え続けるってことだから息が続くほど新作としての旨味も味わえるって仕組みか。なるほどな
最低でも坂本龍馬以外の大槍葦人の新キャラ5人出るまでは続いてほしいが・・・難しいかなぁ
あとアイギスの生放送でリリース直前の英雄*戦姫とのコラボイベント発表があるんじゃないかと睨んでるがどうか。結構ありそうじゃない?


>こんばんは。3週に渡り自分の下らないコメントを載せて頂き感無量です
今週はキン肉マンお休みだったので、コメント送るか迷いましたが、敢えて送ります
自分はマリキータに関しては「灰色」説を支持します。まあ、とは言っても大した説では無いんですが
マリキータとアリステラとの友情は本物かと
ただ、その友情が強すぎて故郷を救いたいアリステラをなんとしても助けたいと思い、サタンに洗脳されまるでスパイの様な立ち振る舞いをしていた、と
なんだかんだでキン肉マンは少年マンガだし、単に裏切り者だったとか、最初からスパイだったとか、ヘヴィな流れにはしないって言うのが自分の考えです
至極、単純な推測ですが…で、サタンの洗脳が解けてアリステラへの謝罪を述べ息絶える
その姿に涙するアリステラに対してブロッケンJr.とアタル兄さんが呼びかけるみたいな…
味方として戦わないまでも、ピークアブー的なポジションに収まってくれるのを切に願います
あと、ブロッケンJr.ですが、この戦いで本格的に「jr.」が取れたりするのはどうでしょうかね?
よくよく考えたら、未完の大器だの何だの言われる以上にこのjr.って呼び名が消えない以上、
いつまでも彼は未完成なイメージが付いて回るわけですし…ただ2代目ブロッケンマンとかってのもしっくりこないですが

>フルメタルジャケッツといい、オメガ・グロリアスといい、絶対前々から考えていたであろうチームネームが最高ですね
>ハアハアしてるブロッケンがヤバい奴にしか見えない
>予想通り気合いが空回りしてしまったレイラァ。ソルジャー隊長の一喝で落ち着きましたが、気になるのは試合前に言った自由な発想の下り
これはベル赤使えないなら足を使えばいいじゃないかというブロッケンの帰還フラグでは
>意気込むレイラァ、功を焦ってハァハァするレイラァ、案の定ベル赤を受け止められるレイラァ
そしてアタル兄さんにビンタされ気を取り戻すレイラァを見て『あぁ、ブロッケンだ』と満足な笑みを浮かべてました
>久々にコメントさせていただきます!キン肉マンの最新回、試合に臨むレイラァの『ハァハァ』が、
ヤバい薬でもキメちゃってるように見えてしまうのは私が未熟者だからでしょうか?w
屋敷に住まう剛の者達の大方の予想どおりに試合開始直後空回りするレイラァの好感度がパないッ!
はんぺらさん、変な気候で身体にこたえる日が続いていますが、無理なく楽しくサイトを運営してください!応援してます
>アタル(叩いたら直った・・・!)
>レイラァのキャラ的に気負いムーブはやっておきたいけどこの局面でそれに時間とると「これだからブロッケンなんて選ばなきゃ…」と言われる、
だから試合開始回のヒキまでに出して即解消させる。これはゆで先生の計算がビカビカに光ってますよ
>アントニオ猪木ばりの闘魂注入!レイラァの暴走は僅か一話で終了!
これで序盤グダグダになる恐れはほぼ無くなりましたね。熱いバトルに期待大です!!
>さしずめ今回はレイラァの起承転結ですね。ブロッケンjrという超人の性格と思考、更に欠点と長所を分かりやすくまとめられているのが凄い
ただクラッシュマンとサイコマンという人生の転換期とも言える試合をしたブロッケンと考えると少々味気無いような気がします
先の戦いがどう開花していくのか注目です
>予想通り、ソルジャーに選ばれたことでブロッケンJr.が焦って突っ走る展開来ましたね
自分語りですみませんが、先月からバイトを変えて1から仕事を覚えている最中の自分としては、焦って突っ走るブロッケンJr.の姿が他人事とは思えませんでした
それに対して怒鳴るでも説得でもなく張り手を食らわすソルジャー、シビれますね
必勝の為だったり、パートナーに選ばれたことで舞い上がっり、焦ってピンチを招くのはこれまでも数多く見られた展開ですが、
張り手一発で相手にそれを悟らせるソルジャー、カッコ良過ぎる上に流石です
>レイラァが闘魂注入される一連の流れで持ってかれた おもいっきり振り抜かれて「!?」と戸惑った後すぐに
「分かったぜ…」みたいに落ち着くあたり、他のレイラァ候補と比べて一挙一動の破壊力が違いすぎる
>「目にもの見せてやる!」(かっこいい)→「ハァハァ」(かっこわるい)→「トァーッ!トァーッ!トァーッ!」(かっこいい)→
「ウグ ウグ ウグ」(かっこわるい) な、なんて面白いんだブロッケンというやつは!
>ブロッケンに対する「あ…ダメそう…」からの「やっぱいけるわ」って感じすごい好きなんですけど
それよりなりより先鋒任された時のマリキータ面白すぎでしょ、鳴き声込みでポケモンにしか見えねぇ
>大げさとかじゃなく、2世描いてた頃の御大ならレイラァの焦ったファイトだけで単行本1巻分くらい費やしてたと思うと、
本当に今のキン肉マンってテンポよくストーリーが進んでるんだなぁと思います。次回からはレイラァの真の活躍が拝めそうで楽しみです
>アタルに良いとこを見せようと空回りするブロッケンというはんぺら予想はズバリ的中しましたね
しかしそれを僅か数ページ、ビンタ1発で解決してくれたアタルと、その意図を言葉無しに理解したブロッケンがイカス
これが究極タッグなら翌週まで持ち越して数ページグダグダしてたんだろうなと思うとウンザリします
>ブロッケンのやらかしは予想通り。しかし、無言のビンタ一発でそれを修正する超人血盟軍の絆の深さがなんともかっこいい
2世は確かに失敗作でしたが、2世があったおかげで今回のビンタが神展開であり最適解だということに疑念もわかなくなるという不思議
改めて御大は天才だと思わされました
>案の定レイラァが身の丈に合わないファイトをしようとしましたねw しかしそこはソルジャー、
かつてのバッファローマンを止めた時と同じように言葉ではなく行動でレイラァの目を覚まさせた…なんという冷静で的確な判断力なんだ!!
しかもバッファローマンならその行動に疑問を抱いていたところを一瞬で理解するあたりさすがレイラァ
>じゃあいくぜ~っ!!オメガ・グロリアスのおふたりさんよ→目にもの見せてやる!!→ハァ ハァ(次のコマ)→
オレの覚悟をナメんな!食らえベルリンの赤い...→ウゴ!ウゴ!ウゴ!→おかげでようやく目が覚めたぜ(突如豹変)
...おい誰だよヘイルマンにオメガ版レイラァ期待できると言った奴。俺もだよ。レベル違いすぎだろ...(歓喜)
前作でアシュラマン敗北時に見せた喜怒哀楽の申し子ぶりもそうだが、レイラァのテンション上下ってもはや躁鬱患者並みですよね...。
そんなレイラァを一撃で冷静にさせたアタルが、「冷静で的確な判断を下した知将」というより
「情緒不安定な子供をうまくあやしたパパ」みたいに見えてくる点が、やっぱレイラァはいろんな意味で本物だと思いました。(まとめ)
>「目にもの見せてやる!」がなんか直後のハアハアのせいでこれからマリキータを押し倒す的な変態にしか見えない
直後の「えコイツナニ言ってんの!?」みたいなアタル兄さんのコマがまた笑いを加速してそうなのがまた・・・w
>「トアートアー」から「ウゴウゴウゴ!」と悲鳴を挙げるレイラア面白くて死ぬ
しかもアタル兄さんからビンタされてから一気にクールダウンするのもまたジワジワくる
>ウギャア!試合開始からレイラア飛ばしまくりで腹筋で死んでしまう!
>レイラァは新シリーズでも面白くて困るwしかし笑いをとるだけではなくてクールダウンしてからマリキータへの対処にも気合を入れてもらいたい
>レイラァ、色々感情がせわしなすぎるwww
展開的には毛負いすぎて力を出しきれないところをリーダーの平手打ちで正気を取り戻すという王道展開なのですが、
戦う前からハアハアいってるほど毛負う姿とか!ビンタ食らった直後の唖然とした表情から2、3コマ後には笑顔でクールダウンとか、
どうしてこう感情が振れ幅がオーバーなんだこの人www
>ハアハア→そう力むな→みんなの為にー!→バシィ!→目が覚めたぜ! 早いわ!wwwなんだこのジェットコースター展開www
>いやまあ気負い過ぎて空回りからの立ち直りで何週も使うのは確かにしんどいと思うんですけどね
何から突っ込んでいいのか分からないほど詰め込まれたブロッケン劇場でした
>これはもう描いているご本人が一番楽しんでいるにちがいないレイラァ劇場

新キン肉マン 第289話
「栄光と弾丸の開戦!」の巻

「じゃあいくぜ~っ!オメガ・グロリアスのおふたりさんよ!」

フルメタル・ジャケットに対してオメガ・グロリアスで栄光と弾丸の開戦と銘打った今回。終始落ち着き払ったアリステラ、マリキータ、アタルの3人に対し、
ただ1人だけ異常なハイテンションで叫ぶレイラァが面白すぎて最初からもう駄目
彼岸島のようにハァハァ言いながら完全にテンパッて対戦相手に暴言を投げかける挙動不審ぶり

「目にもの見せてやる!」
まるで悪魔超人のような物言い。これには言われたオメガグロリアスもビックリです

そんなレイラァのあまりの面白さについツッコミが入ってしまうアタル(違)

一瞬主人に叱られた犬のような反応を見せるも、その1秒後にはクールダウンして会心の笑みを返すレイラァ
「そうだなこの大一番で俺は力みすぎていた。おかげで目が覚めたぜ!」
おれは しょうきにもどった! 
なんだコイツ(素)試合開始からここまで完全に一人相撲しててとんでもなく面白い
あと「叩いたら直った」という朋友コメントが例えとして的確すぎて個人的ツボ。さながら昭和のポンコツ家電です
かくして考察通りレイラァの空回り展開はありましたが、それを長く引きずることなく1話だけでキチッと終わらせてきた御大
「描いてる本人が一番楽しんでる」というコメントはまさに言い得て妙
試合開始1話目からレイラァの面白要素を詰め込めるだけ詰め込んできた感あります
立ち上がりでこの有様とか最初からギア入れすぎ。来週以降どんな奇行が飛び出すのか楽しみすぎて仕方ない



7月7日

>100000…110000…バ…バカな…まさか…ミコちゃんのヒロイン力が…ま…まだ上昇している…!
>酔って本音をもらすミコちゃん切ない。キャンプファイヤーでの石上の優しさが本当に嬉しかったんだろうな
>無自覚かもしれないけれど、ミコちゃんって本当は前から石上の優しさとか魅力に薄々気づいてたのかな?
どちらが先なのかは分からないけれど、他者への優しさが自分に対しては向けられないから、お互いに嫌われてると思ってたのかもなぁ
>結果的にですけどミコちゃんへの優しさが燕先輩が石上を意識させる当て馬になってますね
あとラストの燕先輩、赤坂アカ先生はたまにめっちゃエロい雰囲気出す絵描くからドキッとします
>香水の匂いを褒められて石上をチラッと見るザコちゃんがマジ乙女。ホントは石上に褒めてほしかったんだね
>みこちゃんが自身に大してもっと優しくしなさいよってもう完全に惚れてますよねこれ
両親が家空けがちで愛情に飢えてるんだろうなとは思ってましたがここまで対象を絞って優しさを求めてる描写はありませんでしたし
>つばめ先輩の天然とミコちゃんに振り回される石上、という構図が目立つ今週のかぐや様ですが、
石上のフォローにはしっかり小野寺がはいっていますね。ボケとツッコミといえばそれまでなんですが、
「体育祭から気になってたあいつには憧れの先輩がいて、しかもいつも隣にいる喧嘩ップルなあの娘は私の親友な件について」に思えて困る
登場したときには思いもしなかった一番報わない恋をしたキャラになるかも。まあ、すべては妄想なんですが
>石ミコつばめ派の栄光時代はいつだよ… 次回か? 石ミコ小野寺派は………石ミコ小野寺派は今回なんだよ!
>かぐや様の1年生トリオですが、ミコが香水を誉められてるシーンで石上の方を見ているように見えますね。それを察してか小野寺がカットインしてる
>小野寺さんの石ミコに対する雰囲気ってどことなく白かぐにとっての早坂ポジっぽいですね
>小野寺ちゃん石上に通訳したりミコちゃんのお世話したりとKP楽しめてたんだろうか・・・私服の帽子&コート可愛かったからまぁいいか
>小野寺さんほっぺ野郎からミコちゃんをガードする所イケメンすぎる。石上に頼む所も手馴れてたし普段からああやって2人で守ってそう
>石ミコ、石つば双方狂喜の今回でしたが自分は小野寺さんが三人を常に観察してた事と石上の小野寺さんへの返事が「おう」になってた事に注目します!
>麗ちゃんの上級石ミコ民ぶり
>ライトサイドについて行こうとする石上の言動が、まさに若者に理解があるポジを取ろうとするおっさんで見ていて辛いw
そして石ミコ回では突っ込みとフォローと解説を全部やらなきゃいけない麗ちゃんはお疲れ様
ウイスキーボンボン出てきたときにちゃんとミコちゃんに確認取っているのが良い。さすがつばめ先輩が声かけただけあって、みんないい人達だった
最後はまさかのそのつばめ先輩のターン
これはド直球ストレートに自分に告白してきた男の子が他の女の子の面倒ばっかり見ているからちょっと嫉妬しちゃったパターン?
でも、なんだか壮絶なギャグオチが待っていそうな気も(なお、同時刻、別の場所では謎のなまはげパーティが催されていた模様)
>今週のかぐや様を読んだ感想 『ま・・・待ってくれ~っ オレはまだ決めかねてるんだ~っ』
>ミコちゃん「本当に嫌い!」って言ってるけど要求してる事は「文化祭の時みたく……つばめ先輩にするようにしてみなさいよ……」なんだね
本心では他ならぬ石上に肯定されたり優しくされたかったんだな……そして本当は、嫌いじゃなくて好きになりたいんだな
>お水で大喜びのミコちゃんかわいすぎる。登場した頃、この子がこんなにかわいくなるなんて思った人ほとんどいなかったんじゃないですかね
>石上の言う身近にいる手本って白銀かな?でもかぐやの事も最近は尊敬してきてるし
ミコの真面目な行動も見習うべきなんだろうなって前に言ってたから一人ではなく生徒会の3人を皆お手本にしてるのかもな
>かぐや様で「マジ卍使ってるのはオッサンだけだよ」って読んだ後に、スナックバス江読んで噴いてしまった。素敵にリンクしてる
>隠れ石xつば派俺、突如ここに来て無言のガッツポーズ
>ミコちゃんの嫉妬ムーブはいじらしくて可愛いんだけどつばめ先輩の嫉妬ムーブ?はガチで喰いにいく奴に見えてちょっとひぇ…ってなった
>つばめ先輩のラストの表情、女の子の魔性感じてゾクッときましたね
>つばめ先輩KOEEEEEEEEE
ガチ純真無垢だと思ってた分最後の行動のギャップが凄いな、ボディタッチも天然じゃなくて狙ってるように見えてきたぞう
>つばめ先輩こういうタイプなら普通に振られても別にいいかなと思った
可愛いけど面倒くさいタイプってわかったしつばめ語とか嘘つくとか、優くんも無理してるだけでノリ合わないし
>つばめ先輩が石上に嘘の時刻を教えて終電を逃すように仕向けたのはゾクゾクした!
予想を大きく上回るつばめ先輩の石上への好感度、これはもうカップル成立待った無しだろ・・・
と普通なら考えるんだけどそうじゃないという結果を読者は知っているわけで
酔いつぶれたミコちゃんという予測不能なファクターが自身を骨折させて色々と有耶無耶にしちゃうって分かってますからねぇ
自身の腕を折ったミコちゃんが石上とつばめ先輩のフラグも折ったのかどうかホントに気になります
>えっというかこれはあれですか。先々週のミコちゃんの「あーんして食べさせてくれるのよね?」はつばめ先輩が石上に食べさせることを見てたから?
「わたしなんてほっといて自分だけごはんを食べにいけば?」も来週以降なんらかの理由で2人が自分を置いてどっかに出て行ったからってことなの?
その結果悪い偶然が重なり骨を折ったとしたら石上が責任感じるのもわかるのだが、ミコちゃんがちょいデレたのがわからないなあ
石上が手当てや病院の連絡とかをして「今はお前のほうが大事だ」みたいなセリフを言ったとか?
>今週の石ミコは三角関係のロマンや醍醐味がこれでもかって程詰まってたな
普段の制服姿とレオタードだとあまり気付きませんでしたが、バーテン衣装だと胸のラインが強調されてなかなかの巨乳の持ち主だった事がよくわかるつばめ先輩

父親は世界的バーテンダーだそうで、
高校生の身でありがらカクテルには造詣が深い模様
普段とは違う先輩の姿とスキンシップ多めの指導にときめく石上でしたが、意外にもそんな彼に
あからさまに不機嫌な反応を見せたのがミコちゃん
つばめ先輩のバーテン知識を値踏みするかのような挑発的発言に加え、デレデレ状態の石上の態度をどストレートになじってくるという感情剥き出しのストロングスタイルです

「なんでいつもそんな私にばっか傷つくような事言うの?いつもいつも馬鹿にして!本当に嫌いだわ!
他の人には優しくしてるくせに・・・!

文化祭の時みたく・・・つばめ先輩にするみたいにしてみなさいよ・・・」

ミコちゃん石上LOVEオーラ出しすぎ問題
酒の力すごい。
素面状態なら絶対に漏らさないであろう弱音・本音を垂れ流して「私にももっと優しくしてよ!」と石上に迫るミコちゃん
このクリスマスパーティーで石上に対する意識が変わるイベントが発生するものと思ってましたが、どうも最初っから彼女の好感度ゲージは振り切れてる模様
ミコちゃんは石上が本当は優しい男だって事をちゃんと知ってたんですね。流石よく見てる
彼女が石上を嫌いなのは石上自身を嫌いだったワケではなく、
そんな「優しい石上」が「自分に対してだけはそうじゃない」事が嫌だったのでしょう

故に彼女の石上LOVEフラグは、石上から優しくしてもらったあの後夜祭の時点で既に完成していたのかもしれません
ぶっちゃけあとは彼女自身が石上に対する感情を自覚するだけという状態で、
この後に起こる骨折イベントがそのキッカケになるという感じでしょうか。冬休み明けのあのミコちゃんは既に石上好き好きモードだったと思うと2828が止まらん
それにしてもミコちゃん、これで更に石上が中学時代から励ましてくれた手紙の人だという事実を知ったら石上に対する好き好き度と依存度が爆発しそうよね
付き合い始めたら四六時中ベッタリで「一瞬も優と離れたくない」とか言いそう。たまらん
そして
そんな二人を一歩下がった位置から見守るポジションの小野寺さんが非常にGJ
ほっぺ男からさり気なくミコちゃんをガードしつつ、酔い潰れた彼女を家まで送る役目は石上に任せるなど、二人の仲を取り持とうとしてる雰囲気が見受けられます
大仏ちゃんがこの場に不在というのもありますが、コメントにもあるように白かぐにおける早坂的な立ち位置を確立してるので今後も出番は飛躍的に増えるでしょう
でも俺も朋友と同じで「小野寺さん自身も石上の事ちょっと気になってる」という妄想を捨てきれん。ラブコメにおける「面倒見の良いサブキャラ」の王道設定よね


「ゆーくんはミコちゃんの事ばっかなんだね」
一方、潰れてしまったミコちゃんの世話を焼く石上に対して、今度はつばめ先輩がジェラシーを妬くというビックリするくらいラブコメらしい展開に
終電で帰るつもりの石上に嘘の時間を伝え、泊まらせるという大胆な行動に出ます

表情のせいか「こんな肉食系ビッチだったのかよ」などといったつばめ先輩に対するネガティブな感想も巷ではチラホラ見られるようですが、はんぺらはそうは思いません
これ上目遣いで赤面しながら、口元をスマホで隠しての台詞だったら抜群に可愛かったんじゃないでしょうかね
というか自分に告白してくれた男子(本人に自覚は無いが)がずっと他の女の世話を焼いてて
更には酔い潰れた彼女を、親の居ない深夜の自宅まで送るって言ってるんですよ?
つばめ先輩じゃなくても普通の女子なら食い止めるでしょこんなん
恋する乙女なら当然の反応であって、これを肉食系呼ばわりするのは完全に的外れな意見かと。これは告白した相手の気を揉ませた石上が悪い(自覚ないけど)
それにしても面白いのはミコちゃんは「石上はつばめ先輩ばっかり」、つばめ先輩は「優くんはミコちゃんばっかり」とお互いに思ってるトコですね
まさしく三角関係のロマンと醍醐味が詰まった展開で終始2828。この作品でこんな話が読めるとは
はたして石上が本当に大切にしているのはどちらなのか。一刻も早く続きが読みたいところですが、次号は休載という罠に気が狂いそう。首を長くして再来週を待ちましょう

>河村、自分の中のイメージにかなり自信があるみたいですね。前回はんぺらさんが言ってたルーティンのも絶対ありそうだけど、
皆浦か碓井あたりが呼びに言った時に大コマで河村の素振り→ニヤリと笑う河村、で締めの回が来ると予想します
>碓井の気迫のピッチングと「喰らいついて最後にまくる」というモノローグがはんぺらさんの展開予想を示唆してますね・・・
「スケールの大きさでは石浜君だろう。だが現時点での完成度では遥かに・・・」
河村は出塁したものの、続く4番の珠希ちゃんは凡打に倒れた冨士ケ丘。やはり今の瑛太から安打を得るというのは河村クラスですら至難のようで、
近藤さん評では
現時点での完成度ではブンゴを遥かに凌駕しているとのお墨付き。家永の驚愕ぶりからもそれが伺えます
1点を追う冨士ケ丘にとっては絶望的とも言える瑛太の壁ですが、碓井は意気消沈するどころか「最初から想定内だ」とむしろ荒ぶるピッチングで静央打線をねじ伏せます
「俺達はこんな展開は想定済みだ。何の問題もねぇ。俺達の戦い方は・・・・
ブルドッグみてーに喰らいついて 喰らいついて 喰らいついて―
最後にまくる!ハナからその覚悟だ!」

「碓井が踏ん張り、1点のビハインドで最終回に繋ぐ」
というはんぺら予想を肯定してくれているかのような碓井のこの独白
そして選手控室で一人黙々と対ジャイロスライダーのイメージトレーニングを積む河村と、冨士ケ丘逆転サヨナラの為の演出パーツはこれですべて出揃ったか


少なくともこの描写だけで、最後に河村がジャイスラを完璧に捉えるのは確定したしな
あとは以前も考察した通り、試合として静央が勝つか負けるかは追加点が入るかどうか次第なワケで。今回の碓井を見る限りもう1点もやらないんじゃないかなぁ

>バトゥーキは普通にいっち強化イベントでしたね。このまま一人で戦っていても限界が来るし、一気に仲間が増えたのは頼もしいところ
このまま打投極のストライクスリーを習得して欲しい
>バトゥーキの打ち切り心配されてましたが大丈夫そうですね
実際、あのままパネルの対戦相手を狩ってくだけなら遠からずマンネリになってたでしょうし、
いい意味で裏切りの展開だと思いましたが……栄子ちゃんどうなっちゃうの!? 
死亡フラグ行動に出ちゃった彼女が心配です。(あの展開で死亡はないだろうけどどうオチ付けるのかっていう意味で)

迫先生お得意のフェイント描写に全国の読者がビビったであろうバトゥーキ

ゲェー栄子がBJのスパイ?嘘だろ?いつからそうだったの?
と思ってページをめくると、単に自分も一里の為に役に立とうとバーBJを検索しただけだったという・・・嘘喰いじゃないんだから勘弁してくださいよ迫先生!
というワケでこれまで戦ったBJチャレンジの猛者達に事情を話し、頼れる仲間として共に修行を開始した一里。空手道場の雪菜先輩も再登場して非常に賑やかです
甲斐はともかく稲荷も仲間になるのかお前・・・
あの一件のせいでホモになってるとか斜め上の展開に期待
そして栄子のバーBJ潜入から即座に相田組カチコミという電光石火の急展開。今までのスローペースは何だったのか
ミッツとあの双子ハゲも相当な武闘派だと思うんで、BJの手下とかが大量に居るなら彼等だけで一掃しそうだけども・・・BJ1人に3人とも返り討ちにされるんやろな
あとバーBJのメニュー名が
「カルーくミルク」とか「BJウィンナー」とか、ファンシーかつアットホームな雰囲気で思わずほっこりした

>シャドウハウス ルイーズがクソなので今週の二人に終始癒される回。しかしラムがシャーリーの顔じゃないという重大な事実が発覚
単に自信がなくて後ろ向きってわけでもなく事実なのか?どういうことだろうか気になる
しかし大量のこびりつきは気持ち悪かったなーエミリコがあの道具選んでなかったら詰んでた?
ラムがいまいち話しかけてもらえないのも照れてるんじゃなくて色々事情があるのだろうか?
>ラムとシャーリーも影と顔の名前が不一致ですね
イマジナリーフレンドな指のラミーも合ってるのか微妙なラインですし、なんなのやら

助けたケイトを乗せる為ではなく、
素材を現地調達して用途に適した道具を作るための手押し荷車
大量のこびりつきを前にして、即席で箒とエプロンを作り上げたエミリコの機転にラムが驚いた今回。なんだ生き人形全員優秀やんけ
そんな常に主人のことを考えてるエミリコに対し
「暗闇が怖いから」という極めて利己的な理由でランタンを選んだ自分を嫌悪するラム
「違うの。シャーリー様の「顔」はラムじゃない」

涙とともに溢れたその告白は、はたしてどういう意味なのか
互いにコミュ障なせいで意思疎通が上手くいってないだけの主従とばかり思っていましたが、どうやらラムには他の生き人形とは違う秘密が隠されてそう
パッと思いつくのは
彼女は二重人格で、もう1人の性格がシャーリーの本当の顔ってところでしょうか
その人格の名前が「ラミー」だとしたら、自分の指に話しかけるというこれまでの彼女の危ない行動の意味も理解できますが・・・次回、その真相や如何に
と思ったら
シャドーハウスも次号休載の罠!マジかよかぐや様とダブルパンチやん。来週ははんぺらに寂しいYJになりそうだ

>今月のワールドトリガーに出てきた新キャラの帯島ユカリ・・・絶対薄い本出るでしょこれ。俺は詳しいんだ

いいセンスしてるよオマエ!(ハトよめ風に)
褐色ボーイッシュ後輩キャラという、玄人好みの属性を絶妙のバランスで盛り込んだ洗練されたビジュアル。空閑を尊敬してるトコまで含め設定完璧
「空閑先輩に・・・自分がちゃんと女の子か確かめてほしいッス」とか言ってパンツ脱ぐやつ!
空閑が真っ白なキャラなので黒髪&褐色肌というのもベネ。裸体が絡んだ時にコントラストがいい感じだし、精液をぶっかけた絵面も映えるしな(一体何を力説してるんだ俺は)
ただまぁ惜しむらくはワートリの薄い本自体を滅多に見かけない、ということだが・・・・

>スウォルツ「俺の役に立ってもらおう、お前の意見は求めん」海東「アッー!!」 完全にBL同人誌の導入だこれ
>ディケイドコンビがやりたい放題過ぎるジオウ
スーパーなタイムジャッカーが洗脳失敗してる時点で海東が洗脳されてない素でやってる臭いのがもうお前ほんとにいい加減にしろ過ぎて
>ディエンド+時間停止……アカン奴にアカン能力を持たせてしまった感がぷんぷんと
>ディケイドはピンクでなくてマゼンダです、ってこだわるねぇw しかし次回、ジオウゲイツウォズにしれっと4号ライダーみたいに並んでるのは草生える
>ス氏の野望はティードの野望に近いな……結局、ティードとはなんだったのか
>アナザービルドどうしたw
>ツクヨミを追ったアナザービルドくんなんであんなアクロバティックなことやっちゃったの、失敗してアナザーカブトびっくりしてるじゃんwww
>障害物の飛び越え失敗したアナザービルドに盛大吹いた。あれは普通にアクターさんが失敗したのを監督がノリでOK出したんですかね?
>ウール君オーラちゃんやっぱ単なる手駒じゃないですかヤダー……ここからアナザーキカイの時の様に翻ったら尊敬する
>やはりウォズはスウォルツを探るために飛流側についてる流れっぽいですね
スウォルツの野望はオーマジオウではなく、新たな王に自分がなること?ですかね
スウォルツの欲する時の王者の力は予告を見るとソウゴの持つジオウのものでなくても、
成長した飛流のアナザージオウのものでも代用可能になりそうですね
>スウォルツ自身はソウゴが子供の頃から暗躍して自身の野望のためにずっと動いていたみたいですけど、
ウールとオーラは利用されていたとはいえ何が目的でタイムジャッカーになってなにを目指すかフワフワしすぎていたんですよね
タイムジャッカー自体がスウォルツの野望の隠れ蓑だったんでしょうけど、騙されてたとしても尚更ウールとオーラは何したかったのかわからない…
>走って部屋を出た瞬間スウォルツに時止め喰らう海東が無様で面白すぎる
しかし別作品で強化以外に新アイテム(未来ノート)新能力(時止め)まで手に入れるライダーは珍しい
来週はついに士と邂逅するけど二人の現在の関係性ははっきりするのかな?
本編の地続きなら相変わらずなんだろうけど最期に登場した映画の続きなら恨んでるだろうし少なくともほのめかすくらいはして欲しいところ
>海東力を盗むのかと思ったら普通に時止め与えられてましたね、まぁ用済みになったら力回収されそうですけど
>タイムジャッカーの時間を止める能力はスウォルツから貰ったものだと判明した今回
彼が特別な存在だということは分かっていましたけど、同格どころか思いっきり上下関係あるじゃないのオーラさん
彼女が何をもって「自分達に上下はないはず」と言っていたのかさっぱり不明ですな
>ジオウもようやく残り話数を指折り数えるような終盤に差し掛かりましたね……それでもぼくはクウガ編とW編をあきらめない
平成1期1作目と平成2期1作目、どちらもめっちゃ好きなんですよ

映画で地に落ちた格を挽回する為のジオウ出演だと思ってたら、更に恥を上塗りしていく海東大樹
キチガイに刃物ならぬ海東に時間停止。普通にタイムジャッカーの使いっ走りとして笑顔でグランドジオウドライバーを盗んでいく空気の読めなさ半端ねえ
「おそらく来週の海東の行動が絶望的な状況を打破する糸口になるはず」などと思っていた先週の自分ェ・・・まぁでも洗脳はされてないようなので来週は何かやらかしてくれると思いますが

やっぱりただのDQMだった飛流や世界線が変わってもすぐに通じ会えるソウゴとゲイツの友情を始め、スウォルツによるツクヨミ本人への兄妹カミングアウト、
カメラ目線でバッチリ決めた士の「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えとけ!」等、なかなか細かい見所は多かったように思える内容でしたが

そんな内容はアナザービルドの派手なクラッシュシーンで全部吹っ飛んでしまった今回
埠頭で逃げるツクヨミを二人のアナザーライダーが追いかけるというシーンで、障害物を飛び越えようとしたアナザービルドの足が荷物に接触

ガァン!という派手な音とともに転落するアナザービルドと、それを「えぇ!?」という様子で見るアナザーカブト
これNG集でもなんでもなく、今日の放送です
本当に何なんだろうねコレ・・・明らかなNGなのに。朋友が言うように、現場のノリで「いいよいいよ!面白いからコレ使っちゃおうよ!」みたいな感じでOKになったのかな?
それともアクターさんの怪我が思いの外ひどくて(骨折とか)
撮り直しが不可能になってコレを使うしかなかったとか?
なんにせよ今後ライダーマニアの間で語り継がれる有名ネタになるであろう珍シーンでした。いやホント何回見ても爆笑してしまうわ

>鬼太郎のアレは、炎上した有名人とかに正義面をして群がる大衆批判のメタファーっぽいですね
「そういうテーマをやりたい」ってコンセプトが先にあって、
それを鬼太郎世界のフォーマットに無理に落とし込もうとした結果、なんかチグハグになっちゃってる感じがします
朋友が言うような失敗を許せる社会を、ってのはすごく分かるんですが、
失敗・失言と悪意があってする行為とではまた違ってくると思いますし
>前回の鬼太郎については自分も鬼太郎の論理に違和感を覚えたクチですね・・・
というか石動が出てくる回ってほぼすべて石動の肩持ちたくなる程度には石動の言うことに理を感じてます
人間の立場からしたら石動の言葉の方がストンと腹に落ちるんですよね
>今回の鬼太郎は私も納得出来ませんでした。ねずみ男の悪事の被害者は間違いなく存在するのにそこを見ないふりはどうなのかと
子供番組だからこそ、そこはちゃんとすべきだと思います
>反省することも無く再犯を繰り返すねずみ男を常に許すという一色に凝り固まってるおかしさに気付けない鬼太郎が私は一番恐ろしいです
>今期の鬼太郎って全体的にはとても面白いんですけど、時々話の都合でバイアスかけすぎじゃない?という展開があるようには思います
西洋妖怪編での日本妖怪とアデルもその例にあたると思ってますが、自分らの身を守るためにデモを起こした前者は糾弾され、
家族のために他者の命を散らしていった後者は温かく受け入れられるラストには違和感しかありませんでしたし
そりゃ日本妖怪も白けてお別れの時に見送りになんか行かないよねっていう…
また西洋妖怪編ありそうですが、魔女姉妹が迷惑かけた日本のモブ妖怪にもきっちり謝った上で和解するシーンがあればいいなと思ってます
>>今まで有無を言わさず殺してきた妖怪達にも更生のチャンスやれよと
6期の妖怪は基本死んでも数百年後くらいには自力で復活できるらしいですし(名無しビームみたいに魂ごと消滅や、四将みたいに封印された場合を除いて)
半妖のねずみ男は(多分)純妖怪と違って死んだら終わりでしょうし。まぁ結局のところ腐れ縁ってやつですよね
>ちょっと捻くれてるかなー。そもそも鬼太郎は正義の味方でもなんでもないし、今期の鬼太郎は元々人間が嫌いな訳で
それに今まで全部が全部問答無用で妖怪退治してきたか?割と見逃してる時もあったような

>鬼太郎のねずみ男について、はんぺらさんのいいたいこともわかりますが、まあ、自分の思ったことを書きます
とりとめも無い雑文になってしまうと思いますが、お許しください
元々鬼太郎は「墓場」のようなダークな雰囲気の作品だったのですが、それではうけないので勧善懲悪路線に切り替えた経緯があります
それでも残ったのがねずみ男であり、そこで不調和を出しているところはあると思います
ただ、それでも水木先生はねずみ男をどうしても残したかったんだと思います
勧善懲悪を否定しないとしても、世の中それだけではない(あってはいけない)から、どうしようもない存在のねずみ男を出し続けたかったんでしょう
で、ねずみ男のやっていることですが、これ、基本的に妖怪の存在を知っている人間のやっていることなんですね
脚本により例外もありますが。凄い能力を持った超常的な存在(=妖怪)ではなくて。なので、彼を罰するということは、
これまで出てきた悪い人間(ユーチューバーや結婚詐欺師)なども許してはいけないということになるでしょう
そこらへん、石動の「悪い「妖怪」はすべて滅する」のほうが決まりがあるぶん、筋が通っていてわかりやすく正しいように思えますが、
逆にそこで区切ってしまうのはどうかな、と思います。あいまいな部分を許容しておかないと、それこそおかしくなってしまうので
アニメスタッフがそこまで意図して作っているか、もし作っていたとしても見せ方はこれでよかったかという問題はあると思いますが
話は戻りますが、そういう意味で鬼太郎やねずみ男はあいまいでいい加減なところがあります
(なお、鬼太郎も説得できそうな相手については説得したりして、現に説得に応じた姑獲鳥などもいます
裏がありそうで微妙ですが枕返しのときの「少女」とかも。このへんの説得したりしなかったりもあいまいなところでしょうが)
たしかに、みんな私情で善悪を判断しだしたら大変なことになります。でも、基準を決めることに拘ってしまってもおかしくなります
あいまいなところがあっていいし、そのせいで失敗や間違いもあるだろうけど、それを許容できないときの方が怖いから、と自分は思います
なので、鬼太郎の講釈に不満を持つのはわかりますが、自分は石動の自分の行動ルールを決めてしまっているほうが怖いですし、賛同できませんね
一番近い感覚としては「どちらも正解ではない」でしょうか
>七夕ということで恋の話のようでしたが。ぬりかべェ……おばけは死なない。また会えるだろうか
>ぬりかべは、過去シリーズでは妻子持ちだったりもしましたな。しかし、一反木綿よ、悲しいなぁ
>ぬりかべの純情が良かったですね。星華も可愛かったし、来年は良いカップルになりそう。来年はってトコ良いですよね
バッドエンドなのかなあと思わせといて、救いがあるのは嬉しかったです。来年はって辺り、彦星と織姫のようで、七夕らしい話だったと思います
>性懲りもなくこのねずみは・・・
今回は利用された側かもしれんが、黒幕的な大物よりもその周りをうろつく小物の方が実質被害的には、一番害悪だったりするんだよなぁ
ラストぬりかべに潰されてちょっとだけ溜飲が下がったけど、そのまま地の底に封印してほしいと思ったわ
ところで金元さん、留学から戻ってきてたのね。ちょっと遅いけど、おかえりなさい
前回の問いかけに対して真面目な長文コメントを送ってくれた朋友諸兄らどうもありがとう
はんぺらに同調する意見もあれば「それは違う」という意見もあり、前回掲載した分の朋友コメントと合算すれば丁度半々くらいでしょうかね
興味深かったのは
「今回の話は、大衆批判等の時事ネタに対するメタファーだったのでは」というコメ
最初に「これをやりたい」というテーマありきで、そこから話を作って落とし込むから色々と齟齬が生まれるという考察。なるほど非常にそれっぽくて納得できますね
というかはんぺらも別に零みたいに
「ねずみ男は生かす価値がないから殺せ」って言ってるワケじゃないんですよ
犯した罪相応の罰を与えろって話ですな
鬼太郎は「懲らしめもする!」って言ってましけど、劇中で鬼太郎がねずみ男に対して明確な罰を与えた描写が何回あったかっつーハナシ
今回だって
何の罪もない妖怪に濡れ衣を着せて鬼太郎に始末させようとしたっていう相当極悪な案件なのに

ねずみ男が被った被害はラストでぬりかべに潰されただけで
鬼太郎自身は何の罰も与えてませんからね。流石にどうなのって思うわ
「それこそが墓場鬼太郎からの水木テイストであって、勧善懲悪モノとの違いなんだよ」と言われればそうかもしれませんが、少なくとも今はキッズアニメとして放送されてるワケだしね

>閻魔は交換分も集めやすいし、緊急任務が石50個くれたりで、天国ですね
>力石です。私も今回の魔神はスルーですね。やることが…やることが多い…!
好感度上限突破は格差を無くすために実装されたはずなのに逆に広がってるような気がするのが少しだけ残念です
そして閻魔の方は改築素材まで配られて至れり尽くせりですな!私も10連招城でシャンボールを入手できたのでホクホクです
鶴島城が高性能なので5ステップも回したいところですが今年の【夏】が気になって迷っております
さすがに【夏】江戸城とかはまだ来ないと思うのですが……むむむ

デウスエクスマキナはとりあえず10まではクリアできました
はんぺらヴルム持ってるので、手持ち戦力的は「15まで行ける王子」なんですがLV11からの配置を見るとやる気なくしますね
木曜日までに15クリアできるかどうかは難易度よりもモチベーション次第って感じですわ。あと時間。毎日残業で帰ってくるとじっくり魔神に取り組む時間が作れなくて・・・
鶴島城めっちゃいいですよ!近接職で妖怪バサバサ斬るオンリーワン性能脳汁出ます
はんぺらの場合完成体の宇和島城も持ってるので、尚更使い甲斐がある感じですね。鶴島城も改築がきたら4凸まで持っていきたい所存
水着ガチャと確定鶴島城のどちらを選ぶかは朋友力石次第ですが、
水着江戸城はまぁ99%無いでしょうな(誘導)

>いまインペリアル サガ エクリプスのクローズドベータテスト参加者募集してますよー
>インサガ、サービス終了宣言以降触ってなかったんですが先日続編となるエクリプスが発表されました
シナリオがベニ松さんなのでプレイはする予定ですが、近年のスクエニソシャゲの売り捨てっぷりが酷すぎるので課金するのは怖いですね

思いの外早く出してきたね。7月末からβテストなら本稼働は8月中には始まりそう
しかしロマサガRSが隆盛を極めるこの状況下で競合ゲームを出しても戦えるのか不安。朋友予想のように1年持たず終了なんて事にならねばいいのですが
正直はんぺらとしてはやるかどうか微妙なところですかね・・・前作プレイヤーの特典としてどれくらいのスタートボーナスがもらえるか次第ってトコか
というかDMMの新着ゲームで言うと
英雄*戦姫WWXの方がよっぽど楽しみにしてます
はんぺらNOCCHI名義の頃から大槍葦人さんの大ファンなんですが、英雄*戦姫は今までやる機会がなかったんで今回ブラゲになったのは「これをやれ」という天啓かなと
ただこれエロシーンはPCゲーム版をそのまま流用するんかね?だとしたらシリーズファンにはつまらんかもな


>アリステラとマリキータのとんでも移動手段を見送るレーラァのコマの破壊力が凄まじい
>投げられるアリステラとその後のフォーフォフォフォになんとも言えない表情のレイラァが面白すぎる
>さすがにマリキータマンに掴まって飛んでいくのかー…投げるのかよ!
>飛べるだろうにわざわざ豪快にブン投げられて移動するアリス兄とそれを桃白白のごとく追うマリキータという「動」の笑いから、
高らかに笑いながら飛んで行く姿を無言の口半開きで見送るレイラァという一コマの「静」の笑いに繋ぐ破壊力バツ牛ンのコンボが絶妙すぎてヤバイ
>* *<フォ-フォフォフォフォ
>アリス兄さんを抱えて飛ぶのかと思ったらぶん投げたのち自分は飛ぶマリキータにさっそく腹筋がやられた
そして飛ばずに走るフルメタルジャケッツがトドメ。なにもおかしくないかもしれないのに違和感が募る……どういうことなの
>マリキータに掴んで貰い飛んで行ってもらうのかと思えば投げられる。飛ぶよりは早く着くだろうけど力加減間違えたら途中で落ちたり飛び越えそう
そして投げたアリステラと同じ様な速度で飛行するマリキータ。その速度で飛べるなら掴んで飛んでも良くないか
オメガ組が飛んで行ってからキン肉マンとレイラァの会話、ウルフマンとレイラァの会話を挟んでからリングを飛び降りて走る血盟軍
オメガ組がリングについた時少しの会話後にそれほど間を置かず到着する血盟軍。オメガ組の飛行速度が遅かったのか血盟軍の足の速さが早かったのか・
>今週のキン肉マン、移動だけ!! でもまぁウルフマンとのモストデンジャラスコンビについて明言してくれて良かった。勝てるかなフルメタルジャケッツ
>前回は試合会場決定回で、今回で試合会場に到着。やや引き伸ばし感があるものの、決して無駄なシーンがないので究極タッグほどは苛つかないで待てますね
マリギータに掴んで連れて行ってもらうのかと思ったらぶん投げてもらった上にフォーフォフォと笑うアリスちゃん、
自分達だって飛べるはずなのにこちらは走って関ヶ原に向かうフルメタコンビと妙にシュールな回でした
そして今更になって気づきましたが…そうですよ、元タッグパートナーのウルフマンもいたんじゃないですか!
彼からの激励を受けることができるのはブロッケンのみなんだから、ここから考えても選出はブロッケンだったわけですね
>キン肉マンとの会話といい、ウルフマンとの会話といい、ブロッケンJr.がスグルよりよっぽど主人公してますね
欲を言えばラーメンマンとの会話も入れて欲しかった。「自分を信じろ、自分の可能性を。お前にしかできないことがある。私は信じている。」とか…
まあ、それはさておき、よくよく見返すとミート君のセコンドやスペシャルマンのリベンジを含めて、
過去に散々フラグを立てては放置してるクセに、ブロッケンJr.の成長譚は毎シリーズ欠かしませんな、ゆで御大
シリアスにもギャグにも動かしやすいキャラだし、気に入るのは分かりますが
>フェニックス「キン肉アタルよ…かつてお前にもひどいことをした。その非道はもはや弁解のしようもない。」
いや、まあそれはそうなんだが、どちらかと言えばアタル兄さんはじめ血盟軍は何だかんだでそんなには…それならむしろウォーズマンに謝ってくれ
>対戦は始まらない。来週は休載。極論、話も進んでない。しかしどうだ!この話の熱さ!
フェニクスに対し厚情の言葉をかけるアタル。キン肉マンとウルフマンがブロッケンJrに言葉をかけ、また言葉を返すブロッケンJrの熱き想い
そしてアリステラとマリキータマンの友情。どれもが…!極上!!話の進みは遅いかも知れないけど、丁寧に描写する事により、読んでて力が湧いてくる
何て、何て、熱いんだ、キン肉マンと言う物語は!!もう続きが読みたい!!!
>今週のキン肉マンですが、アリス兄さんとマリキータからほとばしる最大の友にして好敵手感と絶大な信頼と友情を感じ取れる手を取り合う一コマに震えました
今までの敵にはなかった、試合前からおおっぴらにお互いを信頼し合い手をとりあうというのは新鮮です
今回のオメガ勢は、今までの敵とは毛色が違うということを改めて示してくれたように思います
>マリキータ、入念な相棒アピールがたしかにこれは怪しい。サタンの手下としてアリステラで長年実験していたとしか読み取れない
「食えない男」とはアタル兄さんのことだけを指しているのか、それとも後から読み返せばマリキータも指していたことになるのか?
先が気になるので来週からテンポよく試合を進めてほしいですね
>マリキータの友情が嘘くさい。もののふみたいな言動もダイの大冒険のミストバーンみたいな存在(それか蠅の王ベルゼバブ)だからじゃないかと疑っているこのごろ
>日没までに決めたいとか、夜はゆっくり休みたいアリステラさん
>ここに来て日没までに決着を着けたいというアリステラの発言を深読みしてみる
オメガ存亡のタイムリミットとも取れそうですがそれにしては試合の運びがゆっくりです
あと超人が気にする光と言えばカピラリア七光線ですがまさかここに来て太陽光エネルギーのように利用するとかですかね
まぁ単純に超人のマイクパフォーマンスと考えることもできそうですけどアリステラの言動に無意味なものが一つも無かったのでやはり気になります
>アリステラがΩ・メタモルフォーゼを使って初代ブロッケンを呼び出して、レイラァを強化するイベントはよ!!

新キン肉マン 第288話
「食えない男!」の巻

マリキータがそのままアリステラを抱えて空輸するのかと思ったら桃白白ばりに目的にぶん投げるという斜め上の移動方で読者の意表を突いてきた六槍コンビ
それだけでも十分面白かったのに
豆粒みたいに小さくなっていく二人をボーっと眺めるレイラァでもう駄目

フォーフォフォフォという書き文字に加え、妙に呑気な表情のレイラァ、そして集中線の効果が相まって異次元の面白さ
伝説のギューンを彷彿とさせるシュールさです

スグルやウルフマンからのレイラァに対する激励等、見所が無かったワケではありませんが基本的には会場移動にだけ終始した今回
ぶっちゃけこのシュール1コマが9割を占めていたと言っても過言ではないかと
今後の展開に影響を及ぼしそうな考察ポイントとしては、アリステラのマリキータマンの絆の強さが伺えるこの会話でしょうか

ダイレクトに「二人の絆を感じた」というコメントもあれば「ますますマリキータが怪しく見えてきた」というコメントも
前シリーズでサイコマンを疑ったはんぺらだけに、マリキータがオメガの絆を口にするだけで怪しく見えてくるという感覚は理解出来るところではありますが
それで豪快に予想を外した身でもある為、マリキータ白派説は揺るがず一貫したい
でも前回外した構図と酷似しているだけに、「今回こそそうかも?」という思いも少しはあるんだよなぁ・・・これで今回も外したらスゲー悔しいわ
マリキータが白なら、彼の役目はサタン超人(仮名)が現れた時、アリステラを庇って死ぬ役
逆に黒だった場合はロールシャッハドットがサタンのシルエットに変化しお前はもう用済みだとアリステラを殺す役
と、おそらくまったく逆のポジションに入れ替わるのが非常に面白い
はたして本当の彼は救国の志に燃える勇者か、それとも氷の心を隠したサタンの尖兵か
まだゴングも鳴ってませんが、一刻も早い試合の決着が待たれます




今月のテニス

>はんぺらさんドイツ戦のメンバーは誰になると思いますか?
>許斐先生がフラグを乱立させすぎて誰が出るか逆に理解させない戦術にでてきましたね
切原はドイツの副将とフラグ立ててましたけど意外とジークフリートと試合しそう
ドイツのプロダブルスと共鳴コンビ、ポルクと親方までは本命でしょうね
切原が覚醒して手塚との試合になるなら超序盤の「あんた潰すよ」のフラグをやっとのこと回収ってなって
かませから帰ってこれるとすごいかっこいいきがする
不二、跡部、幸村、この3人が中学生本命と思われていたのに突然の切原で混沌の渦に巻き込まれてしまった
>どうも!はんぺらさん。範です!お久だぜ!以前私のリョーガスペイン人説の分析、ご理解いただけてありがとうございます
あのちょっとのユニフォームでしか判断はしてないのですが、決勝ボスとしては申し分ないと思います
最近彼の姿は見えませんでしたが、スペインは見事にベスト4進出となりました
おそらくこのままいけば日本とドイツ戦の決着がついた後、ラルフが膝をついて敗北する様子が伺えます…
その先にはラケットの縁でボールを「ポーン ポーン」するリョーガ!それは伊武と九鬼&門脇の情景と同じかと……
リョーマとの決勝シングルス1対決待ったなし!とりあえず目先のドイツ!今月の話から見るには、
日本のシングルス3つの枠はボルクに平等院、手塚には監督の宣言通りなら高校生(鬼か、本気の入江?)、大穴で跡部様か不二周助
そして努力の天才・天衣無縫を習得したジークフリートには中学生対決として、
天衣無縫で応戦できる金ちゃん、リョーマか今月天衣無縫対策してた出番爆増の切原か!?
個人的には公式戦シングルスの切原なんて対蔵兎座以来なかったから非常に期待したいのだ。仮にも立海2年生エースと呼ばれていた男だからな
ただ、ビスマルクとも因縁がありそうなのでどうなんだろうか。ダブルスではリベンジペアに燃えるハウリングコンビ(幸村と徳川)は確定かと
というか幸村手術の話はどうなったのかね…… もう1組ダブルスはなんだかキング・クリムゾンされそうな予感はしますが、
デュークは出れそうとして、そのペアにせっかくならパワフル四季の男児か彼女持ちの外道どちらか見たい……
でも最近出番少ない中学生から丸井キテレツ千石もいいな…(仁王は決勝の切り札と思う)なんかもどかしい!
ともかくいろいろ言われてますが、最後まで楽しくこの作品と付き合いたい範でした
>アメリカ代表が「決勝で会おうぜ!」っていう最上級のフラグ残しててわろた

範さんお久しぶりです。日本での仕事にも慣れてきた頃でしょうか?
せっかく鋭い考察を送ってくれてたのに、俺のせいでリアルタイムで称賛できず申し訳ない
今月で「決勝で会おうぜ!」と約束しつつ、リョーガの行方に言及するというわかりやすいフラグを立ててくれたアメリカチームには思わず変な笑いが出ました

まずリョーガスペインでラスボス化予想は9割確定でしょうね

その前に日本は強敵ドイツに勝たねばならないワケですが、今回そのメンバーとして明らかなフラグが立ったのは以下の面々達
日本チームでボルクに唯一勝てる可能性のある平等院先輩
「ハウリング」の発動とその強化の為にダブルスの特訓を続ける
徳川先輩&幸村ペア
カミュに「まさかドイツ戦も出るつもりか?」と言われた
デューク先輩
手塚と戦いたい中学生は多いが、その中でも1番であろう
跡部or不二
一皮向けるイベントも兼ねて、とりあえず出るのは確定したっぽい
赤也


ここまで6人。あと1人がまだわからんフリー枠ってところでしょうか。赤也はビスマルクに困ったところを助けられてましたが、彼との試合はないでしょう
ビスマルクが
「だがウチの中学生も負けず嫌いが多くてな」と評したジークフリートで決まりかと

ビスマルクはドイツの副将なので普通にデューク先輩と当たるんじゃないですかね
シングルスになるかダブルスになるかは微妙なところですが・・・ボルク、手塚がシングルスであることを考えるとシングルス枠はあと1つだけだしな
ジークフリートかビスマルクのどちらかがシングルスのはず。QPは参謀だからダブルス得意そう
ていうか範さんに言われて気付いたが
鬼先輩も入江先輩も今大会まだ一度も出てないんだな
おそらく二人とも決勝戦メンバーで今回は出番なしだと思いますが、あの二人はもっと試合見たかったなぁ。あんなにキャラ立ってるのに勿体無い
こりゃ世界編終わったら侵略してきた宇宙人とテニスやるっきゃねえな



戻る