1/11
地獄極楽温泉編「覗き編」完成
6/5
第19話「可能性のケモノ」完成
5/28
小十朗伝第5回「代打ち~引退~」
7/27
真美

3月27
ギャラリー更新
達人のはんぺら宅
襲撃オフレポ2010

5/8 その6公開(完結)
挑め地獄のタイトロープ!

参加したい命知らずはチャットへ
11/28最新シナリオ
剣王推参配布

10月22日

>他の朋友も言ってましたけど、拍手レスのボリュームが以前と比べて倍以上くらいになってるのも更新の負荷になってるのでは?
ここを削って一体さんに回すという選択肢も有りなのではないでしょうか


すまん。選挙で外出たついでに諸々の私用をこなして帰ってきたら、もう8時過ぎで拍手レスだけでいっぱいいっぱいでした
先々週ようやっと26話を開始して、「これくらいのボリュームなら更新可能なんで」なんて言っておきながらこの体たらくはアカンね・・・・本当にアカンわこれは

土曜出勤さえなければ100%更新できるのに、その土曜出勤が100%あるのがな・・・
拍手レスは確かにトリコやテラフォレビューやってた頃よりはボリューム増えたね
朋友はみんなコメント載せてもらいたいと思ってるハズだし、今は簡易式の喰種と肉以外の連載レビューやってないので、その分は・・・という思いでやってるんで、
できればここのボリュームはあまり削らずにやっていきたいねぇ。多分朋友達もここを削ってまで一体さん更新を優先しろと言う人は殆どいないんじゃないかなぁ

>シン・カネキ
>シン・ゴジラかアーカード(ヘルシング)か。まるまる1話使って東京は大惨事という描写でしたね
竜というか蛇みたいな……あの個体に、カネキの自我は残ってるんだろうか? タイトルや「あ」の羅列がもう不穏
>なぁにウルトラマンやら戦隊やらプリキュアやらで毎年4~5回は壊滅の危機を迎える日本なんだ。まだまだあのくらいの被害なら大丈夫大丈夫(震え声
>煽り「ああああ(ry」俺「あ?(半ギレ)」 次号、エンドロール。(キリッ の時といい、
今の喰種で一番クソなのは読者を茶化すしかしない最後の煽りだなと実感出来た回でした
内容の方は……俺は、はんぺらさんがレビューを続けてくれることを祈っていますから(汗
>うーん、何かこのキャラクターの掘り下げなげっぱなしで無駄に数で押していく雰囲気、何かに似てるなと思ったらそうだ、ブリーチだ
後、今回の「竜」は、アイアムアヒーローの終盤に出てきた集合体っぽいなと思いました
>まぁ今回の東京大破壊&大虐殺を見て、逆に何処まで糞漫画に成り果てるのかと気にはなり始めました
ここまで来たらいっそ聳え立つ糞の金字塔を打ち立てて欲しいところ
>今週はんぺらが喰種感想をまとめる際に一番苦労しそうな事。『ボンガロギースのコメ数を数える』
>今週の喰種感想は、ボンガロ・ハトよめ・リスキーエッジのジェットストリームアタックで迎え撃ちましょうか
>私なんかは刃牙道もクソ漫画としてどこまで逝くのか興味深いのである意味楽しんで読んでますが、はんぺらさんそういう人じゃない筈です
(あれ程入れ込んでいた刃牙もどうでもいいと言っちゃうくらいですし)
時間も限られてる中で愚痴塗れになるであろう喰種感想をレビューし続けるのは苦痛でしか無いと思ったのですが、大丈夫でしょうか
今の喰種の展開は突然気が触れたとかではなく、長い時間掛けて狂っていったのが爆発したものに見えますから、ここから酷くなっても持ち直すことは無いと思います
ましてや名作クラッシャーのヤンジャン編集部がバックだからなおさら希望はありません
>期待してるとこ申し訳ないですが、これ作者がもうやる気ないからどうにもならないと思いますよ
糞展開もそうですが、赫子やクインケも昔はデザインや演出が凝ってたのに、今はオッガイのリゼ触手とかVの刀とか量産型でお茶を濁すばかりか、
あまつさえ赫者カネキやアラタ13みたいな目玉をろくに描きもせずキンクリする始末。この調子で盛り返すのはまず無いと思います
>今週の東京グールに感想もなにもあったもんじゃねーと思うけど、グール本編を見習って、はんぺらさんもたんたんとコメント貼り付けて沈黙で通していいんじゃないですか
>東京グール一番好きでガチでハマってたんだけど、もう無理
>ついにヤンジャンの彼岸島とか言われるようになったけど彼岸島に失礼だと思います。ギャグ漫画として見ても寒いしもう褒めるとこがない
>お疲れ様です。まあ…特に特筆すべき点はなかった今週の喰種…とりあえずはんぺらさんのレビューが楽になりそうでその点では良いのかな?と思いました
ただ、力を入れるべきところが違うだろう、とも感じました。いや、今週は今週で竜と化したカネキの化け物ぶりを強調するのも大事なんですが、
だったら(いい加減しつこいかもですが)先々週のキングクリムゾン展開も力を入れて描写して欲しかったなと…1話で終わっても良かったから、本当に勿体ない
あと、フルタの目的に関してヒントになりそうな加筆が最新刊にありました
「僕は勝つ!!」のシーンの後に「ここで竜を」「あとは知らない(だったかな?)」みたいな
まあ、まだ確定ではなさそうですが(「筋肉があればねえ」の謎の回想もありましたし)フルタはただの破壊思想の持ち主って線が濃厚っぽいです
リゼには子供をたくさん云々に関しては要するにオッガイをたくさん生み出す、ってだけの意味かなと
もちろんゲスいニュアンスも多少は含まれてたでしょうが…漫画的な解はとりあえずそこに着地させとけばいいかな、と思った次第です
うーん、それからその単行本に関してなんですが…やっぱり先々週のキンクリ展開の悪手が尾を引いてるのかなあ…。すんません、吐かせて下さい
各話の合間にいつものシュール4コマが掲載されているんですが、正直あの展開がクソ過ぎていつもみたいに笑えず…
特にアヤトが「自分の名前がねえ」とか言いながら単行本を読む話なんかがあるんですが、本編があれじゃそんな冗談も笑えないですし…
有馬さんも4コマの中で復活してるんですが、メタなネタはやっぱりしっかりとした本編が在ってこそだと思うんですよね…ちょっと過敏になりすぎですかね
>今回は台詞一切無しで竜が地上に這い出た後の猛威を描いていた感じがしてまあ悪くなかったかと
その中で目を引いたのは佇むスケアクロウ、動物と戯れるクロナ(?)、喰種らしく捜査官らしき人間を殺したと思われる滝澤、街中を普通に歩く亜門さんとアキラさん
彼らが竜カネキを相手にするのかはまだ分からないながらも動向に注意したい所ですね。あと気になったのは竜カネキが地上に這い出たことですね
カネキはトーカを追っていたはずなのに地下でなく地上へ向かった、もしかしたら旧多なんて体に悪いものを食べたせいで意識が旧多になったのかと心配になりました
>今週の東京喰種はほんと・・・、カネキの竜を見て怯える娘を庇う母親の親子が次のコマで無慈悲にも喰われたところが最高にトラウマになりました
こりゃ来週で東京そのものが喰種になったとかで最終回になって第3部はじまりそうですね・・はんぺらさんは先週の宣言通り喰種のレビューは第2部で終えますか?
>冷静に考えてみるとエトや有馬の望みである、歪んだ鳥籠を壊すことには成功していますね
その結果物凄く多くの命を喰らいつくしていきそうですが、ほんとfateの第3ルートの展開を思い出します
>自分ははんぺらさんのレビューで東京喰種を知ったクチなんですが、興味を持って無印1巻を読み始めた時の衝撃は今でも忘れません
「こんなすげえ漫画を今まで知らなかったなんて損した」とさえ思いました。どこからでしょうねぇ、段々しんどくなって来たのは
個人的には結果論ですけど六月を引っ張り過ぎだったかなって気しますね
ル島辺りで死んでいれば「あいつも可哀想な奴だったんだ」って読者に看取って貰えたでしょうし、
以降の六月の行動は六月のヘイト値をとにかく上げまくるだけでしたし、ぶっちゃけ上げた意味も無かったと思います
ル島以降、六月のサイコパス度を上げるために描かれたシナリオが個人的に好みじゃなかったのも大きいです
読者のヘイトを上げて、死ぬ所を気持ちよく見て貰うためだとしても、正直六月にそこまでのキャラ立ちは求めて無いというか…
生き様と死に様を濃く描くならもっと別のキャラにして欲しかったかな、と
そういえば最近映画CMで興味持って「亜人」を読み始めたんですが、初期東京喰種みたいな雰囲気で面白いです(唐突
>はんぺらさん、こんにちは。今週のグールは無音でしたが読んだ俺も「………」でした。作者編集は「ああ あ? ああ」なんでしょうが
何とか感想ひねり出すと、もう核ぶちこむしか無いっすね。ところでフルタは作者の新担当編集(クソっぽい)のメタファーだったのかも知れなかったですね
彼の強さや言動はそう考えると辻褄が合う。俺的には今週の最後のコマにテキトーなテロップつけて最終回にした方がオサレ演出だと思いましたが、
はんぺらさんは今週のグールにどんな感想を持ちましたか?
>旧多の赤ちゃん発言見て、はんぺらさんが無印レビューの時『「赤子」って書くと「赫子」と紛らわしい』と言っていたことを思い出しました
そもそも赫子という名称は誰がどういう意味でつけたのか謎のままだったのが気になる
少なくとも旧多はナーガラジャの事を知ってた訳ですし。それは又次回以降に明かされるということなのかな?
>切ってはいけないカード・・・とは言いませんが、ずいぶん大胆なカードを切りましたね石田先生
『ドラゴンボール』でいうレギュラーが死にまくり、敵がコミカルな面を一切見せなくなり、シリアス一直線なピッコロ大魔王編突入というか
ただドラゴンボールは遺恨や伏線を残すことなくピッコロ編突入したのに対し、喰種は伏線や思わせぶりなシーンが両手では数えきれないくらい残ってるわけで・・・
これ何処まで消化できるんですかね?
>一般人殺しちゃったらもうアウトですね……カネキ的な意味でも、作品的な意味でも
もうどんなウルトラCでも、少なくともカネキが生き残る結末はあり得ないでしょうね。人間と喰種の共存も同じく。あとこれトーカも普通に巻き込まれてそう
>グール:Reの単行本13巻表紙はやはり13で、収録は旧多死亡まで……は、良いんですが巻中・巻末4コマ相変わらず草生える
良妻シャオとかオバQ駆逐作戦とか「最強のお肉」有馬さんとか自分がどこにもいないことに驚愕受けるアヤト君とかフェイントウタさんとか
こういうのはやっぱ才能あると思うんだよなぁ
>これはもう矢口さん主導でrc抑制剤をポンプ車から経口投与でぶちこむヤシオリ作戦でしか封印できないんじゃないかな
>篠原さんこれインフラともども生命維持切れて死んでね?
フルタの狗になってこの事態を招いた13は、せめて篠原さんの家族だけは助けないとホントにただの道化なんですが、
作者はそんなこと微塵にも気にしてなさそうなのが・・・
>悲劇だの喜劇だの標榜するなら、もう作者はシグルイというか駿河城御前試合とか参考にすべきだったと思う
でもシンゴジとかニーアとか名作の上辺だけなぞってるようじゃダメか
>はんぺらさん、失意の範です。もう怪獣映画ですね。ただ私はまだ信じてる 今期あの化け物は金木でなく地下のナーガチカだと…
これが金木ならもう本当に終わりだよ。あんなに不殺説いて自分が円谷プロ顔負けの殺戮するんですから

1話丸々使って「竜」のおぞましい全容と、読者の想像を遥かに超えていた絶望的状況を描いた今週
虚無しか感じられない眼光には既にカネキの意識は見て取れず、ただただ進行方向にあるもの全てを破壊し、食らい尽くすだけの正真正銘の巨大怪獣



圧倒的恐怖と絶望を全編サイレントで描くという手法は斬新で、正直本作が最初からこういう漫画だったら凄い高評価したい回でしたが
惜しむらくは「これそういう漫画じゃねーから!!」っていうのが読者の大方の意見だったという点でしょうか
はんぺら個人的には前回の内容をフラットに受け止めていたので、今回は前述した通り「竜の全容と絶望的状況を描いた回」以上でも以下でもない感想だったんで
今回これだけバッシングコメントが寄せられた事には
正直ちょっと驚いてるというのが正直な気持ちです。というか、
「はんぺらはテラフォや刃牙の終盤はあんな酷評したのに、喰種には妙に甘いよな」
という旨のコメントが何件が届いてるんですが、これははんぺらが喰種を贔屓してるんじゃなくて、むしろその逆かと。またあの艦これ議論を蒸し返すつもりはありませんが、
おそらく俺はテラフォや刃牙に比べ、それほどこの作品に入れ込んでなかったのかなと
今回寄せられたコメントを見ても範さんの「失望した」や、「1巻を読んだ時の衝撃は今でも忘れられません」等、怒ってる読者ほどこの作品が大好きだったことがよくわかります
はんぺらがテラフォや刃牙のレビューで感情的な文章を綴っていたのはまさにこの心境で、喰種に対してこうならないのは、どこかこの作品を一歩引いて読んでたからでしょう
>はんぺら様はじめまして。初めてながらの長文失礼致します
私は5年ほど前からからくり屋敷に出入りさせて頂いている者ですが、昨今のからくり屋敷に上った、「愛あるツッコミ」について愚見申し上げたく参りました
「愛あるツッコミ」というものは、低迷期のトリコや2世のレビューではんぺら様が言っておられたような、
「なんでこうなってしまったのか」「これはもう修正しないとヤバい」というような、「嘆き」が先にあり、そして相手への言葉が生まれるものだと思います
「これは愛だから」と相手の反論を許さない時点で、それは「愛」の名を借りた押しつけにしかならないのではないのかと
漫画にも、朋友のコメントにも、いつも真正面から向き合われているはんぺら様の誠実なレビューは、私の毎日の楽しみでもあります
だからこそ、どうか心身ともにご自愛下さい。 更新は、余裕が生まれたからこそできるものであり、決して義務なんかではありません
長くなりまして申し訳ありませんが、これからますます厳しい季節となります。どうか休める時はお休み下さい。愚見駄文失礼致しました

こちらは先々週に届いていた朋友のコメントです。艦これ議論が沈静した後だった為、蒸し返しになるのも良くないと思って取り上げませんでしたが、タイムリーだったのでここで引用
今回の朋友とはんぺらの喰種に対する温度差は、まさに作品に対する愛の差でしょうな
とりあえず今回の考察として興味深かったのは、範さんの「今週現れたアレは実はカネキではなく、下層にいたナーガラジャではないか」というどんでん返しもの
なるほど確かにそうであればカネキの大量虐殺は無かったことになりますが。でもオッガイと捜査官を50人くらい喰ってる事実は覆らない事を考えると苦しい考察でしょうか

いずれにせよ作品の方向性が、読者の向いてる方向とは完全に逆方向に暴走し出したのは間違いない今週の展開
はたしてここから再び「読者が望んでいる東京喰種」に方向修正する事はできるのか、それともこのまま明後日の方向に突っ走ったまま、誰も望まぬゴールラインを切ってしまうのか

もはや「読者予想」という言葉がまったく通用しなくなった本作。今はただ次号を座して待つべし

>ブンゴが本能でかキャッチャー2人がカーブを決め球にする配給にたどり着いたのもすさまじい成長を感じますが、
ちょっと前までブンゴの玉をとれもしなかった米村が正捕手の袴田と同じ配球をイメージしてたのも熱いです
ピッチャーのブンゴに引っ張られてキャッチャーの米村も爆発的な成長をしてるのがわかるのがいいですね


ついに完成形を見たカーブにより、袴田がずっと考えてきた「理想の配球」に辿り着いたブンゴ
その初お披露目として野田を三球三振に打ち取り、これ以上ないBチーム反撃の狼煙となりましたが・・・しかしこれ確かにもうBは追加点は1点もやらないでしょうが、
瑛太から3点取るとなると、打撃陣がどうにかならないとどうにもないらないワケで
少なくとも米村の前に2人以上のランナーを溜めることが逆転の為の最低条件になります
Bチームは現状ブンゴと米村以外の7人が名無しモブなので、ブンゴの覚醒に動揺した瑛太がコントロールを乱して打者2人に四球を与えてしまうとかの自滅でない限りは
次号あたり唐突にモブの1人が新キャラに格上げされる可能性が高いと思われます。初登場時の瑛太みたいにね
そもそも以前考察していたように、現在の静央レギュラー陣で顔と名前が判明しているのはブンゴ、野田、マコト、袴田、瑛太、間瀬の6名のみ
これに尾野、小谷野、米村の1年トリオを足して9名。ブンゴと瑛太は投手なので、
レギュラー枠は1人分がまだ空白という事です
なのでもしも次号、Bチーム逆転の為に新キャラが登場するとしたら、そのままそいつがレギュラー入りじゃないですかね。この漫画らしい個性的なキャラに期待したいところ

>喧嘩稼業第四試合終了!はんぺらさん推しの川口は敗れましたが、かませ犬では終わらない名勝負でしたね
無敗の横綱が一撃で苦悶の表情を見せるローキックってどんだけ
次の試合は達人対決、塩田剛三先生リスペクトのはんぺらさんはやはり芝原推しですかね
でも芝原はかなり狸じじい感の強いキャラなので、そういう意味でははんぺらさんは嫌いかな?
郭爺様や猪狩さんもびっくりな命乞い、死んだふり等も見れそうです
>そうか…真面目に戦ったらスペシャルマンよりキャノンボーラーとかレオパルどんのほうが強いのか
当たり前っちゃ当たり前なんだが複雑なんだぜ(´・ω・`)あと夢人が敗けたから三年休む

流石のはんぺら予想と言うべきか(自虐) 川口夢人敗北となった陰陽トーナメント第4試合
「読者の感情移入を誘うバックボーンを持っている川口優位」という姑息な考察を、その天から与えられた力でねじ伏せた金隆山の圧倒的な存在感。まさに神の化身と呼ぶに相応しい横綱でした
一手違えば勝敗は逆転していたであろう大接戦だっただけに、敗れた川口の格は微塵も落ちることなく、両者ともに読者の好感度を大きく上げたベストバウトだったのではないでしょうか
第五試合は空手VS合気道の達人対決。刃牙で言えば独歩VS渋川先生の喧嘩稼業版です
はんぺら予想は・・・まず山本陸の直弟子である上杉均は、ストーリー上のウエイトというか重要性が芝原よりもはるかに高いため、ただでさえ勝つ公算は高いと言えます
加えて上杉が里見賢治と交わした謎の密約も考えると、ほぼ勝ち確と見ていいのでは・・・
まぁ川口予想が外れてるのであまり理で考えても当たる気しませんが。個人的には早く里見賢治VSカブトが見たくてしょうがないぜ

>はんぺらさん、玄徳ちゃう…幻徳や…。それだと劉備です
ちなみに同じく「玄徳」と書いて「つねのり」と読む青木玄徳氏はプロフェッサー凌馬と跡部景吾役でおなじみですね!
「ははは!はんぺらが名前を間違ったのは全部私のせいだ!」
>「産んでくれてありがとう」不覚にも涙してしまいました・・・あんなん卑怯だろ・・・・゜・(つД`)
>巧が好きだった甘い卵焼きにあのリアクション……これは戦兎、精神か体か知能に巧の物使ってますわ
しかし生前の巧君、父の仕事である科学を愛し父の死因の科学を憎み、感情表現が下手だけど情報を探るものにフェイク仕掛けたり親にお礼残してたりと
今回だけで随分キャラが描写されましたな。これは後々まで関係してくるフラグ?
>「記憶が消えるからまぁいいか」、で表の役職を名乗ってしまう悪の組織の幹部がいるらしい
氷室パパさんは光を浴びてないから穏健派なのに彼は光を浴びたからタカ派なのね。なるほど
>葛城のデータで戦兎なら「アレ」が作れて、龍我なら使いこなすことができる。龍我用のライダーシステムを制作するのは戦兎ってことでいいんですかね
今までの作品でパワーアップアイテムを作る主人公はいましたが、変身ベルトを作った主人公はいませんよね
戦兎の科学者としてのスペックの高さがわかりますけど、もう物理学関係ないんじゃ・・・
>葛城や幻徳は回想や話を見る限りでは良い人だった感じがしそう。登場人物の大半はネビュラガスが影響で人が変わってしまったのかも?
何はともあれ未だ真実は闇の中。そろそろ新ライダークローズと映画公開も近いのでこれからも楽しみにしてます
というかハリネズミ、ベストマッチ登場遅い&トドメグロイw
>卵焼きの好みが同じ、戦闘中竜牙がピンチなのにベストマッチにこだわるなど葛城博士の記憶か何かを移植された説が当たりみたいですね
ネビュラガスに記憶消去の副作用があるし記憶操作の手段があるのかも
>滝川ナイトローグです。先日無事退院しましたm(_ _)m 間違えてメッセージを途中送信した上に、残りの文章が全て消えた・・゜・(つД`)・゜・
何はともあれ家から観るスーパーヒーロータイムは格別ですね!(*´・ω・`)b

>滝川ナイトローグです。月曜日台風が本州を直撃する為、メッセージを送った日曜日午後9時半時点で主要な電車の運行が始発から見合わせ、
若しくは見合わせ予定との事。電車で通勤している方々はくれぐれも気をつけて下さい(´-ω-`)と、仕事場までの乗り換え駅のネカフェから失礼しましたw
まさか退院後初めての出勤がこれとはwFF5で例えるならオールバーサーカー並みの難易度ですよ

「本当に・・・何も言わないんだから・・・」

口下手な息子が母に残した最後のメッセージにホロリときた今週のビルド
今回の回想で語られた葛城巧の人物像を見る限り、やはり彼が諸悪の根源というのはブラッドスタークとナイトローグの虚言と考えるのが妥当でしょうか
もっとも
パンドラボックスの光を浴びた人間は人格が変わってしまうという設定が存在し、
葛城巧もまたその光を浴びた一人であることを考えると断定はできませんが
少なくとも彼が母にこのアナグラムメッセ―ジを送ったのは光を浴びた後なワケで、この時点で母を思いやる心を持っている彼が悪人だとは思えません
そして葛城巧の残したデータをもって「戦兎ならそれが作れる」と言わしめるあたり、
やはり戦兎は佐藤太郎の肉体に葛城巧の人格と記憶が移植された存在という事か

記憶を失っているのはその際の副作用なのか、それとも記憶を無くすところまで含めて葛城の狙い通りなのか
幻徳は葛城の研究成果が喉から手が出るほど欲しい。その記憶を移植された佐藤太郎が記憶喪失だとわかれば、
少なくとも葛城の記憶が蘇るまで佐藤太郎が殺される事はないという保険を打ったという事ね
これほど視聴者に考察の余地を持たせる脚本の仮面ライダーは本当に久しぶり。ボチボチ龍我が2号ライダーになりそうだし、今後更に面白くなりそうな本作に期待

>タクティクスオウガを見て初めてここにたどり着きました!
最後の楽々レベル上げの続きは更新されないのでしょうか??いつまでも待ってます。頑張ってください

初めまして朋友。タクティクスオウガ自慢は7年前の記事なので、とっくの昔に更新はしてないのぜ
自動レベル上げに関しては「やり方が上手くいかなかったら詳しく教える」という内容に対して、特に「上手くいかんから教えてくれ」というコメントもなかったんであのままだね
今でも質問は受け付けるが、なんせ当時と違って
「7年前のゲームの記憶」になってしまうので、正直満足のいくアドバイスができるかは怪しいかも・・・

>秋刀魚46匹集まるまで3-3,3-5回しても占守が出ません…占守さえくればコンプ状態復活なのに
>うぁー海防艦でしむしゅしゅしゅだけ未入手となってしまった……無念。次のイベントを期待しよう。秋刀魚が30匹集まっただけ上出来だと自己暗示
>結局占守手に入らず…は置いといて、艦娘の私服立ち絵が実装されましたね
川内が普通に可愛かったり藤波がまさかの眼鏡娘だったり狭霧がお嬢様かつ秋刀魚に続いて期間限定立ち絵だったり
蒼龍がもう普通の女子大生だったりで私服立ち絵は個人的に非常に満足です。あとは少しずつUIに手を加えているようで
>秋の私服天霧(中破)の尻とふとももをペロペロし隊
>蒼龍さんが、蒼龍さんが清楚な美人で、だけど特徴なくて誰だか初見分からなくてしばふぅぅぅぅぅ(語彙力低下
>不知火、先週拍手でちょっと話題になってましたが今回新規絵出てるのは偶然か否か
>パーカーぬいぬいが可愛くて可愛くてたまりまセブン
>限定イラストの川内さん中破絵、まさかあのオレンジ色の服の下は素肌……? 天霧さんも中破するとえっちい
っつか、ガム噛んでるラフな格好もこれはこれでいいですな
藤波は中破すると財布出すってカツアゲされてるんじゃ……秋雲と同じく、スカートの中の魚雷で反撃だ
>うーん、史実の負け戦をひっくり返すってのは燃えるのですが、今の運営がスリガオをやるのか…
しかもレイテから単発で切り取って、なおかつ高難度にも中規模以上にもしにくいこの雰囲気のもとで…。なんかまたえらくいやな予感がするのぅ(汗


夏イベで掘らなかった提督がさぞ歯軋りしているであろう、この運営の狭霧と天霧推しよ
とはいえ今回の私服モードに関しては「誰だお前は」という衝撃を与えた蒼龍がNo1でしょうか。やっぱ期間限定グラやるならこれくらいの意外性持たせて欲しいよね
しかしそんな事よりも秋イベ・・・比較的小規模って言ってたくせに、ここにきて「甲作戦に挑まれる提督は資源に備蓄に励んでください」とインフォメーション出してきたな
イベントモチーフはレイテみたいだし、どう考えてもヌルくねえぞコレ
アズールレーンはもちろん、同じDMM内に戦艦帝国も来たし、ここで夏イベ並みのクソイベをやらかした日にゃあいよいよもってユーザーの流出に歯止めがかからなくなる状況
おそらく西村艦隊には特効効果があると踏んでるんで、夏イベほどしんどくはならないと思うがはたしてどうなるか・・・なんせこの運営だしなぁ

>神姫が出たばかりの頃に3日間だけやって放置した記憶があります。でも15レベルは超えてたのでそんなに時間はかからない・・・はず
>神姫とのコラボですが、条件達成だけなら、その実別窓でクリックを連打するだけで達成できます
ガチャと全会話スキップで一時間~二時間が目安です。画面を見る必要もありません(私は、そうしました)
はんぺらさんの3000円という言葉は実に適切で(これは、将来、3000円以上確実に課金する予定のある人物を前提としています)
3000円で神姫をプレイしないという事実を取得することになります。言葉を変えると、3000円で神姫をプレイする権利を購入するのです
何故なら、一度脳死プレイをすると、ストーリーは意味を失い、キャラクタへの愛着は育まれないからです
3000円を貰う代わりにゲームのエンディングを見せてくると言ってもいいかもしれません
ゲーマーとしての心意気もあると思いますので、神姫の可能性にかけるのもカッコいいと思います
私なんぞは疲れた日にスコッチを呑みながら、別窓でアニメを見ながらやりました。気が付いたら終わってました
>こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております
はんぺらさんが毎週毎週アイギスアイギス言うものだからつい始めてしまいましたが、これなかなか面白いですね
とりあえず2章後半まで進めましたがリッチの壁とやらが楽しみです。黒チケはモルテナにしました。予備知識なしで趣味で選ぶのが個人的にジャスティス
使い魔トークンとはなんじゃらほい選んだのですが結果的に正解だったようでようです。わんわん王国強い
>力石です。ラミィの性能に関しては私もはんぺらさんと同意見です。フーコのスキルが強力なせいで過小評価されてるんだと思います
スキル中の魔法耐性が上がるようなアップデートがあれば評価も上がるのではないかと
大討伐の方はフリーズバグにカリスマを飲まれるアクシデントがありましたが何とか完走できそうです
そして城プロでは前回まるで歯がたたなかった武神難前田利家についに勝利をおさめました。高難易度に気軽に挑戦できるのはアイギスにない御城の強みですね

神姫はやはり手を出す時間が捻出できなかったよ・・・石30個は勿体ないがこればかりは仕方ない
wikiに頼らず股間の本能でモルテナを選んだ新人王子はなかなかの嗅覚・・・もともとモルテナははんぺら当時も「オアシスまでの特急券」などと言われておススメされたけど
第二覚醒が実装された今では「魔界深層までの特急券」と呼べるぶっ壊れ性能の強黒だ
★3にこだわらなければモルテナと犬の力だけで覚醒王子までラクに行けると思うんで、ストーリーミッション消費行動力半分の今のうちに進めるだけ進んどいたほうがいいぞ
朋友力石は黒田長政に続いて前田利家もクリアですか。はんぺら今回もクリアできていませぬ・・・脳鉄殿で恥ずかしい限り
地形の合ってない安平城改壱は外したほうがいいのか悩む。むむむ

ステータスと特技がハチャメチャな強さなんで地形不一致でも絶対入れてた方がいいとは思うんですが。こいつが居てクリアできない俺って一体・・・
城プロの未クリアマップの行動力1/5システムいいですよね。アレのおかげで行動力を気にすることなく、何度でも気軽に挑戦することができて、ひいてはクリアした時の充足感も得られる
アイギスの高難度マップはカリスマ90・スタミナ12の消費がデカすぎるせいで、失敗した時の損失を考えると
先に攻略動画見てしまうっつーね
結果としてクリアはできるけど、城プロのように
「高難度マップを何度も繰り返して自分の力だけで攻略した」という充足感を得ることができないのは、システムが生んでる弊害だと思います
まぁ同じ運営なんで、そのうちアイギスにも実装されるんじゃないかなーなんて楽観視はしてますがね。とりあえず今は安平城の真価が見れる平か水マップイベントが待ち遠しいのぜ
あとインサガに待望の6人目の天帝が来ましたがシフでした。なんだこの術属性無し率の高さは

しかも成長が上手くいって、憧れだったHP1000超えを達成
脳筋パーティーってレベルじゃねーぞはんぺら隊。6人中5人が術属性無しって確率的にはどれくらいの引きなんだろ
7人目も術属性無しだった時は是非に拍手ご喝采願う。ちなみに候補は済王、クーン、フェイオン、フリンと4人もいるので、可能性的には十分有り得ると思うのぜ

>ゲェー海賊男のほうがメイプルリーフクラッチみたいな技を!!しかし、なんとなくパイレートマンのほうが、手札を使い切った感がありますね
相手の誇りを奪うっていうのにも手を込んだ手段を使わずに降伏勧告しているだけだし
スペシャルマンが応援に駆けつけてハンバーガーヒルドライバーで逆転KOか、このままやられてスペが復讐を誓うかのどっちかになりそう
>アイツ決めおったーーー!→やはりダメか〜〜〜っ→あのお前がよくぞそこまで… 委員長のセリフがいちいち読者とシンクロしておる
さておき、試合の大勢はほぼ決まりパイレートマンのフィニッシュホールドで次回決着、しかしカナディの誇りまでは奪えなかったというオチですかね
敗北しても株は爆上げという意味ではカナディの奮闘は読者の胸に響いたかと思います
スペシャルマンのタックルからのカナディアンバックブリーカーもオーソドックスにカッコいい流れでしたし
リビルトカナディアンバックブリーカーも消耗戦で決めきれなかったですが「なかなかの技だった」と言われるほどでしたし
「進化に体がついてこなかった」というのは超人強度の差というどうしようもない現実を突きつけられたティーパックマンよりはマシだったのでしょうかね
>パイレートマンにとってこれは誇りを奪う戦い、そして船のマストは海賊にとって誇り…
これは反対に誇りをぶち折られてカナディの勝利フラグなのでは?
>「だ が 断 る」 楓の矜持ここにあり。 名前からして荒くれ者っぽいパイレートマンですが、自身の中にある誇りやルールを重んじる武人ですね
「惨殺処刑せよ」という上役の命令を突っぱねても降伏か死かを選ばせるあたり彼のルールはるろ剣の十本刀における安慈和尚の生殺与奪のように
きちんと認められた権限のようです(そうでなくてはここで許しても上役のアリスさんが認めず無意味になる
>委員長の「やっぱりダメか~」「あのお前がよくぞ」っていうひどすぎるコメントw
まあ、過去のカナディは委員長の中でもそういうセコくて根性無しな奴って印象でイメージが固まってたんでしょうねえ…
にしても一緒にダイヤモンドリングを持ち上げた仲なんだし、
「なかなかどうして、ここ一番では粘りを見せる漢じゃよ」とリップサービスしてくれてもええやねんねん
>相手に最後通告を突きつける時、海賊帽の「Ω」の刻印が死の象徴である髑髏に変わるってかっこいい演出にシビれます
そもそも降伏か死かを選ばせるなんて行為は相手を完膚なきまでに叩きのめして生殺与奪をほしいままにできなければ無理なこと
それほど圧倒的な試合構築を日常的にできているということで、それだけでパイレートマンの凄まじい強さが伝わってきます
六鎗客の中でもかなりのお気に入りになりそう
>「これが海賊流無法戦術だ・・・」 怖い怖い見るだけで怖い!完璧始祖編でも「こんなん死ぬわ!」と思った殺人技は数多くありましたが、
今週ラストのパイレートマンのフィニッシャーはヤバいです。ここ数年間の肉を読んでいてここまで「くらったら死ぬ」と予感させた技は無い
あの体勢から30cm真下に落下しただけで首の骨をへし折られて絶命するという説得力たっぷりな予感といったらもう
次回キン肉マン、カナディアンマンのKOで幕を開けるのかそれとも・・・
>パイレートマンのフェイバリットがここで登場・・・!どうなるんだろう・・・個人的に思ったことなんですが、
このワザって6を9にする理論で体勢逆にしたらそのまま「メイプルリーフクラッチ」に持っていけそうな気が・・・
まぁさすがにカナディアンマンのメイプルリーフクラッチとかないよなぁ・・・これだけ「カナダ」と三言ってたらどうしてもあのワザがちらつく・・・
あとどうしても気になるのがわざわざコマ一つを使ってまで描いた「胸の傷」ですね
>パイレートマンめっちゃいいキャラしてますね
カナディの特訓成果に対して良い所は認めた上でダメな所も指摘してギミックに頼らず堅実なレスリングテクで返す
更にアリステラの指令を無視するかのように宝を渡すなら生かしてやってもよいと提案する
最後はスカーバスターのスタンディング版みたいなエグさタップリのインパクト技で〆
カナディは既に99%負け確ですがこのキャラになら負けるのもやむなし、と思わせられました
ぶっちゃけパイレートマンより委員長や実況のが酷いこと言ってるよこの戦い(笑
>ワンピースで海賊についていろいろと知識の増えた人は多いんじゃないかなと思う今日この頃
折れぬマスト、降伏勧告の時間と海賊してますねパイレートマン
そして「海賊(パイレート)式最終宣告!!」のサブタイ通りにそれを拒否した相手へは遠慮なしの抹殺開始。いいキャラしてるわこいつも
>カナディアン・バックブリーカーが破られることを想定してのリビルド! これは熱い……が、それでも届かなかった無常さよ
もっと昔から、もっと鍛えていれば、という時間への後悔ですね
『 お前がいつか出会う災いは、 お前がおろそかにしたある時間の報いだ』byナポレオン
>「ジョリー・ロジャーのチャンスは一度きりだ。それが答えでいいのか?」完全に反抗されたのに、怒らずもう一度念を押してくれるとか、だいぶいい人で和んだ
>ファイトスタイルはパワフルだが特殊能力のない正統派なだけになんか無理にでも海賊感出してヒールしてるパイレートマンが微笑ましく思える
>個人的にカナディは全戦全敗だから光るのであって一回でも買っちゃったらただの『パッとしないキャラ』になってしまうのでここは負けで正解だと思ってる
>ああ、カナディアンマン……最後まで漢を見せてくれたよ(諦観)
海賊マンのフェイバリットはこのまま全身に力を込めて逸らし、背骨と首をゆっくり絞めあげるタイプなんでしょうか
あるいはこのままジャンプして左足を折り畳み、両膝と爪先の3点着地で一気にへし折るタイプなんでしょうか
「トライアン・キル・バミューダ」という技名がふっと沸き上がりました
>カナディアンマン真の誇りを手にする。かつて阿修羅マンに、「お前たちに名誉なんてものがあったのかい」と挑発を受け、
逆上して返り討ちにあい、命欲しさに降参してしまったことが彼の国辱超人路線の始まりだったように思います
今、敵から宣告された似たような問いに対して、誇りを選んだことで彼が国辱超人から真の意味で(もっと前からではありますが)脱却できたと思います
だから、ありがとうカナディアンマン


新キン肉マン 第221話
「海賊式最終宣告!」の巻

「一ヶ月前のカナディアンマンなら喜んで尻尾を振って降伏しただろうぜ!
ただ今はダメだ。その提案だけは飲めやしねえ
ここで命乞いなんかしたら代わりにあの世でティーパックマンに殺されちまうぜ」


「負けを認めて無様に命乞いをすれば、命だけは助けてやる」というパイレートマンの言葉を跳ね除け、命よりも名誉と誇りを選んだカナディアンマン
その高潔な精神と、本物の覚悟が読者の感動を誘う名シーンです。そんなカナディアンマンに対する委員長の辛辣な物言いにツッコむのも読者の嗜みですが
個人的にはそれよりもその直後のパイレートマンの反応が今週最大の見所かと
断られたんだから問答無用で攻撃を仕掛ければいいものを
「本当にいいのか?」と再確認してくれるパイレートマンマジ良い人
試合開始からここまで、卑怯な印象はまったく受けないパイレートマンでしたが、今週のこれで更に好感度上昇
カナディアンマンを殺しても読者のヘイトを買うこことなく
「相手が悪かった」と思わせるに足るキャラ付けです
ラストではその太い首も容易くへし折りそうなフェイバリットに捉えられ、いよいよ風前の灯火となったカナディアンマンの
このまま花と散るか、それともここから奇跡の大逆転展開が残されているのか
殺されるとしたら、殺した後のパイレートマンの言動にも注目したい次号へ続く



戻る