Hundred Swords R1


ファンの皆様お待たせしました。SRCシナリオ第23弾は、fanさんプレゼンツシリーズ第4作目
記念すべき第一作目である「ギタラン東遊記」に原点回帰し、今回はfanさんオリジナルキャラの筆頭主人公であるギタラン&その愛機オワイランが主役
本作は鋭意製作中である「Hundred Swords R2」へと続く前編になっています。クリアデータは引き継ぎ可能なので残しておくように

今作の戦場となる舞台は新興国家・ラドゥイケ共和国
アメリカやロシアのような大国に比べ兵士も兵器も足りない小国ながら、何者をも寄せ付けない強固な防衛力でアムステラの侵攻を実によく防いでいる
その要となる
謎の拠点防衛用巨大レーザー兵器には、どうやらその背後に彼等の存在があるようで・・・・

地球とアムステラの戦いに間接的に干渉する第三勢力「プレゼンター」
謎のベールに包まれた彼等の組織図と、そのトップに君臨する5人の「元老」の存在、そしてハワードにスポットを当てつつ物語が展開する
若きA.K.ハワードは如何にして彼等の中で「幹部」の地位にまで上り詰めたのか?いよいよfanさんシナリオの中核となる部分にカメラが迫ります



今回ギタランと共に戦う仲間達。OMS傭兵チーム「レッドスネーク隊」
彼等に関してはfanさんの漫画作品Bare Knuckleと、小説作品White Knightを事前に読んでおくことでよりシナリオを楽しめます

また本作においては撃墜数50獲得によってエースボーナスを得る他、OMS査察員ヨハン森による「成績査定」という育成要素を導入
大きく撃墜数を稼いだパイロットに対し、そのスコアに応じた強化パーツがプレゼントされます
なので撃墜スコアは全員まんべんなく伸ばすよりも、1人か2人に絞って頼れるエースを養成したほうが効率的。今回の攻略のコツの1つ

地元で遭遇した強敵を追い、はるばるラドゥイケまでやってきた日本のスーパーロボット狂言導師・カブキンジャー
高トモさんのショートシナリオ「燃えろ!焔雷王」において、熟練度獲得による隠しユニットとして存在していた機体がレギュラー参戦
ややクセのある武装は即効性に欠けて使いにくいものの、高い装甲とHP、気力が高まってからの必殺技の威力、最初から覚えている熱血で頼れるユニット

過去の記憶を全て失った盲目の剣士・ハジメとその愛機マッドドッグ
自分が何者なのかもワカらぬまま、命の恩人であるレイチェル博士に付き従う謎の青年。その卓越した剣術と操縦技術はどこで培ったものなのか

エジプト陸軍所属セルス・イウサール&愛機アルメイサム
ギタランを姉のように慕う弟分の元気少年。アルメイサムが背負っている巨大コンテナ「王家の棺」にはあらゆる武装が詰め込まれており、
同名必殺技の使用を使用するとこれをパージしたことになり、武装一覧が軽装に変化する。そのMAP中は元に戻れないので使い所は間違えない事





敵は司令官ガーティー・デミテル率いるアムステラの若き貴族将校達
既に幾多の戦場で実戦経験を積んだ者から、これが初陣になるボンボンまで様々だが、そのいずれもが本星では知らぬ者ない名家の出身者ばかり
彼等のような身分ある若者が地球という辺境の前線に集う理由とは?

両軍との戦闘の最中、時折姿を現す未確認人型機動兵器「ゴースト」

アムステラ、地球側双方に無差別に攻撃を仕掛けるこの神出鬼没のマシンとパイロットの目的はいったい何なのか
本国からの指令を受けてラドゥイケに潜入したドイツ陸軍中尉ウォルフと愛機フォーゲルスベルクも味方ユニットとして参戦!
更には他シナリオ・漫画で登場したあのキャラやあのキャラまでもが登場。いずれも作品での強キャラぶりが印象深いだけに、その動向は注目だ

地球側・アムステラ側ともに渦巻く、野心抱く者達の謀略
誰が敵で誰が味方なのか。味方を欺き、敵を利用する者達の行き着く果ては?

戦闘と謀略ばかりじゃ息が詰まる!fanさんと言えばからくり屋敷の女の子絵師。幕間の肌色サービスも充実

同年代の女の子同士、心を通い合わせるギタランとイリヤナ
しかしイリヤナの背負ったあまりにも重い過去と、隠されていたある真実が明らかになったその時、彼女の取った行動は・・・

優しさ。愛しさ。そして切なさ
少女の想いを乗せ、新たな翼で翔べ!

Hundred Swords R1 今すぐダウンロード!


戻る